unknown/アンノウン

unknown/アンノウンの画像・ジャケット写真
unknown/アンノウン / ジム・カヴィーゼル
全体の平均評価点:
(5点満点)

86

  • DVD
ジャンル:

「unknown/アンノウン」 の解説・あらすじ・ストーリー

 閉ざされた廃棄工場の中で意識を取り戻した5人の男たち。彼らは全員記憶を失っていた。やがて、わずかな手がかりから彼らのうちの2人が誘拐された人質で、残る3人が誘拐犯であることが明らかとなる。しかし依然として誰が人質で誰が誘拐犯かはわからないまま。誰もが混乱する中、突如鳴り響く電話のベル。それは誘拐犯のボスからで、日没までにはここへやって来るというものだった…。過酷なシチュエーションで生き残りをかけた戦いを繰り広げる5人の男たちをスリリングに描く心理スリラー。監督は長編デビューとなるサイモン・ブランド。

「unknown/アンノウン」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: UNKNOWN

「unknown/アンノウン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

unknown/アンノウンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
85分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBP71540 2007年07月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:86件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全86件

J・カヴィーゼルとB・ペッパーとG・キニアをこう使うか。

投稿日:2009/05/28 レビュアー:ポッシュ

 療養中の身でありまして。昨日レビューを書いたら夜に熱が出てしまった。
 今日はDVD観るだけにしてレビューはやめておこうと思ったんだけど、これ、面白いから書かずにはいられない。(苦笑)

 目が覚めたら、何も覚えていない。自分が誰かも分からない。他に倒れてる人が4人。密室で出られない・・・皆さんご指摘の通り「ソウ」(04)の出だしソックリです。イントロダクションの繰り返しになってしまいますが、5人のうち2人が人質で3人が誘拐犯。全員、毒ガスにやられて記憶喪失状態なので、呉越同舟で脱出を試みようと奮闘するうちに、それぞれに少しずつ記憶が戻って、「アイツは味方?」「コイツは敵?」の心理戦になっていくという、なかなか面白いアイデアの脚本です。

 人間のアイデンティティーを支えているものって、昨日の自分と今日の自分は同じだという「記憶の連続性」だと思うのですね。私が私であるということは、それまで生きてきた自分自身の歴史が保障する訳で、言わば記憶が担保となっている。それが失われた時、人はどう立ち振る舞うのか、名前も素性も分からない全くの“素”の存在になった時に立ち現れる“人間性”こそが、ありのままの「その人自身」なのか。

 そんなことを考えながら観ていると、なるほど、登場人物たちの行動はしかるべきところに収まっているというか、キャラに矛盾はない。逆にこの収まりの良さが分かり易すぎて、今一つ食い足りない印象にもなっているのですが。

 それでも、私なぞは、それぞれの役者に対する勝手な印象で推理してたので、けっこう楽しめましたね。

「ジム・カヴィーゼルは幸薄そう。ホワイト・トラッシュにしか見えん。昔は神だったけど」
「バリー・ペッパーは顔がチンピラ。でも射撃は上手そう」
「グレッグ・キニアは貧乏父さんだ。でもゲイかもしれん」

ってな具合で。(どんな具合だ)

 ツッコミどころは満載で、大体、毒ガスって何よ。しかし、こういうご都合主義は私は大好きであります。ラストはビックリ仰天。よくもまぁ、こんな身も蓋もないオチを・・・。

 これ2時間だったら怒るけど、85分ですもん。いいじゃないすか。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

☆☆☆☆四つ星サスペンス☆☆☆☆

投稿日:2007/09/21 レビュアー:PUCHI☆

かなり面白い映画ではないかと思います。
☆の数が意外と少なかったので、ちょっと
びっくりしたくらい。

短めだから集中して見られるし、もっと分かりにくい
ストーリーかなと思っていたけど凡人の頭でも十分
ついていけました(^V^)
まあ、ラストシーンは二回見ましたけど。。。(−−;)
良作サスペンスです。

記憶喪失の5人の男のうち2人が人質、3人が誘拐犯。
グロイシーンもそんなにないので、ピザでも食べながら
ワイワイ盛り上がって見ると楽しいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

そこそこ面白いと思う。物足りなさはあるけど。

投稿日:2010/03/27 レビュアー:みむさん

85分だし、見やすいサスペンス(?)だし、
「密室に記憶を失った5人、そのうち3人が誘拐犯で2人が人質」
ってことで、興味を引く内容でした。

過度の期待は禁物かもしれないけど、
酷評するほどつまんないとは思わなかった。
むしろ私はフツーに楽しめた。

絶対あの中に犯人がいるのに、
みんなやっぱり「自分は被害者」って思うんですね・・・。
っていうか、記憶がなくなってしまったら
とりあえず「今の自分」の位置づけをなんとか
頭の中で都合よく完成させようとするんだなあ・・・。

それに、時間がたつにつれ、犯人がどうのよりも
「とりあえず脱出しよう」ってことで
協力し合う。

序盤はそんなかんじで心理メインですが
終盤にテンポが急に速まって
記憶が徐々に戻り・・・・

最後は、あー、そうだったの、という感じ。

俳優さんがみんな
「どっかのドラマや映画でよく見かける人たち」
だし、シチュエーション的にも面白かった。

でもなぜか物足りなさを感じてしまった。

ドキドキ感が足りないのかな???

仕上がり次第ではもっと面白くなりそうな映画だな、と思いました。

ハードル低めで鑑賞するといいかも、です。



このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一発アイデアのB級サスペンス映画!ネタバレ

投稿日:2008/10/07 レビュアー:東雲

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 これぞ! B級サスペンス映画!

 完全な密室で目覚めた主人公たち5人。彼らは偶然に空いた神経ガス(このへんがちょっと強引)で、記憶のほとんどを失っていた。
 かかってくる電話や新聞などから推測するに、彼らの内、2人は誘拐された被害者で、3人は誘拐犯だ。一体、5人の中の誰が誘拐犯で、誰が被害者なのか! というストーリー。

 アイデア勝負の今作。SAWのようにお話が進むが、チラチラ誘拐犯や被害者の妻などのストーリーも進行。はっきりこのサブストーリーをバッサリカットして、密室空間のみの話にすればもっと面白かったと思う。

 今、思い返すと、「あれ??あの話は・・?」「これはどういう伏線なの??」というふうに疑問符がバンバン浮かんでくるけど、それでも見ている間は目が離せなく、楽しい展開でした。ええ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

結構好きです。。。こういうの

投稿日:2008/06/28 レビュアー:ちぃ〜

起きたら知らない場所に知らない人達といて・・・しかも何も覚えてない。
自分の事も全く覚えてない。
状況からして、誰かが誘拐犯で、誰かが誘拐された人。
ってのが筋書きなんだけど、不思議と記憶をなくすと、全員が自分は被害者の方(誘拐された側)だと思い込む。
そして、自分以外は誘拐犯なんじゃないかと疑う!

物語は二転三転するんですが、なかなか楽しく観れました。
嫌いじゃないです。
迫力にはかけますが、物語としてはなかなかよくできてるんじゃないでしょうか?
誰にでも評価される映画ではないと思いますが。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全86件

unknown/アンノウン

月額課金で借りる

都度課金で借りる