愛の流刑地

愛の流刑地の画像・ジャケット写真

愛の流刑地 / 豊川悦司

全体の平均評価点:(5点満点)

141

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「愛の流刑地」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

 渡辺淳一の同名ベストセラーを映画化した官能ラブ・ストーリー。情事の最中に男が女の首を絞めて殺すという結末を迎えた一組の不倫カップルの愛と死の真相を官能的に綴る。主演は「北の零年」の豊川悦司と「ヴァイブレータ」の寺島しのぶ。ある日、情事の果てに相手の女性を絞殺したとして一人の男が逮捕される。男は元ベストセラー作家の村尾菊治。被害者は夫も子どももいる女性、入江冬香。菊治は、冬香が殺してほしいと望んだからだと主張する。一方、事件を担当する女性検事・織部美雪は調べを進めるうち、冬香の気持ちに共感を抱き始めている自分に困惑していく…。

「愛の流刑地」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「愛の流刑地」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

関東緋桜一家

パレード parade

子宮の記憶 ここにあなたがいる

女渡世人

ユーザーレビュー:141件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全141件

★★★

投稿日:2009/10/24 レビュアー:おかえりんご

寺島しのぶはとびきり綺麗じゃないのに、綺麗に見えるから不思議。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

あなたは死ぬほどくだらない映画みたことありますか? ネタバレ

投稿日:2009/10/22 レビュアー:trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画に自分ができないこと、例えば「大量殺人」や「MSの操縦」などを託していたのですが、今回「不倫」という未知なる世界に挑んでみようと思いました。
ダイアンレインの不倫もの「運命の女」がすごく面白かったので、次は邦画をみようと思いましたが、代表作「失楽園」はずっと借り出し中だったので、こちらに。

で、感想としては最悪です。はっきりいって主演の女優さんに萌えない。
長谷川京子の検事や奥さん、娘、被害者の母、友人の浅田美代子より萌えない。
裸が魅力的でないといったらそれまでですが、多くの人の共感は呼べないのでは?
長谷川が雨の中、乳もまれるのが最高の見せ場です。はっきりいって人妻の肉感的な部分が全くありません。あれに手をだしたいと思う人います?

不倫ものが面白いのは、やっちゃいけないことをやっちゃった後悔の感じ、性欲が理性に勝つ瞬間が面白いのですが、それが全くありません。普通にあの主演女優さんみたいな女性、「死んでも相手を独占する」女には私は絶対手を出しません。私の危機察知能力にすぐ反応するタイプです。(私、武術家ですので、危険を感じる所にはいきません、by 渋川剛三)

ダイアンレインの不倫ものを2作みましたがそちらの方が、「性欲が理性に勝つ瞬間」や「やっちゃいけないことやっちゃったよ感」ででます。良い年こいた大人が性欲のとりこになって獣のように交尾をするのが不倫ものの醍醐味なのに。残念です。

高島礼子や長谷川京子の方が主演だったらよかったのにね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

関心 ネタバレ

投稿日:2009/05/12 レビュアー:ダイエッター

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

寺島しのぶって、ああいう演技もできるのか〜と関心しました。
スタイルも本当にいい!

ストーリー的には、子供を残して自分だけ死ぬのはありえない!!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

トヨさま〜で借りました

投稿日:2009/02/16 レビュアー:じゃじゃまる

新聞でリアルタイムに原作も読んでいました。

ちょっと設定が変えてありますね。

確か原作でも結構裁判のシーンが長かったんですよね。

トヨ様はかっこいい。

『愛の墓標』って、作者の『阿寒に果つ』と良く似た内容ですわ。

なんかなぁ〜。
佐藤浩市を使う必要ないじゃん、、(ってその前に"少年メリケンサック"見たから、こういう使い方はもったいない!)って思ったし。

女検事も、なんかもうちょっと。。(原作と違うからかな)

実は原作読んでも、なんてゆーか、理解できなかったんですよね。
ただ、そこいらの、痴情のもつれとかにしないでほしいという、そういう叫びのシーンがありましたね。

不倫物で、『愛しているから』と同情を求めるのはやはりいつの時代も受け入れられないですよね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

問題作と言われたが興味は尽きない。

投稿日:2008/12/28 レビュアー:たかさん

正直難し過ぎて俺には理解不能の世界だったというのが正直な感想だ。「殺したくなるほど人を愛したことがありますか?」という主人公の叫びは俺には理解できない世界で、検事の女性が殺された女性の心情に共感してしまうのも分からない世界で女性の謎が深まっただけだった。人間とはどういう生き物なのか、人を愛するということの奥深さ、ただ生きてきてなんの人生経験も積まずに大人になってしまった事だけが痛切に心に刻まれ相当落ち込まされた。理解できないのだから俺はダメ人間じゃないかと思ってしまう。こういう生き方もあるという問題提起は分かったがR−15指定は必要か?子供に分かる世界じゃない官能シ−ンだって言われたほど過激ではないガッカリしたぐらい今時の中学生はもっと進んでいるよ時代を分かっていない大人たち、俺もそっち側かと危惧してしまう。評価は星2つです。作品の奥深さは理解できたが登場人物たちの心情を理解できなかったのだからしょうがない。自分自身を見つめ直すいい機会になった、しかし俺は人間として浅いとしか言えない。ガックリきた心に刻んで生きていくしかないか。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全141件

愛の流刑地

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:141件

★★★

投稿日

2009/10/24

レビュアー

おかえりんご

寺島しのぶはとびきり綺麗じゃないのに、綺麗に見えるから不思議。

あなたは死ぬほどくだらない映画みたことありますか?

投稿日

2009/10/22

レビュアー

trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画に自分ができないこと、例えば「大量殺人」や「MSの操縦」などを託していたのですが、今回「不倫」という未知なる世界に挑んでみようと思いました。
ダイアンレインの不倫もの「運命の女」がすごく面白かったので、次は邦画をみようと思いましたが、代表作「失楽園」はずっと借り出し中だったので、こちらに。

で、感想としては最悪です。はっきりいって主演の女優さんに萌えない。
長谷川京子の検事や奥さん、娘、被害者の母、友人の浅田美代子より萌えない。
裸が魅力的でないといったらそれまでですが、多くの人の共感は呼べないのでは?
長谷川が雨の中、乳もまれるのが最高の見せ場です。はっきりいって人妻の肉感的な部分が全くありません。あれに手をだしたいと思う人います?

不倫ものが面白いのは、やっちゃいけないことをやっちゃった後悔の感じ、性欲が理性に勝つ瞬間が面白いのですが、それが全くありません。普通にあの主演女優さんみたいな女性、「死んでも相手を独占する」女には私は絶対手を出しません。私の危機察知能力にすぐ反応するタイプです。(私、武術家ですので、危険を感じる所にはいきません、by 渋川剛三)

ダイアンレインの不倫ものを2作みましたがそちらの方が、「性欲が理性に勝つ瞬間」や「やっちゃいけないことやっちゃったよ感」ででます。良い年こいた大人が性欲のとりこになって獣のように交尾をするのが不倫ものの醍醐味なのに。残念です。

高島礼子や長谷川京子の方が主演だったらよかったのにね。

関心

投稿日

2009/05/12

レビュアー

ダイエッター

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

寺島しのぶって、ああいう演技もできるのか〜と関心しました。
スタイルも本当にいい!

ストーリー的には、子供を残して自分だけ死ぬのはありえない!!

トヨさま〜で借りました

投稿日

2009/02/16

レビュアー

じゃじゃまる

新聞でリアルタイムに原作も読んでいました。

ちょっと設定が変えてありますね。

確か原作でも結構裁判のシーンが長かったんですよね。

トヨ様はかっこいい。

『愛の墓標』って、作者の『阿寒に果つ』と良く似た内容ですわ。

なんかなぁ〜。
佐藤浩市を使う必要ないじゃん、、(ってその前に"少年メリケンサック"見たから、こういう使い方はもったいない!)って思ったし。

女検事も、なんかもうちょっと。。(原作と違うからかな)

実は原作読んでも、なんてゆーか、理解できなかったんですよね。
ただ、そこいらの、痴情のもつれとかにしないでほしいという、そういう叫びのシーンがありましたね。

不倫物で、『愛しているから』と同情を求めるのはやはりいつの時代も受け入れられないですよね。

問題作と言われたが興味は尽きない。

投稿日

2008/12/28

レビュアー

たかさん

正直難し過ぎて俺には理解不能の世界だったというのが正直な感想だ。「殺したくなるほど人を愛したことがありますか?」という主人公の叫びは俺には理解できない世界で、検事の女性が殺された女性の心情に共感してしまうのも分からない世界で女性の謎が深まっただけだった。人間とはどういう生き物なのか、人を愛するということの奥深さ、ただ生きてきてなんの人生経験も積まずに大人になってしまった事だけが痛切に心に刻まれ相当落ち込まされた。理解できないのだから俺はダメ人間じゃないかと思ってしまう。こういう生き方もあるという問題提起は分かったがR−15指定は必要か?子供に分かる世界じゃない官能シ−ンだって言われたほど過激ではないガッカリしたぐらい今時の中学生はもっと進んでいるよ時代を分かっていない大人たち、俺もそっち側かと危惧してしまう。評価は星2つです。作品の奥深さは理解できたが登場人物たちの心情を理解できなかったのだからしょうがない。自分自身を見つめ直すいい機会になった、しかし俺は人間として浅いとしか言えない。ガックリきた心に刻んで生きていくしかないか。

21〜 25件 / 全141件