ブラック・ダリア

ブラック・ダリアの画像・ジャケット写真

ブラック・ダリア / ジョシュ・ハートネット

全体の平均評価点:(5点満点)

222

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「ブラック・ダリア」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「L.A.コンフィデンシャル」の原作者ジェームズ・エルロイの同名ベストセラーをブライアン・デ・パルマ監督が映画化したクライム・ミステリー。40年代にロサンジェルスで実際に起こった有名な猟奇殺人事件を基に、捜査に当たる2人の刑事が、次第に事件の背後に広がる妖しく深い闇の中に呑み込まれていくさまをスタイリッシュに描く。共にボクサーとしての経歴を持つロサンジェルス市警の名物コンビ、バッキーとリー。ある日、市内の空き地で腰から切断された若い女性の死体が発見される。以来、リーはこの事件に異常なほどの執着を見せ始める…。

「ブラック・ダリア」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

アメリカ

原題:

THE BLACK DAHLIA

「ブラック・ダリア」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

フューリー

理想の女(ひと)

フリーダム・ライターズ

ビバリーヒルズ青春白書 シーズン8

ユーザーレビュー:222件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全222件

ヒラリー・スワンクとあの女優さんは同一人物には見えません。

投稿日:2007/07/08 レビュアー:まこりいぬ

'06.10に映画館にて観賞。

この作品はカナダで予告を観た時から、気になってました。
ほんとに予告が良かったんです!

ある映画雑誌では、スカーレット・ヨハンソンの美貌にうっとりん子で作品に集中出来ない!とありましたが、そんなでもなかったかな。

登場人物の割には、シーンの移りが激しくて、頭の中が混乱してきてしまいました。
特にもう1つの事件は映像がないので、字幕の早読みをしながら理解しなければいけなかったので、かなり疲れました。
もう少し詳しく見せても良かったんじゃないかと。

この共演を元に交際がスタートした、ジョシュとスカさんですが、早いもので破局してますね…。
1ジョシュファンとして、魔性の女にとりつかれてしまった事がショックです。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

★★★☆ オンリー・ムード ネタバレ

投稿日:2007/06/26 レビュアー:ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いくらデ・パルマファンでも、やはりサスペンスクライムとしての形を取っている以上、つまらない評に対して擁護できない部分の方が大きいなあ。まず犯人探しにおいては、犯人を含めた人物関係の描写が浅くて、謎が明らかになったカタルシスが全然味わえない。これは、デ・パルマ作品だから見るという人ではなく、サスペンスとして本作に期待した方がつまらないと評するのも当然だろうと思う。

そして、この物語が犯人捜しよりもむしろブラック・ダリア事件にのめり込んで行くリーと、ふたりの女に翻弄されるバッキーの心理状態を描きたい作品だというのは、十分わかる。でも、なかなかこの二人に感情移入できない。その徹底的な欠陥は、「殺された女とマデリンが似ていない」ということではないかと思うのです。

物語では似ているという設定ですが、どう見てもヒラリー・スワンクは似ていない。だって、私はケイのセリフで初めてマデリンが殺された女に似ているんだってわかったんだもん!惨殺死体に瓜二つの女と肉体関係を持ってしまうところがミソなんでしょ。だったらいっそのこと、ヒラリー・スワンクの一人二役にすれば良かったのに、と思う。リーがなぜこれほどブラック・ダリア事件にのめり込むのかも伝えきれていないし、出所してくるデウィットとリーとケイの関係もブラック・ダリア事件に絡むのかと思えば、そうでもない。

俯瞰のカメラやらせん階段のシーンはデ・パルマらしくてカッコ良かったし、レズビアン・バーなんて設定もエロティック・ムード炸裂で面白かった。でも、ここまで話の整理がつけられていないと、そっちに気持ちが集中できない。惨殺事件はあくまでも引き金であって、リーとバッキーの揺れる心をあぶり出す、そんな脚本がきちんと書けていたら、この仕上がりにはならなかったと思う。残念。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

スタイリッシュに描かない方が良かったよ。

投稿日:2007/06/05 レビュアー:エコエコアザラク

期待が大きかっただけに、ショック。
前半は、ありがちな三角関係恋愛ドラマ。後半は、やや強引なシナリオ展開のベタなサスペンス。ハラハラ・ドキドキ感も薄く、何となくまったりで、見終わってため息でした。疲れで・・・
昔、「ブルー・ベルベット」を見た時もこんな印象だったかな。つい、監督名で勝手に想像して期待してしまう自分に反省。
惨殺された被害者は、なんだったんだろう?もう少し、彼女の生い立ちや、ハリウッド映画界の暗部を描いて欲しかったです。
「羊たちの沈黙」みたいな作品を見たい方は、借りない方がいいですよ。ちなみに、私は、間違えて駄作の「ブラック・ダリア」を先に借りてしまい、やっと本作を鑑賞出来たのですが、両方とも時間の無駄だったような・・・微妙。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2007/05/23 レビュアー:ぴぐぽぐ

メニュー画面で人物相関図なるものが出て来るって事は、こりゃあややこしい話なんだろうなあ、と覚悟を決めてみたのものの、完全に置いてけぼりを食らってしまった私です。

頑張って理解しようと見ていたものの、ラスト30分あたりで、畳み込むような説明のシーンで、誰それ?というような感じで置いてかれました・・・・
そしてそれを解消するためにもう1回見るエネルギーはなかったです。もうどうでもいいやと思ってしまった。

ジョシュの頭がはげて見えるのが気になった私です。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

雰囲気は良かったですが・・・ ネタバレ

投稿日:2007/04/08 レビュアー:エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジェームズ・エルロイの原作を、ブライアン・デ・パルマ監督が映画化した謎解きサスペンスです。
デ・パルマ監督作品だけあって、1940年代のLAをとっても雰囲気良く映していました。音楽、ムード、もはや斬新なのか古臭いのか分からないカメラワーク、思わず映画に引き込まれます。

ただ・・・内容はどうかと言うと、またちょっと変わってきますねぇ(汗)

刑事役のバッキーにジョシュ・ハートネット。童顔だなぁ。
もう1人の刑事リーにはアーロン・エッカート。悪役顔だなぁ。
そして、この2人の間に揺れ動く女性にスカーレット・ヨハンソン。ムリヤリ色気を振り撒いてました。
あと、謎の女にヒラリー・スワンクが出てました。でも、途中まで気が付きませんでした。キレイに変身してましたが、配役にムリがあったのでは?

とにかくですねぇ、「ブラック・ダリア」事件に迫る内容かと思ってたら、あっちにもこっちにも他にストーリーが展開するわけですよ。
最後に「おぉ!1つにまとまった」と見せてくれればスッキリもするのですが、話を広げすぎて結局纏めきれなかった感じです。

いろんな名前が出てくるし、事件をあっちこっち往復するもんだから頭の中の整理が追いつかず、とりあえず2回見てみました。
名前の区別はついたものの、やっぱりストーリーが分散しすぎてました。

ほんと、雰囲気はいいんですよ。『アンタッチャブル』を見た方いらっしゃいますか?あの雰囲気に良く似ています。
螺旋階段のシーンがありますが、デ・パルマ監督本領発揮といった感じ。
サスペンス・・としても盛り上がりに欠けるし、まず柱となるストーリーにいくまでが長いんです。
「ブラック・ダリア」とタイトルを付けてるにも関わらず、この事件や女性の謎なんかにはあまり触れないんですよね。「ブラック・ダリア」と呼ばれた由来なんかも、説明は一瞬です。

これは、バッキー刑事の複雑な心模様を書いた作品にすぎません。

ジョシュ・ハートネットのファンなら一見の価値があるでしょう。ずっと出てますからね(;^ω^)
この人の濡れ場シーンですが・・・さすがエロ監督。激しすぎますよ!獣じゃないんだから!!と言う感じですよ。きわどいシーンはないんですが・・。


私がまだ疑問に残っているのは、

リー刑事が、どうしてあんなに興奮しているのか。

ケイの腰に刻まれたアルファベット『BD』
これは「ブラック・ダリア」と何か関係があるのか?

細かい事言ったらいっぱいありますが、この2つが大きな疑問として残りました。どなたか講釈下さい。

面白くなければ即効で見るのをやめてしまう私ですが、これはなぜか先が気になるし雰囲気が好きなので見てしまいました。

原作を読んだ方なら、より楽しめるかもしれませんね。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全222件

ブラック・ダリア

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:222件

ヒラリー・スワンクとあの女優さんは同一人物には見えません。

投稿日

2007/07/08

レビュアー

まこりいぬ

'06.10に映画館にて観賞。

この作品はカナダで予告を観た時から、気になってました。
ほんとに予告が良かったんです!

ある映画雑誌では、スカーレット・ヨハンソンの美貌にうっとりん子で作品に集中出来ない!とありましたが、そんなでもなかったかな。

登場人物の割には、シーンの移りが激しくて、頭の中が混乱してきてしまいました。
特にもう1つの事件は映像がないので、字幕の早読みをしながら理解しなければいけなかったので、かなり疲れました。
もう少し詳しく見せても良かったんじゃないかと。

この共演を元に交際がスタートした、ジョシュとスカさんですが、早いもので破局してますね…。
1ジョシュファンとして、魔性の女にとりつかれてしまった事がショックです。

★★★☆ オンリー・ムード

投稿日

2007/06/26

レビュアー

ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いくらデ・パルマファンでも、やはりサスペンスクライムとしての形を取っている以上、つまらない評に対して擁護できない部分の方が大きいなあ。まず犯人探しにおいては、犯人を含めた人物関係の描写が浅くて、謎が明らかになったカタルシスが全然味わえない。これは、デ・パルマ作品だから見るという人ではなく、サスペンスとして本作に期待した方がつまらないと評するのも当然だろうと思う。

そして、この物語が犯人捜しよりもむしろブラック・ダリア事件にのめり込んで行くリーと、ふたりの女に翻弄されるバッキーの心理状態を描きたい作品だというのは、十分わかる。でも、なかなかこの二人に感情移入できない。その徹底的な欠陥は、「殺された女とマデリンが似ていない」ということではないかと思うのです。

物語では似ているという設定ですが、どう見てもヒラリー・スワンクは似ていない。だって、私はケイのセリフで初めてマデリンが殺された女に似ているんだってわかったんだもん!惨殺死体に瓜二つの女と肉体関係を持ってしまうところがミソなんでしょ。だったらいっそのこと、ヒラリー・スワンクの一人二役にすれば良かったのに、と思う。リーがなぜこれほどブラック・ダリア事件にのめり込むのかも伝えきれていないし、出所してくるデウィットとリーとケイの関係もブラック・ダリア事件に絡むのかと思えば、そうでもない。

俯瞰のカメラやらせん階段のシーンはデ・パルマらしくてカッコ良かったし、レズビアン・バーなんて設定もエロティック・ムード炸裂で面白かった。でも、ここまで話の整理がつけられていないと、そっちに気持ちが集中できない。惨殺事件はあくまでも引き金であって、リーとバッキーの揺れる心をあぶり出す、そんな脚本がきちんと書けていたら、この仕上がりにはならなかったと思う。残念。

スタイリッシュに描かない方が良かったよ。

投稿日

2007/06/05

レビュアー

エコエコアザラク

期待が大きかっただけに、ショック。
前半は、ありがちな三角関係恋愛ドラマ。後半は、やや強引なシナリオ展開のベタなサスペンス。ハラハラ・ドキドキ感も薄く、何となくまったりで、見終わってため息でした。疲れで・・・
昔、「ブルー・ベルベット」を見た時もこんな印象だったかな。つい、監督名で勝手に想像して期待してしまう自分に反省。
惨殺された被害者は、なんだったんだろう?もう少し、彼女の生い立ちや、ハリウッド映画界の暗部を描いて欲しかったです。
「羊たちの沈黙」みたいな作品を見たい方は、借りない方がいいですよ。ちなみに、私は、間違えて駄作の「ブラック・ダリア」を先に借りてしまい、やっと本作を鑑賞出来たのですが、両方とも時間の無駄だったような・・・微妙。

投稿日

2007/05/23

レビュアー

ぴぐぽぐ

メニュー画面で人物相関図なるものが出て来るって事は、こりゃあややこしい話なんだろうなあ、と覚悟を決めてみたのものの、完全に置いてけぼりを食らってしまった私です。

頑張って理解しようと見ていたものの、ラスト30分あたりで、畳み込むような説明のシーンで、誰それ?というような感じで置いてかれました・・・・
そしてそれを解消するためにもう1回見るエネルギーはなかったです。もうどうでもいいやと思ってしまった。

ジョシュの頭がはげて見えるのが気になった私です。

雰囲気は良かったですが・・・

投稿日

2007/04/08

レビュアー

エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジェームズ・エルロイの原作を、ブライアン・デ・パルマ監督が映画化した謎解きサスペンスです。
デ・パルマ監督作品だけあって、1940年代のLAをとっても雰囲気良く映していました。音楽、ムード、もはや斬新なのか古臭いのか分からないカメラワーク、思わず映画に引き込まれます。

ただ・・・内容はどうかと言うと、またちょっと変わってきますねぇ(汗)

刑事役のバッキーにジョシュ・ハートネット。童顔だなぁ。
もう1人の刑事リーにはアーロン・エッカート。悪役顔だなぁ。
そして、この2人の間に揺れ動く女性にスカーレット・ヨハンソン。ムリヤリ色気を振り撒いてました。
あと、謎の女にヒラリー・スワンクが出てました。でも、途中まで気が付きませんでした。キレイに変身してましたが、配役にムリがあったのでは?

とにかくですねぇ、「ブラック・ダリア」事件に迫る内容かと思ってたら、あっちにもこっちにも他にストーリーが展開するわけですよ。
最後に「おぉ!1つにまとまった」と見せてくれればスッキリもするのですが、話を広げすぎて結局纏めきれなかった感じです。

いろんな名前が出てくるし、事件をあっちこっち往復するもんだから頭の中の整理が追いつかず、とりあえず2回見てみました。
名前の区別はついたものの、やっぱりストーリーが分散しすぎてました。

ほんと、雰囲気はいいんですよ。『アンタッチャブル』を見た方いらっしゃいますか?あの雰囲気に良く似ています。
螺旋階段のシーンがありますが、デ・パルマ監督本領発揮といった感じ。
サスペンス・・としても盛り上がりに欠けるし、まず柱となるストーリーにいくまでが長いんです。
「ブラック・ダリア」とタイトルを付けてるにも関わらず、この事件や女性の謎なんかにはあまり触れないんですよね。「ブラック・ダリア」と呼ばれた由来なんかも、説明は一瞬です。

これは、バッキー刑事の複雑な心模様を書いた作品にすぎません。

ジョシュ・ハートネットのファンなら一見の価値があるでしょう。ずっと出てますからね(;^ω^)
この人の濡れ場シーンですが・・・さすがエロ監督。激しすぎますよ!獣じゃないんだから!!と言う感じですよ。きわどいシーンはないんですが・・。


私がまだ疑問に残っているのは、

リー刑事が、どうしてあんなに興奮しているのか。

ケイの腰に刻まれたアルファベット『BD』
これは「ブラック・ダリア」と何か関係があるのか?

細かい事言ったらいっぱいありますが、この2つが大きな疑問として残りました。どなたか講釈下さい。

面白くなければ即効で見るのをやめてしまう私ですが、これはなぜか先が気になるし雰囲気が好きなので見てしまいました。

原作を読んだ方なら、より楽しめるかもしれませんね。

21〜 25件 / 全222件