CSI:NY シーズン1

CSI:NY シーズン1の画像・ジャケット写真

CSI:NY シーズン1 / ゲイリー・シニーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

54

全体の平均評価点:

DVD

「CSI:NY シーズン1」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

大物プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーを製作総指揮に置き、全米視聴率NO.1ドラマとなった“CSI:科学捜査班”からのスピンオフ。大都会ニューヨークを舞台に発生する凶悪犯罪に、CSI(科学捜査班)が最新の科学捜査で事件解決に導く!ニューヨーク市警CSIのリーダー マック・テイラー役には、TVシリーズ初主演となる「フォレスト・ガンプ 一期一会」ゲーリー・シニーズをキャスティング。 JAN:9999201577021

「CSI:NY シーズン1」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: アメリカ
原題: CSI: NY

「CSI:NY シーズン1」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

名探偵MONK ファイナル・シーズン

マッドメン シーズン1

Hawaii Five−0 シーズン2

シカゴ・ファイア シーズン5

ユーザーレビュー:54件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全54件

これって殺人なの? ネタバレ

投稿日:2010/02/26 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なんだか罪状が今ひとつ理解できない事件が多く見られる。
今回気になったのはドッグショーでの事件。
犯人は、気に入らない相手に眠気を催させる為に薬を飲ませる。
でも、たまたま被害者が別の薬を服用していた為に意識が朦朧として編み棒の上に倒れ込み死亡。
結果的には死んでしまったわけだけど、これって事故ではないのだろうか?
なんだか当たり前のように【殺人】扱いだったのが疑問。
それとは別に、箱に詰まって死んでいた少年。
彼を取り出す際、死後硬直がリアルでゾッとした。。。

今回のゲスト。
第12話【リサイクル】
第一発見者だったオッサン。誰だっけ?あのギョロ目に見覚えはあるものの思い出せない。。。
確かTVシリーズで見た顔だったが。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっと難しい。。。

投稿日:2010/02/26 レビュアー:ぽんぽん玉

他のCSIと比べて【地味】と感じてしまうニューヨーク。
一瞬気を抜くとどんな事件だったか忘れてしまう。。。
それも3つも同時進行した日にはもう何が何だか^^;
スタート時と比べてダニーやエイデンが事件を担当する事が多くなったせいもある。
でも今ひとつ華がないのはなぜでしょう。

今回のゲスト。
第9話【想い出のブルー】
のピザ屋の店主は【24】のマイク・ノビック。やっぱり、この人の目は悪人だわ^^;
第11話【3つの偶然】
犯人役に【ボーンズ】のジャック。
相変わらずのボンバーヘア^^;
ついでにマフィアに【スターゲイト】のコワルスキー大佐。
老けたな。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

キャスティングに疑問

投稿日:2010/02/26 レビュアー:ぽんぽん玉

ダニーって好きだなぁ。
CSI3作品の中で1番好きな登場人物です。
なんといっても性格が良い。
もっとも他作品と比べてニューヨークはライバル心や野心が少なく、仲良しこよしの集団。
だからこそ、なおさら見ていて気持ちの良いラボなのです。
まだまだ頼りないダニーですが、今後の活躍に期待!ですwww

それはそうと、第6話【外れた男】で医者の卵役で出演していたのは【CSIマイアミ】のFBI特別捜査官のピーター・エリオット。
クロスエピもある今作品で、片や捜査官・片や犯人はマズイんでないの?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

最初は目がチカチカする 笑

投稿日:2010/02/26 レビュアー:ぽんぽん玉

先日まで【CSIマイアミ】を見ていた身としては、慣れるまでに時間がかかる。
なんと言っても画面が暗い。
いやいや、白い?。。。【青白い】が1番近いか。
独特な撮し方が大都会ニューヨークをうまく表現している。
そしてCSIラボにもそれぞれの違いが見られる。
科学者に徹する本家ベガスと比べると、マイアミとニューヨークはよく似ている。
どちらも捜査に乗り出し、デスクワークよりも犯人逮捕や取り調べに費やす時間が多いのだ。
それでもマイアミとニューヨークでも違いはある。
今回、1番驚いたのは電動式霊安室。
立体駐車場か?!
これらの設備が本当に存在するのか、州によっての違いが如実に表れているのか、興味を引くところだ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

冷たくて青いニューヨーク ネタバレ

投稿日:2010/02/01 レビュアー:ANNE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「CSIって3種類あるけどどれから見たらいい?」と問われたら
ベガス。
「(刑事ドラマとして)面白いのは?」と問われたらマイアミ。

「好きなのは?」と問われたら…

どういうわけかニューヨークと答えてしまいます。

ニューヨークの街並など、都会的な雰囲気が好きっていうのもあるのですが、キャストが一番イケメン&美女揃いだから…(ミーハーなもので…)

ニューヨークはシーズン1の評判が芳しくなかったため、シーズン2以降見事に様変わりしてしまいますが、私はこのシーズン1の雰囲気が好きです。
全体的に青い色調を強調したスタイリッシュな映像で、ニューヨークのひんやりした空気感が伝わってきます。

事件が解決してもスッキリしないやらモヤモヤするやらイライラするやら、要するに決して「面白い」とは言えない作品であることは確かだと思います。

でも、がんばって(?)見続けて、少しかマシになり始めるシーズン2以降に突入すると、フト、あの冷たく暗いS1の雰囲気が恋しくなるのです。

(けなしてばかりですが、もちろん中には面白い話もあります!(笑))

最後に、諸事情によりS2で降板してしまうエイデン・バーン捜査官が、とてもスタイリッシュでセクシーで魅力的です。彼女のヒップは必見!(?)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全54件

CSI:NY シーズン1

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:54件

これって殺人なの?

投稿日

2010/02/26

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なんだか罪状が今ひとつ理解できない事件が多く見られる。
今回気になったのはドッグショーでの事件。
犯人は、気に入らない相手に眠気を催させる為に薬を飲ませる。
でも、たまたま被害者が別の薬を服用していた為に意識が朦朧として編み棒の上に倒れ込み死亡。
結果的には死んでしまったわけだけど、これって事故ではないのだろうか?
なんだか当たり前のように【殺人】扱いだったのが疑問。
それとは別に、箱に詰まって死んでいた少年。
彼を取り出す際、死後硬直がリアルでゾッとした。。。

今回のゲスト。
第12話【リサイクル】
第一発見者だったオッサン。誰だっけ?あのギョロ目に見覚えはあるものの思い出せない。。。
確かTVシリーズで見た顔だったが。。。

ちょっと難しい。。。

投稿日

2010/02/26

レビュアー

ぽんぽん玉

他のCSIと比べて【地味】と感じてしまうニューヨーク。
一瞬気を抜くとどんな事件だったか忘れてしまう。。。
それも3つも同時進行した日にはもう何が何だか^^;
スタート時と比べてダニーやエイデンが事件を担当する事が多くなったせいもある。
でも今ひとつ華がないのはなぜでしょう。

今回のゲスト。
第9話【想い出のブルー】
のピザ屋の店主は【24】のマイク・ノビック。やっぱり、この人の目は悪人だわ^^;
第11話【3つの偶然】
犯人役に【ボーンズ】のジャック。
相変わらずのボンバーヘア^^;
ついでにマフィアに【スターゲイト】のコワルスキー大佐。
老けたな。。。

キャスティングに疑問

投稿日

2010/02/26

レビュアー

ぽんぽん玉

ダニーって好きだなぁ。
CSI3作品の中で1番好きな登場人物です。
なんといっても性格が良い。
もっとも他作品と比べてニューヨークはライバル心や野心が少なく、仲良しこよしの集団。
だからこそ、なおさら見ていて気持ちの良いラボなのです。
まだまだ頼りないダニーですが、今後の活躍に期待!ですwww

それはそうと、第6話【外れた男】で医者の卵役で出演していたのは【CSIマイアミ】のFBI特別捜査官のピーター・エリオット。
クロスエピもある今作品で、片や捜査官・片や犯人はマズイんでないの?

最初は目がチカチカする 笑

投稿日

2010/02/26

レビュアー

ぽんぽん玉

先日まで【CSIマイアミ】を見ていた身としては、慣れるまでに時間がかかる。
なんと言っても画面が暗い。
いやいや、白い?。。。【青白い】が1番近いか。
独特な撮し方が大都会ニューヨークをうまく表現している。
そしてCSIラボにもそれぞれの違いが見られる。
科学者に徹する本家ベガスと比べると、マイアミとニューヨークはよく似ている。
どちらも捜査に乗り出し、デスクワークよりも犯人逮捕や取り調べに費やす時間が多いのだ。
それでもマイアミとニューヨークでも違いはある。
今回、1番驚いたのは電動式霊安室。
立体駐車場か?!
これらの設備が本当に存在するのか、州によっての違いが如実に表れているのか、興味を引くところだ。

冷たくて青いニューヨーク

投稿日

2010/02/01

レビュアー

ANNE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「CSIって3種類あるけどどれから見たらいい?」と問われたら
ベガス。
「(刑事ドラマとして)面白いのは?」と問われたらマイアミ。

「好きなのは?」と問われたら…

どういうわけかニューヨークと答えてしまいます。

ニューヨークの街並など、都会的な雰囲気が好きっていうのもあるのですが、キャストが一番イケメン&美女揃いだから…(ミーハーなもので…)

ニューヨークはシーズン1の評判が芳しくなかったため、シーズン2以降見事に様変わりしてしまいますが、私はこのシーズン1の雰囲気が好きです。
全体的に青い色調を強調したスタイリッシュな映像で、ニューヨークのひんやりした空気感が伝わってきます。

事件が解決してもスッキリしないやらモヤモヤするやらイライラするやら、要するに決して「面白い」とは言えない作品であることは確かだと思います。

でも、がんばって(?)見続けて、少しかマシになり始めるシーズン2以降に突入すると、フト、あの冷たく暗いS1の雰囲気が恋しくなるのです。

(けなしてばかりですが、もちろん中には面白い話もあります!(笑))

最後に、諸事情によりS2で降板してしまうエイデン・バーン捜査官が、とてもスタイリッシュでセクシーで魅力的です。彼女のヒップは必見!(?)

21〜 25件 / 全54件