ブギーマン

ブギーマンの画像・ジャケット写真

ブギーマン / バリー・ワトソン

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ブギーマン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

『スパイダーマン』のサム・ライミ製作による、全米No.1ヒットを記録したショッキングホラー。誰にも言えない心の傷を抱える青年・ティムの下に母・メアリーの訃報が届く。母の葬儀のため、ティムは忌まわしい記憶がこびりついた故郷の家へと戻るが…。

「ブギーマン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: アメリカ
原題: BOOGEYMAN

「ブギーマン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

24 −TWENTY FOUR− シーズンII

スパルタカス序章 ゴッド・オブ・アリーナ

スパルタカス2

監獄島

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全35件

やっぱり80年代ホラー?

投稿日:2008/07/17 レビュアー:踏人

2を見てからこっちを視聴。関連性はないようだ。
あるとすれば、人間の持つ恐怖心という共通のテーマ。
恐怖心から生まれたモンスターが具現化し、人々を襲うというストーリー。

クローゼット。
それは大人の世界から隔離された秘密の場所の象徴。
…ではなく、恐怖の象徴となる。

大人にとっては何気ないクローゼットが、
子どもにとっては、異次元につながる不思議な場所であり、
うるさい大人から逃れる手段として使われる、という設定はツボを抑えている。
児童文学などで使われる手法を逆手にとった設定だ。

実際、暗闇を通して、空間を移動するシーンは面白いと思う。
2よりはホラーらしいけど、
そういう意味では、ファンタジーホラーなのかもしれない。

映画としてみると、少し古くさいかなあ、というのは2と同じ。
子どもや家族で見る分には楽しめると思うかな。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

これはちょっと・・・

投稿日:2007/05/27 レビュアー:××

期待はずれでした。
ちなみに、このブギーマンは、あのブギーマンとはまったく別物です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

とくに目新しくはないのですが ネタバレ

投稿日:2007/03/04 レビュアー:mahiro_papa

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作品としてのバランスがけっこう良くて、ついつい最後まで観てしまう、そんな映画です。
個人的に最高に怖かったのは、母親が生き返る妄想。
最後のブギーマンのやっつけ方から、結局、ブギーマンは主人公ティムの恐怖から生まれたもの(?)と想像できるのですが、その超個人的な想像の産物に巻き込まれた人々はどうなってしまったのだろう、と、いまひとつ釈然としないような…。
なんとなく'70年代っぽい含みを持たせた終わり方に、ロールエンドの後にオチがあるのか、と最後まで見守りましたが、そのまますんなりジ・エンド。
もうひとひねりあると良かったなあ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

怖くない

投稿日:2007/01/01 レビュアー:お〜の〜

ホラーの雰囲気を楽しみましょう。
深く考えると面白味ないです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

どこでもドア??

投稿日:2006/12/12 レビュアー:minto

私は残念ながらあまり怖くありませんでした。
タイトルにもなっている「ブギーマン」はなかなか登場しませんが、ドアからドアに移動しながら追いかけるシーンはまるで「どこでもドア」で緊迫感もあり、結構盛り上がってきた〜!と思っていたら、意外にあっけなく終わってしまって残念。
結局、ブギーマンって何者なのか、よくわからないままになってしまい、ちょっと中途半端な感じでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全35件

ブギーマン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

やっぱり80年代ホラー?

投稿日

2008/07/17

レビュアー

踏人

2を見てからこっちを視聴。関連性はないようだ。
あるとすれば、人間の持つ恐怖心という共通のテーマ。
恐怖心から生まれたモンスターが具現化し、人々を襲うというストーリー。

クローゼット。
それは大人の世界から隔離された秘密の場所の象徴。
…ではなく、恐怖の象徴となる。

大人にとっては何気ないクローゼットが、
子どもにとっては、異次元につながる不思議な場所であり、
うるさい大人から逃れる手段として使われる、という設定はツボを抑えている。
児童文学などで使われる手法を逆手にとった設定だ。

実際、暗闇を通して、空間を移動するシーンは面白いと思う。
2よりはホラーらしいけど、
そういう意味では、ファンタジーホラーなのかもしれない。

映画としてみると、少し古くさいかなあ、というのは2と同じ。
子どもや家族で見る分には楽しめると思うかな。

これはちょっと・・・

投稿日

2007/05/27

レビュアー

××

期待はずれでした。
ちなみに、このブギーマンは、あのブギーマンとはまったく別物です。

とくに目新しくはないのですが

投稿日

2007/03/04

レビュアー

mahiro_papa

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作品としてのバランスがけっこう良くて、ついつい最後まで観てしまう、そんな映画です。
個人的に最高に怖かったのは、母親が生き返る妄想。
最後のブギーマンのやっつけ方から、結局、ブギーマンは主人公ティムの恐怖から生まれたもの(?)と想像できるのですが、その超個人的な想像の産物に巻き込まれた人々はどうなってしまったのだろう、と、いまひとつ釈然としないような…。
なんとなく'70年代っぽい含みを持たせた終わり方に、ロールエンドの後にオチがあるのか、と最後まで見守りましたが、そのまますんなりジ・エンド。
もうひとひねりあると良かったなあ。

怖くない

投稿日

2007/01/01

レビュアー

お〜の〜

ホラーの雰囲気を楽しみましょう。
深く考えると面白味ないです。

どこでもドア??

投稿日

2006/12/12

レビュアー

minto

私は残念ながらあまり怖くありませんでした。
タイトルにもなっている「ブギーマン」はなかなか登場しませんが、ドアからドアに移動しながら追いかけるシーンはまるで「どこでもドア」で緊迫感もあり、結構盛り上がってきた〜!と思っていたら、意外にあっけなく終わってしまって残念。
結局、ブギーマンって何者なのか、よくわからないままになってしまい、ちょっと中途半端な感じでした。

21〜 25件 / 全35件

同シリーズ作品を借りる