1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬の画像・ジャケット写真

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 / トミー・リー・ジョーンズ

全体の平均評価点: (5点満点)

58

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 /トミー・リー・ジョーンズ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

 「アモーレス・ペロス」「21グラム」を手掛けたギジェルモ・アリアガの脚本を、名優トミー・リー・ジョーンズが主演のみならず自ら初監督も務めて映画化した感動ドラマ。カンヌ映画祭では男優賞と脚本賞をダブル受賞。アメリカ・テキサス州、メキシコとの国境沿い。ある日、メキシコ人のメルキアデス・エストラーダの死体が発見される。初老のカウボーイ、ピートは彼を不法入国者と知りながらも親しく付き合い、深い友情を築いていた。そして、悲しみに暮れるピートは、彼と交わした約束、「俺が死んだら故郷ヒメネスに埋めてくれ」という言葉を思い出す…。

「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」 の作品情報

作品情報

製作年:

2005年

製作国:

アメリカ/フランス

原題:

LOS TRES ENTIERROS DE MELQUIADES ESTRADA

受賞記録:

2005年 カンヌ国際映画祭 男優賞

「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

フィーリング・ミネソタ

オブリビオン

沈黙の断崖

バンディダス

ディア・ブラザー

ユーザーレビュー:58件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全58件

カウボーイ精神論

投稿日:2007/03/22 レビュアー:ハーフ&ハーフ

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

メルキアデス・エストラーダの死体がよく出来ている。

投稿日:2007/03/06 レビュアー:ブルース

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

これぞロードムービー ネタバレ

投稿日:2007/02/02 レビュアー:bossa

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 荒れ果てたテキサスの砂漠を、初老の偏屈カウボーイ、手錠をはめられた国境警備隊員、そして腐りかけた遺体が、馬に揺られて黙々と移動する。
 その光景は物悲しさを漂わせながらも、どこか滑稽でもあり…。「21グラム」の脚本家ギジェルモ・アリアガが、この作品でも「人の死」というテーマを独特な切り口で描き、見ごたえのあるロードムービーに仕上げている。
 珍道中には三人がつきものだが、旅のお供に選んだのが、撃たれた遺体と撃った犯人、という設定がとてもユニーク。オバカなコメディとかホラー以外で、遺体を扱った作品をあまり見たことないし、その遺体を巡って二人の男が奇妙につながっているのが興味深かった。
 腐りかけた死体が顔を覗かせるシーンは、最初は思わず顔をしかめてしまったけど、何度も見てるうちに「人間ってこうやって腐って、崩れて、ハエやありや蛆にたかられて、土に戻っていくんだあ」なんて、冷静に見れるようになっていた(もちろん、ホントの死体ではないんだけど)。
 腐りかけた人の死体なんて、平和な日本ではめったにお目にかからないし、私も見たことはないのだが、死は特別なことではないし、自分もいつかはああなるんだし(火葬されなければ、ですが)「気味が悪い」と感じること自体が、不自然なのかもしれない。
 ピートは、マイクを警察に突き出して牢屋に入れたり、拷問したりせず、腐臭のする遺体の横に寝かせ、一緒に馬に乗せ、彼なりの罰し方で、罪を意識させようとする。
 おそらく、古代はそういう拷問もあったのだろうが、それが妙案に思えてならなかった。
 戦争を知らない平和ボケの世の中では、あまりにも「死体」が身近でなさすぎる。だから、殺すことの罪の意識も薄れてしまうのではないだろうか。
 そんなことをぼんやりと考えてしまった。
(逆に、死体がゴロゴロありすぎて、殺すことが平気になる場合もあるだろうけど)
 ここまで読んだ人は、かなりグロテスクな作品と思われるかもしれないが、決してそうではない。
けっこう笑える。死体も見ているうちにだんだんと愛しく思えてきたし、必死で死体からアリを払うピートの姿は滑稽だし、間抜けな犯人マイクが、女から仕返しされるのも痛快だし…。旅の間に遭遇するさまざまな出来事が、ひとひねりされていて、予定調和でないのもいい。
 そして、笑ったあとには涙、である。
ピートがメルキアデスから聞いていた故郷ヒメネスは、本当に桃源郷なのだろうか…。旅を続けるうちに、だんだんと雲行きが怪しくなってくる。
それでもピートは彼の言葉を信じ続け、自分なりに終着点を見つけようとするのだ。
メルキアデスの3度目の埋葬シーンでは、旅のはかなさや現実のむなしさが、じわりじわりと心に染みて、見終わったあとも、しばらく席を立ちたくなかった。
 今、もっとも注目してる脚本家、ギジェルモ・アリアガの作品をこれからも、追っかけます。&最近は役者として作品に恵まれなかったトミー・リー・ジョーンズですが、彼の手腕にもアッパレ。次回作にも期待大。
 スペイン語わからないのに、大音響でメキシコのラジオを聴いてる盲目の爺さんを演じたのは、な・な・なーんと、「ザ・バンド」のドラマー、レヴォン・ヘルム!
役作りしていたとはいえ、あーんなヨボヨボのご老人になってしまったことに驚き。
「俺を殺してくれぇ」っていう爺さんの台詞には思わず笑い泣きしてしまいました。役者としても十分にオーラあり。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

背景、粗筋は強いんだから、もうちょっと、盛り上げて欲しかった。

投稿日:2007/01/20 レビュアー:花ちゃん

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

私にはアタリの映画 ネタバレ

投稿日:2007/01/09 レビュアー:ひめ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「友情&約束」「許し&祈り」がテーマかなぁ・・と私は思った。
大筋はシンプルなんだけど、少しずつ読み解く感じが私の好み。
トミー・リー・ジョーンズが演じる主役(カウボーイ)と、撃たれて死んだ友「メルキアデス」との約束の物語。
3度目の埋葬までのロードムービーといえばわかり易いかな。車じゃなくて馬だけど。
メルキアデスの死体の変化がグロいといえばグロい。でもこれがもしキレイな死体だったら友情が浮き彫りにならないんじゃないかとも思える。こうまでなってる死体を一生懸命運ぶんだから。
場面の時間軸が前後するのは多少わかりにくい部分があったものの、非常に後を引く映画だった。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全58件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:58件

カウボーイ精神論

投稿日

2007/03/22

レビュアー

ハーフ&ハーフ

メルキアデス・エストラーダの死体がよく出来ている。

投稿日

2007/03/06

レビュアー

ブルース

これぞロードムービー

投稿日

2007/02/02

レビュアー

bossa

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 荒れ果てたテキサスの砂漠を、初老の偏屈カウボーイ、手錠をはめられた国境警備隊員、そして腐りかけた遺体が、馬に揺られて黙々と移動する。
 その光景は物悲しさを漂わせながらも、どこか滑稽でもあり…。「21グラム」の脚本家ギジェルモ・アリアガが、この作品でも「人の死」というテーマを独特な切り口で描き、見ごたえのあるロードムービーに仕上げている。
 珍道中には三人がつきものだが、旅のお供に選んだのが、撃たれた遺体と撃った犯人、という設定がとてもユニーク。オバカなコメディとかホラー以外で、遺体を扱った作品をあまり見たことないし、その遺体を巡って二人の男が奇妙につながっているのが興味深かった。
 腐りかけた死体が顔を覗かせるシーンは、最初は思わず顔をしかめてしまったけど、何度も見てるうちに「人間ってこうやって腐って、崩れて、ハエやありや蛆にたかられて、土に戻っていくんだあ」なんて、冷静に見れるようになっていた(もちろん、ホントの死体ではないんだけど)。
 腐りかけた人の死体なんて、平和な日本ではめったにお目にかからないし、私も見たことはないのだが、死は特別なことではないし、自分もいつかはああなるんだし(火葬されなければ、ですが)「気味が悪い」と感じること自体が、不自然なのかもしれない。
 ピートは、マイクを警察に突き出して牢屋に入れたり、拷問したりせず、腐臭のする遺体の横に寝かせ、一緒に馬に乗せ、彼なりの罰し方で、罪を意識させようとする。
 おそらく、古代はそういう拷問もあったのだろうが、それが妙案に思えてならなかった。
 戦争を知らない平和ボケの世の中では、あまりにも「死体」が身近でなさすぎる。だから、殺すことの罪の意識も薄れてしまうのではないだろうか。
 そんなことをぼんやりと考えてしまった。
(逆に、死体がゴロゴロありすぎて、殺すことが平気になる場合もあるだろうけど)
 ここまで読んだ人は、かなりグロテスクな作品と思われるかもしれないが、決してそうではない。
けっこう笑える。死体も見ているうちにだんだんと愛しく思えてきたし、必死で死体からアリを払うピートの姿は滑稽だし、間抜けな犯人マイクが、女から仕返しされるのも痛快だし…。旅の間に遭遇するさまざまな出来事が、ひとひねりされていて、予定調和でないのもいい。
 そして、笑ったあとには涙、である。
ピートがメルキアデスから聞いていた故郷ヒメネスは、本当に桃源郷なのだろうか…。旅を続けるうちに、だんだんと雲行きが怪しくなってくる。
それでもピートは彼の言葉を信じ続け、自分なりに終着点を見つけようとするのだ。
メルキアデスの3度目の埋葬シーンでは、旅のはかなさや現実のむなしさが、じわりじわりと心に染みて、見終わったあとも、しばらく席を立ちたくなかった。
 今、もっとも注目してる脚本家、ギジェルモ・アリアガの作品をこれからも、追っかけます。&最近は役者として作品に恵まれなかったトミー・リー・ジョーンズですが、彼の手腕にもアッパレ。次回作にも期待大。
 スペイン語わからないのに、大音響でメキシコのラジオを聴いてる盲目の爺さんを演じたのは、な・な・なーんと、「ザ・バンド」のドラマー、レヴォン・ヘルム!
役作りしていたとはいえ、あーんなヨボヨボのご老人になってしまったことに驚き。
「俺を殺してくれぇ」っていう爺さんの台詞には思わず笑い泣きしてしまいました。役者としても十分にオーラあり。

背景、粗筋は強いんだから、もうちょっと、盛り上げて欲しかった。

投稿日

2007/01/20

レビュアー

花ちゃん

私にはアタリの映画

投稿日

2007/01/09

レビュアー

ひめ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「友情&約束」「許し&祈り」がテーマかなぁ・・と私は思った。
大筋はシンプルなんだけど、少しずつ読み解く感じが私の好み。
トミー・リー・ジョーンズが演じる主役(カウボーイ)と、撃たれて死んだ友「メルキアデス」との約束の物語。
3度目の埋葬までのロードムービーといえばわかり易いかな。車じゃなくて馬だけど。
メルキアデスの死体の変化がグロいといえばグロい。でもこれがもしキレイな死体だったら友情が浮き彫りにならないんじゃないかとも思える。こうまでなってる死体を一生懸命運ぶんだから。
場面の時間軸が前後するのは多少わかりにくい部分があったものの、非常に後を引く映画だった。

21〜 25件 / 全58件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬