博士の愛した数式

博士の愛した数式の画像・ジャケット写真
博士の愛した数式 / 寺尾聰
全体の平均評価点:
(5点満点)

272

  • DVD
ジャンル:

「博士の愛した数式」 の解説・あらすじ・ストーリー

 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。監督は「雨あがる」の小泉堯史。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しい眼差しで描く。家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない天才数学博士のもとに派遣される。そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

「博士の愛した数式」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「博士の愛した数式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

博士の愛した数式の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//日本語
2:ドルビーデジタル//日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10377 2006年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
82枚 3人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:272件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全272件

原作を読んでから☆☆☆☆ネタバレ

投稿日:2006/07/12 レビュアー:hiro

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作で想像力を必要としていた部分が視覚的に伝わってくるので数学の部分はわかりやすかったです。ただ、映像にすると小説の雰囲気が伝わりにくい部分もありました。
小説にはないルート先生=吉岡秀隆の役がすごくよかったです。あんな授業を私も高校生のときは受けてみたかったです。そして深津絵里が意外に家政婦の演技がうまくてびっくりしました。料理とかしなさそうなイメージだったので、手際がよくて浮いてなかったです。ただ1985年という時代背景を考えると美しすぎます。いくらその時代の服を着ていても。
原作を読んでから見るとなお良し!の映画だと思います。
逆でももちろんいいですが。
とにかく本の雰囲気をあわせるとこの映画がぐっとよくなると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

名言?

投稿日:2009/08/14 レビュアー:エロエロ大魔神

「君がルールだ」とゆわれると暴走してしまう俺がいる!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

文系でも、すこし味わえる理系からみえる世界。

投稿日:2007/06/03 レビュアー:

寺尾さんってどんどんお父様の宇野さんにそっくりになっていく。
やわらかい、穏やかな表情が、なんだかそっくりなのだ。

地味だけど、味わい深い役者さんである寺尾さんと深津絵里ちゃん。わたしはふたりともだいすきで、ただ、地味なので、このふたりを真ん中に持ってくるってことは、
必然地味な映画になってしまうんだけど、でも、やっぱりじんわりと、あったまってくる、いい映画。
地味な映画がだめなひとには、おおよそ受けないだろうな(笑)。

数学と、物理。
だいっきらいな教科で、でも、その宇宙とつながっている壮大な学問をじぶんの中に展開できたなら、どんなにすてきだろう、といつも憧れていた。でも、微分積分で大きくつまづき、物理はしょっぱなからてんでダメだった。だから、きっと、数学ができるひとや物理ができるひとって、わたしとは違う物事の見方や感じ方ができるにちがいないと、その世界の見え方に興味があった。
この映画では、わたしみたいな数学物理オンチにも、博士を通してちらっとその見え方を共有させてくれる。その部分でも、とても楽しめた。

浅丘さん演じる、博士の義理姉とのお話をもうすこし見たかったな。

数字つながりで、数に溺れてを久しぶりに見たい、と思って検索したら、該当なし・・。いや、グリーナウエイならどれでもいいよと気をとり直し、グリーナウエイで検索・・え、該当なし??ひょええええ。グリーナウエイ扱ってないのかい。呆然。
タルコフスキーが1本もないことに呆然としてたんだけど。そうそう、戦メリも扱ってないんだあ。ううん。どれもわりと、メインストリームとまではいかずとも、メインストリームに近いところだと思うんだけどな。ざくろの色がないのはしょうがないとして・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

博士の愛したルート君

投稿日:2007/05/14 レビュアー:KUBOCHIN

 皆さんお書きになられているように、鑑賞後は胸の辺りがぽかぽかする感じでした。
 丁度いま、この五月晴れの日に公園で風に吹かれているような穏やかな気持ちになれる映画ですね。未亡人と博士の記憶の世界に衝突して悩む家政婦さんの描写以外には眉が曇るシーンも殆どなくて。あえて難癖つければ登場人物が皆素直で良い人というか、ちょっと爽やか過ぎて、当方の居心地が悪くなってしまうところでしょうか。母親や博士に愛されることによって、愛を与えられるようになるルート君の子供時代を演じた齋藤隆成くんの演技がとても良かったと思うんですが、うちの息子も博士を思いやるルート君みたいな子供になってくれるように、僕も親として努力しないとなぁ〜などと反省させられました。

 そしていまさらだけど言葉って大切なんやなぁ…と鑑賞後に再確認しました。

 映画の中には「僕の記憶は80分しかもたない」という博士の悲しい言葉もあるけれど、「完全数、28は阪神タイガースのエース、江夏の背番号なんだ」とか、「友愛数、神の計らいを受けた絆で結ばれた数字なんだ。美しいとは思わないかい?」なんていう芸術的な言葉も出てくる。無駄なようでいて、実は無駄を排除した言葉も「美しいもんだ」と思えたわけです。

 博士は数式の美しさの信者なんだろうけど、正直言って未だ「数式の美しさ」の信者にはなりきれない僕にしてみれば、博士や成人したルート君がちらりと唱える「数式神を称える言葉の美しさ」の方が勝っているように思えました。まぁ、なんにしても家族全員で安心して観る事が出来る映画ですから、一人よりも誰かを誘って観て頂きたい映画ですね。僕は70点で佳作の評価です。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

子供の心の博士に癒されます

投稿日:2007/06/18 レビュアー:minako

事故により記憶が80分でリセットされてしまう数学者と、彼のもとに通う家政婦と息子の交流の物語でした。原作のあとがきでは、事前に取材を受けた数学者が「小川さんはこの作品で数学と文学を結婚させた」とあります。こちらは、数学と映画の幸福な結婚でしょうか。

分離した世界、ほとんどが部屋の中だけで進む物語です。記憶がなくなるということは、思えば怖いことですが、不安感や恐怖感は幸福な空間の中では沈み、足りないものを寄せ合って埋まりかけてゆく過程の幸福感は、すばらしいカタルシスでした。

同じ設定でも、映画「メメント」は10分ごと(に記憶がリセットされ、殺人の使命だけが唯一の行動衝動であった孤独なもの)でしたが、こちらは80分、少し長いだけに、関係性が少し成り立つのがせつなく、暖かく残酷です。そういえば「メメント」は博士の『背広へのクリップによるメモ』に対して、入れ墨でしたっけ。

数字に対する描写、数式の説明ではなく、「愛する数式」のエレガントな描写は少しものたりない気もしましたが、あたたかな登場人物に触れて幸せになれる映画だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全272件

博士の愛した数式

月額課金で借りる

都度課金で借りる