1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. 旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ

旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ

旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツの画像・ジャケット写真

旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ / アンバー・タンブリン

全体の平均評価点:(5点満点)

85

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

シリーズ

旧作

ジャンル :

「旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

16歳になるティビー、リーナ、カルメン、ブリジットの仲良し4人組。彼女たちは、母親たちがマタニティ教室で出会って以来、ずっと一緒。4人は同じ気持ちを分かち合い、強い絆で結ばれていた。そんな4人が、この夏初めて別々の場所で過ごすことに。リーナは祖父母の住むギリシャへ、別れて暮らす父と一緒に過ごすカルメン、メキシコのサッカーキャンプに参加するブリジット、そして何の計画もなく地元のスーパーでバイトするティビー。出発の前日1本の不思議なジーンズと出会った彼女たちは、夏の間、それを順番に着回そうと約束を交わす。

「旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2005年

製作国:

アメリカ

原題:

THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS

「旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

トラブルナイト in L.A.

インターナル・アフェア 背徳の囁き

インフェクション/感染

小さな恋のものがたり

ユーザーレビュー:85件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全85件

16歳って青春だよねぇ〜♪

投稿日:2007/07/15 レビュアー:ゆみゆみ

『旅するジーンズと16歳の夏』だなんて、安っぽい題名であまり期待できないなぁ〜
と思ってたけど、レビューの評価の高さ通り、とってもいい作品でした。

生まれてからずっと仲良し4人組の女の子たちが、初めて別々の夏休みを経験する。
リーナは祖父母が住むギリシャへ、カーメンは別れて暮らす父のいるチャールストンへ、
ブリジットはサッカー合宿でメキシコへ、そしてティビーは地元でバイトの日々。
そんな4人は、体型の違う彼女たちみんなにピッタリ合う魔法のジーンズに出会い、
それを順番に着まわしながら、近況を手紙で報告しつつ、個々に抱える悩みと向き合ってゆく。

今までのガールズムービーのように、コメディや安易なラブストーリーに逃げるような作りぢゃなくて、
ふざけずに茶化さずに、16歳の女の子たちを瑞々しく描写しているのがすごく好印象。
一本調子になりがちな話を、4人の話を別々の場所で展開させることで、広がりを持たせてある。
それを上手く繋いでいるのが、一本のジーンズであり、そのジーンズが自分の元に届いた時の
彼女たちの喜びの表情からもわかるように、4人の絆そのもの。

リーナは恋をすることで引っ込み思案で大人しい自分の殻を破って成長する姿を、
カーメンは気を使って言えなかった本当の気持ちを父親にぶつける勇気を、
ブリジットは今まで逃げてきた、母親を亡くした悲しみに向き合う強さを、
ティビーは少女と出会い、全てに無関心な日常から人生を見つめなおす姿勢を、
4人それぞれが見せてくれ、感動的な場面も多い。

そして、4人は一人で乗り越えたのではなく、離れ離れではあるけれど、
親友という心の支えがあったからこそだし、
悩み困っている子がいたら何を置いても駆けつける場面は、
大人になればなるほど失われていくので寂しいような、羨ましいような。

女の子だった時代がある人には、共感して貰えることをお約束します!
ガールズムービーにして、ただのガールズムービーにあらず。
お気に入りの一本になりました♪
原作の小説は、3作まで出版されてるらしいので、是非とも続編が観たいな!!

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

清々しさの残る作品でした…。

投稿日:2006/09/30 レビュアー:ジャスミンティー

韓国ドラマのドロドロに疲れきった後
これを見たら、清々しさのあまりフ〜ッとため息が…

あらすじは、簡単に言うと
仲良し4人組の女の子が、夏休みに各々、体験するお話。
(そして、1本のジーンズが一緒に旅をするのです。)

ただし、
そこには、全然体型の違う4人がぴったりフィットする
不思議なジーンズを1週間交替で着回す規則を作った
ことから始まります。

まず、ギリシャへ祖父母の家に行ったリーナ。
もう、景色が素晴らしくこれだけで大満足!見て下さい!
ちなみに
なんかこの子、ナタリー・ポートマンとレイチェル・リー・
クックをたして2で割った顔してる。(可愛い)
家同士が対立(?)してるコスタスと恋に落ちます。
祖父母には会うことさえ禁止され…

次はティビー(フジテレビ阿部知代アナウンサー似?)
唯一、何処にも出掛けずバイトするティビーですが
ある日、生意気な少女と出会います…
実はこの少女に秘密が…

カーメン(見てのお楽しみ)
は別れて住む父に会いにチャールストンへ
ところが、待っていたのは、父と父の再婚相手とその子供たち。
父とは、なかなか距離が縮まらず…イライラが。

最後はブリジット(美人でスタイル抜群です)
母を失ったブリジット
でも、弱みを決して見せないブリジット。
メキシコのサッカーキャンプで大学生のコーチに恋をして
モーレツなアプローチをしますが…

かなり、展開もテンポも良く楽しめました。
恋の話だけでなく家族愛や友情など、盛りだくさん!

見知らぬ俳優さんたちばかりの映画のわりに
なかなか、中身のある作品でした。

メイキングも楽しめます。

とにかく、ギリシャの場面は『素晴らしい』の一言につきます。

★★★★☆

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ジーンズが運ぶパワー

投稿日:2006/07/17 レビュアー:みみ

 美人でスポーツ万能なブリジット。
 ちょっと斜に構えてて一匹狼的なティビー。
 控えめでいまいち自分に自信が持てないギリシャ系のリーナ。
 ムードメーカー役で元気なプエルトリコ系のカルメン。

 どのキャラもリアルで、感情移入しやすかった。中でもカルメンみたいな存在って重要。重要。とか思いながら観てました。そして何だかわからないけど、4つの物語それぞれに共感できて、号泣しっぱなしでした!

 4人の女の子の友情を描く、といっても、常に4人が一緒にいるわけじゃない。夏休みも4人は別々の過ごし方をします。そして、その4人をつなぐ絆の象徴が、なぜか全員にピッタリと合うジーンズ。
 そして、ジーンズ自体は何も奇跡を起こしません。離れていても私には3人がいるんだ、ということを実感させてくれるだけ。でもそれだけで十分なんだと思う。4人がジーンズを履いて何か感じたなら、それはそう信じる4人がいたから。

 数は多くなくても、しょっちゅう会ってるわけじゃなくても、すごく大切な友達がいるという方は共感できるはず。オススメです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

友情があったかい ネタバレ

投稿日:2008/09/08 レビュアー:ポチッとな

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1人分だけを見たら感動しないだろうに、4人が上手い事ブレンドされてて飽きさせません。観てて全然時間が気にならなかった。
2人や3人だと関係がベタベタしちゃいそうだけど、4人で、それぞれ個性が全然違うから面白い。
みんな可愛くて、表情も良い。

ただ観終わって少し経つと、私の中には「なかなかこんな本当の友達って作ろうと思っても作れないよね…」とひがんじゃう私もいます。
でも、十分気持ち良く泣けましたので、やっぱり★5つ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

4人の少女、それぞれの夏

投稿日:2008/08/07 レビュアー:たんぽぽ

生まれる前から親友だった4人の少女。
・・・というのは母親のマタニティスクールから一緒だったのです。
いつも一緒に過ごしていて分かり合える4人。
それが、16歳の夏、初めてそれぞれ別々の夏休みを過ごすことになりました。

★ティビー
どこへも出かけず、スーパーでバイト。
ちょっと、シニカルな彼女は、退屈な人生を過ごす人々のドキュメンタリー映画を作ろうとしています。ちょっと生意気なベイリーという女の子と知り合います。

★リーナ
祖父母の住むギリシャへ。よくポスターや写真集で見る憧れのギリシャの島。丘の上に並び立つ白い壁の家々、青い屋根。すぐ下に真っ青な海。・・・あこがれちゃいます。内向的な彼女は自分を変えたいと思っているのですが・・・。

★カルメン
離婚し、別居している父親の元へ。しかし、父親は新しい家族と同居しており、まもなく結婚式を挙げるという。自分がすっかり忘れられた存在になっていることに怒りを覚える彼女・・・。

★ブリジット
4人の中では一番行動的。メキシコのサッカーキャンプに参加。そこの大学生のコーチにアタックするけれど・・・。

この4人をつなぐのが、一枚のジーンズ。
4人は体型も違うのに、なぜか、誰が履いてもぴったりの不思議なジーンズなのです。
これを4人は一週間ずつ、順に送って交代ではくことにする。
魔法のジーンズだから、きっといいことがあるのでは・・・、そんなほのかな期待をこめながら。

でも、この物語は、ジーンズが4人にぴったりフィットする以外は、不思議なことは何一つ起りません。
4人の様子をそれぞれに追いながら、ストーリーは進み、きわめてリアルに夏休みは過ぎていきます。
それぞれに、いろいろな試練があって、それを乗り越えて、成長していく。
この4人の友情が、一人ひとりに勇気を与えるのです。

ティビーとともに夏を過ごすベイリーのエピソードが、最も心揺さぶられ、涙、涙・・・。
私は、自信過剰の目立ちたがりや、ブリジットがどうも好きになれなかったのですが、
実は彼女は、自殺して亡くなったお母さんのことがトラウマとなり、無理をして自分を奮い立たせていた・・・、
そんなことも次第にわかってきて、さわやかな印象に変わっていくのです。

夏休みに見るのにはとってもお勧めの一作。
実は、続編の「旅するジーンズと19歳の旅立ち」が、公開中です。その予習として、改めてみてみたのです。
さて、3年後の19歳の4人は、どうなっているのでしょう。楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全85件

旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:85件

16歳って青春だよねぇ〜♪

投稿日

2007/07/15

レビュアー

ゆみゆみ

『旅するジーンズと16歳の夏』だなんて、安っぽい題名であまり期待できないなぁ〜
と思ってたけど、レビューの評価の高さ通り、とってもいい作品でした。

生まれてからずっと仲良し4人組の女の子たちが、初めて別々の夏休みを経験する。
リーナは祖父母が住むギリシャへ、カーメンは別れて暮らす父のいるチャールストンへ、
ブリジットはサッカー合宿でメキシコへ、そしてティビーは地元でバイトの日々。
そんな4人は、体型の違う彼女たちみんなにピッタリ合う魔法のジーンズに出会い、
それを順番に着まわしながら、近況を手紙で報告しつつ、個々に抱える悩みと向き合ってゆく。

今までのガールズムービーのように、コメディや安易なラブストーリーに逃げるような作りぢゃなくて、
ふざけずに茶化さずに、16歳の女の子たちを瑞々しく描写しているのがすごく好印象。
一本調子になりがちな話を、4人の話を別々の場所で展開させることで、広がりを持たせてある。
それを上手く繋いでいるのが、一本のジーンズであり、そのジーンズが自分の元に届いた時の
彼女たちの喜びの表情からもわかるように、4人の絆そのもの。

リーナは恋をすることで引っ込み思案で大人しい自分の殻を破って成長する姿を、
カーメンは気を使って言えなかった本当の気持ちを父親にぶつける勇気を、
ブリジットは今まで逃げてきた、母親を亡くした悲しみに向き合う強さを、
ティビーは少女と出会い、全てに無関心な日常から人生を見つめなおす姿勢を、
4人それぞれが見せてくれ、感動的な場面も多い。

そして、4人は一人で乗り越えたのではなく、離れ離れではあるけれど、
親友という心の支えがあったからこそだし、
悩み困っている子がいたら何を置いても駆けつける場面は、
大人になればなるほど失われていくので寂しいような、羨ましいような。

女の子だった時代がある人には、共感して貰えることをお約束します!
ガールズムービーにして、ただのガールズムービーにあらず。
お気に入りの一本になりました♪
原作の小説は、3作まで出版されてるらしいので、是非とも続編が観たいな!!

清々しさの残る作品でした…。

投稿日

2006/09/30

レビュアー

ジャスミンティー

韓国ドラマのドロドロに疲れきった後
これを見たら、清々しさのあまりフ〜ッとため息が…

あらすじは、簡単に言うと
仲良し4人組の女の子が、夏休みに各々、体験するお話。
(そして、1本のジーンズが一緒に旅をするのです。)

ただし、
そこには、全然体型の違う4人がぴったりフィットする
不思議なジーンズを1週間交替で着回す規則を作った
ことから始まります。

まず、ギリシャへ祖父母の家に行ったリーナ。
もう、景色が素晴らしくこれだけで大満足!見て下さい!
ちなみに
なんかこの子、ナタリー・ポートマンとレイチェル・リー・
クックをたして2で割った顔してる。(可愛い)
家同士が対立(?)してるコスタスと恋に落ちます。
祖父母には会うことさえ禁止され…

次はティビー(フジテレビ阿部知代アナウンサー似?)
唯一、何処にも出掛けずバイトするティビーですが
ある日、生意気な少女と出会います…
実はこの少女に秘密が…

カーメン(見てのお楽しみ)
は別れて住む父に会いにチャールストンへ
ところが、待っていたのは、父と父の再婚相手とその子供たち。
父とは、なかなか距離が縮まらず…イライラが。

最後はブリジット(美人でスタイル抜群です)
母を失ったブリジット
でも、弱みを決して見せないブリジット。
メキシコのサッカーキャンプで大学生のコーチに恋をして
モーレツなアプローチをしますが…

かなり、展開もテンポも良く楽しめました。
恋の話だけでなく家族愛や友情など、盛りだくさん!

見知らぬ俳優さんたちばかりの映画のわりに
なかなか、中身のある作品でした。

メイキングも楽しめます。

とにかく、ギリシャの場面は『素晴らしい』の一言につきます。

★★★★☆

ジーンズが運ぶパワー

投稿日

2006/07/17

レビュアー

みみ

 美人でスポーツ万能なブリジット。
 ちょっと斜に構えてて一匹狼的なティビー。
 控えめでいまいち自分に自信が持てないギリシャ系のリーナ。
 ムードメーカー役で元気なプエルトリコ系のカルメン。

 どのキャラもリアルで、感情移入しやすかった。中でもカルメンみたいな存在って重要。重要。とか思いながら観てました。そして何だかわからないけど、4つの物語それぞれに共感できて、号泣しっぱなしでした!

 4人の女の子の友情を描く、といっても、常に4人が一緒にいるわけじゃない。夏休みも4人は別々の過ごし方をします。そして、その4人をつなぐ絆の象徴が、なぜか全員にピッタリと合うジーンズ。
 そして、ジーンズ自体は何も奇跡を起こしません。離れていても私には3人がいるんだ、ということを実感させてくれるだけ。でもそれだけで十分なんだと思う。4人がジーンズを履いて何か感じたなら、それはそう信じる4人がいたから。

 数は多くなくても、しょっちゅう会ってるわけじゃなくても、すごく大切な友達がいるという方は共感できるはず。オススメです。

友情があったかい

投稿日

2008/09/08

レビュアー

ポチッとな

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1人分だけを見たら感動しないだろうに、4人が上手い事ブレンドされてて飽きさせません。観てて全然時間が気にならなかった。
2人や3人だと関係がベタベタしちゃいそうだけど、4人で、それぞれ個性が全然違うから面白い。
みんな可愛くて、表情も良い。

ただ観終わって少し経つと、私の中には「なかなかこんな本当の友達って作ろうと思っても作れないよね…」とひがんじゃう私もいます。
でも、十分気持ち良く泣けましたので、やっぱり★5つ。

4人の少女、それぞれの夏

投稿日

2008/08/07

レビュアー

たんぽぽ

生まれる前から親友だった4人の少女。
・・・というのは母親のマタニティスクールから一緒だったのです。
いつも一緒に過ごしていて分かり合える4人。
それが、16歳の夏、初めてそれぞれ別々の夏休みを過ごすことになりました。

★ティビー
どこへも出かけず、スーパーでバイト。
ちょっと、シニカルな彼女は、退屈な人生を過ごす人々のドキュメンタリー映画を作ろうとしています。ちょっと生意気なベイリーという女の子と知り合います。

★リーナ
祖父母の住むギリシャへ。よくポスターや写真集で見る憧れのギリシャの島。丘の上に並び立つ白い壁の家々、青い屋根。すぐ下に真っ青な海。・・・あこがれちゃいます。内向的な彼女は自分を変えたいと思っているのですが・・・。

★カルメン
離婚し、別居している父親の元へ。しかし、父親は新しい家族と同居しており、まもなく結婚式を挙げるという。自分がすっかり忘れられた存在になっていることに怒りを覚える彼女・・・。

★ブリジット
4人の中では一番行動的。メキシコのサッカーキャンプに参加。そこの大学生のコーチにアタックするけれど・・・。

この4人をつなぐのが、一枚のジーンズ。
4人は体型も違うのに、なぜか、誰が履いてもぴったりの不思議なジーンズなのです。
これを4人は一週間ずつ、順に送って交代ではくことにする。
魔法のジーンズだから、きっといいことがあるのでは・・・、そんなほのかな期待をこめながら。

でも、この物語は、ジーンズが4人にぴったりフィットする以外は、不思議なことは何一つ起りません。
4人の様子をそれぞれに追いながら、ストーリーは進み、きわめてリアルに夏休みは過ぎていきます。
それぞれに、いろいろな試練があって、それを乗り越えて、成長していく。
この4人の友情が、一人ひとりに勇気を与えるのです。

ティビーとともに夏を過ごすベイリーのエピソードが、最も心揺さぶられ、涙、涙・・・。
私は、自信過剰の目立ちたがりや、ブリジットがどうも好きになれなかったのですが、
実は彼女は、自殺して亡くなったお母さんのことがトラウマとなり、無理をして自分を奮い立たせていた・・・、
そんなことも次第にわかってきて、さわやかな印象に変わっていくのです。

夏休みに見るのにはとってもお勧めの一作。
実は、続編の「旅するジーンズと19歳の旅立ち」が、公開中です。その予習として、改めてみてみたのです。
さて、3年後の19歳の4人は、どうなっているのでしょう。楽しみです。

21〜 25件 / 全85件

同シリーズ作品を借りる