四月の雪

四月の雪の画像・ジャケット写真

四月の雪 / ぺ・ヨンジュン

全体の平均評価点:(5点満点)

189

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「四月の雪」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

コンサート会場の照明ディレクターを務めるインスは、仕事中に妻スジンの交通事故の知らせを聞き、彼女が搬送されたサムチョクという町の病院へ駆けつける。その廊下には、夫が交通事故に遭ったという女性ソヨンが独り悲しみに打ちひしがれていた。やがて彼らは、事故処理の結果から互いの伴侶が不倫関係にあり、同じ車に乗っていたという衝撃の事実を突きつけられるのだった。それぞれパートナーに対し、怒りと悲しみが込み上げ複雑な心境に苛まれるインスとソヨン。そんな2人も互いに励まし合ううち、恋愛感情が芽生えていく…。

「四月の雪」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: 韓国
原題: APRIL SNOW

「四月の雪」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

「冬のソナタ」コンサートDVD featuring Ryu

オー!ブラザーズ

私の愛するあなた

冬のソナタplus

ユーザーレビュー:189件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全189件

つまんねー

投稿日:2006/09/06 レビュアー:きんちゃん

美しい俳優を使ってつまんない映画を作ったって感じ。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

何度もみて欲しい ネタバレ

投稿日:2006/08/25 レビュアー:ブルードッグ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一度映画館で見ただけでは、大変わかりにくいとと思います。画面のすみずみまで、見逃さずじっくりみて欲しい映画。視線や背中、手の動き、背景まで見てやっとわかるような気がします。
韓国は不倫が日本より社会的に悪だということもありますが、日本人の感覚で見てしまうと、よりつまらないように思います。
非社会的だとわかっていながら、愛に目覚めてしまう。そんな自分を自分自身が決して許さない。そんな葛藤はもはや日本人には理解できなくなっているのではないでしょうか?

ラストシーンの雪景色はあえて主人公が妻の事故を知って、病院へ駆けつける時に撮った真冬の映像を使ったそうです。このふたりも結局は不倫で、妻と同じような運命になることを予感させるせりふと映像、挿入歌で終わります。

あまりに切なく、うまくいくことを祈ってしまいますが、決して降り積もることのない四月の雪のように、何もこのふたりには育んでゆくことはできないのでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

韓国映画っぽくない。 ネタバレ

投稿日:2006/02/17 レビュアー:span

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

おもしろい、おもしろくない、というよりも、
メジャーな韓国ドラマのノリで見ると、
まったく違いますので、
その辺を心して見るとよいかも。
ストーリー的にはドロドロしてよい内容だが、
非常に淡々と流れるストーリー展開で、
何となく岩井俊二監督作品を思わせる感もあった。
夏の香りのソン・イエジンのセミヌードもありキレイです。
ヨンさんは、筋肉モリモリでっス。(笑)
雪が降りしきる景色を、車から眺めて会話するラストは
フランス映画っぽくもみてとれるかな・

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

既婚男女の婚外愛がテーマです。

投稿日:2006/01/18 レビュアー:サランヘ

2005年9月17日,日本全国400のスクリーンで公開。
日本の女性ファンが追い求めるペ・ヨンジュンらしさを前面に押し出した作品として公開前からかなりヒートアップしていましたが,公開後も圧倒的なヨン様ファンに支えられ,日本で公開された韓国映画の数々の記録を塗り替えました。
これもひとえに日本の女性たちの行動力の賜物だと思いますが,はてさて映画の内容はといえば,お互いの伴侶に裏切られた者同士が惹かれ合い「決して愛してはいけない人を愛してしまった」という不倫物なのです。ただし,結婚している男女の婚外愛をテーマにしていますので,単なる不倫物というチャチなものではありません。
二人が始めてホテルに向かうシーンでは,映画なんだけど現実にそうなってしまったらああなるんだろうなーと思わせるくらい「上手いっ!」です。
「八月のクリスマス」のホン・ジノ監督はリアルを求める監督としても有名ですから,女性のファンだけでなく男性もしっかり楽しめますよ。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

はっきり言って・・・☆2.5

投稿日:2006/01/10 レビュアー:国士無双

 ソン・イェジンファンでなければ、途中で止めたかなと思える程の低レベルな映画だったような気がしました。

 @全編通して話が暗い。(実質、不倫映画と言える『冬のソナタ』と比べても展開に明るさが感じられません。)

 A俳優の表情が暗い。(俳優の魅力があまり生かされていないような気がします。)

 B見所が少ない。(不倫映画に欲しい『修羅場』がない。この映画は実質、不倫映画ではないような気はしますがその点を考慮に入れても疑問。)

 C話題になったとかのベッドシーンもたいしたことはないと思える程度。(アメリカ系、フランス系を想像するようなものではない。)

 D個人的に、互いの伴侶が不倫していたことが分かった後の2人の対応については?(個人的にあのような場面に遭遇したら妻や夫に優しさを見せることはできないように思います。)

 更に、心に残る程度の見所を探せばラスト付近にある雪がシンシンと降るシーンぐらいな気がしました。

 この映画、韓国では日本向けの駄作だと相当けなされたらしいですが、その噂に違わぬ映画だったような気がしました。

 ちなみに、私の専門はミステリーでソン・イェジン主演映画をそれほど見たわけではないですが、『ラブストーリー』以後、それほどソン・イェジンの魅力が光る映画に出会っていないような気がしています。(他に『永遠の片思い』を見ました。)

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全189件

四月の雪

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:189件

つまんねー

投稿日

2006/09/06

レビュアー

きんちゃん

美しい俳優を使ってつまんない映画を作ったって感じ。

何度もみて欲しい

投稿日

2006/08/25

レビュアー

ブルードッグ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一度映画館で見ただけでは、大変わかりにくいとと思います。画面のすみずみまで、見逃さずじっくりみて欲しい映画。視線や背中、手の動き、背景まで見てやっとわかるような気がします。
韓国は不倫が日本より社会的に悪だということもありますが、日本人の感覚で見てしまうと、よりつまらないように思います。
非社会的だとわかっていながら、愛に目覚めてしまう。そんな自分を自分自身が決して許さない。そんな葛藤はもはや日本人には理解できなくなっているのではないでしょうか?

ラストシーンの雪景色はあえて主人公が妻の事故を知って、病院へ駆けつける時に撮った真冬の映像を使ったそうです。このふたりも結局は不倫で、妻と同じような運命になることを予感させるせりふと映像、挿入歌で終わります。

あまりに切なく、うまくいくことを祈ってしまいますが、決して降り積もることのない四月の雪のように、何もこのふたりには育んでゆくことはできないのでしょう。

韓国映画っぽくない。

投稿日

2006/02/17

レビュアー

span

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

おもしろい、おもしろくない、というよりも、
メジャーな韓国ドラマのノリで見ると、
まったく違いますので、
その辺を心して見るとよいかも。
ストーリー的にはドロドロしてよい内容だが、
非常に淡々と流れるストーリー展開で、
何となく岩井俊二監督作品を思わせる感もあった。
夏の香りのソン・イエジンのセミヌードもありキレイです。
ヨンさんは、筋肉モリモリでっス。(笑)
雪が降りしきる景色を、車から眺めて会話するラストは
フランス映画っぽくもみてとれるかな・

既婚男女の婚外愛がテーマです。

投稿日

2006/01/18

レビュアー

サランヘ

2005年9月17日,日本全国400のスクリーンで公開。
日本の女性ファンが追い求めるペ・ヨンジュンらしさを前面に押し出した作品として公開前からかなりヒートアップしていましたが,公開後も圧倒的なヨン様ファンに支えられ,日本で公開された韓国映画の数々の記録を塗り替えました。
これもひとえに日本の女性たちの行動力の賜物だと思いますが,はてさて映画の内容はといえば,お互いの伴侶に裏切られた者同士が惹かれ合い「決して愛してはいけない人を愛してしまった」という不倫物なのです。ただし,結婚している男女の婚外愛をテーマにしていますので,単なる不倫物というチャチなものではありません。
二人が始めてホテルに向かうシーンでは,映画なんだけど現実にそうなってしまったらああなるんだろうなーと思わせるくらい「上手いっ!」です。
「八月のクリスマス」のホン・ジノ監督はリアルを求める監督としても有名ですから,女性のファンだけでなく男性もしっかり楽しめますよ。

はっきり言って・・・☆2.5

投稿日

2006/01/10

レビュアー

国士無双

 ソン・イェジンファンでなければ、途中で止めたかなと思える程の低レベルな映画だったような気がしました。

 @全編通して話が暗い。(実質、不倫映画と言える『冬のソナタ』と比べても展開に明るさが感じられません。)

 A俳優の表情が暗い。(俳優の魅力があまり生かされていないような気がします。)

 B見所が少ない。(不倫映画に欲しい『修羅場』がない。この映画は実質、不倫映画ではないような気はしますがその点を考慮に入れても疑問。)

 C話題になったとかのベッドシーンもたいしたことはないと思える程度。(アメリカ系、フランス系を想像するようなものではない。)

 D個人的に、互いの伴侶が不倫していたことが分かった後の2人の対応については?(個人的にあのような場面に遭遇したら妻や夫に優しさを見せることはできないように思います。)

 更に、心に残る程度の見所を探せばラスト付近にある雪がシンシンと降るシーンぐらいな気がしました。

 この映画、韓国では日本向けの駄作だと相当けなされたらしいですが、その噂に違わぬ映画だったような気がしました。

 ちなみに、私の専門はミステリーでソン・イェジン主演映画をそれほど見たわけではないですが、『ラブストーリー』以後、それほどソン・イェジンの魅力が光る映画に出会っていないような気がしています。(他に『永遠の片思い』を見ました。)

21〜 25件 / 全189件