ツイステッド

ツイステッドの画像・ジャケット写真

ツイステッド / アシュレイ・ジャッド

全体の平均評価点:(5点満点)

52

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ツイステッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

サンフランシスコ市警殺人課で初の女性捜査官となったジェシカ・シェパード。父親代わりのミルズ本部長にも優しく見守られ順調なスタートを切った彼女だったが、幼児期のトラウマや過剰なストレス、そして都会の孤独が酒の量を増やし、しばしば男との一夜限りの関係を持ってしまうのだった。そんな中、続けざまに2件の殺人事件が発生する。被害者はいずれもジェシカが寝た男だった。そしてジェシカには事件の夜の記憶がなかった。次第に同僚やミルズ本部長までもが彼女に疑いの目を向ける。いつしかジェシカ自身も無実を確信できなくなるのだった。

「ツイステッド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: アメリカ/ドイツ
原題: TWISTED

「ツイステッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジャッキー・ブラウン

勇者たちの戦場

フレッシュ

SOUL RED 松田優作

ユーザーレビュー:52件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全52件

完見度:最後まで

投稿日:2005/02/12 レビュアー:aiai

サ、サミュエーーーーーール!ひさしぶりぶり!いろんな作品にちょこちょこ出てくるハリウッドの津川雅彦、最近ごぶさたしてました。
まあまあおもしろかったけど、犯人がなんとなく途中で読めたのがちょっとなぁ。ガルシアのポジションも中途半端だし。ストレートなサスペンス映画は二転三転ぐらいの切り返しがほしいですよね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

誰か手品師に暖かい毛布を

投稿日:2017/05/11 レビュアー:ビンス

こうだと思わせてそうじゃない
ってことはこっちか・・・からの
大どんでん返し・・・を狙っていますが
タネを知ってる手品を見せられているかのような気分
それでも手品師は
気付いてないと思って得意げなもんだから・・・・
そういう作品でした。
誰か手品師に暖かい毛布を
ミスリードを狙いますって宣言しているかのようなミスリード
今からお前を騙すぜぇ!って宣言したらいかんでしょ(笑)
アシュレイ・ジャッドに
サミュエルに
アンディ・ガルシア(名前が相当好き(笑))
個人的には好みなキャストなだけに残念
ま、この3人が出てても
それ以外が何人かを除けば
まるっきりのBもしくはC仕上がりな人達ばかりなので
致し方なしってところもあります。
作品の空気がもう
どうしてもAまで這い上がれないものを醸しています。

本筋の謎より
一番の謎は向かいのババァ
なんやねんアレ!!!!
一番の謎であり恐怖だわ!!
答え欲しいわ!!

アシュレイ・ジャッドのピーク時の作品ですが、
ピーク時の作品の興行的失敗により
徐々にフェードアウトしていってしまいました。
(結婚したってのもあるが)
確かに好きな出演作品と聞かれたら・・・
「ヒート」ぐらいしか思い浮かばない・・
あ、世間的には失敗だけど
「恋する遺伝子」もイイですね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

キャストの無駄使い

投稿日:2010/12/07 レビュアー:Kavi

これを観たのは3週間前。
で、もうすっかりド忘れしてしまうぐらい、薄い映画。

二日酔いから醒めようとする時に、
よくするあのヘンテコな顔を演じている
アシュレイ・ジャッドのシーンしか記憶にないです。

“予想外の犯人”を狙ったトラップも、薄くてスケスケ。
サミュエルさんと、アンディー・ガルシアが出演しているけど、
無名の俳優でも事足る薄さ。

にしても、サミュエルさんは、ホンマにいろんな映画に出てますね。
そして、作品を選ばない彼のポリシーに、ここまでくると脱帽です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

アシュレイ・ジャッド狙いなら、他に観る映画がなくなってからどうぞ

投稿日:2008/12/25 レビュアー:bokensdorf

アシュレイ・ジャッド狙いでこれが10本目。この女優は非常に芸域が広いのだが、この作品のキャラクターは勘弁して欲しかった。「あなたのために(2000)」以降、ずっと短髪にしていたのをこの映画ではもっと短髪にし、ボーイッシュなのは良いんだけど、革ジャン着て太いベルトして車はムスタング、バーに一人で入ってウイスキーを飲む、というのはアシュレイ・ジャッドのキャラクタではない。汚い言葉を吐くのもまったく似合っていない。

監督は「この役には完璧な女優が必要だった」と言っているがミスキャストである。

ストーリーは、はっきり言ってお粗末だ。いままで観たアシュレイ・ジャッドの映画の中でもっとも面白くない。この監督はあまり監督作品は多くないが、「ライトスタッフ(1983)」の監督だ。私はあれもダラダラした映画で苦手だ。

アシュレイ・ジャッド狙いなら、この映画は他に観る映画がなくなってからどうぞと言いたい。
アシュレイにはこの映画はやめて欲しかった。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

薄めの内容ではあるが、犯人当てクイズと考えて観れば・・・

投稿日:2007/12/15 レビュアー:のぼ

とっても面白そうなコマーシャルから、すごく期待していたんですが、結果はまあまあといったところ。

面白くないことはないんですが、全体に薄い内容なんですね、これが・・・。

途中で犯人はたいがいわかるんではないでしょうか?

“カチッ”

犯人当てクイズを楽しむ感じで観れば、お〜解けた解けた!ということで、楽しめるんですが、いかんせん、どうしてそこまで殺さなきゃならないかという、動機が弱いので、サスペンスとして、作品としてのレベルは低くなっちゃいますね。

大体ジェシカさん、あんた刑事でしょ?何か酒飲むたんびに気失って、その次の日誰かが死んでる。

それも自分と関係を持った男ばかり。酒だけのせいじゃないんじゃないだろうか?

と、ちょっと考えて、酒はやめるとか、何とかがんばらなきゃ(^^♪

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全52件

ツイステッド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:52件

完見度:最後まで

投稿日

2005/02/12

レビュアー

aiai

サ、サミュエーーーーーール!ひさしぶりぶり!いろんな作品にちょこちょこ出てくるハリウッドの津川雅彦、最近ごぶさたしてました。
まあまあおもしろかったけど、犯人がなんとなく途中で読めたのがちょっとなぁ。ガルシアのポジションも中途半端だし。ストレートなサスペンス映画は二転三転ぐらいの切り返しがほしいですよね。

誰か手品師に暖かい毛布を

投稿日

2017/05/11

レビュアー

ビンス

こうだと思わせてそうじゃない
ってことはこっちか・・・からの
大どんでん返し・・・を狙っていますが
タネを知ってる手品を見せられているかのような気分
それでも手品師は
気付いてないと思って得意げなもんだから・・・・
そういう作品でした。
誰か手品師に暖かい毛布を
ミスリードを狙いますって宣言しているかのようなミスリード
今からお前を騙すぜぇ!って宣言したらいかんでしょ(笑)
アシュレイ・ジャッドに
サミュエルに
アンディ・ガルシア(名前が相当好き(笑))
個人的には好みなキャストなだけに残念
ま、この3人が出てても
それ以外が何人かを除けば
まるっきりのBもしくはC仕上がりな人達ばかりなので
致し方なしってところもあります。
作品の空気がもう
どうしてもAまで這い上がれないものを醸しています。

本筋の謎より
一番の謎は向かいのババァ
なんやねんアレ!!!!
一番の謎であり恐怖だわ!!
答え欲しいわ!!

アシュレイ・ジャッドのピーク時の作品ですが、
ピーク時の作品の興行的失敗により
徐々にフェードアウトしていってしまいました。
(結婚したってのもあるが)
確かに好きな出演作品と聞かれたら・・・
「ヒート」ぐらいしか思い浮かばない・・
あ、世間的には失敗だけど
「恋する遺伝子」もイイですね。

キャストの無駄使い

投稿日

2010/12/07

レビュアー

Kavi

これを観たのは3週間前。
で、もうすっかりド忘れしてしまうぐらい、薄い映画。

二日酔いから醒めようとする時に、
よくするあのヘンテコな顔を演じている
アシュレイ・ジャッドのシーンしか記憶にないです。

“予想外の犯人”を狙ったトラップも、薄くてスケスケ。
サミュエルさんと、アンディー・ガルシアが出演しているけど、
無名の俳優でも事足る薄さ。

にしても、サミュエルさんは、ホンマにいろんな映画に出てますね。
そして、作品を選ばない彼のポリシーに、ここまでくると脱帽です。

アシュレイ・ジャッド狙いなら、他に観る映画がなくなってからどうぞ

投稿日

2008/12/25

レビュアー

bokensdorf

アシュレイ・ジャッド狙いでこれが10本目。この女優は非常に芸域が広いのだが、この作品のキャラクターは勘弁して欲しかった。「あなたのために(2000)」以降、ずっと短髪にしていたのをこの映画ではもっと短髪にし、ボーイッシュなのは良いんだけど、革ジャン着て太いベルトして車はムスタング、バーに一人で入ってウイスキーを飲む、というのはアシュレイ・ジャッドのキャラクタではない。汚い言葉を吐くのもまったく似合っていない。

監督は「この役には完璧な女優が必要だった」と言っているがミスキャストである。

ストーリーは、はっきり言ってお粗末だ。いままで観たアシュレイ・ジャッドの映画の中でもっとも面白くない。この監督はあまり監督作品は多くないが、「ライトスタッフ(1983)」の監督だ。私はあれもダラダラした映画で苦手だ。

アシュレイ・ジャッド狙いなら、この映画は他に観る映画がなくなってからどうぞと言いたい。
アシュレイにはこの映画はやめて欲しかった。

薄めの内容ではあるが、犯人当てクイズと考えて観れば・・・

投稿日

2007/12/15

レビュアー

のぼ

とっても面白そうなコマーシャルから、すごく期待していたんですが、結果はまあまあといったところ。

面白くないことはないんですが、全体に薄い内容なんですね、これが・・・。

途中で犯人はたいがいわかるんではないでしょうか?

“カチッ”

犯人当てクイズを楽しむ感じで観れば、お〜解けた解けた!ということで、楽しめるんですが、いかんせん、どうしてそこまで殺さなきゃならないかという、動機が弱いので、サスペンスとして、作品としてのレベルは低くなっちゃいますね。

大体ジェシカさん、あんた刑事でしょ?何か酒飲むたんびに気失って、その次の日誰かが死んでる。

それも自分と関係を持った男ばかり。酒だけのせいじゃないんじゃないだろうか?

と、ちょっと考えて、酒はやめるとか、何とかがんばらなきゃ(^^♪

21〜 25件 / 全52件