ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・トランスレーション / ビル・マーレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ロスト・イン・トランスレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めていた。さらに、息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXが届き、時差ボケと共に気分が滅入ってしまう。一方、同じホテルにはフォトグラファーの夫ジョンの仕事に同行してきた若妻シャーロットが滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせた2人は、やがて言葉を交わすようになる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN TRANSLATION
受賞記録: 2003年 アカデミー賞 脚本賞
2003年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
2003年 NY批評家協会賞 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 男優賞

「ロスト・イン・トランスレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・トランスレーションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AFD10766 2004年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全203件

日本が好きに

投稿日:2006/11/25 レビュアー:エイちゃん

あの汚いドンキホーテの看板まできれいに見せてくれる
映画です 私も海外生活の経験があるのでボブとシャーロット(まさに適役)の気持ちが痛いほどわかります オリンピックは2回海外で見ました staff canteen(社員食堂)で一人 日本選手の応援をしました たまらなく人恋しくなって 一人空港の
到着口に誰を待つでもなく座っていたこともあります 久しぶりにあの時の気持が蘇えって来て 何か優しい気持ちになれそうです 日本がますます好きになりました
ところで酷評のひとつに 変な女の人が侵入した時のエピソード
が書いてありましたが かなり有名な会社でも(サントリーではありません)あのような事をやってますよ 
女優としてはロジー賞受賞の栄誉に輝いたソフィアさん監督として 脚本家として(なかなかやるじゃん)

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

息苦しさとすれ違い

投稿日:2006/05/02 レビュアー:こむすび

こんなの日本じゃない、という気持ちよりも、外国から見た日本ってこうなのかもなぁと逆に新鮮な気持ちで見ることが出来ました。単に、言葉や文化のすれ違いだけではなく、夫婦や恋人同士のすれ違いの描かれ方がリアルで印象的でした。

海外滞在中、この映画の主人公が感じたような息苦しさを私も体験しました。孤独感、やるせなさもしかり。こういう感情の揺れをとてもうまく描いていると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんなにイライラした映画は初めて

投稿日:2005/10/29 レビュアー:ひきむすび

この映画スカーレット・ヨハンソンが出ていなかったなら
最後まで観なかっただろうなぁ。

作品としてとゆうか 監督の言いたいことはよく判る。
自分の中にも 逆パターンの思い出があるからだ。
それは 人であったり、和書であったり。
だから 私が日本人でなければ 
きっとこの作品の恋に心を動かされたに違いない。

そう思えばこそ 街の喧騒のひとつひとつが
肌からわかってしまうことが苛立たしい。
ネオンの一つ一つにCMのメロディが
浮かんでしまうことに腹が立つ。
そいでもって 出ている日本人がまた
矮小で 馬鹿で 意味のないことに夢中で
ブサイクを揃えてあることに
また腹が立つ。


映画といえば 主人公の意識に入り込むつもりで
観てきているから 彼らと同じスタートラインに立てないのは
めちゃくちゃ腹が立つ。(なんで日本なのよ!)

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

優しく懐かしい東京の夜

投稿日:2004/12/18 レビュアー:BIN

出演している日本人が、どう云う基準で集められたのか知らないけれど、みんながみんなあんまりステレオタイプの日本人顔をしているので、苦笑し、気恥ずかしくなってしまった。
「ティファニーで朝食を」1961年の中で描かれている日本人とちっとも変わっていないようで・・・。(でもこれも読みがあっての事?)

ネオンの『ドンキホーテ』が見えたりしているので、最近の東京の筈が、1960年後半、70年初めの東京のように見えてくるのは、高層ビルがネオンの海に浮かび、不夜城の東京なのに、行き交う人々がなんとも素朴で、精悍さに欠けた日本人たちのせい?

とりとめない孤独に悩むシャーロットちゃんも、人生の空虚感が重たいボブも、そんなに急いでアメリカに帰らないで不思議ワールド東京で遊んで行って。そしたらアメリカで見えてなかった事に思いあたるかもね。

時間が経つほどに、あの頃の優しい東京が見つかります。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

TOKYOノ空ハ、今日モ、シカクイ・・・

投稿日:2011/04/01 レビュアー:パンケーキレンズ

スカーレット・ヨハンソンの柔らかい曲線美が都会の喧騒にやさしくフィット

ソフィア・コッポラの女性的な視線が際立つ、ほろ苦くも爽やかな男女の物語

彼女が舞台に選んだ東京
タクシーの窓に反射する街のネオン、漫画を読むサラリーマン
女子高生、パチンコ、ゲームセンター・・・
その素材の取り上げ方が抜群のセンス☆
2人の主人公を異国の世界にポツンと置いて
まるで、迷子の子供のような気分にさせる

東京を描きたかったというよりも
2人の男女をLOSTさせるのに絶好のロケーションだったという印象を受けた

仕事の為に来日したボブ(ビル・マーレー)と
夫の仕事に付いて日本まで来たシャーロット(スカレーット・ヨハンソン)
時差と言葉の壁と使いづらいシャワー(笑)
2人を疎外感の迷路に迷い込ませたのはそれだけではなく・・・
自分のキャリアや、なんとなくうまくいかない結婚生活
モヤモヤを抱えた気持ちに、この異国の生活が更に拍車をかける

言葉を交わし、眠れない夜を過ごすうち
笑顔が増えるシャーロットと冗談を飛ばし始めるボブ
それと同時に、夜ごと増していくシャーロットの鼓動が
観てるこちら側にも響いてくるような
彼女にピタッと密着したような描き方に
もはや舞台が東京であることを気にする必要はなくなっていた

日常ではたぶん惰性で流してしまいそうな、小さな引っ掛かり
それに素直に向き合い、他人にさらけ出すことが出来たのは
一人ぼっちならぬ二人ぼっちを味わったからかもしれない
そしてそれはTOKYOが2人にかけた魔法のような気もした☆

耳元でささやくラストシーンはとっても美しく
後になってもノスタルジックな余韻をじわじわ残してくれました♪

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全203件

ロスト・イン・トランスレーション

月額課金で借りる

都度課金で借りる