8人の女たち

8人の女たちの画像・ジャケット写真

8人の女たち / カトリーヌ・ドヌーヴ

全体の平均評価点:(5点満点)

179

全体の平均評価点:

DVD

映画賞受賞作品

ジャンル :

「8人の女たち」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

1950年代のフランス。クリスマスを祝うため、雪に閉ざされた大邸宅に家族が集うこととなった。ちょうどその日の朝、メイドのルイーズが、一家の主マルセルの部屋へ朝食を持っていくと、彼はナイフで背中を刺され死んでいた。外から何者かが侵入した形跡はない。電話線は切られ、雪で外部との連絡を完全に絶たれた8人の女たち。祝祭気分は一転、彼女たちは疑心暗鬼を募らせていく。やがて、互いの詮索が始まる。そして、次々と彼女たち一人ひとりの思惑や秘密が暴露されていく…。

「8人の女たち」 の作品情報

作品情報

製作年: 2002年
製作国: フランス
原題: 8 FEMMES/8 WOMEN
受賞記録: 2002年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(芸術貢献賞)

「8人の女たち」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

しあわせの雨傘

ピーター・パン

ヤング・ポープ 美しき異端児

ハッピーエンド

ユーザーレビュー:179件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全179件

オシャレ映画

投稿日:2006/05/30 レビュアー:サファイア

とにかくすごくオシャレ気分を満喫しました。ワインを飲みながら.シャンデリアの下で.ソファーに座って...大スクリーンで?いや.現物を観てみたい(笑)
八人の女性の個性を細部までこだわっている点が.本当に圧巻でオシャレでした。洋服の色や形.髪型.歌やダンス.そのキャラクターにあわせた遊び心をすごく感じました。
少しづつ露見する秘密とそれぞれの持ち歌にわくわくしながら.楽しみました。なんか新しいジャンルな感じです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

★★★★★ ミュージカル仕立ての舞台劇を撮影した感じ

投稿日:2004/11/27 レビュアー:Sarah

歌踊りありのミュージカル風舞台劇です。セリフ回しも完全に舞台用で妙な芝居ですが、舞台を見に行ったと思って観るしかありません。
舞台を観ているという前提でみると、とても面白いストーリーです。「この世に幸せな愛などない〜♪」ということをいろいろな女性の愛の形で表現しています。
女同士のなじり合いも見もの。
ミュージカル・舞台劇嫌いな方にはオススメできません。
個人的にはかなり面白くて夢中になれたので5★ですが、一般的には評価が分かれる作品でしょう。。。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

フランス女優が好きな方に

投稿日:2004/03/18 レビュアー:シナモン

フランス女優が好きな方にはとっても楽しめる映画だと思います。
特にファニーアルダンはかっこよかった。
途中で入る歌と踊りが微妙・・・みんな微妙・・・でもそれがかえってかわいいって感じです。
そうそう、ウィンクの踊りを思い出しました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

白い雪と艶やかな8人のマダム

投稿日:2004/02/04 レビュアー:豆大福

密室の犯人探しのサスペンスというよりも、
コメディータッチの8人の女性のおはなし。

8人が8人
美しく姦しく自分の魅力をたくさん溢れ出してる。

出演者の洋服の色彩の組み合わせと窓の外に降り積もっていく白い雪のコントラストは絶妙な美しさで見とれてしまったほど。

どうしてどうして2時間楽しめてしまった。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

JOKER GAME

投稿日:2012/01/20 レビュアー:ビンス

史上初めて、主演した8人全員が主演女優賞に値する「銀熊賞」を受賞した作品。
美しい。
兎に角美しいです。
8人の女性たち。
花・華・花。
鮮やかな色彩。
色・色・色。
画面が常に美しい。
衣装と調度品のカラーアンサンブル。
色に見惚れてしまう。
衣装に見惚れてしまう。
女優に見惚れてしまう。
おまけにダンスに見惚れてしまう。
同じシーンを視点を変えて、何度でも楽しめる。
そういう舞台調ミュージカル・サスペンス。
唐突であればあるほどいい。
唐突に唄いだしてくれ。
その唐突さ、ピカイチ。
そんでもって、唄われる曲の美しさ。
これまたピカイチ。
その美しさには、多少のズッコケ感と腹立たしさ感が混じっているものもある。
そのエッセンスがなきゃダメ、今回は絶対に。
ダンス見てても。
歌聴いてても。
ちょいイラなのに、そのあと笑みがこぼれるような絶妙感。
8人が唄い上げ。
そして、幕を閉じるラストのうっとりするほどの美しさ。
アンコールと叫びたくなるような。
だけど、この物語には、アンコールは似合いません。
叫びたくなる思いを、そっと胸に仕舞い込むのです。

まるでカードゲームのよう。
真のジョーカーを持っているのは誰だ!?って遊び。
とりあえず皆がジョーカー持ってて。
これでもか!と、ここぞとばかりに出してきたり。
渋々出したり。
出したジョーカーが次々と周りに影響を及ぼしていく。
上には上があるジョーカー。
最後のカードを切るのは誰だ?

今回再鑑賞してみましたが。
やはり初鑑賞時に受けたインパクトは薄れてました。
それは仕方なし。
最初はかなり驚いたので・・・・
なんだこりゃ・・・フフフ・・って←結局ハマってる。
そのインパクトを抜きにしても、大好きな作品です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全179件

8人の女たち

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:179件

オシャレ映画

投稿日

2006/05/30

レビュアー

サファイア

とにかくすごくオシャレ気分を満喫しました。ワインを飲みながら.シャンデリアの下で.ソファーに座って...大スクリーンで?いや.現物を観てみたい(笑)
八人の女性の個性を細部までこだわっている点が.本当に圧巻でオシャレでした。洋服の色や形.髪型.歌やダンス.そのキャラクターにあわせた遊び心をすごく感じました。
少しづつ露見する秘密とそれぞれの持ち歌にわくわくしながら.楽しみました。なんか新しいジャンルな感じです。

★★★★★ ミュージカル仕立ての舞台劇を撮影した感じ

投稿日

2004/11/27

レビュアー

Sarah

歌踊りありのミュージカル風舞台劇です。セリフ回しも完全に舞台用で妙な芝居ですが、舞台を見に行ったと思って観るしかありません。
舞台を観ているという前提でみると、とても面白いストーリーです。「この世に幸せな愛などない〜♪」ということをいろいろな女性の愛の形で表現しています。
女同士のなじり合いも見もの。
ミュージカル・舞台劇嫌いな方にはオススメできません。
個人的にはかなり面白くて夢中になれたので5★ですが、一般的には評価が分かれる作品でしょう。。。

フランス女優が好きな方に

投稿日

2004/03/18

レビュアー

シナモン

フランス女優が好きな方にはとっても楽しめる映画だと思います。
特にファニーアルダンはかっこよかった。
途中で入る歌と踊りが微妙・・・みんな微妙・・・でもそれがかえってかわいいって感じです。
そうそう、ウィンクの踊りを思い出しました。

白い雪と艶やかな8人のマダム

投稿日

2004/02/04

レビュアー

豆大福

密室の犯人探しのサスペンスというよりも、
コメディータッチの8人の女性のおはなし。

8人が8人
美しく姦しく自分の魅力をたくさん溢れ出してる。

出演者の洋服の色彩の組み合わせと窓の外に降り積もっていく白い雪のコントラストは絶妙な美しさで見とれてしまったほど。

どうしてどうして2時間楽しめてしまった。

JOKER GAME

投稿日

2012/01/20

レビュアー

ビンス

史上初めて、主演した8人全員が主演女優賞に値する「銀熊賞」を受賞した作品。
美しい。
兎に角美しいです。
8人の女性たち。
花・華・花。
鮮やかな色彩。
色・色・色。
画面が常に美しい。
衣装と調度品のカラーアンサンブル。
色に見惚れてしまう。
衣装に見惚れてしまう。
女優に見惚れてしまう。
おまけにダンスに見惚れてしまう。
同じシーンを視点を変えて、何度でも楽しめる。
そういう舞台調ミュージカル・サスペンス。
唐突であればあるほどいい。
唐突に唄いだしてくれ。
その唐突さ、ピカイチ。
そんでもって、唄われる曲の美しさ。
これまたピカイチ。
その美しさには、多少のズッコケ感と腹立たしさ感が混じっているものもある。
そのエッセンスがなきゃダメ、今回は絶対に。
ダンス見てても。
歌聴いてても。
ちょいイラなのに、そのあと笑みがこぼれるような絶妙感。
8人が唄い上げ。
そして、幕を閉じるラストのうっとりするほどの美しさ。
アンコールと叫びたくなるような。
だけど、この物語には、アンコールは似合いません。
叫びたくなる思いを、そっと胸に仕舞い込むのです。

まるでカードゲームのよう。
真のジョーカーを持っているのは誰だ!?って遊び。
とりあえず皆がジョーカー持ってて。
これでもか!と、ここぞとばかりに出してきたり。
渋々出したり。
出したジョーカーが次々と周りに影響を及ぼしていく。
上には上があるジョーカー。
最後のカードを切るのは誰だ?

今回再鑑賞してみましたが。
やはり初鑑賞時に受けたインパクトは薄れてました。
それは仕方なし。
最初はかなり驚いたので・・・・
なんだこりゃ・・・フフフ・・って←結局ハマってる。
そのインパクトを抜きにしても、大好きな作品です。

21〜 25件 / 全179件