Dolls[ドールズ]

Dolls[ドールズ]の画像・ジャケット写真

Dolls[ドールズ] / 菅野美穂

全体の平均評価点:(5点満点)

93

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「Dolls[ドールズ]」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

近松門左衛門の“冥途の飛脚”の出番を終えた忠兵衛と梅川の人形が静かに身体をやすめている。なにかを囁いているような二人のその視線の先――。松本と佐和子は結婚の約束を交わしていたが、社長令嬢との縁談が決まった松本が佐和子を捨てた。佐和子は自殺未遂の末、記憶喪失に陥る。挙式当日、そのことを知った松本は式場を抜け出し病院へと向かう…。年老いたヤクザの親分と、彼をひたすら待ち続けるひとりの女。事故で再起不能になった国民的アイドルと彼女を慕い続ける孤独な青年。少しずつ交錯しながら3つの究極の愛が展開していく…。

「Dolls[ドールズ]」 の作品情報

作品情報

製作年: 2002年
製作国: 日本
原題: DOLLS

「Dolls[ドールズ]」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 北野武
撮影: 柳島克己
音楽: 久石譲

関連作品

関連作品

大奥(映画版)

JM

恋の時間

大河ドラマ 平清盛 総集編

ユーザーレビュー:93件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全93件

★1

投稿日:2009/07/26 レビュアー:ねむちゃん

武って本当に終わっちゃったんだなあ
外人向け賞狙いのくっだらない映画

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

おとこの方は。

投稿日:2008/05/13 レビュアー:toto

女になるのか。
繊細な色やストーリーで、いっぱい遊んだ映画。
やっぱりやくざはでてきたけど、Brotherみたいにあつくるしくなかったな。
男の美学みたいなものに固執していたかんじのビート作品がいっきに自由になった印象を受けた。
本当に花やら、着物の奇麗な色やら好きなのは実は男の方じゃないのかな、と思う。
表現も女より格段にうまい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

血のぬくもり

投稿日:2007/10/16 レビュアー:やすっち

皆がつまらないという理由も解るが.
そもそも北野作品に何を求めているのかが解らない。
で.私は何も求めてないから面白かった。
純愛がテーマでぶっちゃけみんな殺します。いつもです。
最後少し曖昧に終わらせてますが未来の感覚はないです。
センスはやはり凄いなと。10秒見れば一発で北野作品て解る画面が凄い。
色の配置が自分と似てるので.やりたい方向性は買います。
大好きではないが嫌いじゃないです。
北野武は自分に浸らないで作品を作る。
一歩置いてるのでどんな残虐な作品も快感にほど遠い。
しかしそこに血の通ったぬくもりを感じる。
バイオレンス作品は血がいっぱい出るが.血のぬめっとした暖かさが無い。
ただただ快感の為の冷たい血。
しかし.北野はソレさえ描こうとする。一歩置いて描くのに。
そこが凄いと思うし嫌いじゃない。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

責任

投稿日:2007/09/17 レビュアー:ハル

「この人をこんな風にしてしまったのはわたし・・・」
相手の、自分への強い強い想いをしっかと感じた時、何かを覚悟し一種の責任感をもった人達の、それぞれの顛末を描いた作品。

映像に身を任せ、虚無の世界に浸って観た。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

運命に踊らされて生きる人間 ネタバレ

投稿日:2007/04/12 レビュアー:ゆき

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

きれいな色彩の映画でした。
でも悲しい運命に踊らされていく人々の人生の描き方や一瞬の希望の光がすぐに消されてしまうあたりが、私としては見ていて得る物が無い気がしましあ。
ただ、たんたんと運命に踊らされて流されていく人々は自分の力で何かを変えようとするわけでもなく。
タイトル通りでした。
いい映画ですが。
希望のもてる物では無くなんか絶望感だけが残る映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全93件

Dolls[ドールズ]

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:93件

★1

投稿日

2009/07/26

レビュアー

ねむちゃん

武って本当に終わっちゃったんだなあ
外人向け賞狙いのくっだらない映画

おとこの方は。

投稿日

2008/05/13

レビュアー

toto

女になるのか。
繊細な色やストーリーで、いっぱい遊んだ映画。
やっぱりやくざはでてきたけど、Brotherみたいにあつくるしくなかったな。
男の美学みたいなものに固執していたかんじのビート作品がいっきに自由になった印象を受けた。
本当に花やら、着物の奇麗な色やら好きなのは実は男の方じゃないのかな、と思う。
表現も女より格段にうまい。

血のぬくもり

投稿日

2007/10/16

レビュアー

やすっち

皆がつまらないという理由も解るが.
そもそも北野作品に何を求めているのかが解らない。
で.私は何も求めてないから面白かった。
純愛がテーマでぶっちゃけみんな殺します。いつもです。
最後少し曖昧に終わらせてますが未来の感覚はないです。
センスはやはり凄いなと。10秒見れば一発で北野作品て解る画面が凄い。
色の配置が自分と似てるので.やりたい方向性は買います。
大好きではないが嫌いじゃないです。
北野武は自分に浸らないで作品を作る。
一歩置いてるのでどんな残虐な作品も快感にほど遠い。
しかしそこに血の通ったぬくもりを感じる。
バイオレンス作品は血がいっぱい出るが.血のぬめっとした暖かさが無い。
ただただ快感の為の冷たい血。
しかし.北野はソレさえ描こうとする。一歩置いて描くのに。
そこが凄いと思うし嫌いじゃない。

責任

投稿日

2007/09/17

レビュアー

ハル

「この人をこんな風にしてしまったのはわたし・・・」
相手の、自分への強い強い想いをしっかと感じた時、何かを覚悟し一種の責任感をもった人達の、それぞれの顛末を描いた作品。

映像に身を任せ、虚無の世界に浸って観た。

運命に踊らされて生きる人間

投稿日

2007/04/12

レビュアー

ゆき

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

きれいな色彩の映画でした。
でも悲しい運命に踊らされていく人々の人生の描き方や一瞬の希望の光がすぐに消されてしまうあたりが、私としては見ていて得る物が無い気がしましあ。
ただ、たんたんと運命に踊らされて流されていく人々は自分の力で何かを変えようとするわけでもなく。
タイトル通りでした。
いい映画ですが。
希望のもてる物では無くなんか絶望感だけが残る映画でした。

21〜 25件 / 全93件