1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. MINAMATA―ミナマタ―
No.191 RANKING

MINAMATA―ミナマタ―

MINAMATA―ミナマタ―の画像・ジャケット写真

MINAMATA―ミナマタ― / ジョニー・デップ

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

準新作

ジャンル :

「MINAMATA―ミナマタ―」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

準新作

解説・ストーリー

伝説のフォトジャーナリスト、ユージン・スミスが、3年に渡って日本に滞在し、公害病である水俣病に苦しむ人々を取材した実話をジョニー・デップ主演で映画化した伝記ドラマ。共演は真田広之、國村隼、美波。監督は画家や彫刻家としても活躍し、本作が長編監督2作目のアンドリュー・レヴィタス。1971年、ニューヨーク。アメリカを代表する世界的写真家ユージン・スミスの前に日本語の通訳として現れた女性アイリーン。彼女は日本の水俣市で、工場から海に捨てられている有害物質が多くの人々を苦しめている現実を、あなたの写真で世界に伝えてほしいと訴える。水俣の惨状に心を痛め、現地での取材を開始するユージンだったが…。 JAN:4532612153455

「MINAMATA―ミナマタ―」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

原題:

MINAMATA

「MINAMATA―ミナマタ―」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

チャーリー・チャップリン ライフ・アンド・アート

Constellation

母べえ

たどんとちくわ

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全25件

【3】問題を提起する

投稿日:2022/02/22 レビュアー:ちゅく

「MINAMATA―ミナマタ―」

さすが、硬骨の先輩レビュアー「ロキュータス」さんか的確コメントを頂き、これは、レビューとして記録したいと思います。

「わからないこと」の「その1」から「その6」までの5点で反論を頂きました。(「その2」がありませんが、もっと過激で、削除されたのでしょうか……)

「その1」のプロパガンダについての議論と、「その6」の拙者の「3行の意味」の議論が重要と思います。実はこれは一体化しています。

エンドロールの「“水銀被害は克服した”という2013年の首相発言は──今も苦しむ数万人を否定するものである」は、当時の安倍晋三への“福島原発”を“コントロール”発言への
「皮肉」です。それは、国内から上がるべき「皮肉「批判」であって、米国、中国、韓国、国内左翼からのプロパガンダであれば、対抗すべきでしょう。
しかも、その後が問題です。「今も苦しむ数万人を否定するものである」。───「今も苦しむ数万人」という言葉で、「駄目だ」「おかしい」と思いました。
この映画は、誰の視点に立っているのだろうか。スミスの写真集が「MINAMATA」ですから、それは「水俣」という漢字表記でなくてもよい。
水俣市が「推薦」も「後援」もしなかったのは、なぜだろうか。
もう一度、石牟礼道子「苦海浄土」の中のい言葉を引用します。
=============================================================

銭は1銭もいらん。そのかわり、会社のえらか衆の、上から順々に、水銀母液ば飲ん>でもらおう。上から順々に、42人死んでもらう。
奥さんがたにも飲んでもらう。胎児性>の生まれるように。そのあと順々に69人、水俣病になってもらう。
あと100人ぐらい>潜在患者になってもらう。それでよか」
これが「苦海」であり、「浄土」は、潜在患者が100人、1000人になっても、訪れない。
===============================================
被害は、数では測れません。ひとりの命は一生普遍不堪で、数ではありません。石牟礼道子は、それを敢えて、「潜在患者が100人、1000人になって」と悲劇予測として、比喩的に最大限を述べています。
彼女もその最初(潜在ではなく直接の最初)の一人。その重さに比べ、本作の「今も苦しむ数万人」を、「プロパガンダ」のための「すり替え」と言うのです。
このまま放置しておくと、「数万人」が「数十万人」になりかねない。
そして、“福島原発”の問題は、さらに大規模ですが、巧みに「事象」と「論点」のすり替えが行われていきかねない。
日本人の俳優でも、優秀な真田裕之、國村隼がこの米国映画の現場で何も言っていないのは何事でしょうか。彼らは米国進出で、骨抜きにされたのか。

映画の描き方がまず問題ですが、ユージン・スミスの写真集が「契機」になって、水俣病の訴訟が始まったわけでも、訴訟に有利に働いたわけでもありません。彼は、ただ有名になり、儲けたのです。
しかし、彼はとても良いドキュメントの写真集を完成しました、写真集には価値があります。スミス本人は「水俣」を利用した山師的写真家と思い、信用しません。
まして、彼のような人物を「擁護」ある種「悲劇化」する当作は許せないのです。
本当の悲劇は、カメラマンではなく、「水俣」の現在です。
このあと、日本で作られたドキュンメンタリーを見ることにします。偏向的かもしれませんが、現場で活動した人の肉声を聴き、見たいと思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

MINAMATA 水俣病

投稿日:2022/02/21 レビュアー:ラストシアター

熊本の水俣病の惨状を世界に伝えたアメリカを代表する写真家、ユージン・スミス氏が1971年から1974年の3年間にわたり、水俣で暮らしながら公害に苦しむ人々の日常と、闘いの日々を撮影した活動を描いた衝撃作品

ジョニー・デップがユージン・スミスを熱演

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

『バリアフリー日本語字幕』での鑑賞をオススメ致します。

投稿日:2022/02/21 レビュアー:ホラーは観ないKEN

< ストーリー >
写真家であるジーン♂の所へ、
富士フイルムのCM撮影でやって来たアイリーン♀。
彼女から『水俣病の写真を撮って欲しい』と頼まれたジーンは、
来日し、水俣で写真を撮り始めるのですが・・・。

※ 熊本弁で ぼそぼそと喋るシーンも有るので、
普通の『日本語字幕』ではなく、『バリアフリー日本語字幕』での鑑賞をオススメ致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

重いテーマの映画なので 最初は見るのを躊躇していましたが、
あまり暗くなり過ぎず、シンプルなストーリーで 見易い映画でした。

水俣病の事は もちろん学校で習いましたし、
水俣病患者の入浴写真も どこかで見た記憶が有ります。
けれど、それでも水俣病の事を 何も分かっていなかったのだと思い知らされました。

ちなみに、ジーンに怪我をさせた人達は、この映画を見て どう思っているのでしょうね?
もちろん、会社の命令で やった事なのでしょうけれど・・・。

そして、昔も今も、国民が声をあげても無視するのに、
外国から批判されたら 慌てて対応する日本て・・・。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

問題を提起する【その2】

投稿日:2022/02/20 レビュアー:ちゅく

【その5】なぜ、写真集のデジタル出版よりジョニー・デップ主演映画なのか
ユージン・スミスの「MINAMATA」という写真集は、高価で、図書館でもなかなか借りられませんが、この映画の前には閲覧は容易で、平日の午後に、ゆっくりソファで見ることができました。非常に重いということは、写真集のサイズが大きいということですが、この重さを感じるのも大切です。
一流の写真家の写真集は大きいですが、作家の紆余曲折の人生の描写などは書かれていません。写真の1枚1枚が作品であり、その1枚をどのように撮ったかは興味がありますが、そのとき写真家がどんな修羅場にいたか、などはどうでもいいことなのです。写真家は、どのカメラ、どのレンズ、昔はフィルムまで、撮影場・年月日・時刻を記録しているだけです。一流の写真家ほど正確に記録していることが分かっています。
ユージン・スミスの写真集を、デジタルで提供してほしいのは、図書館では待たねばならいこと、自分では一冊20000円を購買することが、まずできないこと、など、庶民条件があります。この映画をきっかけに写真家の未亡人が上手に配信してくれませんかね。
本作の中には、故ユージン・スミスの写真は、何枚出ているでしょうか。どうも、商売気がうずうず臭います。
【その6】映画の映像の蒼さへの違和感
この映画は、日本映画ではなく、米国映画であることを意識した。
蒼い映像は、抑圧、威圧を相互演出する。怪しいと思う。
なぜ、水俣の公害訴訟が、このように反日・韓国の「補償」にすり替わってしまうのでしょうか!
水俣病の患者で、作家の石牟礼道子(1927〜2018)の「苦海(くがい)浄土 わが水俣病」(1969)の言葉があります。
>「銭は1銭もいらん。そのかわり、会社のえらか衆の、上から順々に、水銀母液ば飲ん>でもらおう。上から順々に、42人死んでもらう。奥さんがたにも飲んでもらう。胎児性>の生まれるように。そのあと順々に69人、水俣病になってもらう。あと100人ぐらい>潜在患者になってもらう。それでよか」
これが「苦海」であり、「浄土」は、潜在患者が100人、1000人になっても、訪れない。
問題のすり替えは、大陸の人間は得意なので、翻弄されてはいけない。
水俣病のことは、日本の問題で、まだ解決はしていない、ということを知って、この映画を批判してほしいのです。ジョニー・デップなんて……問題外です。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

問題を提起する【その1】

投稿日:2022/02/20 レビュアー:ちゅく

「MINAMATA ミナマタ」(2020、米国、カラー/白黒、115分)。
私の結論は、中途半端な偽善映画、あくどいプロパガンダ作ということです。写真家ユージン・スミスの人生にも、水俣の患者や遺族にも、公害訴訟の行方にも、何も迫らず空中分解した湿け花火のような駄作です。映画の前提と、この映画の問題点を考えます。

【その1】ユージン・スミス(1918〜1978)の写真家活動の初期について
彼は二次大戦前から、戦場カメラマンに憧れ、太平洋戦争中、軍属ではなく、民間会社からの派遣として、サイパン、沖縄に同行し、1943年の沖縄戦で迫撃弾の破片を受け、負傷します。戦後、1957年から「マグナム・フォト」という著名写真家集団に加わります。そして、雌伏の時代が来ます。手と足を負傷し、動き回れない。
【その2】報道写真家のなかの戦場写真家の運命
戦場写真家の始まりは、ロバート・キャパ(1913〜1954)ですが、彼が撮った「傑作」は二次大戦中の欧州戦によるものが多い。戦後のインドシナ戦の休戦場で彼は地雷を踏んで死んだ。栄誉の余韻中に油断していたのだろう。キャパに憧れ、ベトナム戦争を追った沢田教一(1936〜1970)は、ピューリッツァー賞 写真部門(1966)の「自由への脱出」で栄誉を得たが、「もっともっと」危険に近づいていって、殺された。有名になる前にカンボジアで殺された一之瀬泰造(1947〜1963)がいる。遺族の努力による映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」があります。彼は地雷も踏まず、クメール・ルージュにスパイ扱いされ、すぐに殺された。遺骸が見つかった。
【その3】ユージン・スミスの「水俣」への注目について
彼は、過酷な戦場カメラマンには向かず、じっくりテーマに取り組むタイプの報道写真家だった。彼が三年、水俣に通い、撮り続け、写真集「MINAMATA」(1975)へと作ったのは、幸いだった。この写真集は、戦場カメラマンの1枚=賞狙い=命がけ、とは別の世界で、複数の写真が配列されている。物語性は見えない。それほど1枚1画の写真が心を入れて撮影されているからだ。
【その4】なぜ、「MINAMTA 〜ミナマタ」という邦題なったのか
まず、この「海外映画」の製作に、当初、協力する立場をとっていた水俣市が、映画の製作が進むにつれ、拒否を示したということが重要です。水俣病の「現実」が、ゆがめられて伝えられている、という理由でした。これは、正しい判断です。水俣市が反対しているが、熊本県知事が映画公開を認める、というのは、矛盾ではなく、日本的解消の極致です。「AIMAI 〜アイマイ」で、お互い面子を立て、利益は折半しましょうということですが、お互いになぜ「水俣」という漢字の地名を捨てたのか……。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全25件

MINAMATA―ミナマタ―

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

【3】問題を提起する

投稿日

2022/02/22

レビュアー

ちゅく

「MINAMATA―ミナマタ―」

さすが、硬骨の先輩レビュアー「ロキュータス」さんか的確コメントを頂き、これは、レビューとして記録したいと思います。

「わからないこと」の「その1」から「その6」までの5点で反論を頂きました。(「その2」がありませんが、もっと過激で、削除されたのでしょうか……)

「その1」のプロパガンダについての議論と、「その6」の拙者の「3行の意味」の議論が重要と思います。実はこれは一体化しています。

エンドロールの「“水銀被害は克服した”という2013年の首相発言は──今も苦しむ数万人を否定するものである」は、当時の安倍晋三への“福島原発”を“コントロール”発言への
「皮肉」です。それは、国内から上がるべき「皮肉「批判」であって、米国、中国、韓国、国内左翼からのプロパガンダであれば、対抗すべきでしょう。
しかも、その後が問題です。「今も苦しむ数万人を否定するものである」。───「今も苦しむ数万人」という言葉で、「駄目だ」「おかしい」と思いました。
この映画は、誰の視点に立っているのだろうか。スミスの写真集が「MINAMATA」ですから、それは「水俣」という漢字表記でなくてもよい。
水俣市が「推薦」も「後援」もしなかったのは、なぜだろうか。
もう一度、石牟礼道子「苦海浄土」の中のい言葉を引用します。
=============================================================

銭は1銭もいらん。そのかわり、会社のえらか衆の、上から順々に、水銀母液ば飲ん>でもらおう。上から順々に、42人死んでもらう。
奥さんがたにも飲んでもらう。胎児性>の生まれるように。そのあと順々に69人、水俣病になってもらう。
あと100人ぐらい>潜在患者になってもらう。それでよか」
これが「苦海」であり、「浄土」は、潜在患者が100人、1000人になっても、訪れない。
===============================================
被害は、数では測れません。ひとりの命は一生普遍不堪で、数ではありません。石牟礼道子は、それを敢えて、「潜在患者が100人、1000人になって」と悲劇予測として、比喩的に最大限を述べています。
彼女もその最初(潜在ではなく直接の最初)の一人。その重さに比べ、本作の「今も苦しむ数万人」を、「プロパガンダ」のための「すり替え」と言うのです。
このまま放置しておくと、「数万人」が「数十万人」になりかねない。
そして、“福島原発”の問題は、さらに大規模ですが、巧みに「事象」と「論点」のすり替えが行われていきかねない。
日本人の俳優でも、優秀な真田裕之、國村隼がこの米国映画の現場で何も言っていないのは何事でしょうか。彼らは米国進出で、骨抜きにされたのか。

映画の描き方がまず問題ですが、ユージン・スミスの写真集が「契機」になって、水俣病の訴訟が始まったわけでも、訴訟に有利に働いたわけでもありません。彼は、ただ有名になり、儲けたのです。
しかし、彼はとても良いドキュメントの写真集を完成しました、写真集には価値があります。スミス本人は「水俣」を利用した山師的写真家と思い、信用しません。
まして、彼のような人物を「擁護」ある種「悲劇化」する当作は許せないのです。
本当の悲劇は、カメラマンではなく、「水俣」の現在です。
このあと、日本で作られたドキュンメンタリーを見ることにします。偏向的かもしれませんが、現場で活動した人の肉声を聴き、見たいと思います。

MINAMATA 水俣病

投稿日

2022/02/21

レビュアー

ラストシアター

熊本の水俣病の惨状を世界に伝えたアメリカを代表する写真家、ユージン・スミス氏が1971年から1974年の3年間にわたり、水俣で暮らしながら公害に苦しむ人々の日常と、闘いの日々を撮影した活動を描いた衝撃作品

ジョニー・デップがユージン・スミスを熱演

『バリアフリー日本語字幕』での鑑賞をオススメ致します。

投稿日

2022/02/21

レビュアー

ホラーは観ないKEN

< ストーリー >
写真家であるジーン♂の所へ、
富士フイルムのCM撮影でやって来たアイリーン♀。
彼女から『水俣病の写真を撮って欲しい』と頼まれたジーンは、
来日し、水俣で写真を撮り始めるのですが・・・。

※ 熊本弁で ぼそぼそと喋るシーンも有るので、
普通の『日本語字幕』ではなく、『バリアフリー日本語字幕』での鑑賞をオススメ致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

重いテーマの映画なので 最初は見るのを躊躇していましたが、
あまり暗くなり過ぎず、シンプルなストーリーで 見易い映画でした。

水俣病の事は もちろん学校で習いましたし、
水俣病患者の入浴写真も どこかで見た記憶が有ります。
けれど、それでも水俣病の事を 何も分かっていなかったのだと思い知らされました。

ちなみに、ジーンに怪我をさせた人達は、この映画を見て どう思っているのでしょうね?
もちろん、会社の命令で やった事なのでしょうけれど・・・。

そして、昔も今も、国民が声をあげても無視するのに、
外国から批判されたら 慌てて対応する日本て・・・。

問題を提起する【その2】

投稿日

2022/02/20

レビュアー

ちゅく

【その5】なぜ、写真集のデジタル出版よりジョニー・デップ主演映画なのか
ユージン・スミスの「MINAMATA」という写真集は、高価で、図書館でもなかなか借りられませんが、この映画の前には閲覧は容易で、平日の午後に、ゆっくりソファで見ることができました。非常に重いということは、写真集のサイズが大きいということですが、この重さを感じるのも大切です。
一流の写真家の写真集は大きいですが、作家の紆余曲折の人生の描写などは書かれていません。写真の1枚1枚が作品であり、その1枚をどのように撮ったかは興味がありますが、そのとき写真家がどんな修羅場にいたか、などはどうでもいいことなのです。写真家は、どのカメラ、どのレンズ、昔はフィルムまで、撮影場・年月日・時刻を記録しているだけです。一流の写真家ほど正確に記録していることが分かっています。
ユージン・スミスの写真集を、デジタルで提供してほしいのは、図書館では待たねばならいこと、自分では一冊20000円を購買することが、まずできないこと、など、庶民条件があります。この映画をきっかけに写真家の未亡人が上手に配信してくれませんかね。
本作の中には、故ユージン・スミスの写真は、何枚出ているでしょうか。どうも、商売気がうずうず臭います。
【その6】映画の映像の蒼さへの違和感
この映画は、日本映画ではなく、米国映画であることを意識した。
蒼い映像は、抑圧、威圧を相互演出する。怪しいと思う。
なぜ、水俣の公害訴訟が、このように反日・韓国の「補償」にすり替わってしまうのでしょうか!
水俣病の患者で、作家の石牟礼道子(1927〜2018)の「苦海(くがい)浄土 わが水俣病」(1969)の言葉があります。
>「銭は1銭もいらん。そのかわり、会社のえらか衆の、上から順々に、水銀母液ば飲ん>でもらおう。上から順々に、42人死んでもらう。奥さんがたにも飲んでもらう。胎児性>の生まれるように。そのあと順々に69人、水俣病になってもらう。あと100人ぐらい>潜在患者になってもらう。それでよか」
これが「苦海」であり、「浄土」は、潜在患者が100人、1000人になっても、訪れない。
問題のすり替えは、大陸の人間は得意なので、翻弄されてはいけない。
水俣病のことは、日本の問題で、まだ解決はしていない、ということを知って、この映画を批判してほしいのです。ジョニー・デップなんて……問題外です。

問題を提起する【その1】

投稿日

2022/02/20

レビュアー

ちゅく

「MINAMATA ミナマタ」(2020、米国、カラー/白黒、115分)。
私の結論は、中途半端な偽善映画、あくどいプロパガンダ作ということです。写真家ユージン・スミスの人生にも、水俣の患者や遺族にも、公害訴訟の行方にも、何も迫らず空中分解した湿け花火のような駄作です。映画の前提と、この映画の問題点を考えます。

【その1】ユージン・スミス(1918〜1978)の写真家活動の初期について
彼は二次大戦前から、戦場カメラマンに憧れ、太平洋戦争中、軍属ではなく、民間会社からの派遣として、サイパン、沖縄に同行し、1943年の沖縄戦で迫撃弾の破片を受け、負傷します。戦後、1957年から「マグナム・フォト」という著名写真家集団に加わります。そして、雌伏の時代が来ます。手と足を負傷し、動き回れない。
【その2】報道写真家のなかの戦場写真家の運命
戦場写真家の始まりは、ロバート・キャパ(1913〜1954)ですが、彼が撮った「傑作」は二次大戦中の欧州戦によるものが多い。戦後のインドシナ戦の休戦場で彼は地雷を踏んで死んだ。栄誉の余韻中に油断していたのだろう。キャパに憧れ、ベトナム戦争を追った沢田教一(1936〜1970)は、ピューリッツァー賞 写真部門(1966)の「自由への脱出」で栄誉を得たが、「もっともっと」危険に近づいていって、殺された。有名になる前にカンボジアで殺された一之瀬泰造(1947〜1963)がいる。遺族の努力による映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」があります。彼は地雷も踏まず、クメール・ルージュにスパイ扱いされ、すぐに殺された。遺骸が見つかった。
【その3】ユージン・スミスの「水俣」への注目について
彼は、過酷な戦場カメラマンには向かず、じっくりテーマに取り組むタイプの報道写真家だった。彼が三年、水俣に通い、撮り続け、写真集「MINAMATA」(1975)へと作ったのは、幸いだった。この写真集は、戦場カメラマンの1枚=賞狙い=命がけ、とは別の世界で、複数の写真が配列されている。物語性は見えない。それほど1枚1画の写真が心を入れて撮影されているからだ。
【その4】なぜ、「MINAMTA 〜ミナマタ」という邦題なったのか
まず、この「海外映画」の製作に、当初、協力する立場をとっていた水俣市が、映画の製作が進むにつれ、拒否を示したということが重要です。水俣病の「現実」が、ゆがめられて伝えられている、という理由でした。これは、正しい判断です。水俣市が反対しているが、熊本県知事が映画公開を認める、というのは、矛盾ではなく、日本的解消の極致です。「AIMAI 〜アイマイ」で、お互い面子を立て、利益は折半しましょうということですが、お互いになぜ「水俣」という漢字の地名を捨てたのか……。

16〜 20件 / 全25件