No.11 RANKING

騙し絵の牙

騙し絵の牙の画像・ジャケット写真

騙し絵の牙 / 大泉洋

全体の平均評価点:(5点満点)

20

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「騙し絵の牙」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

大泉洋をあて書きした塩田武士のベストセラー小説を映画化。次期社長をめぐって権力争いが勃発した出版社「薫風社」の雑誌が次々と廃刊のピンチに陥る。お荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水も無理難題を押し付けられ窮地に立たされるが…。

「騙し絵の牙」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: 日本

「騙し絵の牙」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 楠野一郎
原作: 塩田武士塩田武士
音楽: LITE

関連作品

関連作品

ストレイヤーズ・クロニクル

先生! 、、、好きになってもいいですか?

しあわせのパン

視覚探偵 日暮旅人

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全20件

生き残りをかけて

投稿日:2021/10/28 レビュアー:こうさま

原作者が大泉洋をイメージして書き上げた作品だと言われているので、主人公速水は彼しか演じることの出来ないキャラクターということなのだろうか。
舞台は出版業界、出版不況の波にのみこまれていた大手出版会社「薫風社」では創業一族の社長が急逝、次期社長を巡る権力闘争が始まっていた。
暫定的に権力を掌握した専務の東松、カルチャー雑誌「トリニティ」の新編集長に変わり者で知られる速水を起用、発行部数が飛躍的に伸びなければ廃刊ということになる。
まさに崖っぷちの状況をなんとかしなければならないのだ。
一方対抗勢力は保守派の専務、文芸誌こそが出版社の精神とばかりに文芸路線を強調する。
本作の中心は勿論速水、自身の目的を果たすべくあらゆる相手を対象にして仕掛ける権謀術数、その明晰な分析と狡猾さは観ている者をうならせる。
速水は過去の実績や概念に固執しない、新人編集者から出たアイディアであってもそれを自分なりの手法で前進させてゆく。
大物作家の過去の作品をコミック化したり文芸誌の賞レースから脱落した新人作家を抜擢したり、人気フアッションモデルを表紙に起用し、彼女の隠してきた作品を連載するなど、その奇策は見事成功、加えて出版社とそれを販売する書店の介入システムまで変更してしまう。
結局関係者全員が皆速水にしてやられるという結果になってしまう。
電子書籍の普及でスマホで本が読める時代、確かに紙である本の売り上げが落ち込み、生き残りをかけた出版業界の闘いは今後厳しさを増してゆくのだろうが、生き残るにはこんな騙しも必要なのかも。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

良かったです!

投稿日:2021/10/16 レビュアー:りろこ

あまり期待せずに見ましたが、面白かったです、もう一度見たくなりました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

評価のみ

投稿日:2021/10/13 レビュアー:redrose

評価のみ

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

騙し騙され

投稿日:2021/08/26 レビュアー:モモイチゴ

大手出版社での権力争いを軸に、騙し騙されの逆転劇。大泉洋であて書きしただけあって、大泉洋の飄々としながら図太い演技は見物。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

タイトルほどのインパクト無し

投稿日:2021/07/31 レビュアー:カーヴ

劇場鑑賞時のレビュー

テンポが良く、飽きないけど
たいした話じゃない。

あれだけのキャストを集めたなら
もうちょっと面白くなってもいいんだが

大泉主演で騙し合いなので
アフタースクールぐらいどんでん来るかと思って
目を凝らして観てたけど、かわいいもんだった。

ちなみに予告編詐欺なので映画を見たい人は
予告編を見ないほうがいいです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全20件

騙し絵の牙

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:20件

生き残りをかけて

投稿日

2021/10/28

レビュアー

こうさま

原作者が大泉洋をイメージして書き上げた作品だと言われているので、主人公速水は彼しか演じることの出来ないキャラクターということなのだろうか。
舞台は出版業界、出版不況の波にのみこまれていた大手出版会社「薫風社」では創業一族の社長が急逝、次期社長を巡る権力闘争が始まっていた。
暫定的に権力を掌握した専務の東松、カルチャー雑誌「トリニティ」の新編集長に変わり者で知られる速水を起用、発行部数が飛躍的に伸びなければ廃刊ということになる。
まさに崖っぷちの状況をなんとかしなければならないのだ。
一方対抗勢力は保守派の専務、文芸誌こそが出版社の精神とばかりに文芸路線を強調する。
本作の中心は勿論速水、自身の目的を果たすべくあらゆる相手を対象にして仕掛ける権謀術数、その明晰な分析と狡猾さは観ている者をうならせる。
速水は過去の実績や概念に固執しない、新人編集者から出たアイディアであってもそれを自分なりの手法で前進させてゆく。
大物作家の過去の作品をコミック化したり文芸誌の賞レースから脱落した新人作家を抜擢したり、人気フアッションモデルを表紙に起用し、彼女の隠してきた作品を連載するなど、その奇策は見事成功、加えて出版社とそれを販売する書店の介入システムまで変更してしまう。
結局関係者全員が皆速水にしてやられるという結果になってしまう。
電子書籍の普及でスマホで本が読める時代、確かに紙である本の売り上げが落ち込み、生き残りをかけた出版業界の闘いは今後厳しさを増してゆくのだろうが、生き残るにはこんな騙しも必要なのかも。

良かったです!

投稿日

2021/10/16

レビュアー

りろこ

あまり期待せずに見ましたが、面白かったです、もう一度見たくなりました。

評価のみ

投稿日

2021/10/13

レビュアー

redrose

評価のみ

騙し騙され

投稿日

2021/08/26

レビュアー

モモイチゴ

大手出版社での権力争いを軸に、騙し騙されの逆転劇。大泉洋であて書きしただけあって、大泉洋の飄々としながら図太い演技は見物。

タイトルほどのインパクト無し

投稿日

2021/07/31

レビュアー

カーヴ

劇場鑑賞時のレビュー

テンポが良く、飽きないけど
たいした話じゃない。

あれだけのキャストを集めたなら
もうちょっと面白くなってもいいんだが

大泉主演で騙し合いなので
アフタースクールぐらいどんでん来るかと思って
目を凝らして観てたけど、かわいいもんだった。

ちなみに予告編詐欺なので映画を見たい人は
予告編を見ないほうがいいです。

16〜 20件 / 全20件