No.57 RANKING

Fukushima 50

Fukushima 50の画像・ジャケット写真

Fukushima 50 / 佐藤浩市

全体の平均評価点:(5点満点)

31

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「Fukushima 50」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

門田隆将のノンフィクションを原作に、若松節朗監督が映画化。東日本大震災発生後、福島第一原発を襲った史上最大の危機。1・2号機当直長の伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に奔走するが…。佐藤浩市、渡辺謙ほか、豪華キャストが共演。

「Fukushima 50」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「Fukushima 50」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 若松節朗
出演: 佐藤浩市渡辺謙吉岡秀隆安田成美
脚本: 前川洋一
原作: 門田隆将
撮影: 江原祥二

関連作品

関連作品

鍵のかかった部屋

沈まぬ太陽

バンクーバーの朝日

松本清張 けものみち

ユーザーレビュー:31件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全31件

重く哀しく。しかし、日本人には是非観て欲しい。

投稿日:2021/03/13 レビュアー:ゆんたぬたぬ

正に、何が起こっていたか。起こっているか。
是非、是非、是非、是非、観ていただきたい映画です。
知らなければいけないと思う。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

今でも思う。

投稿日:2021/02/20 レビュアー:ダックフック

日本、崖っぷちだったんだなと。最後の避難所のシーン、複雑な表情の人も配して中々の演出だと思った。あと佐野史郎役の人は当時はもっと酷かったんだろう事が伺える。しかし、見えない放射能って不気味なんだな。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

2.5

投稿日:2021/02/18 レビュアー:aa

少し物足りなかった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

黙祷 ネタバレ

投稿日:2021/01/28 レビュアー:Jigsawkiller

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


当大震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


緊迫感溢れる作品でした。豪華キャストすぎていい意味でお腹いっぱいだし目移りしました。
この作品は地震や津波自体に見せ場を作ってる訳じゃないので、ディザスター物をイメージするとコケます。
完全に原発を通したヒューマンドラマ。
原発に携わった多くの人々が当日どんな苦難を味わったのかがしっかりと表現されていました。
同時に政府の無能さをつくづく実感。呆れます。
まあ、わかってるけどねー、政界の無能さ。それでもイライラ。

メルトダウンの壊さ、原発の威力、改めて思い知らされた気がしてホラー映画よりゾッとしました。
そんな原発の対策に挑む多くの人々…脚色なく描かれてるなら本当に原発関係者の方々には脱帽です。

日本を救った人々に敬意を。
そして、津波の恐ろしさ…もう絶来るなよと言いたい。




おすすめ度 80%

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

人類の慢心

投稿日:2021/01/17 レビュアー:こうさま

まだまだ記憶に新しく今日も尚その後遺症を引きずって苦労されている福島の方々を思うと心が痛むあの悪夢のような東北大震災とそれに伴う福島原発での事故。
本作は門田隆将氏のノンフィクションを映像化したもので未曾有の原発事故に対峙した男たちの壮絶な戦いぶりがリアルに描かれている。
大地震に伴う大津波の襲来で自家発電という電源を失った原子炉、炉内の温度が急激に上昇し、いわゆる空焚き状態になりこのままでは燃料棒が溶け出しメルトダウンを起こしてしまう。
ここで海水を注入する方法が考えられるが電源を失っている状況では直ぐに実施出来ない、消防車の手配も一刻を争う。
炉内の圧力が上昇、このままでは爆発の危険も、考えられ方法としてはベントを開いて内部圧力を軽減する事が考えられるがこの場合放射能をまき散らす事にもなり、まず地域住民の避難が最優先される。
勿論電源が喪失しているので作業は手動で行わなければならない、放射線量の上がっている内部へ行くのは決死の覚悟が要求される。
誰が行くのか、男たちが手を挙げる、それは男気なのか使命感なのか。
それを命じる上司も苦渋の決断をしなければならないのだ。
こうした刻々と変わる状況の中で的確な判断を下さなければならない吉田所長(彼だけが実名になっている)、それに加えて本店から出される指示、首相が現地に行くのでベントをしばらく待て、首相の対応をよろしく、官邸の意向で注水は中止しろ等と現地の状況に関わらず安全な場所から指示を出す東電の役員たち。
首相(誰が考えても当時の菅総理なのだが実名は出していない)が現地に視察に赴いたことにはいろいろ意見もあるところだが、本作では官邸の言動が邪魔になったという解釈。
ともかく情けないのは本店の態度、所詮素人である官邸の意向に振り回され勝手な指示ばかり、所長が無視したりブチ切れたりするのはよくわかる。
ともかく男たちとは命がけで戦いあれ以上の被害を食い止めたことに間違いはない。
心からの賛辞を改めて贈りたいものだ。
どの判断が正しくどの判断が間違っていたのかは答えのないパズルのようなものだろう。
「10メートルを超える津波は絶対にこないと信じていた。人間の自然に対する慢心がこうさせたのかもしれない」こんな会話も出てくるが今後もう想定外の災害が起こらないよう切に祈る。
吉田所長はその後癌を患い急逝されたと聞いているが、やはりあの時の想像を絶する責任感、使命感の重さによるストレス、あるいは被ばくがその要因であったとすれば本当に命をかけて戦いぬいた勇士と言えるだろう。ご冥福を祈りたい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全31件

Fukushima 50

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:31件

重く哀しく。しかし、日本人には是非観て欲しい。

投稿日

2021/03/13

レビュアー

ゆんたぬたぬ

正に、何が起こっていたか。起こっているか。
是非、是非、是非、是非、観ていただきたい映画です。
知らなければいけないと思う。

今でも思う。

投稿日

2021/02/20

レビュアー

ダックフック

日本、崖っぷちだったんだなと。最後の避難所のシーン、複雑な表情の人も配して中々の演出だと思った。あと佐野史郎役の人は当時はもっと酷かったんだろう事が伺える。しかし、見えない放射能って不気味なんだな。

2.5

投稿日

2021/02/18

レビュアー

aa

少し物足りなかった。

黙祷

投稿日

2021/01/28

レビュアー

Jigsawkiller

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


当大震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


緊迫感溢れる作品でした。豪華キャストすぎていい意味でお腹いっぱいだし目移りしました。
この作品は地震や津波自体に見せ場を作ってる訳じゃないので、ディザスター物をイメージするとコケます。
完全に原発を通したヒューマンドラマ。
原発に携わった多くの人々が当日どんな苦難を味わったのかがしっかりと表現されていました。
同時に政府の無能さをつくづく実感。呆れます。
まあ、わかってるけどねー、政界の無能さ。それでもイライラ。

メルトダウンの壊さ、原発の威力、改めて思い知らされた気がしてホラー映画よりゾッとしました。
そんな原発の対策に挑む多くの人々…脚色なく描かれてるなら本当に原発関係者の方々には脱帽です。

日本を救った人々に敬意を。
そして、津波の恐ろしさ…もう絶来るなよと言いたい。




おすすめ度 80%

人類の慢心

投稿日

2021/01/17

レビュアー

こうさま

まだまだ記憶に新しく今日も尚その後遺症を引きずって苦労されている福島の方々を思うと心が痛むあの悪夢のような東北大震災とそれに伴う福島原発での事故。
本作は門田隆将氏のノンフィクションを映像化したもので未曾有の原発事故に対峙した男たちの壮絶な戦いぶりがリアルに描かれている。
大地震に伴う大津波の襲来で自家発電という電源を失った原子炉、炉内の温度が急激に上昇し、いわゆる空焚き状態になりこのままでは燃料棒が溶け出しメルトダウンを起こしてしまう。
ここで海水を注入する方法が考えられるが電源を失っている状況では直ぐに実施出来ない、消防車の手配も一刻を争う。
炉内の圧力が上昇、このままでは爆発の危険も、考えられ方法としてはベントを開いて内部圧力を軽減する事が考えられるがこの場合放射能をまき散らす事にもなり、まず地域住民の避難が最優先される。
勿論電源が喪失しているので作業は手動で行わなければならない、放射線量の上がっている内部へ行くのは決死の覚悟が要求される。
誰が行くのか、男たちが手を挙げる、それは男気なのか使命感なのか。
それを命じる上司も苦渋の決断をしなければならないのだ。
こうした刻々と変わる状況の中で的確な判断を下さなければならない吉田所長(彼だけが実名になっている)、それに加えて本店から出される指示、首相が現地に行くのでベントをしばらく待て、首相の対応をよろしく、官邸の意向で注水は中止しろ等と現地の状況に関わらず安全な場所から指示を出す東電の役員たち。
首相(誰が考えても当時の菅総理なのだが実名は出していない)が現地に視察に赴いたことにはいろいろ意見もあるところだが、本作では官邸の言動が邪魔になったという解釈。
ともかく情けないのは本店の態度、所詮素人である官邸の意向に振り回され勝手な指示ばかり、所長が無視したりブチ切れたりするのはよくわかる。
ともかく男たちとは命がけで戦いあれ以上の被害を食い止めたことに間違いはない。
心からの賛辞を改めて贈りたいものだ。
どの判断が正しくどの判断が間違っていたのかは答えのないパズルのようなものだろう。
「10メートルを超える津波は絶対にこないと信じていた。人間の自然に対する慢心がこうさせたのかもしれない」こんな会話も出てくるが今後もう想定外の災害が起こらないよう切に祈る。
吉田所長はその後癌を患い急逝されたと聞いているが、やはりあの時の想像を絶する責任感、使命感の重さによるストレス、あるいは被ばくがその要因であったとすれば本当に命をかけて戦いぬいた勇士と言えるだろう。ご冥福を祈りたい。

16〜 20件 / 全31件