No.27 RANKING

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエルの画像・ジャケット写真
リチャード・ジュエル / サム・ロックウェル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

25

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リチャード・ジュエル」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠クリント・イーストウッド監督が、1996年のアトランタ五輪で大会期間中に起きた爆弾テロをめぐる実話を映画化したサスペンス・ドラマ。警備員として多くの命を救ったヒーローから一転、容疑者とされた男リチャード・ジュエルの過酷な運命を描く。主演はポール・ウォルター・ハウザー、共演にサム・ロックウェル、キャシー・ベイツ。1996年、アトランタ。高齢の母と2人暮らしの不器用で実直な男リチャード・ジュエル。警備員をしていた彼は、多くの人でにぎわうイベント会場で不審なリュックを発見し、中身の爆発物に気づいたことで大惨事を未然に防いだ。マスコミはこぞって彼を英雄として報道するも、捜査に当たるFBIは次第に第一発見者のリチャードに疑いの目を向け始めるが…。 JAN:4548967439656

「リチャード・ジュエル」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: RICHARD JEWELL

「リチャード・ジュエル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リチャード・ジュエルの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764282 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
355枚 53人 76人

【Blu-ray】リチャード・ジュエル(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764281 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
137枚 151人 157人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全25件

国は制度に過ぎないし判断力に優れた人はほとんどいない

投稿日:2020/06/21 レビュアー:icy

2つの単純な事実を意識している人は少ない。
1.国は制度・システムである。国境は歴史的偶然の産物だし、純粋な民族などというのは語義矛盾だ。
2.判断力に優れた人間はほとんどいない。この人鋭いなあ、と感心できる人をどのくらい知っているか考えてみるべきだ。そんな人も、例えば今回のコロナの時にどんな判断をしていたか。ブレない、フェアな判断力を持つ人間など1,000人に一人くらいではないか。

しかし、国はある種の人々にとてつもない権力を与える。つまり、我々が生きている現代、Nation Stateという制度に属するしかない時代は、本質的には安全ではない。この映画の中でのナディアの台詞に、If the government says someone is guilty, it means he is innocent. (正確に覚えていないがそんな感じのセリフ)というのがあったが、それは正しい。

本来は民主主義の仕組みやメディアの役割は、この不完全な国民国家の制度を牽制することであり、それは透明性と説明責任により担保されるはずだったのだが、誰もが知るように民主主義もメディアもまったく機能していない。

そんな当たり前のことを描いた映画だが、映画的には特に面白味はなかったと思う。事実を脚色して面白くするのもまずい主題なので、盛り上がりに欠ける展開も仕方ないのかもしれないが。映画として楽しむというより、リチャード・ジュエルという人と、不完全なシステムのために彼が巻き込まれた醜劇という事実を伝えるためのドキュメンタリー的な劇として見るべきものなのだと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカの悲劇

投稿日:2020/06/12 レビュアー:はなびらもくれん

アメリカの悲劇、とキャシー・ベイツ
私も同感

素晴らしい国だけど
何かおかしい

銃社会がすべてを物語ってる
と、思う

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「運び屋」から

投稿日:2020/06/08 レビュアー:iha

クリントイーストウッド監督らしい上品で落ち着いた作風。
アトランタオリンピック7日目に実際に起こった爆破テロを
題材にFBIの強引な捜査を描く。
メディアを使ってセンセーショナルに騒ぎ立て、さらし、
制裁をあたえるのは日本の警察も行う常套手段。
数多くの冤罪を生むことだろう。
与えられた仕事を責任をもって行う、隠れたヒーローが
テーマ。クリントイーストウッド監督の好きな題材だ。
それが多少常軌を逸しても。
認められることもなくともなすべきことをなす多くの人へのエール。
何か遺書のように感じた「運び屋」からこんな上品な
監督作品を見ることができるのはうれしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リチャードジュエルは私だ

投稿日:2020/05/28 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

ボヴァリー夫人は私だみたいなもんか 僕も警備業で リチャードと同じく自分の
判断優先で行動しまくるw これは組織にとっては厄介な相手なんだよね ただし
彼と違うのは リチャードは権威に弱い アベ政権とかには都合が良い人物

どうもクリントの実話路線には乗れないのだが 今作も平凡な題材 いわく「母親
と暮らす醜いデブ」の話 酷い言いようw 昔のクリントならこれを目の付け所が
違うアプローチを この物語ならテロルの凶悪さの方をもっと注目したでしょう
丸くお成りになってますよ 映画の語りの都合上 テロルの省略は普通の選択で
しょうが 最後はフリッツラングの様に強烈な法廷が登場と思ってたのですが
無いんだよね だから弁護士も特に何もやってないじゃん となるよねえw
FBIが何げの自滅 この省略はやっぱ駄目ですよクリント 手を抜いてる

映画の形式的興味から言えば 僕は当然そっちなんだけど 四角いスクリーンの
中にいる 異様な球体の主人公ジュエル この球体が矩形の物との格闘 フレーム
から飛び出んとする運動を描いて欲しかった 例えば彼が取調室で罠の四角い
ボードの契約書にサインするかどうか迷うシーンは 球体が矩形と葛藤してる
わけだよね 「旅のおわり世界の始まり」はフレームとの格闘問題を全面的に
展開してるのよね せっかく今までイーストウッド映画の主人公に無いキャラ
なので 期待したんだけどねえ

ラストの方での キャシーベイツの記者会見 この当時にはFBIにも大統領にも
一般大衆には権威があった感じだね 気に入らんけどね さて我がアベには権威が
あるだろうか アトランタはともかく 東京オリンピックは中止だろう 面目丸潰れ
電通は大損 ざまあみろだにゃあ

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

冤罪の怖さをひしひしと感じる

投稿日:2020/05/24 レビュアー:チキンハート

感想・総評:ここまでやるかと思う程の強引で卑怯な捜査。冤罪が生まれるはずだ

対象年齢:子供〜大人(多少残酷な場面あり。H場面ほとんどなし)

食事中に見られるか:大丈夫

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全25件

リチャード・ジュエル