ジョーカーの画像・ジャケット写真

ジョーカー / ホアキン・フェニックス
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

64

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ジョーカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した衝撃のサスペンス・ドラマ。DCコミックスのスーパーヒーロー、バットマンの宿敵“ジョーカー”に焦点を当て、コメディアンを夢みる心優しい男が、いかにして悪のカリスマへと変貌を遂げていったのか、その哀しくも恐ろしい心の軌跡を重厚な筆致で描き出す。主演は「ザ・マスター」のホアキン・フェニックス。共演にロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ。監督は「ハングオーバー」シリーズのトッド・フィリップス。大都会の片隅で、体の弱い母と2人でつつましく暮らしている心優しいアーサー・フレック。コメディアンとしての成功を夢みながら、ピエロのメイクで大道芸人をして日銭を稼ぐアーサーだったが…。 JAN:4548967436242

「ジョーカー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

製作国:

アメリカ

原題:

JOKER

「ジョーカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アメリカン・ドリーマー 理想の代償

愛に迷った時

真実の瞬間

ニューヨーク・ニューヨーク

ユーザーレビュー:64件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全64件

2500円?

投稿日:2020/01/16 レビュアー:Eha

動画視聴2500円ってなんなの?
その他の購入オプションリンクを
貼っておきながら一択。
映画館よりも高いなんて意味不明。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

わたしの中のアーサーをわたしは決して見放さない

投稿日:2020/06/26 レビュアー:ことりこあゆみ

いやぁー衝撃的だった!! 凄かった!!
のっけから、アーサー(ホアキン・フェニックス)の くらい目に魂を射抜かれました!!

観てから2日間は、言葉にならない感覚が続いた。。。

もぅ、とにかく凄い映画だった!!

ひとつだけ言葉が出てきたのは、ホアキン・フェニックスが怪物だった(役者さんとして)ということ。

とにかく凄い!!という言葉しか出てこない。

監督のビジョン、演技、脚本、演出、音楽、撮影、美術、CG、衣装、編集……すべてのクオリティが極められて集結すると、こんな凄い作品になるんだ…と。。。

本国アメリカでは、ある危険性から上映規制となったのも頷ける。

Blu-rayに収録されている特典映像の 監督とホアキン・フェニックス、製作陣による撮影秘話も、とても面白くて…素晴らしい☆と想いました。

これから観られる方、特典映像を未見の方、特典映像もぜひ是非おすすめです☆

作品のレビューや考察はたくさんの人が書いているので、ここからは、スピリチュアルな視点からの考察をしてみます。

“大いなる愛(源・根源の光)”から分離している人は一人もいない。
自分も含めて“分離している人”は一人もいない。
すべての人=自分自身。

…というのが“一なる意識”の真実。

だとすると、アーサーは・ジョーカーは、間違いなくわたし自身だ。
アーサーもジョーカーも、わたし自身の中にいる。確実にいる!

この作品を観るとき、アーサーやジョーカーを、自分から切り離して(分離させて)見てはいけないのだと、わたしはずっと感じていた。

なぜならアーサーもジョーカーも=自分自身。それが真理なのだから。

わたしがスピリチュアルな真理を生きたいのなら、「この作品の真理」からも目をそむけてはいけない、と感じ続けていた。

だから、キリキリと苦しかったし、切なかったし、悲しかったし、悔しかったし、混乱したし、絶望したし、ムカッ腹が立ったし、狂氣を感じたし、どこか痛快だったし、どこか解放されたし、そして虚しかった。。。

ありとあらゆる感情を味わいすぎて…
さいごは、言葉では表現できなくなり、衝撃(の記憶)だけが残った。

「ただただ凄かった!!」
…という感想しか 言葉にならなかった。

少し時間が経ってこれを書いている中で、
わたしがひとつ誓ったことがある。

それは「わたしの中のアーサーを、わたしは絶対に見放しはしない!」ということ。

わたしの中のアーサーを、わたしはいたわり、慰め、励まし、認め、愛して愛して愛し続けよう、
わたしの中のアーサーを、さいごまで見放さないでいよう。

きっと、それで、一人は救われる。

一人が永遠に見放されずに救われる…ということは、
自分自身=すべての人=世界だから、世界も救われる、ということ。

これが真理、なのだと信じて。
わたしはわたし自身を見放さずに、いたわり、愛し続けよう。

そのことを心に誓わせてくれた作品だった。

スピリチュアルな視点から考察してみたときの、いまのわたしの精一杯の感想です。


さまざまな角度から解釈や考察ができるよう…謎や含みを残し、悲劇=喜劇というメッセージも伝えつつ、

監督と主演のホアキン・フェニックスは「さまざまな解釈やあらゆる見方ができるのが面白いところ」
「観客を作品に参加させることが、この映画の面白さのひとつ」と発言しているそうで、

製作側の意図や謎解きについて、すべてを明かさないところも…なんか、いいんですよね。

こういう点も含めて 本当に凄い映画です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ジョーカー誕生でしたが・・・ ネタバレ

投稿日:2020/04/06 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

感想から言うと、長いだけのグダグダな作品でした。
バットマンのライバル、ジョーカー誕生の物語ですが、時間が長い割りに、ジョーカーが悪への目覚めに至る心情や怒りが全く感じられず、残念な感じでした。

母親の狂気、本人の障害、社会からの阻害などが描かれています。
ただ普通の人間が凶悪な怪人になる過程は描かれて無く、ただの殺人犯になる過程でしか無く、なんかな〜って感じ。

もっとジョーカーの心情が分かりやすいものになると良かったと思います。
また問題が政治の腐敗によるゴッサムのゴミ問題で、ネズミがネズミがばっかりで観る側への配慮や工夫が足りなかったと思います。

俳優さんたちの熱演が勿体無い作品でした。
ロバート・デニーロも久々に見ましたが、元気そうで良かったです。

アート作品を見ている訳では無いので、もっと分かりやすい心象で作りこめれば良かったと思います。
残念でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

見ない方がいい。

投稿日:2020/03/15 レビュアー:BB

ハッピーハッピーの気分の時は、少し落ち着くのに見ても良いですが、暗い気分の時は見ない方がいいです。
うっとうしい映画です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

期待し過ぎたみたい

投稿日:2020/02/23 レビュアー:40女

想像してた感じと違いました。もっと可哀想とか応援したいとか同情する感情が湧いてくると思ったら全然でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全64件

ジョーカー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:64件

2500円?

投稿日

2020/01/16

レビュアー

Eha

動画視聴2500円ってなんなの?
その他の購入オプションリンクを
貼っておきながら一択。
映画館よりも高いなんて意味不明。

わたしの中のアーサーをわたしは決して見放さない

投稿日

2020/06/26

レビュアー

ことりこあゆみ

いやぁー衝撃的だった!! 凄かった!!
のっけから、アーサー(ホアキン・フェニックス)の くらい目に魂を射抜かれました!!

観てから2日間は、言葉にならない感覚が続いた。。。

もぅ、とにかく凄い映画だった!!

ひとつだけ言葉が出てきたのは、ホアキン・フェニックスが怪物だった(役者さんとして)ということ。

とにかく凄い!!という言葉しか出てこない。

監督のビジョン、演技、脚本、演出、音楽、撮影、美術、CG、衣装、編集……すべてのクオリティが極められて集結すると、こんな凄い作品になるんだ…と。。。

本国アメリカでは、ある危険性から上映規制となったのも頷ける。

Blu-rayに収録されている特典映像の 監督とホアキン・フェニックス、製作陣による撮影秘話も、とても面白くて…素晴らしい☆と想いました。

これから観られる方、特典映像を未見の方、特典映像もぜひ是非おすすめです☆

作品のレビューや考察はたくさんの人が書いているので、ここからは、スピリチュアルな視点からの考察をしてみます。

“大いなる愛(源・根源の光)”から分離している人は一人もいない。
自分も含めて“分離している人”は一人もいない。
すべての人=自分自身。

…というのが“一なる意識”の真実。

だとすると、アーサーは・ジョーカーは、間違いなくわたし自身だ。
アーサーもジョーカーも、わたし自身の中にいる。確実にいる!

この作品を観るとき、アーサーやジョーカーを、自分から切り離して(分離させて)見てはいけないのだと、わたしはずっと感じていた。

なぜならアーサーもジョーカーも=自分自身。それが真理なのだから。

わたしがスピリチュアルな真理を生きたいのなら、「この作品の真理」からも目をそむけてはいけない、と感じ続けていた。

だから、キリキリと苦しかったし、切なかったし、悲しかったし、悔しかったし、混乱したし、絶望したし、ムカッ腹が立ったし、狂氣を感じたし、どこか痛快だったし、どこか解放されたし、そして虚しかった。。。

ありとあらゆる感情を味わいすぎて…
さいごは、言葉では表現できなくなり、衝撃(の記憶)だけが残った。

「ただただ凄かった!!」
…という感想しか 言葉にならなかった。

少し時間が経ってこれを書いている中で、
わたしがひとつ誓ったことがある。

それは「わたしの中のアーサーを、わたしは絶対に見放しはしない!」ということ。

わたしの中のアーサーを、わたしはいたわり、慰め、励まし、認め、愛して愛して愛し続けよう、
わたしの中のアーサーを、さいごまで見放さないでいよう。

きっと、それで、一人は救われる。

一人が永遠に見放されずに救われる…ということは、
自分自身=すべての人=世界だから、世界も救われる、ということ。

これが真理、なのだと信じて。
わたしはわたし自身を見放さずに、いたわり、愛し続けよう。

そのことを心に誓わせてくれた作品だった。

スピリチュアルな視点から考察してみたときの、いまのわたしの精一杯の感想です。


さまざまな角度から解釈や考察ができるよう…謎や含みを残し、悲劇=喜劇というメッセージも伝えつつ、

監督と主演のホアキン・フェニックスは「さまざまな解釈やあらゆる見方ができるのが面白いところ」
「観客を作品に参加させることが、この映画の面白さのひとつ」と発言しているそうで、

製作側の意図や謎解きについて、すべてを明かさないところも…なんか、いいんですよね。

こういう点も含めて 本当に凄い映画です。

ジョーカー誕生でしたが・・・

投稿日

2020/04/06

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

感想から言うと、長いだけのグダグダな作品でした。
バットマンのライバル、ジョーカー誕生の物語ですが、時間が長い割りに、ジョーカーが悪への目覚めに至る心情や怒りが全く感じられず、残念な感じでした。

母親の狂気、本人の障害、社会からの阻害などが描かれています。
ただ普通の人間が凶悪な怪人になる過程は描かれて無く、ただの殺人犯になる過程でしか無く、なんかな〜って感じ。

もっとジョーカーの心情が分かりやすいものになると良かったと思います。
また問題が政治の腐敗によるゴッサムのゴミ問題で、ネズミがネズミがばっかりで観る側への配慮や工夫が足りなかったと思います。

俳優さんたちの熱演が勿体無い作品でした。
ロバート・デニーロも久々に見ましたが、元気そうで良かったです。

アート作品を見ている訳では無いので、もっと分かりやすい心象で作りこめれば良かったと思います。
残念でした。

見ない方がいい。

投稿日

2020/03/15

レビュアー

BB

ハッピーハッピーの気分の時は、少し落ち着くのに見ても良いですが、暗い気分の時は見ない方がいいです。
うっとうしい映画です。

期待し過ぎたみたい

投稿日

2020/02/23

レビュアー

40女

想像してた感じと違いました。もっと可哀想とか応援したいとか同情する感情が湧いてくると思ったら全然でした。

16〜 20件 / 全64件