ジュラシック・ワールド/炎の王国

ジュラシック・ワールド/炎の王国の画像・ジャケット写真

ジュラシック・ワールド/炎の王国 / クリス・プラット
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

48

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

ジャンル :

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

解説・ストーリー

大ヒット・アドベンチャー超大作「ジュラシック・ワールド」の続編。恐竜テーマパーク“ジュラシック・ワールド”で起きた大惨事から3年後を舞台に、大噴火の危機が迫る中でオーウェンとクレアが繰り広げる恐竜救出作戦の行方をスリリングに描く。監督は新たに「インポッシブル」「怪物はささやく」のJ・A・バヨナ。3年前の惨劇以来、人間が放棄したコスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、“ジュラシック・ワールド”の恐竜たちが文字通り野生化し、島中に棲息範囲を広げて生き続けていた。しかし島の火山活動が活発化し、大噴火が迫っていることが明らかとなる。パークの元運用管理者クレアは、恐竜たちを絶滅の危機から救うため、恐竜監視員だったオーウェンに協力を要請し、救出隊を組織して島へ向かうが…。 JAN:4988102714680

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

セブン・イヤーズ・イン・チベット

ヒマラヤ杉に降る雪

セックス依存症の私

ユーザーレビュー:48件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全48件

ハラハラドキドキしました

投稿日:2019/03/25 レビュアー:スヌーピー

正直前回の内容をほとんど忘れていたので初めて見る気持ちで見ました。人間のエゴというか勝手な行動でかわいそうに思えました。ラストの終わり方もどうなるのだろうと思って見ていたので驚きました。

それにしてもスリルがあってハラハラドキドキして面白かったです。福井県の恐竜博物館にずっと行きたいなと思いながらなかなか行けず、この映画でまた行きたくなりました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

次作は?

投稿日:2019/02/09 レビュアー:えいき

このまま行くと次作は恐竜版の「猿の惑星」になるんじゃないのか?と思ってしまったわ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

うーん。。。

投稿日:2019/01/23 レビュアー:カズ

期待しすぎていたのかもしれませんがなんだかあんまりでした。
もちろんブルーの小さい時とか火山のシーンとか、楽しめたところもありました。けれど屋敷で暴れたのが恐竜である意味は?って感じでした。なんだか物足らないままエンディングでした。
いつもは何度も見る子供たちも一度で満足していました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

素晴らしい気合いの入れよう ネタバレ

投稿日:2019/01/08 レビュアー:bell

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 映画館で観て前作よりダウングレードした印象だったが、DVDで落ち着いて再視聴すると、とても面白かったと訂正せざるを得なくなった。行き過ぎた科学を信奉する人間に問う、真面目なテーマといっても良い。
 イスラ・ヌブラル島が壊滅し、恐竜を生かすか殺すかの選択を迫られたとき、人間はそのどちらでもない利用を選ぶ。飽くなき欲望と奢りが生命システムを狂わせる。それは幼子メイジー(イザベラ・サーモン)の出自にも向けられている。
 前半の自然と恐竜の通例の画から、後半は暗部のベンジャミン邸での闘い。恐竜が垣間見せる人間と同化したような表情と、一気に決着をつけない人間への脅しは、単なるエンタメでない思考の猶予を与える。
 島からの脱出シーンや後半の屋根での対決シーンは、それぞれ異なる見応えがあった。恐竜の動作は回を重ねるごとに巧みになっていると感じる。
 恐竜は人間を正面から見据えて「さあ、どうする」と問う。そんな現代的問題を加味することで、メッセージ性の濃い作品となっている。実際、生命操作の倫理に、答えは出ないままの現実だ。★★★★☆

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

形式美という感じのワンパターン

投稿日:2019/01/08 レビュアー:Yohey

「おぉ、ジュラシックパークだ!!恐竜がすごいなぁ。今回はこんな恐竜も出るんだ。うんうん。今の時代のCGはすごいな、本当にいるような感じ!!」というのを毎回、毎回思って、そして、同じ展開を毎回毎回みる。形式美ですな。

ということで、特段変わったこともなく、いつもの展開をいつものようにして終わりました。

科学の力で人類の新しい領域に突っ込んでいったハエ男が、過剰な技術が人類を脅かすことを哲学的に話をしていたのが、なかなか映画的で面白かったです。なんか、こねくりまわした言い方で分かりにくかったけど・・・「そう、私のような存在がね。」とか言ってハエ男になったらわかりやすかったと思うんだけど。いや、今、はやりの恐竜人間か・・・

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全48件

ジュラシック・ワールド/炎の王国

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:48件

ハラハラドキドキしました

投稿日

2019/03/25

レビュアー

スヌーピー

正直前回の内容をほとんど忘れていたので初めて見る気持ちで見ました。人間のエゴというか勝手な行動でかわいそうに思えました。ラストの終わり方もどうなるのだろうと思って見ていたので驚きました。

それにしてもスリルがあってハラハラドキドキして面白かったです。福井県の恐竜博物館にずっと行きたいなと思いながらなかなか行けず、この映画でまた行きたくなりました。

次作は?

投稿日

2019/02/09

レビュアー

えいき

このまま行くと次作は恐竜版の「猿の惑星」になるんじゃないのか?と思ってしまったわ。

うーん。。。

投稿日

2019/01/23

レビュアー

カズ

期待しすぎていたのかもしれませんがなんだかあんまりでした。
もちろんブルーの小さい時とか火山のシーンとか、楽しめたところもありました。けれど屋敷で暴れたのが恐竜である意味は?って感じでした。なんだか物足らないままエンディングでした。
いつもは何度も見る子供たちも一度で満足していました。

素晴らしい気合いの入れよう

投稿日

2019/01/08

レビュアー

bell

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 映画館で観て前作よりダウングレードした印象だったが、DVDで落ち着いて再視聴すると、とても面白かったと訂正せざるを得なくなった。行き過ぎた科学を信奉する人間に問う、真面目なテーマといっても良い。
 イスラ・ヌブラル島が壊滅し、恐竜を生かすか殺すかの選択を迫られたとき、人間はそのどちらでもない利用を選ぶ。飽くなき欲望と奢りが生命システムを狂わせる。それは幼子メイジー(イザベラ・サーモン)の出自にも向けられている。
 前半の自然と恐竜の通例の画から、後半は暗部のベンジャミン邸での闘い。恐竜が垣間見せる人間と同化したような表情と、一気に決着をつけない人間への脅しは、単なるエンタメでない思考の猶予を与える。
 島からの脱出シーンや後半の屋根での対決シーンは、それぞれ異なる見応えがあった。恐竜の動作は回を重ねるごとに巧みになっていると感じる。
 恐竜は人間を正面から見据えて「さあ、どうする」と問う。そんな現代的問題を加味することで、メッセージ性の濃い作品となっている。実際、生命操作の倫理に、答えは出ないままの現実だ。★★★★☆

形式美という感じのワンパターン

投稿日

2019/01/08

レビュアー

Yohey

「おぉ、ジュラシックパークだ!!恐竜がすごいなぁ。今回はこんな恐竜も出るんだ。うんうん。今の時代のCGはすごいな、本当にいるような感じ!!」というのを毎回、毎回思って、そして、同じ展開を毎回毎回みる。形式美ですな。

ということで、特段変わったこともなく、いつもの展開をいつものようにして終わりました。

科学の力で人類の新しい領域に突っ込んでいったハエ男が、過剰な技術が人類を脅かすことを哲学的に話をしていたのが、なかなか映画的で面白かったです。なんか、こねくりまわした言い方で分かりにくかったけど・・・「そう、私のような存在がね。」とか言ってハエ男になったらわかりやすかったと思うんだけど。いや、今、はやりの恐竜人間か・・・

16〜 20件 / 全48件