ホース・ソルジャー

ホース・ソルジャーの画像・ジャケット写真

ホース・ソルジャー / クリス・ヘムズワース
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

21

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ホース・ソルジャー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「アベンジャーズ」シリーズのクリス・ヘムズワース主演による戦争アクション。2001年9月11日の翌日、ミッチ・ネルソン大尉は対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。彼らはわずか12人でアフガニスタンに乗り込むが…。

「ホース・ソルジャー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: 12 STRONG

「ホース・ソルジャー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

リーサル・ソルジャーズ

クロッシング・ライン シーズン1

ワイルド・スピード ICE BREAK

ザ・シューター/極大射程

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全21件

悲しい現実

投稿日:2018/10/15 レビュアー:ミッキー

9・11アメリカ同時多発テロ直後にアメリカが行った反撃の実話。
アフガニスタンで反タリバン勢力と協力し戦う12人の男たち。
アフガンでまだ子供が銃をもち戦う姿は胸が痛かった。

妻子を残し命がけの戦い。
日々平穏に過ごしていた中でこの様な戦があった事が現実で・・・
今もそう言う紛争地帯がある事に悲しさを感じます。



このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

戦争映画が好きな人へ

投稿日:2018/10/12 レビュアー:ひろっき

戦争映画の中で、可も無く不可もなく。
アメリカが作ったアメリカ向けの映画感は強い。
結果は事実かもしれないが、経過は事実と異なっていることはみれば分かる。
戦争はいい事無いね。日本は平和。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

3

投稿日:2018/10/11 レビュアー:1か3か5です。

3

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ビール片手に気楽に鑑賞しましょう

投稿日:2018/10/10 レビュアー:のぶ

 2001年にアルカイダによって引き起こされたと言われいる、9.11アメリカ同時多発テロのあったワールドトレードセンター跡地に、馬に乗った特殊隊員のブロンズ像がたっています。これはアフガニスタンで活躍した陸軍特殊部隊(グリーベレー)の隊員の像で、この映画はその隊員たちの物語です。

 彼ら12名の隊員は9.11の直後、アルカイダを匿うタリバン勢力を壊滅すべくアフガニスタンに送りこまれます。予告編やポスターでは5万人のタリバンにたった12名でたちむかったように描かれています。しかし、実際には現地の反タリバン勢力の有力部族が協力しており、彼らの任務は位置をGPSで確認しながら、レーザー計測機で米軍爆撃機を誘導し、精密爆撃で拠点を次々と叩き潰してというものです。この作戦が軍事機密だったため、当時は報道されませんでした。まあ、相手は5万人もいるうえ、旧ソ連軍の戦車や自走砲、多連装ロケット砲まで持っているのですから、こういう作戦でないと戦えませんよね。
 彼ら隊員たちの移動手段は馬。隊員は乗馬経験がないため、即席で乗馬訓練を行いながら作戦を実施したので、実際にはかなり苦労したようです。ところが映画ではこの辺を端折っているため、彼らはあっという間にカウボーイ並みの高度な乗馬テクニックを身に着けます。
また、爆撃を免れたタリバン兵を銃撃戦で全滅させていくのですが、隊員たちの射撃はぼほ百発百、それに対して、うじゃうじゃいるタリバン兵の銃弾は全く当たらず、あっけなくバタバタ倒されていきます。こういったシーンにアメリカの観客は、3.11の仕返しとばかりに大いに留飲を下げたことでしょう。

 実際には色々困難はあったでしょうが、映画では問題がおきてもすぐに解決し、ハラハラドキドキすることもなく、よく言えばなんのストレスも感じることなくストーリーは進行していきます。タリバンてこんなひどいこともしてた奴らなんだよ、という描写もあり、深く考えずにビール片手に、気楽に鑑賞すればいい映画じゃないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

7点満点中

投稿日:2018/10/06 レビュアー:ビリケン

3点

もう1歩。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全21件

ホース・ソルジャー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:21件

悲しい現実

投稿日

2018/10/15

レビュアー

ミッキー

9・11アメリカ同時多発テロ直後にアメリカが行った反撃の実話。
アフガニスタンで反タリバン勢力と協力し戦う12人の男たち。
アフガンでまだ子供が銃をもち戦う姿は胸が痛かった。

妻子を残し命がけの戦い。
日々平穏に過ごしていた中でこの様な戦があった事が現実で・・・
今もそう言う紛争地帯がある事に悲しさを感じます。



戦争映画が好きな人へ

投稿日

2018/10/12

レビュアー

ひろっき

戦争映画の中で、可も無く不可もなく。
アメリカが作ったアメリカ向けの映画感は強い。
結果は事実かもしれないが、経過は事実と異なっていることはみれば分かる。
戦争はいい事無いね。日本は平和。

3

投稿日

2018/10/11

レビュアー

1か3か5です。

3

ビール片手に気楽に鑑賞しましょう

投稿日

2018/10/10

レビュアー

のぶ

 2001年にアルカイダによって引き起こされたと言われいる、9.11アメリカ同時多発テロのあったワールドトレードセンター跡地に、馬に乗った特殊隊員のブロンズ像がたっています。これはアフガニスタンで活躍した陸軍特殊部隊(グリーベレー)の隊員の像で、この映画はその隊員たちの物語です。

 彼ら12名の隊員は9.11の直後、アルカイダを匿うタリバン勢力を壊滅すべくアフガニスタンに送りこまれます。予告編やポスターでは5万人のタリバンにたった12名でたちむかったように描かれています。しかし、実際には現地の反タリバン勢力の有力部族が協力しており、彼らの任務は位置をGPSで確認しながら、レーザー計測機で米軍爆撃機を誘導し、精密爆撃で拠点を次々と叩き潰してというものです。この作戦が軍事機密だったため、当時は報道されませんでした。まあ、相手は5万人もいるうえ、旧ソ連軍の戦車や自走砲、多連装ロケット砲まで持っているのですから、こういう作戦でないと戦えませんよね。
 彼ら隊員たちの移動手段は馬。隊員は乗馬経験がないため、即席で乗馬訓練を行いながら作戦を実施したので、実際にはかなり苦労したようです。ところが映画ではこの辺を端折っているため、彼らはあっという間にカウボーイ並みの高度な乗馬テクニックを身に着けます。
また、爆撃を免れたタリバン兵を銃撃戦で全滅させていくのですが、隊員たちの射撃はぼほ百発百、それに対して、うじゃうじゃいるタリバン兵の銃弾は全く当たらず、あっけなくバタバタ倒されていきます。こういったシーンにアメリカの観客は、3.11の仕返しとばかりに大いに留飲を下げたことでしょう。

 実際には色々困難はあったでしょうが、映画では問題がおきてもすぐに解決し、ハラハラドキドキすることもなく、よく言えばなんのストレスも感じることなくストーリーは進行していきます。タリバンてこんなひどいこともしてた奴らなんだよ、という描写もあり、深く考えずにビール片手に、気楽に鑑賞すればいい映画じゃないでしょうか。

7点満点中

投稿日

2018/10/06

レビュアー

ビリケン

3点

もう1歩。

16〜 20件 / 全21件