スリー・ビルボードの画像・ジャケット写真

スリー・ビルボード / フランシス・マクドーマンド

全体の平均評価点: (5点満点)

70

スリー・ビルボード /マーティン・マクドナー

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「スリー・ビルボード」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

娘を殺された母親がいつまでも事件を解決できない警察に怒りの立て看板を掲げたことから、静かな田舎町に大きな波紋が広がるさまをスリリングに描いたサスペンス・ドラマ。主演は「ファーゴ」のフランシス・マクドーマンド、共演にウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル。監督は「セブン・サイコパス」のマーティン・マクドナー。アメリカ、ミズーリ州の田舎町エビング。ある日、道路脇に立つ3枚の立て看板に、地元警察への辛辣な抗議メッセージが出現する。それは、娘を殺されたミルドレッド・ヘイズが、7ヵ月たっても一向に進展しない捜査に業を煮やして掲げたものだった。名指しされた署長のウィロビーは困惑しながらも冷静に事情を説明する一方、部下のディクソン巡査はミルドレッドへの怒りを露わにするのだったが…。 JAN:4988142365910

「スリー・ビルボード」 の作品情報

作品情報

製作年:

2017年

製作国:

イギリス/アメリカ

原題:

THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOUR

「スリー・ビルボード」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

トゥルー・リベンジ

月に囚われた男

ザ・ピーナッツバター・ファルコン

恋愛適齢期

フレッシュ・アンド・ボーン 渇いた愛のゆくえ

ユーザーレビュー:70件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全70件

「ノマドランド」について。 ネタバレ

投稿日:2022/06/21 レビュアー:CCR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

上記作品がリストに無いのを知らずに書いたので驚いた。これ、配信映画だったっけ?それかまだソフト化していなかったかと戸惑ったのだが折角書いたのでフランシス・マクドーマンド絡みで「スリー・ビルボード」の軒を借りる。
冒頭から彼女がキャンピングカーで生活する現実を丹念に見せていく。彼女が働くアマゾンの、仕組みはこんななってんだと初めて知った、だだっ広い配送場が目を惹く。彼女同様にキャンピングカーで生活する同僚の高齢女性の家庭生活に費やした後の、年金の少なさ、自殺未遂まで追い詰められながら愛犬と目が合って思いとどまった話を彼女に告げる現実の厳しさをまずこちらに叩き込んでくる。イギリスのケン・ローチの作品を思い出した。アマゾンも期間限定の仕事だった様で新たな職探しの厳しさも見せる。(町山智宏の解説によるとアメリカのアマゾンの倉庫は家賃の安さから何もない荒野のド真ん中にこういう建造物をいっぱい建てていて、こういう車上生活の高齢者の労働を主力にして成り立っているのだそうだ。只、労働はかなりキツくて約10時間労働、休み無し、ほぼ立ったまんまなのだそうだ。棚にある商品をオーダー通りに集めて箱に詰める、多いときは1日に約20キロ分歩くんだそうだ。それの繰り返し、これはキツい。アマゾンはこういう人達が働くのを見越して寝泊まりする為の広大な駐車場を備えているのだそうだ。サンクスギビングとクリスマスに集中して膨大な仕事が発生するのでそれ以外は暇になるらしく、本作でも最初アマゾンで働いていたのにマクドーマンドが何故それから別の仕事を探しているシーンになったのかはそれで理解出来た。そしてアメリカ各地に多くある国立公園のキャンプ場でこういう人々が一時的に集まって留まりここで仕事をしているのを、アメリカ在住の町山のこういう現状の説明を聞かないと本作の状況が分かり辛い部分がある。春、夏が主にこういう仕事で、秋になると今度は作物の収穫の時期になるのでその作業の補助、本作でもマクドーマンドが収穫されたイモをベルトコンベアに流しているシーンがあった。町山によると過去の調査で定年後にこういう仕事をせずに済む人はアメリカで17%以下なんだそうだ。つまり受け取る年金の安さのせいだ。当然女性の方が多くなる。彼女も想定外の車の故障で修理代で思わぬ出費がかかり何年もご無沙汰している姉に本当は頼みたくもない借金を申し込みに実家を訪ねていく辛いシーンもあった。そこで金は借りたが、結婚してさっさと家を出て行って以降全然寄りつかなくなった彼女は恨み言を言われる。こういう実生活のリアルさがハンパない。彼女が本来夫と住んでいた地域が採掘所がかつてあった事で成り立っていた地域らしく、時代の波でこの採掘所が閉鎖した事により、そこを生活の基盤にしていた住民が皆去って行った状況が段々分かってくる。職安にもすげない対応をされて彼女はキャンピングカーで放浪の旅に出ていく事になる。ここで彼女と同様にノマド(遊牧民)として放浪しながら上記のキャンプ場でこの仕事の為に一時的に大勢の人が集まり各々の生活、人生の事情も彼等自身の言葉に載せて丹念に見せていく。次第にドラマを見ている感覚が薄れてドキュメンタリーを見せられているみたいな錯覚を起こす。彼女が短期的な様々なアルバイトをしているシーンも随所に挟んで現実の生活の重さを淡々と見せて、アメリカの今の一断面を見せてくれるのも興味深い。特に大きなドラマなど何にも起こらないのだ。ただひたすら放浪する生活の有様を見せていくだけなのだが、決して退屈ではないし、これからこの国でも間違いなく、望まなくてもこういう生き方をせざるを得ない状況がより増えていくのを感じる。車が持てるだけ、まだましと云える時代になるだろう。車上生活せざるを得ない人がアメリカでも大勢いるという厳しい現実を見せつけてはいるが、この作品はそれを常に悲惨に惨めに描くばかりでは無く、ある意味では、しがらみが無くなって自由になって新しい人生を切り開いて逞しく生きていく展望も描いているのが救いになっていて、これがこの作品の良さなのだ。これを中国系のクロエ・ジャオが描いているというのも面白い。(余談だが先日、映画会社スターサンズのプロデューサー河村光庸氏が亡くなった知らせには本当驚いた。なんで・・・という思いで一杯だ。直近の「空白」公開時の新聞記事で古田新太、松坂桃李に挟まれて皆で笑顔の写真が載っていたのに。彼は誰もやれなかった、やろうとしなかったジャンルに果敢に挑んだ、今の日本では杞憂の映画プロデューサーだった。「新聞記者」「パンケーキを毒見する」の挑戦するスタンスには本当感銘して支持していたのに・・・。悲しい。)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

母親の怒り

投稿日:2019/03/02 レビュアー:こうさま

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

そして二人は、闇の仕置人になる... ネタバレ

投稿日:2018/07/04 レビュアー:哲郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは...いろんな批評、評価がでてくる作品だと思う。
とにかく、日本人には、あるいは日本の常識、感覚では考えられない街の呆れた様子が描かれている。
登場人物の個性も強烈だ。日本人の気質も近年はだいぶアメリカ化してきているが、わが国の地方の街でこれほどのギスギスした人間関係、攻撃的なやりとりはそうないだろう。もちろん登場人物は街住民のごく一部だが、少なくとも警官が個人的な感情で住民に酷い暴行を加えるなんてことは日本ではありえない。逆に警官が唐突に襲われ命を落とし、銃を奪われるというアメリカ人には信じられない事件が起きているのである。

ミルドレッドの娘をレイプし焼き殺した犯人が見つからずに終わるので、これは観る人によっていろいろな着眼点があると思う。
私が受け取ったメッセージは「目的が正しければ(そう主張すれば)、どんな手段を使ってもいいのか?」ということだ。
そもそも道路脇の三つの大看板の広告がそうで、違法ではないにせよ、これが街にいろいろな騒動を引き起こす元になった。ミルドレッドに敵意をもつ歯医者は治療にかこつけて彼女を傷つけようとするし、ミルドレッド自身も広告を燃やされた復讐とばかりに警察署に火炎瓶を投げ込むという暴挙に出る。どれもこれも問題の解決にはつながらない敵意と憎悪に満ちた所業だ。
決定的なのはラスト。敵対していたミルドレッドとディクソンが手を結び、娘殺しの容疑者(話のなかでは嫌疑なし)を二人で退治しに行くという結末なのだ。
娘を殺され復讐の鬼と化した母と、不祥事で警察をクビになった元警官が“必殺仕置人”になってしまったところで終わりとは...

「目的が正しければ(そう主張すれば)、どんな手段を使ってもいい」は、テロリズムの源泉だ。
極悪人に対して“闇に裁いて仕置する”があってもいいと思うこともあるが、それはやはり創作話、あくまでもフィクションなのである。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

「 つぶやき 」。では、人と人との関係は何もわからない

投稿日:2020/08/09 レビュアー:ロキュータス

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

重厚な人間ドラマを味わえる作品

投稿日:2019/08/23 レビュアー:D.IKUSHIMA

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全70件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:70件

「ノマドランド」について。

投稿日

2022/06/21

レビュアー

CCR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

上記作品がリストに無いのを知らずに書いたので驚いた。これ、配信映画だったっけ?それかまだソフト化していなかったかと戸惑ったのだが折角書いたのでフランシス・マクドーマンド絡みで「スリー・ビルボード」の軒を借りる。
冒頭から彼女がキャンピングカーで生活する現実を丹念に見せていく。彼女が働くアマゾンの、仕組みはこんななってんだと初めて知った、だだっ広い配送場が目を惹く。彼女同様にキャンピングカーで生活する同僚の高齢女性の家庭生活に費やした後の、年金の少なさ、自殺未遂まで追い詰められながら愛犬と目が合って思いとどまった話を彼女に告げる現実の厳しさをまずこちらに叩き込んでくる。イギリスのケン・ローチの作品を思い出した。アマゾンも期間限定の仕事だった様で新たな職探しの厳しさも見せる。(町山智宏の解説によるとアメリカのアマゾンの倉庫は家賃の安さから何もない荒野のド真ん中にこういう建造物をいっぱい建てていて、こういう車上生活の高齢者の労働を主力にして成り立っているのだそうだ。只、労働はかなりキツくて約10時間労働、休み無し、ほぼ立ったまんまなのだそうだ。棚にある商品をオーダー通りに集めて箱に詰める、多いときは1日に約20キロ分歩くんだそうだ。それの繰り返し、これはキツい。アマゾンはこういう人達が働くのを見越して寝泊まりする為の広大な駐車場を備えているのだそうだ。サンクスギビングとクリスマスに集中して膨大な仕事が発生するのでそれ以外は暇になるらしく、本作でも最初アマゾンで働いていたのにマクドーマンドが何故それから別の仕事を探しているシーンになったのかはそれで理解出来た。そしてアメリカ各地に多くある国立公園のキャンプ場でこういう人々が一時的に集まって留まりここで仕事をしているのを、アメリカ在住の町山のこういう現状の説明を聞かないと本作の状況が分かり辛い部分がある。春、夏が主にこういう仕事で、秋になると今度は作物の収穫の時期になるのでその作業の補助、本作でもマクドーマンドが収穫されたイモをベルトコンベアに流しているシーンがあった。町山によると過去の調査で定年後にこういう仕事をせずに済む人はアメリカで17%以下なんだそうだ。つまり受け取る年金の安さのせいだ。当然女性の方が多くなる。彼女も想定外の車の故障で修理代で思わぬ出費がかかり何年もご無沙汰している姉に本当は頼みたくもない借金を申し込みに実家を訪ねていく辛いシーンもあった。そこで金は借りたが、結婚してさっさと家を出て行って以降全然寄りつかなくなった彼女は恨み言を言われる。こういう実生活のリアルさがハンパない。彼女が本来夫と住んでいた地域が採掘所がかつてあった事で成り立っていた地域らしく、時代の波でこの採掘所が閉鎖した事により、そこを生活の基盤にしていた住民が皆去って行った状況が段々分かってくる。職安にもすげない対応をされて彼女はキャンピングカーで放浪の旅に出ていく事になる。ここで彼女と同様にノマド(遊牧民)として放浪しながら上記のキャンプ場でこの仕事の為に一時的に大勢の人が集まり各々の生活、人生の事情も彼等自身の言葉に載せて丹念に見せていく。次第にドラマを見ている感覚が薄れてドキュメンタリーを見せられているみたいな錯覚を起こす。彼女が短期的な様々なアルバイトをしているシーンも随所に挟んで現実の生活の重さを淡々と見せて、アメリカの今の一断面を見せてくれるのも興味深い。特に大きなドラマなど何にも起こらないのだ。ただひたすら放浪する生活の有様を見せていくだけなのだが、決して退屈ではないし、これからこの国でも間違いなく、望まなくてもこういう生き方をせざるを得ない状況がより増えていくのを感じる。車が持てるだけ、まだましと云える時代になるだろう。車上生活せざるを得ない人がアメリカでも大勢いるという厳しい現実を見せつけてはいるが、この作品はそれを常に悲惨に惨めに描くばかりでは無く、ある意味では、しがらみが無くなって自由になって新しい人生を切り開いて逞しく生きていく展望も描いているのが救いになっていて、これがこの作品の良さなのだ。これを中国系のクロエ・ジャオが描いているというのも面白い。(余談だが先日、映画会社スターサンズのプロデューサー河村光庸氏が亡くなった知らせには本当驚いた。なんで・・・という思いで一杯だ。直近の「空白」公開時の新聞記事で古田新太、松坂桃李に挟まれて皆で笑顔の写真が載っていたのに。彼は誰もやれなかった、やろうとしなかったジャンルに果敢に挑んだ、今の日本では杞憂の映画プロデューサーだった。「新聞記者」「パンケーキを毒見する」の挑戦するスタンスには本当感銘して支持していたのに・・・。悲しい。)

母親の怒り

投稿日

2019/03/02

レビュアー

こうさま

そして二人は、闇の仕置人になる...

投稿日

2018/07/04

レビュアー

哲郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは...いろんな批評、評価がでてくる作品だと思う。
とにかく、日本人には、あるいは日本の常識、感覚では考えられない街の呆れた様子が描かれている。
登場人物の個性も強烈だ。日本人の気質も近年はだいぶアメリカ化してきているが、わが国の地方の街でこれほどのギスギスした人間関係、攻撃的なやりとりはそうないだろう。もちろん登場人物は街住民のごく一部だが、少なくとも警官が個人的な感情で住民に酷い暴行を加えるなんてことは日本ではありえない。逆に警官が唐突に襲われ命を落とし、銃を奪われるというアメリカ人には信じられない事件が起きているのである。

ミルドレッドの娘をレイプし焼き殺した犯人が見つからずに終わるので、これは観る人によっていろいろな着眼点があると思う。
私が受け取ったメッセージは「目的が正しければ(そう主張すれば)、どんな手段を使ってもいいのか?」ということだ。
そもそも道路脇の三つの大看板の広告がそうで、違法ではないにせよ、これが街にいろいろな騒動を引き起こす元になった。ミルドレッドに敵意をもつ歯医者は治療にかこつけて彼女を傷つけようとするし、ミルドレッド自身も広告を燃やされた復讐とばかりに警察署に火炎瓶を投げ込むという暴挙に出る。どれもこれも問題の解決にはつながらない敵意と憎悪に満ちた所業だ。
決定的なのはラスト。敵対していたミルドレッドとディクソンが手を結び、娘殺しの容疑者(話のなかでは嫌疑なし)を二人で退治しに行くという結末なのだ。
娘を殺され復讐の鬼と化した母と、不祥事で警察をクビになった元警官が“必殺仕置人”になってしまったところで終わりとは...

「目的が正しければ(そう主張すれば)、どんな手段を使ってもいい」は、テロリズムの源泉だ。
極悪人に対して“闇に裁いて仕置する”があってもいいと思うこともあるが、それはやはり創作話、あくまでもフィクションなのである。

「 つぶやき 」。では、人と人との関係は何もわからない

投稿日

2020/08/09

レビュアー

ロキュータス

重厚な人間ドラマを味わえる作品

投稿日

2019/08/23

レビュアー

D.IKUSHIMA

16〜 20件 / 全70件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

スリー・ビルボード