No.199 RANKING

新感染 ファイナル・エクスプレス

新感染 ファイナル・エクスプレスの画像・ジャケット写真

新感染 ファイナル・エクスプレス / コン・ユ

全体の平均評価点:(5点満点)

54

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「新感染 ファイナル・エクスプレス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ソウルからプサンへと向けて走る高速鉄道KTXの車内で繰り広げられる壮絶なゾンビ・パニックを描き、本国韓国のみならず世界中で大きな話題を集めたサバイバル・アクション。謎の感染爆発に直面した登場人物たちによる、愛する者を守るための決死のサバイバルの行方をスリリングに描き出す。主演はコン・ユ。監督はアニメ出身で本作が実写デビューのヨン・サンホ。韓国の各地で謎のパンデミックが発生し、凶暴化した感染者が次々と増殖蔓延し始めていた。そんな大惨事がすぐそこまで迫っているとは知りもしないやり手ファンドマネージャーのソグ。娘のスアンを別居中の妻に会わせるため、ソウル発プサン行きのKTXに乗り込む。しかし乗客の中に感染者が紛れ込んでいたことから、列車内で想像を絶する感染爆発が発生してしまうのだったが…。 JAN:4995155230760

「新感染 ファイナル・エクスプレス」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 韓国
原題: TRAIN TO BUSAN

「新感染 ファイナル・エクスプレス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

フェニックス〜約束の歌〜

ビッグ〜愛は奇跡<ミラクル>〜

素晴らしき、私の人生

ファイティン!

ユーザーレビュー:54件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全54件

「コン・ユ」に外れ無し ネタバレ

投稿日:2017/12/16 レビュアー:ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

10年前の「コン・ユ」なら、強靭な肉体でアクション・スターらしくバッタバッタとゾンビをなぎ倒す(ただの)ヒーローになっていたかもしれないが、役者として円熟味を増し「旬」を迎え、この映画の中では完ぺきな父親とは言えない仕事人間として登場。何気ない移動のはずだった釜山行きの列車の中で、とんでもない事態に遭遇しながら娘との絆を深め、関わり合う人たちと次第に力を合わせながら、生き延びようとする男を見事に演じている。ほかにはドラマ「元カレは天才詐欺師」では生真面目な役人を演じていた「マ・ドンソク」がとても印象的。コン・ユの娘役の「キム・スアン」も素晴らしかった。
単なるゾンビ映画と思って遠ざけると勿体ない、質の高い人間ドラマになっている映画。オススメ。
(※大泉洋主演の「アイアムヒーロー」とも通じるな。)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

B級ですね

投稿日:2019/03/03 レビュアー:K

高評価がわからないな。大事なポイントの設定も雑だしね。あそこがここがと勿体ない作りが何ヶ所も。韓国ファンならおすすめですが映画ファンにはおすすめ出来ません。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

韓国映画の玉手箱や! ネタバレ

投稿日:2019/02/02 レビュアー:サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本作は、これまでの得体の知れないコリアンホラーとは一味違います。親子愛、夫婦愛、友情、パニックにゾンビを詰め込んだ総合エンターテイメント作品です。
極めつけは、主人公ソグ(コン・ユssi)の精神的成長を描いたところでしょうね。
映画に緊張感を与えたのはKTXという逃げ場のない密室と、ゾンビとの対決に銃を使用しなかったところでしょう。当たり前の話ですが、普通の庶民たちの日常生活に銃が存在するはずはなく、仮にゾンビの鎮圧手段として銃を登場させていたら単なる化け物映画で終わっていたと思います。
ゾンビの生態を逆手に取りながらの逃避行を主戦場としながらも、前半から張られた様々な伏線を、後半に回収していくという作りが視聴者を飽きさせず、ヒューマンドラマとして感動も与えてくれる佳作となっています。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

タイトルも最高!これ以上のタイトルはないと思う! ネタバレ

投稿日:2018/05/14 レビュアー:ムービードリンク

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

韓国ソウル周辺

離婚間近の夫婦。
子供の親権にもめている。

子供に愛情を注いでなかった夫が主人公。
別居している妻にソウルから釜山に新幹線で届けようとしていた。

しかし出発前に飛び込みで乗った女性がゾンビ的なウイルスに感染していて、周囲を襲い、襲われたものがまた感染し、車両がパニックに!

主人公は子供を守るために、またその他の乗客の都合や想いでパニックになった車両内で助け合い奮闘する。

●90C点。これは凄い!ゾンビ映画でここまで泣けたのは初だと思う。本当に伏線がうますぎる!ここぞって時の使い方は絶妙にいい!

参った本当に泣けたなぁ〜





●ネタバレ保管記憶用

トンネルの中の暗闇で動けなくなる特性を利用して電車の車両間を切り抜ける!

しかし、最初からいた客達が感染を警戒してドアを閉鎖する。

男気のある大きな男が、妊婦の妻や仲間の為に盾となりゾンビを食い止める!
★彡このシーンはかなり痺れた(泣)

完全に隔離された6人。釜山に向かって電車は進む。

最後は3人になり、悪役幹部男と主人公の戦い。
2人を守る為に、自ら噛まれて、身を投げる。

妊婦と子供がようやく釜山に着く。

しかし感染者とみなされ狙撃の準備。

間一髪!娘が、父の為に練習した歌をトンネルの中で歌う。
★彡もう号泣しました。参ったここぞとばかりの素朴な歌。

歌を確認した自衛隊は2人を生存者として助ける。完!

★彡最高に泣けました本当に参ったこの映画!
韓国映画。恐るべし!

タイトルも絶妙に素晴らしい!
★彡ベストタイトル認定です!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

笑顔のゾンビ。

投稿日:2018/05/06 レビュアー:ひゅう助

期待通りの面白い映画でした。一時も飽きる展開がなかった。最後までノンストップで走り抜けた。

新幹線内でゾンビパニック!主人公たちは果たして無事にソウルまでたどり着けるのか!?

短い上映時間ながらも、人物描写が丁寧ですごくその人の気持ちになれる。上手いな。

なにより、感動できる展開が満載。まさかゾンビ映画で!?って感じ。

笑顔のゾンビなんてあまりないでしょう。だからこそラストは映える。

☆5つ!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全54件

新感染 ファイナル・エクスプレス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:54件

「コン・ユ」に外れ無し

投稿日

2017/12/16

レビュアー

ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

10年前の「コン・ユ」なら、強靭な肉体でアクション・スターらしくバッタバッタとゾンビをなぎ倒す(ただの)ヒーローになっていたかもしれないが、役者として円熟味を増し「旬」を迎え、この映画の中では完ぺきな父親とは言えない仕事人間として登場。何気ない移動のはずだった釜山行きの列車の中で、とんでもない事態に遭遇しながら娘との絆を深め、関わり合う人たちと次第に力を合わせながら、生き延びようとする男を見事に演じている。ほかにはドラマ「元カレは天才詐欺師」では生真面目な役人を演じていた「マ・ドンソク」がとても印象的。コン・ユの娘役の「キム・スアン」も素晴らしかった。
単なるゾンビ映画と思って遠ざけると勿体ない、質の高い人間ドラマになっている映画。オススメ。
(※大泉洋主演の「アイアムヒーロー」とも通じるな。)

B級ですね

投稿日

2019/03/03

レビュアー

K

高評価がわからないな。大事なポイントの設定も雑だしね。あそこがここがと勿体ない作りが何ヶ所も。韓国ファンならおすすめですが映画ファンにはおすすめ出来ません。

韓国映画の玉手箱や!

投稿日

2019/02/02

レビュアー

サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本作は、これまでの得体の知れないコリアンホラーとは一味違います。親子愛、夫婦愛、友情、パニックにゾンビを詰め込んだ総合エンターテイメント作品です。
極めつけは、主人公ソグ(コン・ユssi)の精神的成長を描いたところでしょうね。
映画に緊張感を与えたのはKTXという逃げ場のない密室と、ゾンビとの対決に銃を使用しなかったところでしょう。当たり前の話ですが、普通の庶民たちの日常生活に銃が存在するはずはなく、仮にゾンビの鎮圧手段として銃を登場させていたら単なる化け物映画で終わっていたと思います。
ゾンビの生態を逆手に取りながらの逃避行を主戦場としながらも、前半から張られた様々な伏線を、後半に回収していくという作りが視聴者を飽きさせず、ヒューマンドラマとして感動も与えてくれる佳作となっています。

タイトルも最高!これ以上のタイトルはないと思う!

投稿日

2018/05/14

レビュアー

ムービードリンク

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

韓国ソウル周辺

離婚間近の夫婦。
子供の親権にもめている。

子供に愛情を注いでなかった夫が主人公。
別居している妻にソウルから釜山に新幹線で届けようとしていた。

しかし出発前に飛び込みで乗った女性がゾンビ的なウイルスに感染していて、周囲を襲い、襲われたものがまた感染し、車両がパニックに!

主人公は子供を守るために、またその他の乗客の都合や想いでパニックになった車両内で助け合い奮闘する。

●90C点。これは凄い!ゾンビ映画でここまで泣けたのは初だと思う。本当に伏線がうますぎる!ここぞって時の使い方は絶妙にいい!

参った本当に泣けたなぁ〜





●ネタバレ保管記憶用

トンネルの中の暗闇で動けなくなる特性を利用して電車の車両間を切り抜ける!

しかし、最初からいた客達が感染を警戒してドアを閉鎖する。

男気のある大きな男が、妊婦の妻や仲間の為に盾となりゾンビを食い止める!
★彡このシーンはかなり痺れた(泣)

完全に隔離された6人。釜山に向かって電車は進む。

最後は3人になり、悪役幹部男と主人公の戦い。
2人を守る為に、自ら噛まれて、身を投げる。

妊婦と子供がようやく釜山に着く。

しかし感染者とみなされ狙撃の準備。

間一髪!娘が、父の為に練習した歌をトンネルの中で歌う。
★彡もう号泣しました。参ったここぞとばかりの素朴な歌。

歌を確認した自衛隊は2人を生存者として助ける。完!

★彡最高に泣けました本当に参ったこの映画!
韓国映画。恐るべし!

タイトルも絶妙に素晴らしい!
★彡ベストタイトル認定です!

笑顔のゾンビ。

投稿日

2018/05/06

レビュアー

ひゅう助

期待通りの面白い映画でした。一時も飽きる展開がなかった。最後までノンストップで走り抜けた。

新幹線内でゾンビパニック!主人公たちは果たして無事にソウルまでたどり着けるのか!?

短い上映時間ながらも、人物描写が丁寧ですごくその人の気持ちになれる。上手いな。

なにより、感動できる展開が満載。まさかゾンビ映画で!?って感じ。

笑顔のゾンビなんてあまりないでしょう。だからこそラストは映える。

☆5つ!

16〜 20件 / 全54件