ミュージアム

ミュージアムの画像・ジャケット写真
ミュージアム / 小栗旬
全体の平均評価点:
(5点満点)

43

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ミュージアム」 の解説・あらすじ・ストーリー

小栗旬と妻夫木聡共演、「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督によるノンストップスリラー。自らをアーティストと称し、雨の日に猟奇殺人を繰り返す「カエル男」。刑事の沢村は事件を追うが、カエル男の次のターゲットは沢村の妻だった。

「ミュージアム」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「ミュージアム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ミュージアムの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分 日:未定
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000640479 2017年03月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
224枚 17人 24人

【Blu-ray】ミュージアム(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000640586 2017年03月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 5人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全43件

しょぼい主人公

投稿日:2017/03/29 レビュアー:balison

同じ警察官相手には強く、犯人相手にはとことん、弱い主人公。だらだら長かった為、後半は、1.5倍速で見た。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かった。

投稿日:2017/03/15 レビュアー:

この作品では、家族を全く省みない刑事役の小栗旬さんですが、
周りが見えず冷静さゼロ、感情露わで単純な性格の役が、良い意味で小栗さん適役だと思いました。
一方冷静、用意周到な残酷な犯人役の妻夫木聡さんですが、
私は一切前情報なく観に行きましたがラスト近くまで妻夫木さんと気付かない程でした。
自分のミュージアムに陳列する犠牲者を一人、また一人・・・。
「キモチワルイ」の一言です。後味悪いです。でもテンポよく面白い。



止めておけば良いのにそこ行くのね、とハラハラしつつ、残忍なシーンから目が離せない場面多数。
全体は映画「セブン」に雰囲気とストーリーが似ています。
映画の中の世界と思ってみるには面白いです。
だって実際こんな殺人者、いないでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心因性という名の

投稿日:2019/01/10 レビュアー:塩胡椒

トラウマか。
悪循環な話。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

豪華さをウリにしてる感がある

投稿日:2018/07/27 レビュアー:ミッコ

「作品を選んでいるであろう小栗旬」ということで、期待してしまったが
テレビの刑事もののほうが面白かった。
 妻夫木聡のイケメン顔を拝むことができなかったのも残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

表現者

投稿日:2018/05/09 レビュアー:こうさま

数日前に観た作品が「クリーピー」ということもあってなんとなく気が重くなってしまった。
原作はサイコスリラー漫画ということらしいが内容はかなりエゲツない。
雨の日に起こる連続猟奇殺人事件、3年前の幼女樹脂詰め殺人事件に端を発しているのだがこの事件の裁判員や関係者に矛先が向けらけていることから死亡した被疑者に対する復讐劇と思いきやだんだんと驚くべき事実が明らかになってくる。
小栗旬扮する沢村刑事の怒りがほとばしる。
通称「カエル男」の犯行、ドッグフーズの刑、母の痛みを知りましょうの刑、均等の愛の刑とか残忍残酷ながらどこかマンガチック、メイクが強烈すぎてとても妻夫木聡とはわからない。
カエル男は全ての被害者の私生活全てを調べ上げて、その上で相応しい罰を与える表現者あるいはアーティストだと自負しており最終ターゲットは沢村刑事ということらしい。
沢村の罪は妻と娘の心を殺したというちよっと無理な理屈にはなっているが、これが罪なら世の中かなりの数の夫が処刑されなければならないことになる。
確かにストーリーの流れとしては決して退屈しないが、ここまで現実離れしていると馬鹿らしさが先に立ってしまう。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全43件

ミュージアム