スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲

スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲の画像・ジャケット写真
スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲 / マーク・ハミル
全体の平均評価点:
(5点満点)

56

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲」 の作品情報

製作年: 1997年
原題: THE EMPIRE STRIKES BACK: SPECIAL EDITION

「スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
129分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR27233-2 2004年12月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
238枚 18人 8人

【Blu-ray】スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
129分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXB52293 2016年11月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
30枚 5人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:56件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全56件

祝/復刊スターログ

投稿日:2008/01/01 レビュアー:GF

ルーカスは1作目の監督でしたが、2作目以降は製作になっています。
なぜか、それは1作目では監督・製作をしていましたが、
資金の調達・配給会社との絡みなどを監督をしながらしていたらしい。
でっ、監督は信頼のおける人物にお願いして、本人はキチンと作品が完成出来るように、裏方にまわったようです。
いち早くキャラクター権利を取得(当時配給会社はキャラクターには無関心だった)。
おかげで、キャラクター商品などでの収入で2〜3作品を製作出来ました。

この2作目(エピソードX)はとても重要な作品です。
ルークの父親、ルークの修行など、のちのYと続きます。
さらに、エピソードT〜Vの主題。
このエピソードXは嫌いと言う人もいますが、旧3部作のなかで、この作品だけがハッピーエンドでは終わっていません。
個人的にはとても好きな作品です。
旧3部作の中でも、この作品が一番すきです。

余談になりますが「スターログ」という映画雑誌を購入し始めたのも、SWを観てからです。
その雑誌の記事に「帝国通信」というコーナーがあり、けっこうハマっていました。
記事で今でも覚えているのは、
”空中都市の責任者「ランド・カルリジアン」(だっけ?)は、「チュー・バッカ」を馬鹿にしている”と言う記事。
内容は、空中都市でランドがハン・ソロを迎える時に言った言葉で
「ハロー・中馬鹿(ちゅーバカ)」と言っているという記事でした。
他のルークやハンは「チューイ」と呼んでいるのに、ランドだけわざわざ「ちゅーばか」と呼んでいると言う内容でした。
ばかばかしい内容でしたが、とても面白く楽しみにしていました。
しかし、数年後「スターログ」は休刊となりました。

しか〜し、数年前に本屋の店頭に「スターログ」が並んでいました。
感無量で即買いでした。もう懐かしくて。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

熱狂的なファン(雪と雲)ネタバレ

投稿日:2007/01/18 レビュアー:みなさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

熱狂的なファンの多い『帝国の逆襲』だが、私はあまり好きじゃない。ラストの余韻が暗くていけない。ルークの手首が切り落とされるのも、当時のヒーロー像からすると有り得ないことだった。どんなにボコボコにやられたって、最後には逆転勝利してピカピカの笑顔を見せてこそ真のヒーローだ。それがどうしたことか、何とも歯切れの悪い幕切れではないか。続編とは言え、第3作目公開までの“繋ぎ”にしか思えなかった。穿った見方をすれば、「だからルーカスは自ら監督しなかったのだ」そう思っていた。

実際、公開当時からダースベイダーとルークの関係、ルークとレイア姫の関係がまことしやかに噂され、ヨーダの人気などもあって、3作目の公開に向けて話題づくりは十分だった。A.カーシュナー監督も貧乏クジをひいたもんだ。(恩師だからかな?)それくらい印象が悪かった。それは今も変わらない。

それでもこの作品がファンから熱烈に支持されるのは、メカニックの面白さが抜群だからだろう。正直、雪上を攻めて来るウォーカーを初めて観た時はビックリした。圧倒的な火力も弱点も持った巨大なマシンの存在感は、見事だった。プラモデルを探して東奔西走したっけ。(輸入物の出来はあまりよくなかった)

“フォースの力”を初めて具体的に描いた、という点でシリーズ中でも特異な作品と言える。

あまり好きな作品ではないが、シリーズを語る上で欠かすことの出来ない作品であることも間違いない。

オススメ!!!!!!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★★★.5 ダース・ベイダーとハン・ソロと、ときどきヨーダ

投稿日:2006/09/24 レビュアー:Sarah

ヨーダが出てきて、ルークがジェダイになるための修行が始まります。
そこでのヨーダの講釈がけっこう大事なのですが、流れとしては若干もたつきます。
でもレイア姫とハン・ソロはかなり動きがあり、こっちのほうが今回主役な感じです。

ダース・ベイダーも前作以上に出てきて、大活躍。かの有名な一言を言います。
ダース・ベイダーの冷酷さと、かぶり物の輝きがたまりません。悪役なのにすごい魅力。

しかし、何十年も前にこんな映像を作れたこと自体が感服!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

じつはこれが6つの中で一番好きじゃないもの。

投稿日:2006/08/20 レビュアー:Kenichi

理由は簡単で、その作品の中で完結してないから。
でも、SFから人間くさくなって来たのは好き
 
同じ意味で内容は面白くて好きだが、1つの作品としては好きじゃないもので、バック・トゥ・ザ・フューチャー2がある
 
※嫌いと好きじゃないは違う

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最高傑作。。。!

投稿日:2005/11/16 レビュアー:こすぴ

全世界で興行収入570億円という大ヒットを飛ばした、劇場公開2作目。。。
当時としては、物語が途中で終わるという掟破りの映画で、世界を唸らせました。。。

前作よりもSFXを前面に押し出し、戦闘シーンの迫力を存分に堪能できます。。。

製作中にラストのネタバレを防ぐために、ダースベーダー衝撃の告白を違う台詞に置き換え、完成直前にアフレコで録り直すという徹底ぶりで、公開されるまで出演者・製作者を欺いていたといういわくつき。。。

惑星ホスでの戦闘シーンが好きかなぁ。。。トーントーンとかかわいかったし。。。極めつけは帝国軍のAT−ATかな。4本足の動物っぽい兵器との攻防は、衝撃的でしたね。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全56件

スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲