ボーダーライン

ボーダーラインの画像・ジャケット写真

ボーダーライン / エミリー・ブラント
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

40

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ボーダーライン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

エミリー・ブラント主演のサスペンスアクション。巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊に派遣されたFBI捜査官・ケイト。彼女は謎のコロンビア人と共に、国境付近を拠点とする麻薬組織を撲滅させる極秘任務に就くことになり…。※R15+

「ボーダーライン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: SICARIO

「ボーダーライン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

モッド・スクワッド

ギャング・イン・ブルー

キング・オブ・ファイヤー

プレッジ

ユーザーレビュー:40件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全40件

ベニチオ・デル・トロ

投稿日:2016/10/12 レビュアー:趣味は洋画

この映画を支配しているのは、ベニチオ・デル・トロ。
不気味な謎のコロンビア人に扮しているが、彼はこういった役がピッタリだ。

最初からベニチオ・デル・トロについて記してみようと思う。
1967年2月19日、プエルト・リコ生まれの49歳。
彼を一躍有名にしたのは、95年「ユージュアル・サスペクツ」(ブライアン・シンガー監督)での犯罪者フェンスター役だった。
勿論、それまでにも89年「007/消されたライセンス」(ジョン・グレン監督)、92年「1492・コロンブス」(リドリー・スコット監督)、93年「フィアレス」(ピーター・ウィアー監督)、94年「チャイナ・ムーン」(ジョン・ベイリー監督)などの作品に出ていたのだが、あまり印象に残っていない。
「ユージュアル...」以降の活躍はいうまでもなく、数々の話題作に出演している。

本作に似通った作品として、00年「トラフィック」(スティーヴン・ソダーバーグ監督)がある。
ベニチオ・デル・トロは、メキシコとアメリカを結ぶ巨大麻薬ルートに関わる捜査に挑む、メキシコ州警察の警察官ロドリゲスに扮していた。

アメリカもメキシコも明るく陽気な国ではあるが、両国に限らず、裏社会が現存しているのも事実。
ただ、麻薬カルテルとなると、その闇の深さは計り知れず、本作で描かれている内容が、実態以下なのか実態以上なのかは不明だ。
そういった「闇」の一部分を描く映画には、ベニチオ・デル・トロの存在感は群を抜いているのだろう。

また「トラフィック」の話題に戻るが、ベニチオ・デル・トロは同作でアカデミー助演男優賞を受賞した。授賞式の模様を観たとき、彼の目(瞳)のなんと綺麗なことか...と驚いたのを今でもはっきりと覚えている。
それから15年ほど経過。
いまでは貫禄もついて、凄味さえ感じる名優となった。

結局このレビューも、ベニチオ・デル・トロ一人に関して...で終わった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

蛇の首を潰しても新たな首が出てくる・・・。

投稿日:2020/05/06 レビュアー:払釣込足

ストーリーの核心となるメキシコ・カルテルって?フアレスってどういうところ?検索するとありました、かつては世界No.1の危険地帯!今はNo.2になっているらしい。(メキシコって危ないんか?)何故そんな地域になったのか其処で何があったのか過去の事象をネットでググッてみると、なんとも常軌を逸していることか・・・・唖然とします。

そもそもそんな危うく怪しい連中が蠢く魑魅魍魎たる場所へCIAのサンダルオッサン(ジョシュ・ブローリン)に巧妙にリクルートされるFBI捜査官ケイトを演ずる(エミリー・ブラント)でありますが、いくら捜査現場のスキルが高く気丈な彼女でも常軌を逸した行動を幾度となく目の当たりにすれば、善悪の境目がわからぬほど心が壊れていくのは当然ですよね。でこの作品を最も際立たせているのがベニチオ・デル・トロの存在感です。
本編をじっくり鑑賞すれば凄いなぁ〜と感じるはずです。
ラスト近くのデル・トロと彼女との遣り取りのシーンなんかは怖すぎ痛すぎ感あり。

冒頭から張りつめた感のあるシーンのショット、不安を募らせる不快なBGM・・・
で、いきなりのアレとエグさで一気に集中度が上がる。上空からの国境付近の俯瞰的な映像から一転し高速で移動するSUVの車列に焦点を合わせる映像では、今から何かが起こるんじゃないかと緊張感を匂わせる。その後も緊張と緊張の連続、会話すら(台詞の一言・一言、後に重要となってくる)聞き逃すまいと必死。となるとな〜んか疲れると思われますが、前振りはちゃんとされているので不要な緊張感で疲れることは無いと思います。
登場人物の信憑性、突入作戦が始まってからの暗視ゴーグルを通して撮影されたかのような映像や上空からの熱赤外線映像、トンネル内では映像に加えて心拍数が高まっていくかのような本編に何かが起きるときに度々流れる不協和音の広がりが終始緊張感のある映像でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

何がボーダーライン!?

投稿日:2020/03/09 レビュアー:匿名のとく子

先輩に教わる気が無いの、男なら青二才で終わり

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

タイトルに問題あり

投稿日:2019/05/06 レビュアー:icy

つーか、日本語のタイトル間違いでしょ。原題はメキシコの言葉ではヒットマン、暗殺者を意味するようで(映画の冒頭に解説文が出る)、どう考えてもエミリー・ブラントが主役じゃないでしょ。彼女にしても、主役っぽく作られている(エンドロールの最初に名前が出る)のに実質的に主役じゃないという、こんな意味不明な役では可哀想すぎるでしょ。ボーダーラインを意識させるような話じゃないし。善悪のボーダーとか、法手続きの一線とか、そんなの物語の中では二次的な話でしかないし。
それでも、麻薬戦争の緊張感はそれなりに味わうことができます。音楽の効果も悪くないし。まあ、ウィンズロウの「犬の力」とか読むと、この映画のシーンなんかとても平和的に見えてしまいますけどね。そういう意味ではアクション・サスペンスの要素を評価するなら物足りないということになってしまいます。
覚せい剤のようなものを除いて、麻薬を減らしたければ合法にするしかないでしょうね。市場原理は完璧ではないけど、人の欲に忠実で圧倒的に効果的な成果をもたらすという事実は認識すべきで、これこそ市場原理に任せて解決すべきとこですね。まあ、そんなことしようとしたら家族全員文字にするのもおぞましい最期を迎えることになりますけどね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

3.5

投稿日:2019/02/10 レビュアー:ぱるお

3.5

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全40件

ボーダーライン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:40件

ベニチオ・デル・トロ

投稿日

2016/10/12

レビュアー

趣味は洋画

この映画を支配しているのは、ベニチオ・デル・トロ。
不気味な謎のコロンビア人に扮しているが、彼はこういった役がピッタリだ。

最初からベニチオ・デル・トロについて記してみようと思う。
1967年2月19日、プエルト・リコ生まれの49歳。
彼を一躍有名にしたのは、95年「ユージュアル・サスペクツ」(ブライアン・シンガー監督)での犯罪者フェンスター役だった。
勿論、それまでにも89年「007/消されたライセンス」(ジョン・グレン監督)、92年「1492・コロンブス」(リドリー・スコット監督)、93年「フィアレス」(ピーター・ウィアー監督)、94年「チャイナ・ムーン」(ジョン・ベイリー監督)などの作品に出ていたのだが、あまり印象に残っていない。
「ユージュアル...」以降の活躍はいうまでもなく、数々の話題作に出演している。

本作に似通った作品として、00年「トラフィック」(スティーヴン・ソダーバーグ監督)がある。
ベニチオ・デル・トロは、メキシコとアメリカを結ぶ巨大麻薬ルートに関わる捜査に挑む、メキシコ州警察の警察官ロドリゲスに扮していた。

アメリカもメキシコも明るく陽気な国ではあるが、両国に限らず、裏社会が現存しているのも事実。
ただ、麻薬カルテルとなると、その闇の深さは計り知れず、本作で描かれている内容が、実態以下なのか実態以上なのかは不明だ。
そういった「闇」の一部分を描く映画には、ベニチオ・デル・トロの存在感は群を抜いているのだろう。

また「トラフィック」の話題に戻るが、ベニチオ・デル・トロは同作でアカデミー助演男優賞を受賞した。授賞式の模様を観たとき、彼の目(瞳)のなんと綺麗なことか...と驚いたのを今でもはっきりと覚えている。
それから15年ほど経過。
いまでは貫禄もついて、凄味さえ感じる名優となった。

結局このレビューも、ベニチオ・デル・トロ一人に関して...で終わった。

蛇の首を潰しても新たな首が出てくる・・・。

投稿日

2020/05/06

レビュアー

払釣込足

ストーリーの核心となるメキシコ・カルテルって?フアレスってどういうところ?検索するとありました、かつては世界No.1の危険地帯!今はNo.2になっているらしい。(メキシコって危ないんか?)何故そんな地域になったのか其処で何があったのか過去の事象をネットでググッてみると、なんとも常軌を逸していることか・・・・唖然とします。

そもそもそんな危うく怪しい連中が蠢く魑魅魍魎たる場所へCIAのサンダルオッサン(ジョシュ・ブローリン)に巧妙にリクルートされるFBI捜査官ケイトを演ずる(エミリー・ブラント)でありますが、いくら捜査現場のスキルが高く気丈な彼女でも常軌を逸した行動を幾度となく目の当たりにすれば、善悪の境目がわからぬほど心が壊れていくのは当然ですよね。でこの作品を最も際立たせているのがベニチオ・デル・トロの存在感です。
本編をじっくり鑑賞すれば凄いなぁ〜と感じるはずです。
ラスト近くのデル・トロと彼女との遣り取りのシーンなんかは怖すぎ痛すぎ感あり。

冒頭から張りつめた感のあるシーンのショット、不安を募らせる不快なBGM・・・
で、いきなりのアレとエグさで一気に集中度が上がる。上空からの国境付近の俯瞰的な映像から一転し高速で移動するSUVの車列に焦点を合わせる映像では、今から何かが起こるんじゃないかと緊張感を匂わせる。その後も緊張と緊張の連続、会話すら(台詞の一言・一言、後に重要となってくる)聞き逃すまいと必死。となるとな〜んか疲れると思われますが、前振りはちゃんとされているので不要な緊張感で疲れることは無いと思います。
登場人物の信憑性、突入作戦が始まってからの暗視ゴーグルを通して撮影されたかのような映像や上空からの熱赤外線映像、トンネル内では映像に加えて心拍数が高まっていくかのような本編に何かが起きるときに度々流れる不協和音の広がりが終始緊張感のある映像でした。

何がボーダーライン!?

投稿日

2020/03/09

レビュアー

匿名のとく子

先輩に教わる気が無いの、男なら青二才で終わり

タイトルに問題あり

投稿日

2019/05/06

レビュアー

icy

つーか、日本語のタイトル間違いでしょ。原題はメキシコの言葉ではヒットマン、暗殺者を意味するようで(映画の冒頭に解説文が出る)、どう考えてもエミリー・ブラントが主役じゃないでしょ。彼女にしても、主役っぽく作られている(エンドロールの最初に名前が出る)のに実質的に主役じゃないという、こんな意味不明な役では可哀想すぎるでしょ。ボーダーラインを意識させるような話じゃないし。善悪のボーダーとか、法手続きの一線とか、そんなの物語の中では二次的な話でしかないし。
それでも、麻薬戦争の緊張感はそれなりに味わうことができます。音楽の効果も悪くないし。まあ、ウィンズロウの「犬の力」とか読むと、この映画のシーンなんかとても平和的に見えてしまいますけどね。そういう意味ではアクション・サスペンスの要素を評価するなら物足りないということになってしまいます。
覚せい剤のようなものを除いて、麻薬を減らしたければ合法にするしかないでしょうね。市場原理は完璧ではないけど、人の欲に忠実で圧倒的に効果的な成果をもたらすという事実は認識すべきで、これこそ市場原理に任せて解決すべきとこですね。まあ、そんなことしようとしたら家族全員文字にするのもおぞましい最期を迎えることになりますけどね。

3.5

投稿日

2019/02/10

レビュアー

ぱるお

3.5

16〜 20件 / 全40件

同シリーズ作品を借りる