バケモノの子

バケモノの子の画像・ジャケット写真

バケモノの子
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

43

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「バケモノの子」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

『おおかみこどもの雨と雪』の細田守監督が人間界とバケモノ界がパラレルに存在する世界を舞台に描いた冒険活劇アニメ。ある日、バケモノ界に迷い込んだ人間界の少年はバケモノの熊徹と出会う。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった。

「バケモノの子」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: 日本
原題: The Boy and The Beast

「バケモノの子」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

原作: 細田守
音楽: 高木正勝

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全43件

声優陣がすごい!!

投稿日:2016/03/05 レビュアー:iguana

最初タイトルを見たときジブリの焼き直し的な作品を想像していたが、かき消された。
内容的には、細田さんの、作品のメインテーマになってる思われる愛情というキーポイントで、今回は師弟愛と、友情、そして父性愛。詰め込みすぎるストーリーとはいえ、それらのポイントが良く描かれてると思う。それと、感動したのが声優陣。特に主役の役所広司、キャラクター自体もモデルにして描いたのかなーと思う位はまっていた。昔、役所さんが主演した、ドラマ”三匹が斬る”の千石そのものだ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

良いです。

投稿日:2016/03/01 レビュアー:CLIMBER

ジブリが開店休業状態の今、かつてのジブリ作品の役割を担っている感のある細田守作品。大いに期待しての鑑賞。

いや、さすがの絵作り、子供にも大人にも伝わる、わかりやすく、かつ深いストーリー。素晴らしいです。
豪華声優陣の出来も文句なし。単に話題づくりでの起用ではなく、ちゃんとキャラにあった声でした。特に役所広司、旨すぎです。

(ちょっと気になったのは、登場人物たちのセリフが、皆が皆、語りすぎな点。本来心の声であるはずの言葉まで、口に出してしまっている。「あ、消えた.....」とか、絵観てりゃわかるって。より多くの人に伝えたいという気持ちはわかるけど、もうちょっと観客の目を信頼してもいいんじゃないかな?)

個人的に細田守作品で好きなのは「サマーウォーズ」>「おおかみこどもの雨と雪」>「バケモノの子」>「時をかける少女」って感じです。
ネット上で細田守作品に批判的な意見もチラホラ見かけますが、自分としてはこの監督、断然支持します。これからの日本アニメ界を背負っていく人だと期待してます。

今後も、どんどん作ってください( `ー´)ノ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

★チェック

投稿日:2019/01/15 レビュアー:★チェック

★チェック

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

親子の絆

投稿日:2018/06/03 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 とりあえずキャストは無視。

 わりと暗い展開から始まったのですが、あのハチャメチャぶりに熱くなっていきました。
 純粋だね、みんな。

 一郎彦は最初から怪しげでしたが、やっぱりなにかありましたね。


 騒動の結末があんな展開でよかったのかはわかりませんが、納得はしづらいですね。
 熊徹の熱い生き様を九太(蓮)は引き継いでいくんでしょうね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

共感できるところがいっぱいある

投稿日:2018/03/20 レビュアー:tao

この先どこかで
出会があり恩もある

友と呼べる
二人の父がいる

レンタルだから
お気軽にお手軽にご拝聴ください

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全43件

バケモノの子

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:43件

声優陣がすごい!!

投稿日

2016/03/05

レビュアー

iguana

最初タイトルを見たときジブリの焼き直し的な作品を想像していたが、かき消された。
内容的には、細田さんの、作品のメインテーマになってる思われる愛情というキーポイントで、今回は師弟愛と、友情、そして父性愛。詰め込みすぎるストーリーとはいえ、それらのポイントが良く描かれてると思う。それと、感動したのが声優陣。特に主役の役所広司、キャラクター自体もモデルにして描いたのかなーと思う位はまっていた。昔、役所さんが主演した、ドラマ”三匹が斬る”の千石そのものだ。

良いです。

投稿日

2016/03/01

レビュアー

CLIMBER

ジブリが開店休業状態の今、かつてのジブリ作品の役割を担っている感のある細田守作品。大いに期待しての鑑賞。

いや、さすがの絵作り、子供にも大人にも伝わる、わかりやすく、かつ深いストーリー。素晴らしいです。
豪華声優陣の出来も文句なし。単に話題づくりでの起用ではなく、ちゃんとキャラにあった声でした。特に役所広司、旨すぎです。

(ちょっと気になったのは、登場人物たちのセリフが、皆が皆、語りすぎな点。本来心の声であるはずの言葉まで、口に出してしまっている。「あ、消えた.....」とか、絵観てりゃわかるって。より多くの人に伝えたいという気持ちはわかるけど、もうちょっと観客の目を信頼してもいいんじゃないかな?)

個人的に細田守作品で好きなのは「サマーウォーズ」>「おおかみこどもの雨と雪」>「バケモノの子」>「時をかける少女」って感じです。
ネット上で細田守作品に批判的な意見もチラホラ見かけますが、自分としてはこの監督、断然支持します。これからの日本アニメ界を背負っていく人だと期待してます。

今後も、どんどん作ってください( `ー´)ノ

★チェック

投稿日

2019/01/15

レビュアー

★チェック

★チェック

親子の絆

投稿日

2018/06/03

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 とりあえずキャストは無視。

 わりと暗い展開から始まったのですが、あのハチャメチャぶりに熱くなっていきました。
 純粋だね、みんな。

 一郎彦は最初から怪しげでしたが、やっぱりなにかありましたね。


 騒動の結末があんな展開でよかったのかはわかりませんが、納得はしづらいですね。
 熊徹の熱い生き様を九太(蓮)は引き継いでいくんでしょうね。

共感できるところがいっぱいある

投稿日

2018/03/20

レビュアー

tao

この先どこかで
出会があり恩もある

友と呼べる
二人の父がいる

レンタルだから
お気軽にお手軽にご拝聴ください

16〜 20件 / 全43件