her/世界でひとつの彼女

her/世界でひとつの彼女の画像・ジャケット写真

her/世界でひとつの彼女 / ホアキン・フェニックス

全体の平均評価点:(5点満点)

40

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

ジャンル :

「her/世界でひとつの彼女」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

「マルコヴィッチの穴」「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督が「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスを主演に迎えて贈る異色ラブ・ストーリー。コンピュータがさらなる進化を遂げた近未来を舞台に、傷心の作家が女性の人格を有した人工知能(AI)型オペレーティング・システム(OS)と心を通わせ、本気で恋に落ちていく切なくも愛おしい姿を描く。共演はエイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド。そして主人公が恋に落ちるOS“サマンサ”の声でスカーレット・ヨハンソン。そう遠くない未来のロサンゼルス。他人に代わってその相手への想いを手紙に綴る“代筆ライター”のセオドア。仕事は順調だったが、その一方で離婚調停中の妻キャサリンとの思い出を、別れて1年経った今も断ち切れないでいた。そんなある日、最新式のAI型OS“OS1”の広告を目にしたセオドアはさっそく自宅のPCに取り込むことに。すると起動した画面の奥から聞こえたのは、“サマンサ”と名乗る女性の声。それは無機質で事務的なAIとは思えないほどユーモラスかつセクシーで、バイタリティーに満ち溢れる人間のようだった。サマンサをすぐに気に入ったセオドアは携帯端末にも彼女をインストール。こうして常に一緒のふたりは新鮮で刺激的な日々を過ごし、いつしか恋に落ちていく。

「her/世界でひとつの彼女」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: HER
受賞記録: 2013年 アカデミー賞 脚本賞
2013年 ゴールデン・グローブ 脚本賞
2013年 LA批評家協会賞 作品賞

「her/世界でひとつの彼女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

俺たちスーパーマジシャン

アメリカン・パイパイ ようこそ美乳天国へ

ナイト ミュージアム2

憧れのウェディング・ベル

ユーザーレビュー:40件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全40件

カーナビの 声に恋する のび太さん?

投稿日:2014/12/19 レビュアー:Toma

これ見よがしな大スペクタクルはなくても、設定次第で
低予算で質の良いSF映画は作れるという、見本のような作品。

その意味では、古くはトリュフォーの『華氏451』、
最近では『わたしを離さないで』など、近未来映画の
お気に入りリストに加えたくなった。

近未来版手紙代筆業の男が、ハートフルな手紙を朗々と唄い
プリンターから紡ぎだす冒頭のシーンで、グイッと引き込まれる。

そうだ、スパイク・ジョーンズ。この世界観は、
『マルコヴィッチの穴』や『アダプテーション』で怪気炎を
あげていた頃を思い出させてくれる。
観るまで、スパイク・リーと勘違いしていたことは内緒だ。

人工知能のOSと人間の恋愛。テーマとしては、『メトロポリス』
から脈々と続いてきた、古典的な擬人化恋愛ものか。
だが、この〈彼女〉は、3次元の姿態はおろか、2次元の顔
さえみせず、終始、ハスキーな声しか登場させない徹底ぶり。

スカーレット・ヨハンソンの声だと後で知ったけれど、
何も重ね合わせる画面上の動きがいない中での声優仕事とは
思えぬ存在感。

そして、主人公の離婚危機迫るロマンティストな代筆業者、
ホアキン・フェニックス。こういう役もできるんだわ、さすが。

スマホ全盛の現代では、OSの〈彼女〉も加えたダブルデート
など、もはや技術的・心情的に現実として受け入れられつつある
に違いない。

近未来のLAの高層ビル街(どこか上海っぽいぞ)を、今日も
無数の市民たちがOSと楽しそうに会話しながら歩いている。

〈彼女〉が、彼には理解できない「非言語」で、男性人格のOS仲間と
コミュニケーションをとるところなんか、男としては切ない。

ところで、『彼女』の助けで代筆の手紙集が出版されちゃうのは、
依頼人にとっては、まずいのではないか。そこだけが気になる。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

傷心男とOSの恋の物語

投稿日:2014/12/11 レビュアー:パイソン

傷心男とOSの恋の物語
なんか不思議な感じ〜

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

rr

投稿日:2014/11/05 レビュアー:エロエロ大魔神

ゲイ?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

代書屋も人工知能も似たようなもんって言いたいのか

投稿日:2017/06/21 レビュアー:Yohey

ホアキン・フェニックスのほぼ一人劇です。近未来が舞台でして、文才のある彼は代書屋をやっている。そんな彼が、より人間的に進化するAIとの生活を楽しむって話。

はっきり言っておもんない。描かれている世界はもしかしたらホアキンの脳内で描かれているだけなのかも、っていう示唆もあったりするんですがね。結局グダグダになりながら最後、うまいこと終わらせていきます。

AIが進化すれば、メールだって音声だって、さも人がいるように作り出せることができる。リアルだけしか人の優位点はないって感じの話でしたね。そのリアルも主人公がやってる代書屋のように、よりよくみせることだって可能だからなあ。

おもんない話でしたが、色々と考えさせるというか、ほぼそんな世界になりつつあるので、そこだけは面白く感じました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

切ない現実逃避 ネタバレ

投稿日:2016/02/13 レビュアー:Jigsawkiller

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

俺がこの作品と出逢ったのはかなり後でした。偶然目にして某サイトで無料で観ました。心理を知りたくてまず吹替、リアルなボイスで会話を感じたくて次に字幕。
〜の役の◯◯がどうだとかは、多くの人達がレビューしてるし飽きたので割愛。むしろ俺にはそういうのどうでもよかった。

この作品で強く感じたのは「真に共感し合える存在」が傍にいますか?って事。それは親兄弟でも友人でも恋人でも同僚でも上司でも。技術が驚愕的に進化し発達した現代社会において、当たり前の様にスマホやタブレットを操り、手を付けない事が時代の遅れの様にLINEや定番アプリを日々覗く。
LINEで友人が100とか200とか居て、それを自慢気に語り、安心する。アドレスに数百件のデータ、それを鼻高々に告げる。

聞きますが、その中で一体何人の人が本物の「友人」?
貴方や貴女が窮地に陥った時、なりふり構わず駆けつけてくれるのは何人?
「変換」機能がないと漢字も解らない。
ナビがないと目的地にさえ辿り着けない。

この作品を観て「キモい」と感じた奴らに限ってそんな感じ。自論だが。相手の真意、相手の悲痛…そんな事を何も感じ取れない寂しい人間。

何が言いたいかと言えば、当たり前の様に存在するすぐ傍の人を大切にしてあげて下さいって事。
何気ない一言が、何気ない態度が、相手を自暴自棄に追い込む。一度追い込まれた人間は、外の世界に踏み出さなければならない一歩を酷く躊躇ってしまう。自責し、温もりを欲し、優しさを求める。

OSと恋に落ちた非現実なストーリー。
人間より温かかったOSだから恋に落ちた切なく哀しいストーリー。

俺はそう思いました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全40件

her/世界でひとつの彼女

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:40件

カーナビの 声に恋する のび太さん?

投稿日

2014/12/19

レビュアー

Toma

これ見よがしな大スペクタクルはなくても、設定次第で
低予算で質の良いSF映画は作れるという、見本のような作品。

その意味では、古くはトリュフォーの『華氏451』、
最近では『わたしを離さないで』など、近未来映画の
お気に入りリストに加えたくなった。

近未来版手紙代筆業の男が、ハートフルな手紙を朗々と唄い
プリンターから紡ぎだす冒頭のシーンで、グイッと引き込まれる。

そうだ、スパイク・ジョーンズ。この世界観は、
『マルコヴィッチの穴』や『アダプテーション』で怪気炎を
あげていた頃を思い出させてくれる。
観るまで、スパイク・リーと勘違いしていたことは内緒だ。

人工知能のOSと人間の恋愛。テーマとしては、『メトロポリス』
から脈々と続いてきた、古典的な擬人化恋愛ものか。
だが、この〈彼女〉は、3次元の姿態はおろか、2次元の顔
さえみせず、終始、ハスキーな声しか登場させない徹底ぶり。

スカーレット・ヨハンソンの声だと後で知ったけれど、
何も重ね合わせる画面上の動きがいない中での声優仕事とは
思えぬ存在感。

そして、主人公の離婚危機迫るロマンティストな代筆業者、
ホアキン・フェニックス。こういう役もできるんだわ、さすが。

スマホ全盛の現代では、OSの〈彼女〉も加えたダブルデート
など、もはや技術的・心情的に現実として受け入れられつつある
に違いない。

近未来のLAの高層ビル街(どこか上海っぽいぞ)を、今日も
無数の市民たちがOSと楽しそうに会話しながら歩いている。

〈彼女〉が、彼には理解できない「非言語」で、男性人格のOS仲間と
コミュニケーションをとるところなんか、男としては切ない。

ところで、『彼女』の助けで代筆の手紙集が出版されちゃうのは、
依頼人にとっては、まずいのではないか。そこだけが気になる。

傷心男とOSの恋の物語

投稿日

2014/12/11

レビュアー

パイソン

傷心男とOSの恋の物語
なんか不思議な感じ〜

rr

投稿日

2014/11/05

レビュアー

エロエロ大魔神

ゲイ?

代書屋も人工知能も似たようなもんって言いたいのか

投稿日

2017/06/21

レビュアー

Yohey

ホアキン・フェニックスのほぼ一人劇です。近未来が舞台でして、文才のある彼は代書屋をやっている。そんな彼が、より人間的に進化するAIとの生活を楽しむって話。

はっきり言っておもんない。描かれている世界はもしかしたらホアキンの脳内で描かれているだけなのかも、っていう示唆もあったりするんですがね。結局グダグダになりながら最後、うまいこと終わらせていきます。

AIが進化すれば、メールだって音声だって、さも人がいるように作り出せることができる。リアルだけしか人の優位点はないって感じの話でしたね。そのリアルも主人公がやってる代書屋のように、よりよくみせることだって可能だからなあ。

おもんない話でしたが、色々と考えさせるというか、ほぼそんな世界になりつつあるので、そこだけは面白く感じました。

切ない現実逃避

投稿日

2016/02/13

レビュアー

Jigsawkiller

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

俺がこの作品と出逢ったのはかなり後でした。偶然目にして某サイトで無料で観ました。心理を知りたくてまず吹替、リアルなボイスで会話を感じたくて次に字幕。
〜の役の◯◯がどうだとかは、多くの人達がレビューしてるし飽きたので割愛。むしろ俺にはそういうのどうでもよかった。

この作品で強く感じたのは「真に共感し合える存在」が傍にいますか?って事。それは親兄弟でも友人でも恋人でも同僚でも上司でも。技術が驚愕的に進化し発達した現代社会において、当たり前の様にスマホやタブレットを操り、手を付けない事が時代の遅れの様にLINEや定番アプリを日々覗く。
LINEで友人が100とか200とか居て、それを自慢気に語り、安心する。アドレスに数百件のデータ、それを鼻高々に告げる。

聞きますが、その中で一体何人の人が本物の「友人」?
貴方や貴女が窮地に陥った時、なりふり構わず駆けつけてくれるのは何人?
「変換」機能がないと漢字も解らない。
ナビがないと目的地にさえ辿り着けない。

この作品を観て「キモい」と感じた奴らに限ってそんな感じ。自論だが。相手の真意、相手の悲痛…そんな事を何も感じ取れない寂しい人間。

何が言いたいかと言えば、当たり前の様に存在するすぐ傍の人を大切にしてあげて下さいって事。
何気ない一言が、何気ない態度が、相手を自暴自棄に追い込む。一度追い込まれた人間は、外の世界に踏み出さなければならない一歩を酷く躊躇ってしまう。自責し、温もりを欲し、優しさを求める。

OSと恋に落ちた非現実なストーリー。
人間より温かかったOSだから恋に落ちた切なく哀しいストーリー。

俺はそう思いました。

16〜 20件 / 全40件