エンド・オブ・ウォッチ

エンド・オブ・ウォッチの画像・ジャケット写真

エンド・オブ・ウォッチ / ジェイク・ギレンホール

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「エンド・オブ・ウォッチ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

アメリカ国内でもっとも危険なロサンジェルスのサウス・セントラル地区を舞台に、一組のパトロール警官コンビの過酷な日常と強い絆を描いた衝撃のリアル・ポリス・アクション。主演はジェイク・ギレンホールとマイケル・ペーニャ。監督は実際に同地で10代を過ごしたデヴィッド・エアー。LAの一角にある重犯罪多発地区サウス・セントラル。その中でも特に危険なニュートン地区で巡回パトロールに当たる白人警官のテイラーとメキシコ系警官のザヴァラ。固い絆で結ばれた2人は、署内でも屈指の検挙率を誇る名コンビ。ある時、台頭するヒスパニック系ギャングの取り締まりに関連して、その背後に潜むメキシコの巨大麻薬カルテルの秘密に触れてしまった2人は、次第にのっぴきならない状況に追い込まれていく。

「エンド・オブ・ウォッチ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: END OF WATCH

「エンド・オブ・ウォッチ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

キル・ポイント

ウォーリアー

チェ・ゲバラ&カストロ

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全25件

警察24時

投稿日:2019/02/03 レビュアー:Eha

警察24時的な映画。
ジェイク・ギレンホール 、
マイケル・ペーニャのコンビだけあって
車内はとても暑苦しい。
汚い言葉も加わって、乗り物酔いしそう。
ストーリーもあるでもなく、
警察のシステムを掘り下げるわけでもない。
手振れのある映像は苦手。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

なんですか!?

投稿日:2015/09/24 レビュアー:poohcyan

つ!つ!つまらんーー;
ここまでつまらない退屈な映画ははじめてです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

警察ものが

投稿日:2015/09/19 レビュアー:poohcyan

何故借りたのか良く覚えていないが・・
自分的には中盤に入るほどつまらなかったが。
俳優さん女優さんの演技や迫力はなかなか良かったのではと夜のロサンジェルスの怖さが良く出ていた。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

L.A.の怖さだけに着目(^◇^;)

投稿日:2014/12/16 レビュアー:カッチン

 L.A.で台頭するヒスパニック系ギャングの怖さに着目しているが…互いに思想や行動がちょっと拙速(^_^;)
 主演のテイラー(ジェイク・ギレンホール)とヴァサラ(マイケル・ペーニャ)は常にふざけながらも、死と隣り合わせの過酷な現場でポリシーと誇りを持って警官のパトロール任務を務めている。家族ぐるみで互いに信用し、功績も挙げている(^-^)
 この映画は…そのパートナーの友情とL.A.サウス・セントラル地区のギャングの怖さを対比して、長々と同じ展開で進んでいくので個人的には鑑賞後の爽快さはほとんど感じなかった。。。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ある警官たちの日常 ネタバレ

投稿日:2014/10/27 レビュアー:おがじぇい

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

そして、壮絶な死
映像展開がドキュメンタリー風の映像で斬新。
二人の主人公は見るほどに感情移入できるようになっていく。
メキシカンギャングがただ単なる悪の塊として描かれているのが違和感を感じなくもないが、、、、
LAの警察のアピール映画の用でもあり、壮絶なドキュメンタリーとして受け止められなくもない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全25件

エンド・オブ・ウォッチ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

警察24時

投稿日

2019/02/03

レビュアー

Eha

警察24時的な映画。
ジェイク・ギレンホール 、
マイケル・ペーニャのコンビだけあって
車内はとても暑苦しい。
汚い言葉も加わって、乗り物酔いしそう。
ストーリーもあるでもなく、
警察のシステムを掘り下げるわけでもない。
手振れのある映像は苦手。

なんですか!?

投稿日

2015/09/24

レビュアー

poohcyan

つ!つ!つまらんーー;
ここまでつまらない退屈な映画ははじめてです。

警察ものが

投稿日

2015/09/19

レビュアー

poohcyan

何故借りたのか良く覚えていないが・・
自分的には中盤に入るほどつまらなかったが。
俳優さん女優さんの演技や迫力はなかなか良かったのではと夜のロサンジェルスの怖さが良く出ていた。

L.A.の怖さだけに着目(^◇^;)

投稿日

2014/12/16

レビュアー

カッチン

 L.A.で台頭するヒスパニック系ギャングの怖さに着目しているが…互いに思想や行動がちょっと拙速(^_^;)
 主演のテイラー(ジェイク・ギレンホール)とヴァサラ(マイケル・ペーニャ)は常にふざけながらも、死と隣り合わせの過酷な現場でポリシーと誇りを持って警官のパトロール任務を務めている。家族ぐるみで互いに信用し、功績も挙げている(^-^)
 この映画は…そのパートナーの友情とL.A.サウス・セントラル地区のギャングの怖さを対比して、長々と同じ展開で進んでいくので個人的には鑑賞後の爽快さはほとんど感じなかった。。。

ある警官たちの日常

投稿日

2014/10/27

レビュアー

おがじぇい

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

そして、壮絶な死
映像展開がドキュメンタリー風の映像で斬新。
二人の主人公は見るほどに感情移入できるようになっていく。
メキシカンギャングがただ単なる悪の塊として描かれているのが違和感を感じなくもないが、、、、
LAの警察のアピール映画の用でもあり、壮絶なドキュメンタリーとして受け止められなくもない。

16〜 20件 / 全25件