リンカーン

リンカーンの画像・ジャケット写真
リンカーン / ダニエル・デイ=ルイス
全体の平均評価点:
(5点満点)

47

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リンカーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」の巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、“アメリカ史上最も愛された大統領”エイブラハム・リンカーンの偉大な足跡を映画化した感動の伝記ドラマ。国が大きく分断された過酷な状況において、リンカーンはいかにして奴隷解放という大いなる目的を達成するに至ったのか、その知られざる政治の舞台裏を、理想のリーダー像という視点から丁寧に描き出していく。主演は本作の演技で「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に続いて、みごと3度目のアカデミー主演男優賞に輝いた名優ダニエル・デイ=ルイス。共演はサリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ。

「リンカーン」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: LINCOLN

「リンカーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リンカーンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR55487 2013年09月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
166枚 10人 7人

【Blu-ray】リンカーン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR55487 2013年09月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
55枚 4人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全47件

すごくいい映画です

投稿日:2017/04/15 レビュアー:ダイアー教授

遅ればせながら観ました!

スピルバーグ=USJ=楽しい映画を作るおじさん
かも知れませんが、
この映画にはトラックも宇宙人もサメも内臓も出ません!
地味な長い映画ですが、面白くてあっという間に感じます。

リンカーンって人類の英雄が何をしたか?
教科書に載ってることはみんな知ってますが、
載ってないとこで何をやってたのか?
それが描かれてます!

何をやるにもそうかもしれませんが、
自分の理想を通すにも「根回し」ってやつが大事なんだな…
と思いました。
同胞の団結は強化!敵対勢力は懐柔!
※『仁義なき戦い』でも言ってますが、知らん仏より知っとる鬼の方がマシなのでしょうね…
負けるやつも、ちゃんと顔を立てなければダメなんです…

社員を奴隷扱いするワンマン社長や暴力と恐怖にうったえるテロリストたちに、
みならって欲しいですね!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

平等とは?自由とは?ネタバレ

投稿日:2016/10/20 レビュアー:bell

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 議会政治の仕組みの知識はないが、リンカーンが立派なアメリカ大統領だったことはすでに小学生のときに本で読んだことがある。ただそれだけの知識だが、議会で憲法修正を可決するまでの議員のやりとりは大変に興味深いものがあった。
 とくに共和党議員タデウス・スティーブンス(トミー・リー・ジョーンズ)の言葉に共感した。「法の下の平等」である。そもそも人間の平等などというのはあり得ないわけだが、しかし人民である限り社会的平等は保障されなければならない。これが重要だと思う。
 現代でもこのことを混合してなんでも平等を主張したがるのに私は違和感を持つ。おりしも人間不要論をぶちまけて猟奇的殺人が勃発する昨今、平等とは何かを考えるきっかけになるだろう。
 また自由の闘いの先に、何があるのか?自由が何をもたらすのか。黒人女性の問いには、「自由」そのものへの不安が感じられる。「自由」という言葉に私たちは知らずに巻き込まれてしまいそうになる。
 本作はリンカーンの自伝にしては、リンカーンの影が薄く、むしろ奥さんやその息子たち、また議員たちなど周辺の人物が錯綜して進んでいく。だから小学生のときから感じていた、毅然とした大統領というイメージはなく、苦悩に満ちた人物像が浮き上がる。また比喩を用いた弁舌も巧みで、その辺でユニーク且つ親しみやすい人間味も感じられた。リンカーンをさらに知りたくなるような映画だった。★★★★★

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

中盤にかけての睡魔を克服すれば...

投稿日:2016/05/29 レビュアー:趣味は洋画

中盤にかけての睡魔を克服すれば、何とかゴールに辿りつける...そんな印象です。
公開当時、アカデミー賞関連で話題沸騰の大作(?)ではありましたが、オスカーは「アルゴ」にもっていかれましたね。

しかしこの映画、いろいろ考えさせられる作品でもありました。
「同じものと等しいものは、互いに等しい」...続いて、「それは調和であり、公平であり、正義だ」...はたまた、「人間は皆、すべてにおいて平等か? 法の前では平等である」
作品の中で語られる台詞(あえて、言葉と言える)の数々...

戦争終結か、奴隷制度廃止か、二者択一以外に道はないのか。
国務長官を介しての議会工作や、共和党による民主党議員の切り崩し、票の取りまとめ、そして多数派工作...おやおや、どこかの国で、今も似たような現象を見聞きする。

いつの時代にも謀略があり、愚策がまかり通っていた...
そして、その愚策によって、国の平和と民の幸福が一時でも保たれていたという皮肉...
当然のことながら、長くは続かないが、また歴史は繰り返されるという現実...
映画の冒頭、黒人兵士の伍長が言ったセリフが、最後まで心に響いていました。
リンカーンの話した言葉を、「黒人兵士」は覚えていたのですね。

第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーン(1809〜1865)。
微かな記憶では、小学校の図書館にあった伝記小説を読んだ覚えがあります。
今ではネットで簡単に調べることができますが、やはり本や映画に触れると、まったく別物の感じがします。
そのリンカーンをダニエル・デイ=ルイスが、‘うり二つ’のメイクで演じ切っています。
拳を握った両手を、両膝の上におき、首(こうべ)を垂れて考え込む...
静かな語り口、優しい瞳の中にも、ときに鋭く光る眼光、寂しげな後姿...

「アメリカ史上最も愛された大統領」のようですが、「アメリカ史上、最初の暗殺された大統領」でもありました。

それにしても、トミー・リー・ジョーンズの「かつら」は、時代を反映して、わざと不出来にみせているのでしょうか(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

勉強になりました

投稿日:2014/05/19 レビュアー:スヌーピー

正直南北戦争や奴隷制度廃止とか名前は聞いたことがあってもどういう時代背景でリンカーン大統領がどんな人なのかはほとんど知らなかったのですごく勉強になりました。こういう人物だったのだなと初めて知りました。強い信念のもとでもすごい心の広い人で腰の低い人だなと思いました。誰に対しても偏見の目で見ないところがさすがだなと思いました。でも、一方で普通の父親の姿も見れて良かったです。お子さんを亡くしていたことも初めて知ったし、奥さんや一番上の息子さんとの関係も初めて知りました。

政治家同士の駆け引きやそれぞれの思いも丁寧に描かれていて内容は濃かった気がします。ただセリフが早くて読むのが遅い私は理解するのが遅くて途中何度も巻き戻ししました。リンカーンの人物の人柄は本当に素敵で感動しました。演じていたダニエルさんの見た目は本人かなと思うほど似てました。暗殺されるのは知っていたけどやはりかわいそうでした。やっとだったににと思いました。
最初は結構難しいかなと思って私の頭で理解できるか不安だったけど理解出来て良かったです。すごく勉強になりました。派手さはないけどすごく丁寧に作られてる映画だなと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

奴隷解放宣言の真実

投稿日:2014/04/22 レビュアー:じゃじゃまる

学校では、南北戦争で、リンカーンが奴隷制度を廃止して、、でおわり。

しかし、実際には、南部の大反対があって、いろいろな駆け引きがあって、どんな手を使ってでも、水面下で票をふやしてと、結構生々しい映画でした。

リンカーンは口がうまかったのね、とか、ほんとに国のことを考えて自分の主張を抑えて、奴隷制度解放に尽力した人がいたとか(ラストのつるっぱげには笑った)

150分と長いので、こりゃ、退屈かも、と思いきや、あらら、、という間に終わってしまいました。

なかなか見ごたえのある映画です。
でも少し、難しいかな?
悩めるアメリカ、の映画ですね。

「大統領の執事の涙」では、19060年代には、まだ、アメリカ南部では、白人と有色人種はレストランで座る場所も、使うトイレも手洗い場も分けられていたそうです。

根本的な差別撤廃はなかなか難しいんですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全47件

リンカーン