ヒートの画像・ジャケット写真

ヒート / アル・パチーノ

全体の平均評価点:(5点満点)

94

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ヒート」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

犯罪のプロフェッショナル、ニール・マッコーリーは、クリス、チェリト等と現金輸送車を襲い有価証券を奪う。捜査にあたるロス市警のヴィンセント・ハナは、少ない手掛かりから次第にマッコーリー達へ近づいていく。マッコーリーは本屋の店員イーディと出逢い、次の銀行強盗を最後に堅気の暮らしに入ろうと決意していた。やがて決行の時、タレ込みを受け現場に駆けつけたハナ達と、マッコーリー一味は、壮絶な銃撃戦を繰り広げるのだった……。

「ヒート」 の作品情報

作品情報

製作年:

1995年

製作国:

アメリカ

原題:

HEAT

「ヒート」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

キャスパー

美しい人

恋に落ちたら…

ラスト・オブ・モヒカン

ユーザーレビュー:94件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全94件

プロがプロを知る

投稿日:2011/06/08 レビュアー:こうさま

評価87点(100点満点)
1995年の作品だからアル・パチーノが55歳ぐらいの時、ロバート・デ・ニーロとゴッドファーザー以来の共演で流石に面白い、3時間近い長編だが時間を感じさせない。
それにしてもあちらの強盗団の手口は派手ですなぁ。超大型トレーラーで体当たりして輸送車ごとひっくり返してしまうという手口、冒頭からパンチ一発みたいな流れ。ニールを頭にする強盗団はまさにプロフエッショナル集団、そしてヤマを計画しきっちり手数料を取る黒幕が存在しているのだ。アメリカの犯罪映画にはよく出てくるパターンだ。対してLA警察ヴィンセント警部補、こちらは犯罪を阻止するプロなのだ。プロ対プロ、虚々実々のせめぎあいが実に面白い。ある意味ではどちらも仕事に憑かれた男達なのだ。ニールは言う「ヤバイ時には30秒フラットで高飛びしなきゃならん、そんな人間が係わり合いを持つ者はいない」「俺はそんな奴らを追っている」とヴィンセント。似たもの同志の二人は立場こそ違え私生活というものを封印しているのだ。そんな男が一人の女性に恋をしたり、義理の娘に愛情をみせたりするところが人間臭くてなかなかよい。しかしやはり彼らはプロ中のプロ、お互いに認め合いながらも追う者と追われる者、ラストの対峙シーンはなかなかの迫力と印象的なエンディング。良い作品はやはりいつ見ても面白いということですなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

どうなってんの? ネタバレ

投稿日:2010/07/03 レビュアー:コステロ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いつまで待っても借りられません。
実店にも品揃えされてないし・・・
そんなマイナーな監督でも役者でもないのにね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

数か月も待ちました・・・

投稿日:2009/03/17 レビュアー:さくら

デ・ニーロさんとパチーノさん、すごいですねー、この二人は。
アプローチの取り方がいいので、映画の中に観客を引き込んでしまいますね。
この二人だけで映画が出来てしまいそうな迫力です。

内容は文句無しの一級品です。
文句を言いたいのはDISCASの方です。
これだけの予約者がいながらどうして在庫を増やさないのですかw
いくらなんでも少な過ぎでしょうw

待てないようなら買ってしまっても絶対後悔しませんよ。
でも気長に待ってみる価値もあります(^-^)

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

借りられるまで待つ価値はあります。

投稿日:2008/10/26 レビュアー:靖王

長かった。(このDVDを手にするまでも。)
しかし何より,熱かった。実に熱かった。
思わず,観終わったあとは,心臓がばくばくでまるで隕石のようになりました。

アル・パチーノとロバート・デ・ニーロが対決する作品です。
キャスティングも超豪華。映画ファンなら必見の1枚です。

街中の銃撃戦のリアルさには鳥肌が立ちます。
dtsが楽しめればなおさら良いです。

それぞれの人物の社会的背景も公平に描かれていますから,とてもフェアな感じです。また,是非,2人の関係性にも注目して下さい。

そして24ファンには嬉しい。パーマー大統領やジョージが出てきます。

しかし,どのような人生を歩んだら,悪役の主役格のような人間になれるんだろう?

サービスシーンはありませんがラヴシーン(ベッドシーン含む)は多いです。暴力シーンもやや多いですから,お子様にはあまりおすすめできません。

私的評価:★★★★☆(4点)

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

男の生き様

投稿日:2006/05/11 レビュアー:レビュアー名未設定

2大スターの共演ということで2人の渋い魅力を全面に押し出した映画。一人一人にスポットライトをあてる男の生き様の描き方は普通のアクションとは比べものにならない。デ・ニーロとアル・パチーノの全く対照的な演技にはうならされた。女との複雑な人間関係、圧巻の銃撃シーン、そして哀愁ただようラスト。長いですが自信をもってオススメできます!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全94件

ヒート

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:94件

プロがプロを知る

投稿日

2011/06/08

レビュアー

こうさま

評価87点(100点満点)
1995年の作品だからアル・パチーノが55歳ぐらいの時、ロバート・デ・ニーロとゴッドファーザー以来の共演で流石に面白い、3時間近い長編だが時間を感じさせない。
それにしてもあちらの強盗団の手口は派手ですなぁ。超大型トレーラーで体当たりして輸送車ごとひっくり返してしまうという手口、冒頭からパンチ一発みたいな流れ。ニールを頭にする強盗団はまさにプロフエッショナル集団、そしてヤマを計画しきっちり手数料を取る黒幕が存在しているのだ。アメリカの犯罪映画にはよく出てくるパターンだ。対してLA警察ヴィンセント警部補、こちらは犯罪を阻止するプロなのだ。プロ対プロ、虚々実々のせめぎあいが実に面白い。ある意味ではどちらも仕事に憑かれた男達なのだ。ニールは言う「ヤバイ時には30秒フラットで高飛びしなきゃならん、そんな人間が係わり合いを持つ者はいない」「俺はそんな奴らを追っている」とヴィンセント。似たもの同志の二人は立場こそ違え私生活というものを封印しているのだ。そんな男が一人の女性に恋をしたり、義理の娘に愛情をみせたりするところが人間臭くてなかなかよい。しかしやはり彼らはプロ中のプロ、お互いに認め合いながらも追う者と追われる者、ラストの対峙シーンはなかなかの迫力と印象的なエンディング。良い作品はやはりいつ見ても面白いということですなぁ。

どうなってんの?

投稿日

2010/07/03

レビュアー

コステロ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いつまで待っても借りられません。
実店にも品揃えされてないし・・・
そんなマイナーな監督でも役者でもないのにね。

数か月も待ちました・・・

投稿日

2009/03/17

レビュアー

さくら

デ・ニーロさんとパチーノさん、すごいですねー、この二人は。
アプローチの取り方がいいので、映画の中に観客を引き込んでしまいますね。
この二人だけで映画が出来てしまいそうな迫力です。

内容は文句無しの一級品です。
文句を言いたいのはDISCASの方です。
これだけの予約者がいながらどうして在庫を増やさないのですかw
いくらなんでも少な過ぎでしょうw

待てないようなら買ってしまっても絶対後悔しませんよ。
でも気長に待ってみる価値もあります(^-^)

借りられるまで待つ価値はあります。

投稿日

2008/10/26

レビュアー

靖王

長かった。(このDVDを手にするまでも。)
しかし何より,熱かった。実に熱かった。
思わず,観終わったあとは,心臓がばくばくでまるで隕石のようになりました。

アル・パチーノとロバート・デ・ニーロが対決する作品です。
キャスティングも超豪華。映画ファンなら必見の1枚です。

街中の銃撃戦のリアルさには鳥肌が立ちます。
dtsが楽しめればなおさら良いです。

それぞれの人物の社会的背景も公平に描かれていますから,とてもフェアな感じです。また,是非,2人の関係性にも注目して下さい。

そして24ファンには嬉しい。パーマー大統領やジョージが出てきます。

しかし,どのような人生を歩んだら,悪役の主役格のような人間になれるんだろう?

サービスシーンはありませんがラヴシーン(ベッドシーン含む)は多いです。暴力シーンもやや多いですから,お子様にはあまりおすすめできません。

私的評価:★★★★☆(4点)

男の生き様

投稿日

2006/05/11

レビュアー

レビュアー名未設定

2大スターの共演ということで2人の渋い魅力を全面に押し出した映画。一人一人にスポットライトをあてる男の生き様の描き方は普通のアクションとは比べものにならない。デ・ニーロとアル・パチーノの全く対照的な演技にはうならされた。女との複雑な人間関係、圧巻の銃撃シーン、そして哀愁ただようラスト。長いですが自信をもってオススメできます!

16〜 20件 / 全94件