ガール

ガールの画像・ジャケット写真

ガール / 香里奈

全体の平均評価点:(5点満点)

27

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ガール」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

オフィスで働く30代キャリア女性のリアルな悩みや葛藤をポジティブに描き出した奥田英朗の同名短編集を、香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏の共演で映画化した群像ドラマ。監督は「神様のカルテ」の深川栄洋。29歳独身・由紀子、34歳既婚・聖子、34歳独身・容子、36歳シングルマザー孝子。そんな4人は会社も仕事内容もバラバラなのに、なぜか気の合う親友同士。いつまでも“ガール”を卒業できない30歳目前の由紀子は、ムードゼロの恋人に腹を立て、イベントの企画をめぐってクライアントの堅物女性社員と激しく対立。一方ほかの3人も、年上の男性部下と衝突したり、ひと回りも年下の新入社員に恋したり、仕事も育児も頑張りすぎたりと、それぞれに悩み多き日々を送っているのだが…。

「ガール」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: 日本

「ガール」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

連続ドラマW 希望ヶ丘の人びと

森山中教習所

DOOR TO DOOR 〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜 【ディレクターズカット版】

BORDER ボーダー

ユーザーレビュー:27件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全27件

ガール ネタバレ

投稿日:2014/11/03 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 現代日本のアラサー女性のよくあるというかスタンダードな悩みを描いていて、男性であろうが女性であろうが日本の問題でもあるので共感できる映画で楽しめました。

 29歳でいつまでも可愛い恰好をしていたくて女子でいたい人、年上の男の部下を持つ人、ひとまわり年下の部下に恋した人、シングルマザーで父親としても頑張る人。それぞれを交互に描きつつパン教室とかでお互いのおしゃべりをする。

 いつまでも派手な格好をしていたい香里奈さん演じる女性ですが、別にいつまでも自分の好きな格好をしてもいいとは思いますが。時と場所を考えるのが大人だと思います。そのため、香里奈さんはド派手な格好でプレゼンしますが失敗するのは当然。そこで出てくるのは、みんなから引かれてるけど自分の思い通りに生きる壇れいさん。この人は、ただ好きだけでなくそれを武器として使っているので取引先の部長などと仲良くして仕事をうまいことまわしていく。この対比が面白かったです。

 年上の男が部下を持つ麻生久美子さんですが、その部下を要潤さんが嫌味たっぷりで演じていて、見てて物凄いむかつくヤツで最高でした。けど、こういう人物はデフォルメされているとはいえ、実際いそうです。
 
 ひとまわり年下の部下の男の子に恋をする吉瀬美智子さんですが、家族からもお見合いの話が出たりプレッシャーを受けたりしつつ。年下に恋をするのにふみきれない。このエピソードでよくわからないのは、今の時代、別に仕事しながら恋愛なんてできそうなので今一つわかりにくかったです。それに、これをいっちゃおしまいですが吉瀬美智子さんですもの。美人じゃん。

 板谷由夏さん演じるシングルマザーは、息子がスポーツできないとしり逆上がりやキャッチボールを自分ができないながら頑張って息子に教えようとする。母だけでなく父親の役割も補おうとして常に100%。人間それでは無理が生じることは決まりきっていますが、それでもがんばろうとする。このエピソードは、明確な答えがないまま終わってしまうのでこれもわかりづらかったです。

 クライマックスは、年相応の恰好をするのか好きなファッションのままでいいのか悩む香里奈さんと年下の部下と対決する麻生久美子さんですが。
 今までやられ続けたところで、最後に謝罪させる麻生久美子さんのパートは気持ちよくてよかったですが。香里奈さんのファッションショーのくだりは、香里奈さん自身の変化は特に感じられず、1番の変化は一緒に仕事してた加藤ローサさんが変化しているのであって、外野で眺めていた香里奈さんが何故、ファッションショーを経て、自分の好きな道へ進むと決意したのかがわかりにくいのでイマイチ盛り上がりにくい構成だと思いました。

 とはいえ、今の日本は女性にとってまだまだ生きにくいんだなぁとみることができる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

明日も頑張ろうっと!

投稿日:2013/05/06 レビュアー:ミルフル

楽しませていただきました。
4人の「Girl」s達・・・いやいや加藤ローザを含めて5人かな?!それぞれの対場、環境、年齢でいろんなドラマがある。そんないろんな境遇とが交錯しながら進んでいくストーリー!どうやってエンディングをまとめるのか?そんな小さな不安は、しっかりと払拭してくれました。
男である自分からしても、どの女性もとっても格好良かったです。

みんな「半分はブルーで、半分はピンク」、そんな言葉にも共感。
それから、いいじゃないですかっ、泣いたって!皆、影で泣いて前に進んでいるだから〜
こういった世の中です。自分が納得しなければ、前に進むことはできませんよ。。。
現代では「男社会」という言葉も死語になりつつあるけど、未だに男社会は存在するし、管理職(課長以上)に占める女性の割合は、確か、2〜3%であったと思う。
これからますます多様化した社会となっていくであろうし、女性の登用も叫ばれているけど、そんな社会を考えていく上でも、この映画を観ていて損はないと思った。
いやいや、観ておくべきでしょう?!そんな女性の社会進出に関しても、1つのヒントを与えてくれる作品であると思いました(シングルマザーの親子も出てくるし・・・)。

個人的には、麻生久美子が上司で、要潤が年上の部下を演じた部分。演技派の二人の役者さんには、頭が下りました。激しく同意すること多々あり、映画とは言え、たとえ自分がどちらの立場であったとしても悩み苦しんだことでしょう。本当に上手でした。麻生久美子はまた役の幅が広がった感じですね・・・
それから、これまで吉瀬美智子の演技をじっくり観たことがなかったのですが、今回の役柄には惹かれます・・・いいじゃないですか、ひと回りくらい・・・
とういうことで、何の解決はないものの(誰かも書いていた!)、明日からまた頑張ろうっと「元気」をもらえた作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

キャストが豪華!

投稿日:2013/04/06 レビュアー:miya

そんなめちゃくちゃ面白くもないけど、サクっと観れて楽しい映画だと思います。
個人的には、やっぱり、麻生久美子がかわいくてかっこよくて素晴らしかった!
あと、壇れいのああいう役(ぶっとんでる系)は意外といいなと思いました。

とにかく女子はいくつになっても女子なんです!
そりゃあ現実と向き合わねばならぬ事も多々あるけど、基本はいつまでも夢見る少女。
みんなキラキラ好きですよ、きっとおばーちゃんになっても^^

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

半分ピンクで半分ブルーに共感!

投稿日:2013/03/27 レビュアー:くみ(・o・)

日本版セックスアンドザシティーとか言われていたけど、なんだか、可哀想です。これはこれでひとつの作品であって、題材は似ているかもしれないけれど、比較されたら、そりゃ、規模も予算も違うんだから、可哀想です。ということで、わたしは非常に楽しめました、ガール。今27歳で仕事もしたくて、恋愛もしたくて、結婚もしたくて、子供も産みたくて、もうぐちゃぐちゃな思考で、どうしたらいいか分からないんですが、それをいろいろな年代の女性が表現してくれてます。あ〜なんでもいいんだな〜って思いました。今は女が家庭に入る時代でもないし、旦那だけの稼ぎじゃやってけないし、だから、これっていう型はなくて、どういうスタイルでも生きていく権利があって、だけど、やっぱり女と男は違って、それぞれの得意、不得意がある。それを上手く、考えて自分なりに生きていけばいい。半分がピンクで半分がブルー。どんなに輝いて見える人だって、きっとそうなんだって、勇気が湧いてくる映画できた。そして、私もいつまでもガールでいられるように努力し続けようと思いました。半分ピンクで半分ブルーでいられる人生を目指して。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

まあまあ

投稿日:2013/03/04 レビュアー:egu

原作の奥田英朗の作品は好きで何作か読みました。その中でもガールは良い出来でした。映画はかなり割愛部分が多いですが面白く観ました。出演者が好きな女優ばかりと個人的な好みも大きいですが邦画としては健闘しています

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全27件

ガール

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:27件

ガール

投稿日

2014/11/03

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 現代日本のアラサー女性のよくあるというかスタンダードな悩みを描いていて、男性であろうが女性であろうが日本の問題でもあるので共感できる映画で楽しめました。

 29歳でいつまでも可愛い恰好をしていたくて女子でいたい人、年上の男の部下を持つ人、ひとまわり年下の部下に恋した人、シングルマザーで父親としても頑張る人。それぞれを交互に描きつつパン教室とかでお互いのおしゃべりをする。

 いつまでも派手な格好をしていたい香里奈さん演じる女性ですが、別にいつまでも自分の好きな格好をしてもいいとは思いますが。時と場所を考えるのが大人だと思います。そのため、香里奈さんはド派手な格好でプレゼンしますが失敗するのは当然。そこで出てくるのは、みんなから引かれてるけど自分の思い通りに生きる壇れいさん。この人は、ただ好きだけでなくそれを武器として使っているので取引先の部長などと仲良くして仕事をうまいことまわしていく。この対比が面白かったです。

 年上の男が部下を持つ麻生久美子さんですが、その部下を要潤さんが嫌味たっぷりで演じていて、見てて物凄いむかつくヤツで最高でした。けど、こういう人物はデフォルメされているとはいえ、実際いそうです。
 
 ひとまわり年下の部下の男の子に恋をする吉瀬美智子さんですが、家族からもお見合いの話が出たりプレッシャーを受けたりしつつ。年下に恋をするのにふみきれない。このエピソードでよくわからないのは、今の時代、別に仕事しながら恋愛なんてできそうなので今一つわかりにくかったです。それに、これをいっちゃおしまいですが吉瀬美智子さんですもの。美人じゃん。

 板谷由夏さん演じるシングルマザーは、息子がスポーツできないとしり逆上がりやキャッチボールを自分ができないながら頑張って息子に教えようとする。母だけでなく父親の役割も補おうとして常に100%。人間それでは無理が生じることは決まりきっていますが、それでもがんばろうとする。このエピソードは、明確な答えがないまま終わってしまうのでこれもわかりづらかったです。

 クライマックスは、年相応の恰好をするのか好きなファッションのままでいいのか悩む香里奈さんと年下の部下と対決する麻生久美子さんですが。
 今までやられ続けたところで、最後に謝罪させる麻生久美子さんのパートは気持ちよくてよかったですが。香里奈さんのファッションショーのくだりは、香里奈さん自身の変化は特に感じられず、1番の変化は一緒に仕事してた加藤ローサさんが変化しているのであって、外野で眺めていた香里奈さんが何故、ファッションショーを経て、自分の好きな道へ進むと決意したのかがわかりにくいのでイマイチ盛り上がりにくい構成だと思いました。

 とはいえ、今の日本は女性にとってまだまだ生きにくいんだなぁとみることができる映画でした。

明日も頑張ろうっと!

投稿日

2013/05/06

レビュアー

ミルフル

楽しませていただきました。
4人の「Girl」s達・・・いやいや加藤ローザを含めて5人かな?!それぞれの対場、環境、年齢でいろんなドラマがある。そんないろんな境遇とが交錯しながら進んでいくストーリー!どうやってエンディングをまとめるのか?そんな小さな不安は、しっかりと払拭してくれました。
男である自分からしても、どの女性もとっても格好良かったです。

みんな「半分はブルーで、半分はピンク」、そんな言葉にも共感。
それから、いいじゃないですかっ、泣いたって!皆、影で泣いて前に進んでいるだから〜
こういった世の中です。自分が納得しなければ、前に進むことはできませんよ。。。
現代では「男社会」という言葉も死語になりつつあるけど、未だに男社会は存在するし、管理職(課長以上)に占める女性の割合は、確か、2〜3%であったと思う。
これからますます多様化した社会となっていくであろうし、女性の登用も叫ばれているけど、そんな社会を考えていく上でも、この映画を観ていて損はないと思った。
いやいや、観ておくべきでしょう?!そんな女性の社会進出に関しても、1つのヒントを与えてくれる作品であると思いました(シングルマザーの親子も出てくるし・・・)。

個人的には、麻生久美子が上司で、要潤が年上の部下を演じた部分。演技派の二人の役者さんには、頭が下りました。激しく同意すること多々あり、映画とは言え、たとえ自分がどちらの立場であったとしても悩み苦しんだことでしょう。本当に上手でした。麻生久美子はまた役の幅が広がった感じですね・・・
それから、これまで吉瀬美智子の演技をじっくり観たことがなかったのですが、今回の役柄には惹かれます・・・いいじゃないですか、ひと回りくらい・・・
とういうことで、何の解決はないものの(誰かも書いていた!)、明日からまた頑張ろうっと「元気」をもらえた作品でした。

キャストが豪華!

投稿日

2013/04/06

レビュアー

miya

そんなめちゃくちゃ面白くもないけど、サクっと観れて楽しい映画だと思います。
個人的には、やっぱり、麻生久美子がかわいくてかっこよくて素晴らしかった!
あと、壇れいのああいう役(ぶっとんでる系)は意外といいなと思いました。

とにかく女子はいくつになっても女子なんです!
そりゃあ現実と向き合わねばならぬ事も多々あるけど、基本はいつまでも夢見る少女。
みんなキラキラ好きですよ、きっとおばーちゃんになっても^^

半分ピンクで半分ブルーに共感!

投稿日

2013/03/27

レビュアー

くみ(・o・)

日本版セックスアンドザシティーとか言われていたけど、なんだか、可哀想です。これはこれでひとつの作品であって、題材は似ているかもしれないけれど、比較されたら、そりゃ、規模も予算も違うんだから、可哀想です。ということで、わたしは非常に楽しめました、ガール。今27歳で仕事もしたくて、恋愛もしたくて、結婚もしたくて、子供も産みたくて、もうぐちゃぐちゃな思考で、どうしたらいいか分からないんですが、それをいろいろな年代の女性が表現してくれてます。あ〜なんでもいいんだな〜って思いました。今は女が家庭に入る時代でもないし、旦那だけの稼ぎじゃやってけないし、だから、これっていう型はなくて、どういうスタイルでも生きていく権利があって、だけど、やっぱり女と男は違って、それぞれの得意、不得意がある。それを上手く、考えて自分なりに生きていけばいい。半分がピンクで半分がブルー。どんなに輝いて見える人だって、きっとそうなんだって、勇気が湧いてくる映画できた。そして、私もいつまでもガールでいられるように努力し続けようと思いました。半分ピンクで半分ブルーでいられる人生を目指して。

まあまあ

投稿日

2013/03/04

レビュアー

egu

原作の奥田英朗の作品は好きで何作か読みました。その中でもガールは良い出来でした。映画はかなり割愛部分が多いですが面白く観ました。出演者が好きな女優ばかりと個人的な好みも大きいですが邦画としては健闘しています

16〜 20件 / 全27件