ラム・ダイアリーの画像・ジャケット写真

ラム・ダイアリー / アーロン・エッカート

全体の平均評価点:(5点満点)

29

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ラム・ダイアリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

ジョニー・デップが親友でもあったジャーナリスト、故ハンター・S・トンプソンの自伝的同名小説を自身の製作・主演で映画化。プエルトリコで地元紙のフリー記者として働き始めたアメリカ人青年が、慣れない土地で繰り広げる悪戦苦闘と狂騒の日々を綴る。監督は「ジェニファー8」のブルース・ロビンソン。1960年、南米プエルトリコ。ニューヨークの喧騒を逃れてこの地にやって来た新進ジャーナリストのポール・ケンプは、地元の新聞社に職を得る。しかし、仕事をしない個性豊かな記者仲間とラム酒漬けの毎日。そんなある日、不正な土地取引で金儲けを企むアメリカ人実業家サンダーソンに接近したケンプは、彼の婚約者のシュノーと出会い、心奪われてしまう。

「ラム・ダイアリー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

アメリカ

原題:

THE RUM DIARY

「ラム・ダイアリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

テッド2

Dr.パルナサスの鏡

最高の家族の見つけかた

幸せのセラピー

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全29件

けっこう好きです。

投稿日:2012/12/30 レビュアー:レッド

私はこのジョニ−.デップも好きです。1度観た時は今時のCGなど使っているのを見慣れているせいかシンプルすぎるかな?と感じましたが2度3度とみると、おや?おもしろいと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

うーん・・・

投稿日:2012/11/28 レビュアー:やまちゃん

期待してた割にはあんまり・・・って感じ。
でもプエルトリコの景色がサイコーだった!海とかめっちゃきれいだったし。
それとアンバー・ハードが美しかったですねえ。アンバー・ハードって白と赤がすごく似合ってた!赤だとセクシーで白だと清楚な感じだった!
ジョニー・デップはティム・バートン監督の映画以外あまり観たことがないです。

まあ、この映画はなんだか変というか不思議というか・・・。
ジョニー・デップがよく酔ってた。「ハング・オーバー」シリーズってこんな感じなのかな?(私は、まだ観てません)。
ブードゥー教とか出てきたしね。ニワトリを呪ってた・・・。

レイティングについてだけど、R−15よりもPG−12ぐらいでもよかったと思う。個人的な意見ですが。

エンディングでその後の話がちょろっと字幕で書いてあったけど、その後の話を映画化して欲しい!
あんま面白くなかったけどまあ観て良かったと思う。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

面白くない

投稿日:2012/11/17 レビュアー:aki-cafe

ジョニーデップだから観ましたが、こんなに退屈な映画は久しぶりでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ラムが飲みたくなる

投稿日:2013/11/13 レビュアー:megumi

だらだらとした映画ですが、嫌いじゃないです。
話も中途半端だし、だから?とおもうから、一般的な評価は低いだろうなぁと思いますけれど。

あの、ガソリンみたいなラムを飲んでみたいと見終わった後に思いました。
シュノーの赤い唇が印象的でしたし、
みんなラム飲んで頭おかしい感じが、結構ゆるくて笑えました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

途中間延び

投稿日:2013/04/10 レビュアー:らんちえ

この時代の雰囲気の映画、あんまり好きじゃない。アルコール、薬、タバコ・・・・。
自伝的同名小説ということですが、どうしても事実に基づいている分、起承転結がなくつまらなくなってしまう。
せっかくのジョニーデップがもったいない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全29件

ラム・ダイアリー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:29件

けっこう好きです。

投稿日

2012/12/30

レビュアー

レッド

私はこのジョニ−.デップも好きです。1度観た時は今時のCGなど使っているのを見慣れているせいかシンプルすぎるかな?と感じましたが2度3度とみると、おや?おもしろいと思いました。

うーん・・・

投稿日

2012/11/28

レビュアー

やまちゃん

期待してた割にはあんまり・・・って感じ。
でもプエルトリコの景色がサイコーだった!海とかめっちゃきれいだったし。
それとアンバー・ハードが美しかったですねえ。アンバー・ハードって白と赤がすごく似合ってた!赤だとセクシーで白だと清楚な感じだった!
ジョニー・デップはティム・バートン監督の映画以外あまり観たことがないです。

まあ、この映画はなんだか変というか不思議というか・・・。
ジョニー・デップがよく酔ってた。「ハング・オーバー」シリーズってこんな感じなのかな?(私は、まだ観てません)。
ブードゥー教とか出てきたしね。ニワトリを呪ってた・・・。

レイティングについてだけど、R−15よりもPG−12ぐらいでもよかったと思う。個人的な意見ですが。

エンディングでその後の話がちょろっと字幕で書いてあったけど、その後の話を映画化して欲しい!
あんま面白くなかったけどまあ観て良かったと思う。

面白くない

投稿日

2012/11/17

レビュアー

aki-cafe

ジョニーデップだから観ましたが、こんなに退屈な映画は久しぶりでした。

ラムが飲みたくなる

投稿日

2013/11/13

レビュアー

megumi

だらだらとした映画ですが、嫌いじゃないです。
話も中途半端だし、だから?とおもうから、一般的な評価は低いだろうなぁと思いますけれど。

あの、ガソリンみたいなラムを飲んでみたいと見終わった後に思いました。
シュノーの赤い唇が印象的でしたし、
みんなラム飲んで頭おかしい感じが、結構ゆるくて笑えました。

途中間延び

投稿日

2013/04/10

レビュアー

らんちえ

この時代の雰囲気の映画、あんまり好きじゃない。アルコール、薬、タバコ・・・・。
自伝的同名小説ということですが、どうしても事実に基づいている分、起承転結がなくつまらなくなってしまう。
せっかくのジョニーデップがもったいない。

16〜 20件 / 全29件