グレイヴ・エンカウンターズ

グレイヴ・エンカウンターズの画像・ジャケット写真

グレイヴ・エンカウンターズ / ショーン・ロジャーソン

全体の平均評価点:(5点満点)

27

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

シリーズ

ジャンル :

「グレイヴ・エンカウンターズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

シリーズ

解説・ストーリー

超常現象を追跡する番組「グレイヴ・エンカウンターズ」の録画映像を繋ぎ合わせたモキュメンタリーホラー。廃墟と化した精神病院を訪れた調査隊クルー。実は超常現象など信じない彼らだったが、本物としか思えない超常現象に次々襲われていき…。※一般告知解禁日:8月1日

「グレイヴ・エンカウンターズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: カナダ
原題: GRAVE ENCOUNTERS

「グレイヴ・エンカウンターズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ユニコーン 奇跡の航海

サンズ・オブ・ザ・デッド

グレイヴ・エンカウンターズ2

ザ・スフィンクス 秘密の扉

ユーザーレビュー:27件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全27件

最後の10分だけ面白かったような。

投稿日:2012/10/25 レビュアー:ゆーな

全体的にありきたりで面白くないかも…。要素はスッゴクいいのに、上手く使えてない感じ。
あんまり怖くないです。
パッケージの△で隠れてるのが一番怖かったかも!
ほかのPOVのお口直しに見たのにイマイチだなんてぇ〜!もうPOVは見ないかも〜(>_<)
そして私的にはその後はどうなったのかな〜?って方が気になりました(笑)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

舞台よし ネタバレ

投稿日:2012/10/23 レビュアー:hureko

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いわくつきの廃病院。舞台よし。
前半はそれなりに、セオリー通りにすすみます。
後半、クルー達の衰弱(体力的にも精神的にも)を待ってたかのように
ゴーストたちが攻撃してきます。
病院で犠牲になった患者達の無念さがいまいち伝わってこない、
マッドサイエンティストの実験もロボトミーとは当たり前すぎ。
手ブレも暗視カメラも疲れます。
そうそう、アルバトロスだものね。妙に納得。

『霊が静かに眠っているおられるであろう場所に
ズカズカ踏み込むと、バチがあたるわなぁ』とこの手のものに
しみじみと感じる日本的な自分を確認できました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

この手の作品が好きな人向け

投稿日:2012/10/10 レビュアー:にも

いわくつきの心霊スポットに調査隊が、という作品群の一つ。
今回の調査隊は超常現象を扱う番組のTVクルー。
もっともらしく番組を作ってはいるものの、
実際には超常現象を信じておらず、証拠を捏造するのはお手の物。
そんな彼らが、やばそな館に立て籠もって収録を始めたところ・・・

あとは彼らがヒドイ目に遭うところが描かれ終了。
固定カメラでの映像もあるものの、手持ちカメラでの映像が多いため、画面ブレはキツめです。
暗視カメラと通常のカメラの映像が混在するのも見にくさの原因に。
いまいち暗視カメラ映像が生かされている感じはないですし。
グロというほどのグロはなく、エロは皆無です。
とはいえ、「ここがすごい!」というところは無いものの、この種の作品としては纏まっている方かと。
画面ブレに強く、この手のシチュエーションが好きな人なら。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

まぁ、こんなものでしょう。

投稿日:2012/10/08 レビュアー:キヨ

CMが放送禁止になるくらいの作品だったので期待したのですが…まぁ、アメリカ得意の二番煎じホラーっすな。(汗)

精神病棟を題材にしたホラーは沢山あって、全くと言っていいほど新しさがない。
「タタリ」とか「セッション9」とか。
きっと忘れた頃にもう一度って感じなんだろうな。
製作者が若いのか勉強不足なのか、同じ物を撮っても仕方ないと思うのだが…。
これを観に来ている人は、なんとなくホラーを観たい人に違いない。

ただ、出来は悪くないと思います。
ただし、映像や音響のみ。
これは作った人が頑張ったってのもありますが、それ以前に、近代技術の賜物と思われます。
もちろん、お金をかければそこそこのものは作れますからね。(汗)

それに、アメリカのホラーって恐怖ではなく、驚異なんだと思います。
そこにアジアとの違いがあるのだろうなぁ…。
どちらかと言うと“パニック・ホラー”なのだよ。

リメイクっぽい作品ではなく、オリジナルでホラーを期待します。
続編は作らないでね。(笑)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

お化け屋敷へ

投稿日:2020/02/07 レビュアー:塩胡椒

ようこそ!
笑えました♪

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全27件

グレイヴ・エンカウンターズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:27件

最後の10分だけ面白かったような。

投稿日

2012/10/25

レビュアー

ゆーな

全体的にありきたりで面白くないかも…。要素はスッゴクいいのに、上手く使えてない感じ。
あんまり怖くないです。
パッケージの△で隠れてるのが一番怖かったかも!
ほかのPOVのお口直しに見たのにイマイチだなんてぇ〜!もうPOVは見ないかも〜(>_<)
そして私的にはその後はどうなったのかな〜?って方が気になりました(笑)

舞台よし

投稿日

2012/10/23

レビュアー

hureko

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いわくつきの廃病院。舞台よし。
前半はそれなりに、セオリー通りにすすみます。
後半、クルー達の衰弱(体力的にも精神的にも)を待ってたかのように
ゴーストたちが攻撃してきます。
病院で犠牲になった患者達の無念さがいまいち伝わってこない、
マッドサイエンティストの実験もロボトミーとは当たり前すぎ。
手ブレも暗視カメラも疲れます。
そうそう、アルバトロスだものね。妙に納得。

『霊が静かに眠っているおられるであろう場所に
ズカズカ踏み込むと、バチがあたるわなぁ』とこの手のものに
しみじみと感じる日本的な自分を確認できました。

この手の作品が好きな人向け

投稿日

2012/10/10

レビュアー

にも

いわくつきの心霊スポットに調査隊が、という作品群の一つ。
今回の調査隊は超常現象を扱う番組のTVクルー。
もっともらしく番組を作ってはいるものの、
実際には超常現象を信じておらず、証拠を捏造するのはお手の物。
そんな彼らが、やばそな館に立て籠もって収録を始めたところ・・・

あとは彼らがヒドイ目に遭うところが描かれ終了。
固定カメラでの映像もあるものの、手持ちカメラでの映像が多いため、画面ブレはキツめです。
暗視カメラと通常のカメラの映像が混在するのも見にくさの原因に。
いまいち暗視カメラ映像が生かされている感じはないですし。
グロというほどのグロはなく、エロは皆無です。
とはいえ、「ここがすごい!」というところは無いものの、この種の作品としては纏まっている方かと。
画面ブレに強く、この手のシチュエーションが好きな人なら。

まぁ、こんなものでしょう。

投稿日

2012/10/08

レビュアー

キヨ

CMが放送禁止になるくらいの作品だったので期待したのですが…まぁ、アメリカ得意の二番煎じホラーっすな。(汗)

精神病棟を題材にしたホラーは沢山あって、全くと言っていいほど新しさがない。
「タタリ」とか「セッション9」とか。
きっと忘れた頃にもう一度って感じなんだろうな。
製作者が若いのか勉強不足なのか、同じ物を撮っても仕方ないと思うのだが…。
これを観に来ている人は、なんとなくホラーを観たい人に違いない。

ただ、出来は悪くないと思います。
ただし、映像や音響のみ。
これは作った人が頑張ったってのもありますが、それ以前に、近代技術の賜物と思われます。
もちろん、お金をかければそこそこのものは作れますからね。(汗)

それに、アメリカのホラーって恐怖ではなく、驚異なんだと思います。
そこにアジアとの違いがあるのだろうなぁ…。
どちらかと言うと“パニック・ホラー”なのだよ。

リメイクっぽい作品ではなく、オリジナルでホラーを期待します。
続編は作らないでね。(笑)

お化け屋敷へ

投稿日

2020/02/07

レビュアー

塩胡椒

ようこそ!
笑えました♪

16〜 20件 / 全27件

同シリーズ作品を借りる