TIME/タイム

TIME/タイムの画像・ジャケット写真
TIME/タイム / ジャスティン・ティンバーレイク
全体の平均評価点:
(5点満点)

196

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「TIME/タイム」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督が、人間の余命が通貨のように売買される近未来を舞台に、貧しい青年と大富豪の娘が繰り広げる逃避行の行方を描くSFサスペンス・アクション。主演はジャスティン・ティンバーレイクとアマンダ・セイフライド。老化を克服した近未来の社会。全ての人間の成長は25歳でストップし、以降の余命は体内時計が刻む残り時間によって設定されていた。富める者は永遠の命を享受する一方、貧しき者は早死にする残酷な世界。ある日、貧しい青年ウィルは、社会への不合理を目の当たりにして、システムを支配する見えざる敵に立ち向かう決意をする。そして富裕層が暮らす地区へと潜入したウィルは、大富豪の娘シルビアと出会うのだが…。

「TIME/タイム」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: IN TIME

「TIME/タイム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

TIME/タイムの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR52296 2012年07月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
173枚 8人 5人

【Blu-ray】TIME/タイム(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR52296 2012年07月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
74枚 6人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:196件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全196件

感情が伝わってこない

投稿日:2012/08/03 レビュアー:みなみ

通貨が時間という設定は現実にはあり得ないけど、それなりの小道具や街を作り上げ、
この設定に合った冷たい感じの映像なので、なんとなく物語に入り込むことはできました。

でもずっと違和感が付きまとう…なぜだろう?と考えてみたけれど、
人物すべてに主体性を感じず、作り手が動かしているだけに思えてしまうからではないかなと思う。
永遠の時間を生きる富裕層がぼーっとしてるのはともかく、貧民層には生身の叫びや感情があるはずでは?
でもみんながみんな、きれいで、汗もかかなさそうな人ばかり。
その最たる人物が、時間管理者のキリアン・マーフィー。(まあ感情的になってはいけない職業なんですが)
元々、ほんとに私たちと同じ世界に生きてるのか?って雰囲気の人だもんね。(好きですけどね)

でもスタイリッシュだし、普通に楽しめる作品ではありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

吹き替え視聴はNG

投稿日:2012/08/01 レビュアー:でひけたとも

最近は洋画は吹き替えで観ることが多くなりタイムも吹き替えで視聴しました。
ヒロイン登場、吹き替えのひどさ!!最近の作品では考えられないほどのセリフ棒読み。
作品の内容は悪くなかったので字幕で視聴することをお勧めします。
エンドロールにて吹き替え声優を確認したところAKB篠田麻里子さんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

吹き替えが最悪×××

投稿日:2012/07/26 レビュアー:そらママ

ストーリーは斬新なアイデアだったし、面白かったと思います。

本当に残念なのは、ヒロインのアマンダの吹き替えが酷過ぎます。棒読みで無感情…。今まで吹き替えで見た映画の中で間違いなくワースト1。
アマンダが喋るたびになんか現実に引き戻されるというか、映画のストーリーに入り込めなくなり、途中で字幕に切り替えました。

後で調べ、声優がAKBの方だと知りました。
話題性を高める為かもしれませんが、本当にやめてほしいです。
お金を出してレンタルするんだから、お遊戯会レベルの物は勘弁してほしいです。

絶対に字幕で見ることをお勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今日が人生最後の日だとしたら何をする?

投稿日:2012/07/22 レビュアー:

Appleの創始者スティーブ・ジョブズは「今日が人生最後の日だとしたら、今日すべきことはなにか?」と毎朝、自分に問いかけたという。
凡人はまだ先があると思って今何が重要か真剣に考えようとしないから、時間を無為に過ごす。
しかし、もし余命が分かっていて寿命を延ばす手立てがあるなら、最優先の課題は「とにかく寿命を延ばす」ことになってしまうだろう。
逆に寿命が100年以上あり老化とも貧困とも無縁だとしたら、時間が無為に過ぎても慌てる必要も変化を望む必要もなく、何もすべきことはない。
そんな殺伐とした、意味のある改革など生まれるはずもない社会。
自分の寿命が1秒単位で表示されていて刻一刻カウントダウンされる・・・この映画の貧民達は寿命が24時間以下なのが普通なのだ。
健康体なのに常に死が迫っている。救いは、働けば報酬として寿命を延ばしてもらえること。
だから貧民は一分一秒を惜しんで必死に働き、走り、怠けない。
一方、寿命が100年以上もある富裕層の人々は全てを手にして退屈で長すぎる不老不死の人生をもてあましながら生きている。
では、バイタリティあふれる貧民が、突然、「時間を無駄にするな」と託され100年の寿命を得たら何をするのか?

書きようによっては面白いSFになっただろうと思う。
でも、一見あり得ない設定だけど「未来には現実に起こり得るかも」と思わせてその世界に引き込まれるのがSFの醍醐味ではないですか。
そのために、科学的に感じられる説得力のある未来の技術やリアリティのある世界観が表現されていなければいけない。
そこが甘いと、ありえーん、ばかばかし〜 と思いながらヘラヘラ観る漫画にしかならない。
そういう視点で面白かったという方もおられるので、それはそれでいい。
でも、もうねえ、「ガタカ」のファンである私には残念な出来栄えです。

「人類は遺伝子操作でこうなった」の一言で、どうみてもマイクロチップとか機械的なものが体内に埋め込まれているとしか思えない状態に(オープニングで有機的な機能であると映像的に表現されているが)どういうシステムなのかなんの説明もなかったり
残り寿命ごとに生活エリアがゾーニングされているんだけど、それが現代と変わらない貧民街と富裕層の街の差だったり・・・
SF映画に必要なワクワク感が全然無い。イメージがちっとも広がらない。
「ガタカ」でも使われていた、SFらしからぬ美しい海のシーンや、レトロで美しい車と未来的なノイズの組合せも、この映画では世界観にリアリティがないからちっとも生きてない。
おまけに、このストーリー・・・
金持ちから時間を盗んで貧困層にばらまく鼠小僧的な独善的英雄行為でこの社会のシステムを崩壊させるというんだけど
その「社会のシステム」がボンヤリとしか描かれず理不尽なものとして迫ってきてないのに、
貧困層に寿命を与えて何をどう変革するのか目的も何も説明なく、強奪を繰り返すだけになっている。
とても愚かな、単に社会を破壊する行為ではないのか?
10年の寿命を分け与えたスラムの親友はどうなったか、その反省はどこに?
主人公は100年の寿命を託されるにふさわしい賢者ではなかったように思える。

ラブストーリーとしても子供っぽくて感情移入のしどころが無く
映像的なワクワク感も問題意識もカタルシスもなーんにもない、がっかりな映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36pts. 【監督・脚本】アンドリュー・ニコルネタバレ

投稿日:2012/06/03 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

25歳を過ぎたら、それ以上、年を取らない世界。

しかし、不死ではなく、
そこからは、時間が通貨となる。

働くことで、時間を得て、それが寿命となる。

残り時間は、左腕にデジタル表示される。

ただ、人同士で、時間の受け渡しができる。
したがって、金持ちは、100年や、1000年の寿命を持ち、
それを、近親者に分けることができるので、
金持ちの子供もまた、簡単に長生きができる。

また、それは、金属製っぽい装置に保管できる。

一方、スラム街では、1日程度の時間の人間ばかりで、
文字通り、その日暮らし。

もし、カウントダウンがゼロになれば、
即、心臓発作のような感じで、死亡する。

もし、そんなスラム街で、何週間の寿命を持っていれば、
襲われて、奪われる。

ただ、それは是とされているわけではなく、
時間監視員が、警察のような役割を果たしていて、
特に、金持ちが襲われるような事態に対処している。

そんなある日、スラム街のバーで、
100年以上の寿命を持った男が現れる。

主人公は、彼が、ギャングに襲われているところを、
助けるが、彼は、ある意味、自殺しにきたのだった。

助けてくれた主人公に、彼は、100年の時間を渡し、
自殺する。

大量の寿命を手にした彼は、
金持ちの世界へ、入り込む。

しかし、時間監視員は、主人公が、彼を殺したと見て、
金持ちの世界まで、追いかけてくるが・・・

というのが話しの骨子で、
ま、ネタバレになるが、金持ちの娘と知り合い、
お互い、恋に落ち・・・

そんなときに、時間監視員がかれを捕らえるが、
彼は、その金持ちの娘を人質にとり、逃亡する。

この二人の逃避行が、主題となる。

で・・・

話の着想自体は、面白いと思うし、
だからこそ、映画館に見に行ったわけだが、

根本的に、脚本が悪すぎる。

本当に、殺して盗んだのかどうか、
何の根拠もなく確かめもなく、そう決めつけて、
彼の時間を取り上げる、そのだけの権限がある時間監視員の、
そのシステムにとても、疑問を感じる。

警察だって、根拠もなく、逮捕できるわけじゃない。
そんなの馬鹿げている。

それなのに、本作はそうなってしまっている。

また、金持ちと、スラム街との対比は、
このストーリーの中核であって、
それが、なぜ、このようなシステムになったのか、
どう見ても、腕の寿命の表示は、
生物的なものではないだけに、
なんらかの、意図があって、できたシステムにしか見えないのだが、
そのあたり、単に金持ちの権力を、
存続させるためだけのような解釈で、
非常に、低レベルの解釈である。

このあたりに、最も、脚本のセンスが問われる所だと思うだけに、
非常に、レベルの低さが目立つところだった。

発想としては、星新一にありそうなのだが、
彼なら、もっと、ウィットに飛んだ、それでいて、
恐怖にもなるようなおちを用意してくれると思う。

それが、本作、おちてもいない。

ネタバレになるが、
単に、盗人が天職だって、だけ?
なんともつまらない。

時間を配分というが、共産主義というか、
村社会というかそういう考え方であって、
それだけで、是とする主張としても、
なにか違和感がある。

このあたり、一番、脚本の腕の見せ所なだけに、
非常に非常に、残念だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全196件

TIME/タイム