猿の惑星:創世記(ジェネシス)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の画像・ジャケット写真
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / ジェームズ・フランコ
全体の平均評価点:
(5点満点)

149

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の解説・あらすじ・ストーリー

記番:FXBB50196,FXWC50196,FDR50196の収録内容は同じです。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: RISE OF THE PLANET OF THE APES

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1chサラウンド
2.日本語5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBB50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
152枚 10人 3人

【Blu-ray】猿の惑星:創世記(ジェネシス)(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
2.日本語5.1ch DTS
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
72枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:149件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全149件

おおお

投稿日:2011/12/05 レビュアー:エロエロ大魔神

俺なら共存共栄を目指す!猿人と人間のハイブリットを

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白いけど

投稿日:2012/05/14 レビュアー:詩乃

お猿さんの表情や感情が見え過ぎて 最早 すでにお猿さんでは無いですね(笑)
対人間のような感じ。
無表情や抑えた感情から観客が汲み取る作業がいらないのは 良いのか悪いのか・・・?

エンターテイメントとしては とても面白かったです。

でもさー・・・・やっぱり 初めて観たときのニューヨークの自由の女神像を超える衝撃は 無いよね〜・・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白い♪けど、破壊力抜群の猿の群れは怖いョーーーー!!!

投稿日:2012/04/01 レビュアー:みむさん

あの有名な「猿の惑星」以前のお話というのはタイトルからお分かりのとおり。

ですが、私はその旧作「猿の惑星」を観ずに本作を劇場で観た。

なので、つながりがどう、とかは本作鑑賞時点ではわからなかったので
単品として楽しんだ。

遺伝子工学の研究者がアルツハイマー治療薬を開発時に
猿に実験投与して経過を見ていたところ、
その猿が突然暴れだし射殺されてしまう。
その射殺された猿のおなかには赤ちゃん猿がおり、
なんとか生まれたその猿を研究者のウィルが引き取る。

その猿は新薬を投与されている母猿から生まれたため
生まれつき頭がいい・・・・と。

でも、この新薬、まだ実験段階。

副作用があるのか、もしかしたら死んでしまうかもしれない・・・。

一体どうなるかわからないのです。

ですが、そんなことより・・・・。

人に危害を与えてしまったことで捕獲され、人間に冷遇されたことで
人間への復讐心がうまれてしまう!?
しかもこの猿は頭のいい猿。

仲間の猿を連れて檻から飛び出し、街で大暴れ!

あ・・・・こうやって、猿がどんどん強くなって
強い猿が繁殖して、猿の惑星になるのね・・・・。

そうだったのかー。

と、思ったんですが、
なんか、時代設定が旧作と一致しませんよね(汗
まあ、そんなことは気にしなくてよかったのかもしれないけど。

本作単体としてはまあまあ面白かったです。
あと、「猿の惑星」になった所以は
人間の新薬開発のせいだったのね・・・(汗
ってことでまとまっててよかったんじゃないでしょうか。


それよりも、暴れる集団猿って怖い。

動物ってかわいいと思うんだけど、
こうやって見せられると怖いわあ。



このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゆるやかな下り坂は見えていたか

投稿日:2013/03/30 レビュアー:ビンス

ヤバイこれ。
こんなに面白いんですかー!!っと。
コレ観て泣いてるボクってどうなんですかー!と。
エイプが!
エイプスがもう!!
最新技術が作り上げたデジタル・エイプ。
言葉にならないくらいに凄い・・・・
表情がステキすぎてこわい・・・・
シーザーの瞳が深淵すぎて吸い込まれる。
ここまで感情を表現できる域まで達したんですね。
恐れ入りました。
あの「ショッキング・エンディング」という枠でランキング作ったら。
確実にベスト10入りするラストを我々に届けた「猿の惑星」のビギニング。
なぜ、猿が人を支配することになったのか。
なぜ、人類は滅んで行ったのか・・・
その答えがココにあります。
やばいっす。
ホントにたまらないっす。
躍動するエイプス。
虐げられるエイプス。
結束するエイプス。
そして、ライズするエイプス。
決意の咆哮が響いた時。
それはボクの心までビリビリ奮わせた瞬間。
その瞬間。
視界が揺らぐ。

ライズするエイプスに感動したのと一緒に思ったこと。
それはココがピークなのでは、ということ。
ここから彼らは人類のテクノロジーや思考を手にしだす。
その後のシリーズを観ればわかるとおり。
圧倒的に進化します。
それは進化とも言えるだろうが。
ボクには滅びの一歩のような気がしました。
ゆるやかに下り始めたのだと。
その一歩がココだったような気がします。
何かを手に入れれば。
何かを手放さなければならない。
それが生き物の宿命。
シーザーの深淵なる瞳には。
この下り坂が見えていたのでしょうか・・・

とりあえず。
隣のおっさん。
アンラッキー・オブ・ザ・ワールド。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ワクワクドキドキが止まらない。ネタバレ

投稿日:2012/10/08 レビュアー:mitamita観た〜!!

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大きなスクリーンで観たいと思ってた作品。
悲しいかなこちらでは上演してない。
札幌に行った時翌日から封切りだと知りがっくり↓
で、やっとこさの鑑賞。

期待を裏切りませんでした。

物語は「猿の惑星」になぜ行きつく事になったかを描く起源のお話。

儲け主義の製薬会社とそこに勤める心優しき学者の対立。

自信の父親もアルツハイマーということで新薬の開発に一生懸命な主人公ウィル。
チンパンジーによる実験でようやく結果が出たと思ったのもつかの間、副作用が判明し研究は中止に。

実験台になった雌ざるは妊娠していた。
ここで驚き。

娘「わからんか、普通。臨月やん。腹、出てるやろ。で、何処で妊娠したんや。みんな檻の中やろ」と、最初の突っ込みが入りました^^
娘「可愛いなぁ。これ、みんなCGやろ。本物やん」

この子猿を家で育てることになったウィル。アルツハイマーの試験薬を投与した母猿からその能力を生まれながらに受け継いだからさあ大変。
高度な知能を持つ子猿はシーザーと名付けられまるで親子の、家族の様な時間の中で育って行く。

おかん「これ、三歳やて。あんたより上やで。」
娘「あほ、人間の方が賢いやろ」
おかん「いや、負けとるで、鼻たらしてぴーぴー泣いとったわ。こんな薬あるんやったら、高こうても買うてあんたらに飲ましてたのに」

八年を経過して…
手話を覚え思考も進み遥かに高度になっていくシーザー。
それに反し新薬を投与してアルツハイマーを克服したかに見えた父親に変化が…再発

今まで守られていたシーザー。
それが反転するシーン。
父親が食事の席でホークをさかさまに持ち料理が上手く切れない…
それに気づいたシーザー。
優しくホークを取り、正しく持たせます。
とても切ないシーンでした。

この父親が攻撃されたと思い本能のまま助けにはいるシーザー。
高度な知能を持ったとはいえ、そこは野生そのままの攻撃でした。
ふと我に返り父親に抱き寄せられるシーザー。
その瞳の中には、自分の中の知性と野生に脅えているような苦悩が見えました。

この事件により裁判所の管轄下におかれ引き離される家族。

この日からシーザーの本当の苦悩が始ります。

自分は何者なのか…

施設の中ではオランウータンやゴリラ、多くのチンパンジーがいます。
保護施設とは名ばかりの猿の監獄です。

他所者で、異端のシーザー。
高知脳のシーザーがボス猿に登りつめる様は見事の一言です。

ことばをもたない彼ら。
その一つ一つの動き、目線。
それらすべてが物語ってくれます。
ビスケット一枚で彼らの心を自分のものにする。
背筋を伸ばして指先一つで指図。
どれもがサル社会の中では無かったものばかり。

凶暴なゴリラを、誰も、人間すらしなかった「檻」から出す行為。
ゴリラの心を鷲掴み。
言葉の無い進行がこれほどまで観る側に思い、想像させるとは驚きでした。

後半、彼らの一糸乱れぬ逃亡劇、見限った人間への抗争は圧巻でした。
「やめろ」の一言で無理に人間を殺させないシーザー。
彼だけが本来の優しさを持った存在だったのかもしれません。

愚かな人間、愚かな社会への決別。
彼らが目指す楽園。
そこはかつて幼いころウィルと遊んだ場所でした。
決別しても尚、ウィルとの思いがあったんでしょうね。

最後に橋の上で抱きあうシーザーとウィル。
「うちへ帰ろう」との言葉に返したシーザーの言葉…

いやぁ、まさか泣くとは思いませんでした。
突っ込み娘も最後まで食い入るように観てました。

ゴリラにも泣かされましたね。

あぁ〜、終わった。と思ったら、ここから詰めでした。

娘「そやそや、この人、どないなってん、て、思っててん。パイロットかいなぁ。なんや、あれ、パンデミック?だから起源か」

映画館で観てたらもう、立ってて見逃してたかもです。

最後までハラハラドキドキ。
おばさん久しぶりに興奮した作品でした。

今晩あたり、わんこやにゃんこの「お目め」とお話しよ〜と(^O^)/




このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全149件

猿の惑星:創世記(ジェネシス)