No.179 RANKING

マイティ・ソー

マイティ・ソーの画像・ジャケット写真
マイティ・ソー / クリス・ヘムズワース
全体の平均評価点:
(5点満点)

106

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
ジャンル:

「マイティ・ソー」 の解説・あらすじ・ストーリー

『アイアンマン』『スパイダーマン』などを生み出してきたマーベル社が贈るヒーローアクション。神の世界の戦士・ソーは、その傲慢さから神の国を危機にさらしてしまう。それに怒った父・オーディンは、ソーの力と権力を奪い地球に追放するが…。※一般告知解禁日:8月26日

「マイティ・ソー」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: THOR

「マイティ・ソー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

マイティ・ソーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ117972 2011年10月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
162枚 19人 32人

【Blu-ray】マイティ・ソー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV117972 2011年10月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 13人 17人

関連作品

ユーザーレビュー:106件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全106件

lll。。

投稿日:2011/10/21 レビュアー:エロエロ大魔神

クスクス(~o~)

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

親しみやすいヒーロー像

投稿日:2018/03/01 レビュアー:カマンベール

2011年(アメリカ/115分)ケネス・ブラナー監督作

主人公ソーのクリスヘムズワースの、庶民的というか、アホっぽくて
とても好きになりましたね。
神だって言うのに地球に追放されてからのイメージは、チョイ頭の悪い
近所のイケメンのにいちゃんって感じです。
(私もファンでクリスの作品は追っかけで観ましたが、これは初めてです。)
対するロキ(トム・ヒドルトン)は腹黒い策略家。
だいたいにひねくれています。
それは実は彼は巨人の子で、父王(アンソニー・ホプキンス)に拾われた子で、ソーとは血の繋がりがないのです。

世継ぎに指名されたソーはその傍若無人な振る舞いで、神の国を追放されて地球に落っこちます。
その彼を助けるのが天文学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)です。

それにしても「神の国」と「現代の地球」が余りにも近い(笑)
浅野忠信も三銃士のひとりホーガンの役で出演。
ラストでは次作「アベンジャーズ」につながるシーンがありました。
「マイティソー・バトルロイヤル」の前にちょっと予習しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アベンジャーズを観る前に観るべし

投稿日:2013/02/16 レビュアー:oyoyo

アベンジャーズを観る前にこの作品をみておくべき。
アベンジャーズのストーリーに大きく絡んでいます。

あと、アイアンマン2にも少しからんでます。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

北欧神話とヒーロー

投稿日:2013/02/03 レビュアー:さっちゃん

 マーベル・ヒーローのアベンジャーシリーズをレヴューするのは2本目かな?確かそうだったと思いますが、現代の『アイアンマン』から第2次大戦中にヒーローになった『キャプテン・アメリカ』そして北欧神話の神様である『マイティ・ソー』とバラエティ豊かというか無節操というか賑やかなもんです。
 しかも本作はロバート・デ・ニーロがクリーチャーに扮した『フランケンシュタイン』の監督、ケネス・ブラナーが演出しているという贅沢さ。まぁ、コミックを実写映像化するなら、これくらい大真面目に取り組まないとシャレにならないという見本みたいなものです。
 この映画の成功の要因の一つとして主人公ソー(私的にはトールなんですが英語なので仕方ありません。)と弟のロキを演じた二人クリス・ヘムズワースとトム・ヒドルストンの演技によるところも大きいかなと思います。特にロキの父や兄に対する思慕と妬みの入り混じった複雑な感情が彼を魅力的な悪役として際立たせています。
 最初、力こそ全てという単純さのために粗暴な行動を起こし、父であるオーディン(アンソニー・ホプキンス)の怒りを買い、地球(ミッドガルド)へと追放されてしまったソーが、助けてもらった女性科学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)やセルヴィク博士(ステラン・スカルスガルド)との交流や神としての力を失ったことにより寛容さを身につける課程が無理なく描けていると思います。(それにしても最初、ナタリー・ポートマンに気がつかず、エンド・クレジットで知ってびっくりしました。いつもの美人さんの役柄でなかったものですから。)
 あと、脇を固めるアスガルドの友人たちもいい味を出しています。私のお気に入りは堅物のようで、ここぞというときに男気を見せるヘイムダル(イドリス・エルバ)です。
 しかし、霜の巨人との闘いで斃れた戦士の魂をヴァルハラへ連れていく筈のワルキューレが出て来ないのはどうなんでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

世界樹の高みに

投稿日:2012/09/25 レビュアー:みなさん

北欧神話に材を取った作品。ギリシャ神話ほどポピュラでない分、豊かなイマジネーションを発揮できるはずなのだが……。そのイマジネーションをフィルムの上で具現化することに成功したとは言い難い。また、二つの世界に跨がるロマンスも食い足りない。そんなに多くを盛り込んだストーリー展開ではなかったので、これは監督さんの熱意が足りなかっただけのことだろう。

主人公“ソー”が神通力(?)を奪われて地球におわれる理由に説得力がなく、父親の真意も理解出来ない。だから、「いい歳をして、そんな若造のクチグルマに乗せられるなよ」と思ってしまった。真意なんてソーには解らなくても、観客には解るように描くのが親切ってもんだろう。それだけシナリオが浅いってことだろうなぁ。
それに、地球でウロウロする彼の心情もイマイチ伝わって来ない。怒っているのか悲しんでいるのか後悔しているのか、それとも楽しんでいるのか……。コメディ映画ならカルチャーギャップを描いて、徹底して彼に道化を演じさせるだろう。しかし、アクション映画ではそれもかなわず。さりとて、追放されたことを恨んで父親への復讐を誓うような悲劇でもない。むしろ、その方がダークなヒーローの誕生で面白かったのではないか。監督のケネス・ブラナー氏は、どちらも選ばず、何か宙ぶらりんのまま物語が展開する。

うがった見方をすれば、主演俳優がダイコン役者の上にスターとしての魅力もなかったから、やる気がなかったのかも知れない。実際、これだけCGやVFXがテンコ盛りの映画だと役者への制約も大きい。規模も大きい。ハンパな役者さんだと負けてしまう。
サイレントの時代から現代に至るまで、演技は変わって来た。今は、デジタル処理が施されることを前提に演技をしなければならない。お芝居をする以前に、そのスキルが必要になる。慣れなければならない。名優ジェームズ・スチュアートだって、もし『X-メン』の教授役のオファーが来たら、受けるのを躊躇ったに違いない。(笑)
そういう意味では、現代の役者さんは、今風の撮影の経験値が高いはずだ。しかし、本作品の役者さん達に、そのスキルが見られない。衣装のせいもあるだろうが、のびのび演じているとは言い難い。明らかに立ち姿だけでデザインをした衣装は失敗だし、それに“押し込められて”満足な演技が出来ない経験値の低い役者さんばかり集めたことは、製作サイドのミスと言えるだろう。
考えてみれば、ソーの仲間も何しに登場したのか分からない。出番がないし、“働かない”。「何だコレ?」と思ってしまった。浅野忠信さんにしても、脚本を読んで「こんなつまらない役はやんねぇ」と断って欲しかった。そのくらいの矜持があって然るべきだろう。日本人は大人しい民族だが、ハリウッドから声が掛かれば極東からホイホイ出て来るなんて思われるのもシャクではないか。「見せ場の一つや二つ用意しなきゃ出てやんねェよ」くらいの啖呵をきって貰わないね。出来れば、製作方針の違いからプロデューサーと喧嘩してほしいなぁ。殴って降板させられるなら尚グッド。骨のあるとこを見せて貰いたいものである。(笑)

ソーと心を交わす女性科学者としてナタリー・ポートマンが出演。取ってつけたような展開には苦笑気味。彼女も割り切っているようで、かなり軽ぅ〜く演じている。
また、オーディン役にはアンソニー・ホプキンスが登場。誰だか解らなかった。(苦笑)
レネ・ルッソは久しぶりにスクリーンで見たような気がする。少しお年を召されたが、男っぽい美しい顔立ちは健在。『リーサル・ウエポン5』を作ってくれないなぁ。観たい。

特に見所のある作品ではなかったのだけれど、“世界樹=ユグドラシル”をイメージした“橋”のデザインは見応えがあった。美しくて神秘的だった。

北欧神話というよりシェークスピアの戯曲のようなお話しだった。ケネス・ブラナー監督には悪いが、もう少しちゃんと作った作品を観たい。オススメ致しません!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全106件

マイティ・ソー