1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. コメディのDVDレンタル
  5. スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団の画像・ジャケット写真

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 / マイケル・セラ

全体の平均評価点:(5点満点)

31

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

「ホット・ファズ」の俊英エドガー・ライト監督が、日本のサブカルチャーに多大な影響を受けたというブライアン・リー・オマリーのカルト・コミックス『スコット・ピルグリム VS ザ・ワールド』を実写映画化した青春バトルアクション・ラブコメディ。主演は「JUNO/ジュノ」のマイケル・セラ。アマチュア・ロック・バンドのベーシスト、スコット・ピルグリムは、年下の高校生ナイブスという彼女がいながら、ミステリアスな女の子ラモーナにひと目ぼれしてしまう。すっかりラモーナに夢中のスコットだったが、なんと、ラモーナのハートを射止めるためには、次々と現われる7人の元カレたちを全員倒さなければならなかった。

「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」 の作品情報

作品情報

製作年:

2010年

製作国:

アメリカ

原題:

SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD

「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

マイレージ、マイライフ

パラノーマン ブライス・ホローの謎

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

ファンタスティック・フォー:銀河の危機

ユーザーレビュー:31件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全31件

☆3つ

投稿日:2011/09/13 レビュアー:こうじ

おバカなゲーム格闘系?コメディー物まあ暇つぶしにはなるでしょう
序盤は嵌り気味でかなり喰いつけましたが中盤以降は流石に飽きが来てちょっと時間が長く感じました
全くパンチの無い主人公、脇役達にイケメンを探すのには良いかもです
ヒロインよりも主人公の妹役アナ・ケンドリックやナイブス役のエレン・ウォンの方が可愛かったです
久々吹き替えでの観賞悪くは無かったです
おーおっなっなんと兄弟でハリワッド進出ですかぁーちょっと位セリフあげて欲しかったですねぇー

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ラモーナはSHELLYに激似!!

投稿日:2011/09/04 レビュアー:QWERTY

カナダのコミックが原作らしいが、とにかく「何じゃこりゃ」なおバカ映画。

序盤が結構ツラい。まず登場人物が多い。主人公スコットに彼のバンド仲間達、ゲイのルームメイトに、妹、現カノ、元カノ、そして謎の美女ラモーナ・・・と、把握するのが大変。さらに、ストーリー的に大して意味の無いスコットの妄想シーンがあって、その時見ているシーンが妄想なのか現実なのか混乱する。結局、スコットがナイブスという彼女がいるにもかかわらずラモーナに一目惚れしてしまい、何だかよく分かんないうちに二股状態なってしまう。そしてラモーナと付き合うために彼女の元彼軍団と戦うハメに・・・。
ということなんだけど、展開が唐突過ぎてついていけないのでストーリーに関してはあきらめることにしました。(実際、中盤以降はバトルがメインでストーリーは相当薄っぺらい)

で、ストーリーはともかく、アニメやゲームの手法を取り入れた映像面の演出は個性的。キスをするとハートが飛んだり、音を文字で表示したり、倒した敵がスコアとともにコインに変化したり・・。元彼軍団とのバトルシーンも格闘ゲーム風でなかなか面白い。
ただ、こういった演出は好き嫌いがハッキリ分かれるのは確か。受け入れられなくて拒絶反応を起こす人がいるかも・・。

元彼軍団は色々なタイプがいるが、みんなそろってバカっぽい。ラスボスは小室哲哉風だが「海外でも“音楽プロデューサー”ってあんなイメージなんだなあ」と妙におかしかった。

あと、ナイブス役にはもっとカワイイ子を使えなかったのかなあ。特に髪型変えてからは、かなりブスに・・・。彼女は終盤に活躍するだけに、妹役の子くらいかわいくしてもよかったのに。残念。

ちなみに、特典映像には別バージョンのエンディングも収録。本編のエンディングが気に入らない人も納得できるようになっています。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ハマれなくて残念

投稿日:2014/06/13 レビュアー:BEEFジャーキー

好きになった女性の元カレ達を、
ゲームっぽく倒していく という……
何とも、面白いストーリー。

ラブコメとゲームを足したような、
遊び心たっぷりの、ユニークな映画。


でも…、ノレない……。

ちっとも楽しめない…。


きっと、ハマる人と、ハマんない人に、
きっぱり、分かれる映画。

私は、ハマれない側でした…、残念( ̄∇ ̄*)ゞ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ボスキャラにもう一つスパイスの効いた配役できなかったのかな?

投稿日:2012/08/07 レビュアー:みみ

 のっけからファミコン調のUNIVERSALロゴがいい感じ♪
 さらにオープニングロールで、キーラン・カルキン(兄マコーレーの二の轍を踏まないようにかなり気をつけていたように思えたのですが、やっぱりこんな感じになっちゃいましたね。)やら、アナ・ケンドリックやら色んな名前を確認。何ともワクワクした高揚感で鑑賞を開始。

 まず肩慣らし程度の第一の敵は、ムトゥみたいなインド人の雑魚キャラ(笑)。
 2番目の敵はクリス・エヴァンス演じる大スターアクション俳優。変に気合の入った眉毛にしろ、スケボー疾走中の横顔ショットにしろ、これ完全にトム・クルーズですよね(笑)?
 そして待ってました!ブランドン・ラウス!『スーパーマンリターンズ』で華々しくハリウッドデビューした後、いったいどこに行ってたのかと思っていました。まさか3番目の敵キャラで登場してくるとはね。しかもサイコなベジタリアン役。
 と、この辺りまではかなり調子よかったのですが。。。4番目のレズキャラ、5&6番目の斉藤ケイタ&ショウタ兄弟あたりで急速にトーンダウン。前半の脚本に気合入れ過ぎちゃったんでしょうか?
 ジェイソン・シュワルツマン演じる最後のボスキャラもさして面白くないし(よっぽどブランドン・ラウスの方が面白かった)、強くもない。そしてそのまま大したオチもなく終わっちゃいました。
 うーん。。前半が完璧だっただけにこの尻つぼみは勿体なかったな、という気がしました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ラブコメ的な要素もたのしい ネタバレ

投稿日:2012/03/07 レビュアー:洋画2000本鑑賞済

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

初っ端から話が見えず、なんだこれと思いましたが、観ているうちにだんだんおもしろくなっていきました。
とくに中国娘がふられる直前のウザさは笑えました。他の登場人物も個性的でおもしろいです。
格闘ゲーム好きな人ならいっそう楽しめると思います。小さなお子さんにはおすすめできませんが。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全31件

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:31件

☆3つ

投稿日

2011/09/13

レビュアー

こうじ

おバカなゲーム格闘系?コメディー物まあ暇つぶしにはなるでしょう
序盤は嵌り気味でかなり喰いつけましたが中盤以降は流石に飽きが来てちょっと時間が長く感じました
全くパンチの無い主人公、脇役達にイケメンを探すのには良いかもです
ヒロインよりも主人公の妹役アナ・ケンドリックやナイブス役のエレン・ウォンの方が可愛かったです
久々吹き替えでの観賞悪くは無かったです
おーおっなっなんと兄弟でハリワッド進出ですかぁーちょっと位セリフあげて欲しかったですねぇー

ラモーナはSHELLYに激似!!

投稿日

2011/09/04

レビュアー

QWERTY

カナダのコミックが原作らしいが、とにかく「何じゃこりゃ」なおバカ映画。

序盤が結構ツラい。まず登場人物が多い。主人公スコットに彼のバンド仲間達、ゲイのルームメイトに、妹、現カノ、元カノ、そして謎の美女ラモーナ・・・と、把握するのが大変。さらに、ストーリー的に大して意味の無いスコットの妄想シーンがあって、その時見ているシーンが妄想なのか現実なのか混乱する。結局、スコットがナイブスという彼女がいるにもかかわらずラモーナに一目惚れしてしまい、何だかよく分かんないうちに二股状態なってしまう。そしてラモーナと付き合うために彼女の元彼軍団と戦うハメに・・・。
ということなんだけど、展開が唐突過ぎてついていけないのでストーリーに関してはあきらめることにしました。(実際、中盤以降はバトルがメインでストーリーは相当薄っぺらい)

で、ストーリーはともかく、アニメやゲームの手法を取り入れた映像面の演出は個性的。キスをするとハートが飛んだり、音を文字で表示したり、倒した敵がスコアとともにコインに変化したり・・。元彼軍団とのバトルシーンも格闘ゲーム風でなかなか面白い。
ただ、こういった演出は好き嫌いがハッキリ分かれるのは確か。受け入れられなくて拒絶反応を起こす人がいるかも・・。

元彼軍団は色々なタイプがいるが、みんなそろってバカっぽい。ラスボスは小室哲哉風だが「海外でも“音楽プロデューサー”ってあんなイメージなんだなあ」と妙におかしかった。

あと、ナイブス役にはもっとカワイイ子を使えなかったのかなあ。特に髪型変えてからは、かなりブスに・・・。彼女は終盤に活躍するだけに、妹役の子くらいかわいくしてもよかったのに。残念。

ちなみに、特典映像には別バージョンのエンディングも収録。本編のエンディングが気に入らない人も納得できるようになっています。

ハマれなくて残念

投稿日

2014/06/13

レビュアー

BEEFジャーキー

好きになった女性の元カレ達を、
ゲームっぽく倒していく という……
何とも、面白いストーリー。

ラブコメとゲームを足したような、
遊び心たっぷりの、ユニークな映画。


でも…、ノレない……。

ちっとも楽しめない…。


きっと、ハマる人と、ハマんない人に、
きっぱり、分かれる映画。

私は、ハマれない側でした…、残念( ̄∇ ̄*)ゞ

ボスキャラにもう一つスパイスの効いた配役できなかったのかな?

投稿日

2012/08/07

レビュアー

みみ

 のっけからファミコン調のUNIVERSALロゴがいい感じ♪
 さらにオープニングロールで、キーラン・カルキン(兄マコーレーの二の轍を踏まないようにかなり気をつけていたように思えたのですが、やっぱりこんな感じになっちゃいましたね。)やら、アナ・ケンドリックやら色んな名前を確認。何ともワクワクした高揚感で鑑賞を開始。

 まず肩慣らし程度の第一の敵は、ムトゥみたいなインド人の雑魚キャラ(笑)。
 2番目の敵はクリス・エヴァンス演じる大スターアクション俳優。変に気合の入った眉毛にしろ、スケボー疾走中の横顔ショットにしろ、これ完全にトム・クルーズですよね(笑)?
 そして待ってました!ブランドン・ラウス!『スーパーマンリターンズ』で華々しくハリウッドデビューした後、いったいどこに行ってたのかと思っていました。まさか3番目の敵キャラで登場してくるとはね。しかもサイコなベジタリアン役。
 と、この辺りまではかなり調子よかったのですが。。。4番目のレズキャラ、5&6番目の斉藤ケイタ&ショウタ兄弟あたりで急速にトーンダウン。前半の脚本に気合入れ過ぎちゃったんでしょうか?
 ジェイソン・シュワルツマン演じる最後のボスキャラもさして面白くないし(よっぽどブランドン・ラウスの方が面白かった)、強くもない。そしてそのまま大したオチもなく終わっちゃいました。
 うーん。。前半が完璧だっただけにこの尻つぼみは勿体なかったな、という気がしました。

ラブコメ的な要素もたのしい

投稿日

2012/03/07

レビュアー

洋画2000本鑑賞済

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

初っ端から話が見えず、なんだこれと思いましたが、観ているうちにだんだんおもしろくなっていきました。
とくに中国娘がふられる直前のウザさは笑えました。他の登場人物も個性的でおもしろいです。
格闘ゲーム好きな人ならいっそう楽しめると思います。小さなお子さんにはおすすめできませんが。

16〜 20件 / 全31件