チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

チャーリー・ウィルソンズ・ウォーの画像・ジャケット写真
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー / トム・ハンクス
全体の平均評価点:
(5点満点)

92

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 の解説・あらすじ・ストーリー

テキサス選出の実在の下院議員チャーリー・ウィルソンをモデルに描く政治コメディ。プレイボーイとして鳴らしたチャーリーが、アフガニスタンに侵攻したソ連をたった一人で退却へと導いた驚愕の極秘作戦をコミカルなタッチで綴る。主演はトム・ハンクス、共演にジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン。監督は「卒業」「クローサー」のマイク・ニコルズ。テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。ある日彼は、テキサスの大富豪ジョアンから、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。根は優しいチャーリーは、アフガンの実情に心を痛め一肌脱ぐことにするが…。

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: CHARLIE WILSON’S WAR

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

チャーリー・ウィルソンズ・ウォーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 英語 北京語 広東語 韓国語 タイ インドネシア 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GURD46118 2008年10月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 1人 0人

【Blu-ray】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1147 2011年07月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:92件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全92件

お気楽下院議員がカッコいい

投稿日:2008/10/06 レビュアー:カプチーノ

人間味たっぷりで、四人の美人秘書を率いて、地元の女性資産家ともよろしくしていたり、適度に羽目をはずすなど、こんな素敵な人物になりたいと心から思える等身大の人間味あるヒーロー。
実話に基づいたストーリィで、現代史の勉強になりました。
それも過去のものではなく今につながっている。
ロシアがソ連だった頃のアフガン侵攻。それにいかにアメリカは対抗したか。彼がいなかったら未だにロシアはソ連で共産国のままであったかもしれません。
とても重要なことを教えてもらえました。
こんなにも重大なことを軽々とやってのける、そして彼の言葉にあるように「最後にしくじった」。これは、胸に響きます。
チャーリィ・ウィルソン、その軽さがカッコいい。
超オススメ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最後にしくじった

投稿日:2010/07/31 レビュアー:こうさま

評価75点(100点満点)
実話に基づく作品ということなのだが、チャーリー・ウイルソンがどれだけ凄いことを成し遂げたのかという評価をするには当時の世界情勢を理解していなければなかなかビンとこないお話。
日本のように軍事力を一切国際外交に反映させようとしない国にとっては想像もできない感覚なのだが世界情勢の変化の中に、こんな動きがあつたのだということに驚かされる。下院議員チャーリー・ウイルソン(トム・ハンクス)酒と女が大好きな一見お気楽政治家、それだけに人脈も豊富、そんな彼がソビエト連邦軍のアフガニスタン侵攻に抵抗すべく自身の政治力と人脈を駆使して、巨額の武器をアフガニスタンに極秘に供与するという大作戦、勿論米ソ冷戦時代であるからアメリカが直接関与するという事実を隠さないといけないところが難しいところ。ただ何が彼をそういう行動に走らせたかというあたりにもう一つ説得力がないようにも思えるが、これだけの国際問題を比較的軽いタッチで表現しているところが、この作品の面白いところかもしれない。かくして作戦は成功、ソ連軍は撤退でメデタシメデタシのはずなのだが、アフガニスタンの国内情勢は安定せず、結局後年の9.11テロ事件にとつながって行くことになる。行為は間違っていなかったが、やり方がまずかったということになるのだろうか。あるいは永遠に解決しない問題なのかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アフガニスタンにこだわるアメリカの言い訳ネタバレ

投稿日:2010/04/01 レビュアー:ykk1976

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

正直、
CMだけ見て、コメディ映画だと思って観始めてしまい、
あれれ、戦争映画じゃんと後でなりました。
まあ、結構面白かったので、文句はありません。

ただ、映画の中で一貫して送られてくる、
「アメリカは世界の平和を守っている」というテーマに
あまり共感できずじまいでした。
いまだにアフガニスタンに駐留するのは、やっぱり
自国の利益のためじゃないの??と
ついつい皮肉って斜めに見てしまいます。

それって、アメリカの傘の下に守られて、
ゆうゆうと数十年も自国の平和のみを喜ぶ日本人が
思ってはいけないことでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

歴史は夜、作られる

投稿日:2009/07/02 レビュアー:

 中近東のこの地は、
紀元前より争いの絶える事の無い、アフガン
戦争の歴史もこの地から始まった様です。

オリエントの攻防、アレキサンダーの遠征。
そしてイスラム帝国アッバース朝が出来
ペルシャの侵攻、オスマン朝との戦い
その前後にも数知れない内戦とクーデター。
この映画の背景ともなるイラン、イラク戦争。
後の湾岸戦争。

チャーリー・ウィルソンが称えられたのはCIA
アメリカのエージェントとして彼は英雄でした。
でも彼は最後に気付いたのです
敵を倒す事だけが平和では無い事を
その事はアメリカ自身が、いずれ分かる事になる
右と左の戦争を代理させてしまったのだから

中近東の厳しい環境の中、厳しい戒律を設ける事で
均衡を保とうとして来た。
いま、豊富な地下資源が富豪と貧困を同時に生み出す元となっている。
その不条理な社会、憎しみは新たな憎悪と化し
その矛先を向ける相手を探しているのです

戦い方を教えたら、愛し方も教えよう。

アフガンの地に悪い印象しか言ってませんが、
この地は原種の花の多い所です。
その花を愛する様に、この地も愛されると良いですね

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

俺にはアメリカにとって皮肉な話にしか思えない。

投稿日:2009/01/17 レビュアー:たかさん

アメリカがあの戦争でアフガンのムジャヒディンに武器供与をしていたのは知っていたが、一人の下院議員の活躍で始まったとは思わなかった。トムハンクスの演技はさすが実際の人物を見事に演じてる。ジュリアロバーツは頭の良い女性なのにバカそうに見えてしまうのは俺だけか?これは彼女の演技力と解釈した方が良いのだろう。いい加減な人間にしか見えない彼が動いたのは正義感かアメリカを考えたのではなく個人的な名誉のためかは読み切れなかった。事実に基づいているだけにアフガンの状況もCIAを巻き込んで武器を供給する手口、組織的に抵抗する事を教え込むのも良く描かれていた、知らなかっただけに楽しめた。評価は星2.5つです。だがチャーリーは受賞まで受け評価されていたが冷戦があった時代だからの評価で今では彼は後悔しているかもしれない。CIA職員の言っていた事は現実になって返ってくるのだから。この戦争でムジャヒディンだったビンラーディンを作り彼がアルカーイダを組織して9・11で初めて本土攻撃を受けてしまう皮肉な事実は、あの戦争がテロを起こしアメリカを変え一生消えない傷を残した事はテロ後に起こしたアメリカの行動と結果が物語っている。ビンラーディンを殺せなかった事実は一番重要な結果を残せてないし、タリバンが復活して一度は勝ったと思った戦いは泥沼にはいった事はソ連と同じだと言える。イラクと戦争するのが本当の目的だったという話は事実だろうと思えてならない。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全92件

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

月額課金で借りる

都度課金で借りる