ガリバー旅行記

ガリバー旅行記の画像・ジャケット写真

ガリバー旅行記 / ジャック・ブラック

全体の平均評価点:(5点満点)

100

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ガリバー旅行記」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ジョナサン・スウィフトの古典をジャック・ブラック主演で映画化したアドベンチャー・コメディ。バミューダ・トライアングルで遭難し、中世の小人の国へ異次元スリップしてしまった小心者の旅行記者ガリバーを待ち受ける驚きの運命をコミカルに描く。監督は「モンスターVSエイリアン」のロブ・レターマン。ニューヨークの新聞社に勤める郵便係のガリバー。挑戦することを避けてばかりの人生だったが、ひょんなことからバミューダ・トライアングルの取材という大きな仕事を手に入れる。ところが、意気揚々と向かった先で突然の大嵐に巻き込まれ、遭難してしまう。ガリバーがようやく意識を取り戻してみると、なんとそこは中世の小人たちが住む“リリパット王国”だった。

「ガリバー旅行記」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: GULLIVER’S TRAVELS

「ガリバー旅行記」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

隣のリッチマン

ヒストリーボーイズ

THE WRONG MANS/間違えられた男たち

名探偵ピカチュウ

ユーザーレビュー:100件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全100件

ジャック・ブラックが嫌いなわけではないが・・

投稿日:2011/08/04 レビュアー:QWERTY

これってコメディーですよね?全然笑えないんすけど・・・。薄汚いメタボオヤジがハシャいでるだけで全く面白くないです。

で、何故面白くないのか考えてみると、一番の理由は
主人公がゲス野郎だから。実は自分が一番メール係の仕事をバカにしているからまじめに仕事しない。コピペで作った盗作記事が評価されてバミューダ海域への取材旅行をゲット。迷い込んだ小人の国で、体がデカいアドバンテージを活かして英雄に。さらにウソを重ねて小人をこき使い、夢の生活を手に入れる・・・最悪。クライマックスも本当に活躍しているのはホレイショなのに、オイシイとこ取りで自分の手柄に・・。そしてラストのしたり顔。「テメーは大したことしてねーだろうが!!」と怒りがこみ上げる。
結局コイツが好きになれないんで映画自体もつまらなく感じる。ダーシーは頭がおかしいんじゃないかと思った。

そもそも「CMで流れていた部分が見どころのすべて」と言っても過言ではない。この映画のCMを見たことがない人はひょっとすると楽しめるかもしれないけど、テレビでバンバン流れていたからそんな人はいないのでは?
そして、その“すでに知っている見どころシーン”以外はウダウダとつまんない会話シーンが意外に長くて苦痛。ガリバーがホレイショに恋愛テクを指南するとか、姫と将軍の言い争いとか・・・。あまりに退屈なんで「このお姫様って“プラダを着た悪魔”の意地悪な先輩の人かな?」とか別の事に意識が行ってしまう・・。

さらに、見どころのシーンも自分よりはるかに弱い小人相手に戦っているわけなんで結局弱い者イジメ。全然スカッとしない。だからロボットを出してきたんだろうけど、おかげでクライマックスができそこないの戦隊ヒーローもののようなグダグダな展開に・・・。その後のダンスシーンも「何がしたいの?」て感じで無駄に長いし・・。

はっきりいって小ネタで笑えるマニア向け。85分とかなり短めの作品なのに相当密度が薄く、つまんない映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

J・Bの悪ノリここに極まる

投稿日:2011/06/21 レビュアー:元レンタルビデオ店長

大コケ映画したJ・Bのガリバー旅行記。
終始J・Bの悪ノリさがあり、どーしようもない映画。

パロディあり下ネタありのありきたりなコメディに、いつものJ・Bのノリ。
別に笑えりゃ良いんだが、兎に角ね中途半で無理やり終わらせている
やっつけ映画。

・・・・まぁ3Dで見た日にゃ金返せレベルだけど、
DVDで見たら、それなりに楽しめるかもね。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ジャック・ブラックファンの方々ごめんなさい

投稿日:2012/07/27 レビュアー:ちびた

ジョナサン・スゥィフトを下敷きにした割に
風刺がきいていません
たとえジャック・ブラックであっても
あえて下敷きに選んだガリバー旅行記を無視してはいけないと思います

無視していることはないと思うけどね

パロデイーもちらほら
どうせなら満載希望です
中途半端はやめて

ジャック・ブラックありきの作品だということは理解できても
どうしても拭い去れない 楽屋落ち感
身内で楽しむなら 公開は避けるべき…
赤塚不二夫の「これでいいのだ」同様

久々のネガティブレビューでした

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

男には自信が必要

投稿日:2011/12/24 レビュアー:こうさま

評価68点(100点満点)
小さい頃に見た絵本の「ガリバー旅行記」が懐かしく蘇えってきたような気がする。最近の子供は皆テレビ中心でアンパンマン大好きの家の孫みたいなのが多いようで、海外のお話が載った絵本なんかは読まないのだろうなぁ。ストーリーはあまりよく覚えていないが小人の国で縛られているガリバーや海の中で艦隊を何隻も引っ張っている絵が今でもどこかに残っている。
自信もなく上昇志向も薄く、最初の一歩が踏み出せないガリバーがひょんなことから小人の国へ、もともと気は優しいガリバー、姫や国のピンチを救い守護神として英雄視されるが、人生今までなかったことでつい有頂天になり調子に乗りすぎて巨人の国へ(絵本ではあまり巨人の国は記憶に残っていない)、これも一つの教訓というものだろう。
今度は気持ちをしつかりもって物事に立ち向かうガリバー、片思いだったダーシーにも告白できた、こうなると男は自信を持ってがんばれるというものなのだ。小人の国の古風な文化やしきたり、そこに現代の風を吹き込むガリバー、なかなかうまくマツチしている。ストーリーを通じてガリバー自身の男としての成長はいろんな教訓を含んでおり、これぞおとぎ話というものだろう。ラストをミュージカル風にまとめているところがなかなかよい。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

J・ブラックの“ガリバー成長記” ネタバレ

投稿日:2011/10/11 レビュアー:哲郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ビジネスの現場から始まる出だしは現代的でなかなかいいと思ったのですが、やっぱり少年・ファミリー向けのおとぎ話ですね。
大人にはちょっと退屈です。
感心したのはCGやVFX。今ではもう当たり前になってしまったけど、これほどの映像表現もコンピューターで簡単に製作できる。
でも、デジタル合成で作っていると知っちゃっているからか、なんか現実味がない。アニメを見ているような感覚なんだよな。
昔のアナログ特撮映像のほうがリアリティがあると思うのは、私だけだろうか。
最後なんかしらのオチ(夢を見ていたとか)があると思って観てたんだけど、そのままでしたね。ちょっとガッカリ。
オジサンとしては、お色気のかかった“大人のガリバー旅行記”も見てみたいですね。
ジョナサン・スウィフトに怒られるか・・・

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全100件

ガリバー旅行記

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:100件

ジャック・ブラックが嫌いなわけではないが・・

投稿日

2011/08/04

レビュアー

QWERTY

これってコメディーですよね?全然笑えないんすけど・・・。薄汚いメタボオヤジがハシャいでるだけで全く面白くないです。

で、何故面白くないのか考えてみると、一番の理由は
主人公がゲス野郎だから。実は自分が一番メール係の仕事をバカにしているからまじめに仕事しない。コピペで作った盗作記事が評価されてバミューダ海域への取材旅行をゲット。迷い込んだ小人の国で、体がデカいアドバンテージを活かして英雄に。さらにウソを重ねて小人をこき使い、夢の生活を手に入れる・・・最悪。クライマックスも本当に活躍しているのはホレイショなのに、オイシイとこ取りで自分の手柄に・・。そしてラストのしたり顔。「テメーは大したことしてねーだろうが!!」と怒りがこみ上げる。
結局コイツが好きになれないんで映画自体もつまらなく感じる。ダーシーは頭がおかしいんじゃないかと思った。

そもそも「CMで流れていた部分が見どころのすべて」と言っても過言ではない。この映画のCMを見たことがない人はひょっとすると楽しめるかもしれないけど、テレビでバンバン流れていたからそんな人はいないのでは?
そして、その“すでに知っている見どころシーン”以外はウダウダとつまんない会話シーンが意外に長くて苦痛。ガリバーがホレイショに恋愛テクを指南するとか、姫と将軍の言い争いとか・・・。あまりに退屈なんで「このお姫様って“プラダを着た悪魔”の意地悪な先輩の人かな?」とか別の事に意識が行ってしまう・・。

さらに、見どころのシーンも自分よりはるかに弱い小人相手に戦っているわけなんで結局弱い者イジメ。全然スカッとしない。だからロボットを出してきたんだろうけど、おかげでクライマックスができそこないの戦隊ヒーローもののようなグダグダな展開に・・・。その後のダンスシーンも「何がしたいの?」て感じで無駄に長いし・・。

はっきりいって小ネタで笑えるマニア向け。85分とかなり短めの作品なのに相当密度が薄く、つまんない映画でした。

J・Bの悪ノリここに極まる

投稿日

2011/06/21

レビュアー

元レンタルビデオ店長

大コケ映画したJ・Bのガリバー旅行記。
終始J・Bの悪ノリさがあり、どーしようもない映画。

パロディあり下ネタありのありきたりなコメディに、いつものJ・Bのノリ。
別に笑えりゃ良いんだが、兎に角ね中途半で無理やり終わらせている
やっつけ映画。

・・・・まぁ3Dで見た日にゃ金返せレベルだけど、
DVDで見たら、それなりに楽しめるかもね。

ジャック・ブラックファンの方々ごめんなさい

投稿日

2012/07/27

レビュアー

ちびた

ジョナサン・スゥィフトを下敷きにした割に
風刺がきいていません
たとえジャック・ブラックであっても
あえて下敷きに選んだガリバー旅行記を無視してはいけないと思います

無視していることはないと思うけどね

パロデイーもちらほら
どうせなら満載希望です
中途半端はやめて

ジャック・ブラックありきの作品だということは理解できても
どうしても拭い去れない 楽屋落ち感
身内で楽しむなら 公開は避けるべき…
赤塚不二夫の「これでいいのだ」同様

久々のネガティブレビューでした

男には自信が必要

投稿日

2011/12/24

レビュアー

こうさま

評価68点(100点満点)
小さい頃に見た絵本の「ガリバー旅行記」が懐かしく蘇えってきたような気がする。最近の子供は皆テレビ中心でアンパンマン大好きの家の孫みたいなのが多いようで、海外のお話が載った絵本なんかは読まないのだろうなぁ。ストーリーはあまりよく覚えていないが小人の国で縛られているガリバーや海の中で艦隊を何隻も引っ張っている絵が今でもどこかに残っている。
自信もなく上昇志向も薄く、最初の一歩が踏み出せないガリバーがひょんなことから小人の国へ、もともと気は優しいガリバー、姫や国のピンチを救い守護神として英雄視されるが、人生今までなかったことでつい有頂天になり調子に乗りすぎて巨人の国へ(絵本ではあまり巨人の国は記憶に残っていない)、これも一つの教訓というものだろう。
今度は気持ちをしつかりもって物事に立ち向かうガリバー、片思いだったダーシーにも告白できた、こうなると男は自信を持ってがんばれるというものなのだ。小人の国の古風な文化やしきたり、そこに現代の風を吹き込むガリバー、なかなかうまくマツチしている。ストーリーを通じてガリバー自身の男としての成長はいろんな教訓を含んでおり、これぞおとぎ話というものだろう。ラストをミュージカル風にまとめているところがなかなかよい。

J・ブラックの“ガリバー成長記”

投稿日

2011/10/11

レビュアー

哲郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ビジネスの現場から始まる出だしは現代的でなかなかいいと思ったのですが、やっぱり少年・ファミリー向けのおとぎ話ですね。
大人にはちょっと退屈です。
感心したのはCGやVFX。今ではもう当たり前になってしまったけど、これほどの映像表現もコンピューターで簡単に製作できる。
でも、デジタル合成で作っていると知っちゃっているからか、なんか現実味がない。アニメを見ているような感覚なんだよな。
昔のアナログ特撮映像のほうがリアリティがあると思うのは、私だけだろうか。
最後なんかしらのオチ(夢を見ていたとか)があると思って観てたんだけど、そのままでしたね。ちょっとガッカリ。
オジサンとしては、お色気のかかった“大人のガリバー旅行記”も見てみたいですね。
ジョナサン・スウィフトに怒られるか・・・

16〜 20件 / 全100件