完全なる報復

完全なる報復の画像・ジャケット写真

完全なる報復 / ジェイミー・フォックス

全体の平均評価点:(5点満点)

97

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「完全なる報復」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

愛する家族を奪われた主人公が、司法取引によって犯人が極刑を免れたことへの怒りを、犯人ばかりか司法関係者、さらには司法制度そのものへと向け、周到かつ壮絶な復讐劇を展開する戦慄のクライム・サスペンス。主演はジェラルド・バトラー、共演にジェイミー・フォックス。監督は「交渉人」のF・ゲイリー・グレイ。ある日突然、2人組の暴漢によって愛する妻子を目の前で惨殺され悲しみに暮れるクライド。しかし、主犯格の男は担当検事ニックが独断で行った司法取引によってわずか数年の禁固刑に。それから10年後、共犯の男の死刑が執行されるその日、復讐の鬼と化したクライドの恐るべき計画が幕を開ける。 JAN:4988013596320

「完全なる報復」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: LAW ABIDING CITIZEN

「完全なる報復」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

マッチスティック・メン

マリオネット・ゲーム

ロックンローラ

フッド:ザ・ビギニング

ユーザーレビュー:97件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全97件

注文の多い囚人

投稿日:2011/07/11 レビュアー:裸足のラヴァース

冒頭 妻子を殺されるまでがたったの三分 撮り方もひどいいいかげん ジェイミーもあっとゆうまに出てきて 法概念が前面化する 司法取引までが9分 そして10年後に飛んでしまって唖然となる 端折りすぎだよ 

それでも止まらず バトラーの刑務所への収監まで30分 スピード感ある演出ではなくて 他に何かやりたいことがあるなって臭わせる つまり妻子が殺される事件はマクガフィンと化す 脚本とアクションのシネマなのであろうか バトラーは狂気の主人公を良く演じているとゆうか製作も兼ねているのかあ ジェイミー・フォックスはどうも似合ってない役柄のような気もするが デンゼルとかウィル・スミスより好きなのでまあいいでしょうか

法体系を一個人の知力で 自壊に持ち込むってのが映画のテーマとしたら すげえなあとか思って期待したら 真面目に見ていたこちらがアホだった 途方も無い法螺話で後半は笑いっぱなし ははは いやこれでいいでしょう

法律と言うものはげんこつのような物質で出来ているものではなく<観念>であるのだから バトラーのように破壊できると思うようなものではない 司法取引の制度的妥当性を認めるとしてしかし 人民を守るべき法の<理念>に照らしてどうなのよと問いかけているわけだが するとジェイミーに法的正義を貫徹させるのが報復の目的にならねばならないはずが ジェイミーは超法規的処置に走って空っとぼけている それじゃ話が逆だ 二人の表情は曖昧になり観客は取り残されてしまうだろう

これは法理解が中途半端な本だからなんだけど 法がっとんでもないことになると言うよりも 「フォーガットン」な映画に帰結してしまったのでありました

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

かなり面白い

投稿日:2011/08/30 レビュアー:勇光

復習をやるならばここまでやらねば! っていう映画。
妻と娘を殺されたバトラーが徹底的にやる。
まずは犯人だが、その殺し方がイイ。極悪人を殺すなら、やっぱりこうだよな! って、いつも自分が思っていたとおりの殺し方をしてくれて溜飲がさがる。
そして、さらに、その犯人を司法取引で裁判にかけなかった法曹たちがやられる。善人面して自分の都合ばかりを優先し、好き勝手に法を運用している判事、検事、弁護士たちがどんどん殺されていく。その殺し方が見せ場。人を裁く法曹界の者たちは一種の特権階級なのであるが、与えられた特権に見合うだけの誠意を示さない者が多い。ホントの悪人はこいつらだ!っていうバトラーの主張には、つい感情移入してしまい、それらがどんどん殺されるのを観てると、思わず、よしっ! って膝を打ちたくなる。
が、いいところで幕引きとなり、司法取引をやった張本人は殺されない。
脚本家がビビったのか、監督がビビったのか、どういうことなのかよくわからないが、たぶん、テロリストのように思われたくない、っていう守りの気持ちが出たのだろう。
そのあっけない幕引きで欲求不満になるが、それまでは豪快このうえない映画。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

一秒も描かれない空白の10年間が、重い・・・重すぎる!

投稿日:2011/07/08 レビュアー:パンケーキレンズ

いきなり始まる事件
あっけなく終幕する、腑に落ちない“取引”
そして、サラッと流れていった10年間・・・

家族を殺された男の復讐劇がここから始まるわけですが
あの10年間が、サラッとどころではない
ドロドロのギットギトの10年間
一人一人と殺されていくたびに
この時間がどれだけ長くて、どれだけ重かったのかを思い知らされます・・・

まぁ、それを踏まえての残酷な殺人なのですが
グロNGの私には、う〜ん、ギリギリ・・・OUTに果てしなく近いww オエ〜www

でもこれ、すごい頭脳戦

人間が作った法律が掲げる正義は、いったい誰の為なのか

無理やりこじ開けて、ねじ込んだ感じの終幕でも
それを乗り越えてしまうくらい、訴えるものがありました

冒頭の数分の事件で、一気に乗っかれてしまう引き込み方はスゴイ

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

何が善で何が悪なのか…

投稿日:2012/01/30 レビュアー:きよまま

おもしろかったです!
獄中からの復讐って設定がいいですよね。

家族を殺された男の復讐劇な訳ですが、酷いし、やり過ぎなんだけど全然そんな感じがしないんですよ。
それは、ジェラバトの哀しみを宿した目力のせいでしょうかね。

ポイントは男が金持ちで発明家であるって所ですよね。
だから、あんなことやこんなことが、出来ちゃう訳で…

最後のどか〜〜ん!!は緻密な彼には不釣合いな感じがしてしまったのが残念でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

最後はただのサイコ野郎笑

投稿日:2011/12/14 レビュアー:け−な

まず見終わってつぶやいた一言が
『バドラーちゃん・・いい作品出れて良かったね〜(´ε`●) 』って感じだね!!
『ゲーマー』とか全然だったからなぁ(*´Д`)=3

前半は中々面白い展開で
もぉ私のアドレナリンもMAXでしたが・・・
後半がちょっと皆さんが
言っていた通りダレますねヽ(´Д`)ノ

法律の矛盾を付いてニヤニヤしていた
バドラーちゃんが良かったのに
後半はただのサイコ野郎だよ(;´Д`)
ちょっとツッコミ所が多くて・・残念かなぁ〜
まぁでも全体的に面白いお話だったので満足よ*:.☆.(´∀`人)

・・・ホラー好きとしては
奥さんと娘を殺した犯人に復讐するシーン!!
もっと詳しく見せてくれてもいいんだよ〜笑
手足全部切ってもわめいてる犯人
映してもいいんだよ〜

私・・言ってること鬼畜だ(´Д⊂)

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全97件

完全なる報復

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:97件

注文の多い囚人

投稿日

2011/07/11

レビュアー

裸足のラヴァース

冒頭 妻子を殺されるまでがたったの三分 撮り方もひどいいいかげん ジェイミーもあっとゆうまに出てきて 法概念が前面化する 司法取引までが9分 そして10年後に飛んでしまって唖然となる 端折りすぎだよ 

それでも止まらず バトラーの刑務所への収監まで30分 スピード感ある演出ではなくて 他に何かやりたいことがあるなって臭わせる つまり妻子が殺される事件はマクガフィンと化す 脚本とアクションのシネマなのであろうか バトラーは狂気の主人公を良く演じているとゆうか製作も兼ねているのかあ ジェイミー・フォックスはどうも似合ってない役柄のような気もするが デンゼルとかウィル・スミスより好きなのでまあいいでしょうか

法体系を一個人の知力で 自壊に持ち込むってのが映画のテーマとしたら すげえなあとか思って期待したら 真面目に見ていたこちらがアホだった 途方も無い法螺話で後半は笑いっぱなし ははは いやこれでいいでしょう

法律と言うものはげんこつのような物質で出来ているものではなく<観念>であるのだから バトラーのように破壊できると思うようなものではない 司法取引の制度的妥当性を認めるとしてしかし 人民を守るべき法の<理念>に照らしてどうなのよと問いかけているわけだが するとジェイミーに法的正義を貫徹させるのが報復の目的にならねばならないはずが ジェイミーは超法規的処置に走って空っとぼけている それじゃ話が逆だ 二人の表情は曖昧になり観客は取り残されてしまうだろう

これは法理解が中途半端な本だからなんだけど 法がっとんでもないことになると言うよりも 「フォーガットン」な映画に帰結してしまったのでありました

かなり面白い

投稿日

2011/08/30

レビュアー

勇光

復習をやるならばここまでやらねば! っていう映画。
妻と娘を殺されたバトラーが徹底的にやる。
まずは犯人だが、その殺し方がイイ。極悪人を殺すなら、やっぱりこうだよな! って、いつも自分が思っていたとおりの殺し方をしてくれて溜飲がさがる。
そして、さらに、その犯人を司法取引で裁判にかけなかった法曹たちがやられる。善人面して自分の都合ばかりを優先し、好き勝手に法を運用している判事、検事、弁護士たちがどんどん殺されていく。その殺し方が見せ場。人を裁く法曹界の者たちは一種の特権階級なのであるが、与えられた特権に見合うだけの誠意を示さない者が多い。ホントの悪人はこいつらだ!っていうバトラーの主張には、つい感情移入してしまい、それらがどんどん殺されるのを観てると、思わず、よしっ! って膝を打ちたくなる。
が、いいところで幕引きとなり、司法取引をやった張本人は殺されない。
脚本家がビビったのか、監督がビビったのか、どういうことなのかよくわからないが、たぶん、テロリストのように思われたくない、っていう守りの気持ちが出たのだろう。
そのあっけない幕引きで欲求不満になるが、それまでは豪快このうえない映画。

一秒も描かれない空白の10年間が、重い・・・重すぎる!

投稿日

2011/07/08

レビュアー

パンケーキレンズ

いきなり始まる事件
あっけなく終幕する、腑に落ちない“取引”
そして、サラッと流れていった10年間・・・

家族を殺された男の復讐劇がここから始まるわけですが
あの10年間が、サラッとどころではない
ドロドロのギットギトの10年間
一人一人と殺されていくたびに
この時間がどれだけ長くて、どれだけ重かったのかを思い知らされます・・・

まぁ、それを踏まえての残酷な殺人なのですが
グロNGの私には、う〜ん、ギリギリ・・・OUTに果てしなく近いww オエ〜www

でもこれ、すごい頭脳戦

人間が作った法律が掲げる正義は、いったい誰の為なのか

無理やりこじ開けて、ねじ込んだ感じの終幕でも
それを乗り越えてしまうくらい、訴えるものがありました

冒頭の数分の事件で、一気に乗っかれてしまう引き込み方はスゴイ

何が善で何が悪なのか…

投稿日

2012/01/30

レビュアー

きよまま

おもしろかったです!
獄中からの復讐って設定がいいですよね。

家族を殺された男の復讐劇な訳ですが、酷いし、やり過ぎなんだけど全然そんな感じがしないんですよ。
それは、ジェラバトの哀しみを宿した目力のせいでしょうかね。

ポイントは男が金持ちで発明家であるって所ですよね。
だから、あんなことやこんなことが、出来ちゃう訳で…

最後のどか〜〜ん!!は緻密な彼には不釣合いな感じがしてしまったのが残念でした。

最後はただのサイコ野郎笑

投稿日

2011/12/14

レビュアー

け−な

まず見終わってつぶやいた一言が
『バドラーちゃん・・いい作品出れて良かったね〜(´ε`●) 』って感じだね!!
『ゲーマー』とか全然だったからなぁ(*´Д`)=3

前半は中々面白い展開で
もぉ私のアドレナリンもMAXでしたが・・・
後半がちょっと皆さんが
言っていた通りダレますねヽ(´Д`)ノ

法律の矛盾を付いてニヤニヤしていた
バドラーちゃんが良かったのに
後半はただのサイコ野郎だよ(;´Д`)
ちょっとツッコミ所が多くて・・残念かなぁ〜
まぁでも全体的に面白いお話だったので満足よ*:.☆.(´∀`人)

・・・ホラー好きとしては
奥さんと娘を殺した犯人に復讐するシーン!!
もっと詳しく見せてくれてもいいんだよ〜笑
手足全部切ってもわめいてる犯人
映してもいいんだよ〜

私・・言ってること鬼畜だ(´Д⊂)

16〜 20件 / 全97件