トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合の画像・ジャケット写真

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合 / ケイト・ハドソン

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

ラブラブ状態の新婚家庭に図々しくも居候したトラブルメーカーが巻き起こす大騒動を描いたドタバタ・コメディ。主演はオーウェン・ウィルソン、共演にケイト・ハドソンとマット・ディロン。監督は「ウェルカム トゥ コリンウッド」のアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。ハワイで完璧な式を挙げ、2人だけの甘い新婚生活に胸躍らせるモリーとカール。そんな矢先、カールの親友ランディ・デュプリーが仕事も家も失ってしまい、同情したカールは少しの間だけ新居に居候させてあげることに。ところが自由奔放なデュプリーの迷惑三昧に、2人の新婚生活はメチャクチャにされてしまい…。

「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: YOU, ME AND DUPREE

「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スモーキング・ハイ

ザ・クリミナル 合衆国の陰謀

アベンジャーズ/エンドゲーム

密殺集団

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全25件

ばかばかしい友情と恋愛物語 ネタバレ

投稿日:2018/04/23 レビュアー:Yohey

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オーウェン・ウィルソンは、無駄に格好いいね、それだけの話です。でもなんか主役に同情してしまうなあ。義理の父親役はマイケル・ダグラスで娘かわいいのらしさ全開でした。

まあ嫁さん役の子がいまいち感情移入できない役でして新婚の幸せさを感じれないです。そこがどうかなって思いますね。彼女、悪い役者じゃないんだけどなぁ。

マイケル・ダグラスには、もっとがっつり娘親でのコメディ映画に出てほしいものです。そこが、本当、面白かった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

笑いのノリが違う

投稿日:2009/09/07 レビュアー:シネマ子

いわゆるKYな奴、デュプリー(オーエンウィルソン)が、周囲を巻き込んでいくドタバタコメディ。
こういうベターなナンセンス?アメリカンコメディって本当つまんない。何が面白いんだか笑えない。

オーエンウィルソンとケイトハドソンはこの作品で知り合って結婚したんですよね。確か。とっくに別れたみたいだけど。

この役者さん(オーエンウィルソン)よく知らないので、演技なのか地なのか、分かりませんがこうゆう人って本当いる!

実は何気に美形なのに、いつもセンス悪い露悪的なかっこうして、おバカでKYで品がなくて、なのに基本優しいので、精神不安定気味な異性から妙にもてもてで、いつも言い寄られてる男・・
あなたの周りにもいませんか?

生理的に私は駄目。この顔といいキャラと言いクリクリ金髪といい。
マットディロンとケイトハドソンとキャストもかなり豪華ですし、
このこてこてアメリカンコメディの世界のノリについていける方は良いのかも。

私は時間損したーって感じでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

自分らしく生きる4

投稿日:2008/09/24 レビュアー:はなびらもくれん

久々に見た感じ、theアメリカ映画!

内容といい、話の流れといい
特になにも考えず見れます

そこまでするか!のデュプリーに
どこまでもやさしいモリーとカール
でも次第にしょうがないな・・・と
見ながら二人と同じ気持ちになっちゃった
でも迷惑です、こんな親友

まぁ彼がきっかけでカールも
本来の自分らしさを取り戻していく

‘らしく’ってやっぱり難しいのかも
いつだってそう出来たらいいけど
なかなか難しいのが現実
だからできる範囲で、自分らしく生きられたら
それ以上の幸せは無いよね


このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

正直 ネタバレ

投稿日:2008/02/21 レビュアー:ponk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

言って微妙です。デュプリーに全く共感がもてません。
最後は、デュプリーが二人の仲を取り持った形にしてい
ますが、そもそも二人の仲が悪くなっ一番の原因はデュ
プリーにあるわけで、そりゃ責任もって仲直りさせろよ。
と突っ込みたくなる。マイケル・ダグラス演じる父親は
ただの嫌な奴だし。なにより、あれだけデュプリーのこ
とを嫌ってたモリーがいつの間にかデュプリーと仲良く
なっているのが意味不明。そりゃカールも不倫を疑っても
無理ないでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

0点(10点中)

投稿日:2007/11/19 レビュアー:tomtom

これだけキャストをそろえているのに山場がないので0点。

だらだら普通の話が続いていく映画。
エンターテイメント性がまるで無い。


オーウェンの兄のルーク・ウィルソンと出ている
「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」の方が面白いです。
物語がしっかりしています。
こっちのオーウェンも痛い役ですが・・・。

ラブコメ色強い映画を探しているなら
「愛しのローズマリー」がオススメ。

どっちもグイネスが出ています。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全25件

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

ばかばかしい友情と恋愛物語

投稿日

2018/04/23

レビュアー

Yohey

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オーウェン・ウィルソンは、無駄に格好いいね、それだけの話です。でもなんか主役に同情してしまうなあ。義理の父親役はマイケル・ダグラスで娘かわいいのらしさ全開でした。

まあ嫁さん役の子がいまいち感情移入できない役でして新婚の幸せさを感じれないです。そこがどうかなって思いますね。彼女、悪い役者じゃないんだけどなぁ。

マイケル・ダグラスには、もっとがっつり娘親でのコメディ映画に出てほしいものです。そこが、本当、面白かった。

笑いのノリが違う

投稿日

2009/09/07

レビュアー

シネマ子

いわゆるKYな奴、デュプリー(オーエンウィルソン)が、周囲を巻き込んでいくドタバタコメディ。
こういうベターなナンセンス?アメリカンコメディって本当つまんない。何が面白いんだか笑えない。

オーエンウィルソンとケイトハドソンはこの作品で知り合って結婚したんですよね。確か。とっくに別れたみたいだけど。

この役者さん(オーエンウィルソン)よく知らないので、演技なのか地なのか、分かりませんがこうゆう人って本当いる!

実は何気に美形なのに、いつもセンス悪い露悪的なかっこうして、おバカでKYで品がなくて、なのに基本優しいので、精神不安定気味な異性から妙にもてもてで、いつも言い寄られてる男・・
あなたの周りにもいませんか?

生理的に私は駄目。この顔といいキャラと言いクリクリ金髪といい。
マットディロンとケイトハドソンとキャストもかなり豪華ですし、
このこてこてアメリカンコメディの世界のノリについていける方は良いのかも。

私は時間損したーって感じでした。

自分らしく生きる4

投稿日

2008/09/24

レビュアー

はなびらもくれん

久々に見た感じ、theアメリカ映画!

内容といい、話の流れといい
特になにも考えず見れます

そこまでするか!のデュプリーに
どこまでもやさしいモリーとカール
でも次第にしょうがないな・・・と
見ながら二人と同じ気持ちになっちゃった
でも迷惑です、こんな親友

まぁ彼がきっかけでカールも
本来の自分らしさを取り戻していく

‘らしく’ってやっぱり難しいのかも
いつだってそう出来たらいいけど
なかなか難しいのが現実
だからできる範囲で、自分らしく生きられたら
それ以上の幸せは無いよね


正直

投稿日

2008/02/21

レビュアー

ponk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

言って微妙です。デュプリーに全く共感がもてません。
最後は、デュプリーが二人の仲を取り持った形にしてい
ますが、そもそも二人の仲が悪くなっ一番の原因はデュ
プリーにあるわけで、そりゃ責任もって仲直りさせろよ。
と突っ込みたくなる。マイケル・ダグラス演じる父親は
ただの嫌な奴だし。なにより、あれだけデュプリーのこ
とを嫌ってたモリーがいつの間にかデュプリーと仲良く
なっているのが意味不明。そりゃカールも不倫を疑っても
無理ないでしょう。

0点(10点中)

投稿日

2007/11/19

レビュアー

tomtom

これだけキャストをそろえているのに山場がないので0点。

だらだら普通の話が続いていく映画。
エンターテイメント性がまるで無い。


オーウェンの兄のルーク・ウィルソンと出ている
「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」の方が面白いです。
物語がしっかりしています。
こっちのオーウェンも痛い役ですが・・・。

ラブコメ色強い映画を探しているなら
「愛しのローズマリー」がオススメ。

どっちもグイネスが出ています。

16〜 20件 / 全25件