無ケーカクの命中男/ノックトアップ

無ケーカクの命中男/ノックトアップの画像・ジャケット写真

無ケーカクの命中男/ノックトアップ / キャサリン・ハイグル

全体の平均評価点:(5点満点)

24

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

「40歳の童貞男」のヒットメイカー、ジャド・アパトー監督によるハートフルなドタバタ・セックス・コメディ。気ままに生きる甲斐性なしのダメ男が、酔った勢いで一夜を共にした相手の予期せぬ妊娠を機に、大人の自覚と本当の愛に目覚めていくまでを下ネタ満載で描く。主演はセス・ローゲンとキャサリン・ハイグル。23歳のベンは、仲間たちと共同生活をしながら自堕落な日々を送る無職のダメ男。一方TV局で働く24歳のアリソンは、番組のレポーターに抜擢され昇り調子のキャリアウーマン。そんな2人はバーで出会い、お酒のせいで意気投合、酔った勢いでそのままベッドイン。翌朝、我に返り一夜の過ちと、さよならした2人だったが…。

「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: KNOCKED UP

「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ダメ男に復讐する方法

クルーレス

ルイーズに訪れた恋は・・・

スモーキング・ハイ

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全24件

流石

投稿日:2010/07/04 レビュアー:Don Vito(引退)

ジャド・アパトー&セス・ローゲンのゴールデンコンビ
駄目男シリーズの1つ。駄目男が、成長していく過程を面白くも感動的(?)に描いた作品。
駄目男は勇気付けられること間違いなし(!?)。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ど真ん中の映画でした。 ネタバレ

投稿日:2009/11/02 レビュアー:KEE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

Seth Rogen 大好きなんだけど、良かったです。

なんかこう酔った勢いでっていうのは大変わかるんだけど、避妊は大事だよね。


Katherine Heigl演じるアリソンは、E!TVのレポーターに抜擢されて、姉のデビーとクラブへ。
そこで、ちょっとcoolな出会いをした、ベンと一夜を共に。
朝になったら、ものすご〜く後悔するんだけど、まあ、one night standということで、彼女もすっかり忘れていたら、思わぬ妊娠。

姉と妊娠検査薬を何度も試すところが笑える。

しかし、ベンに連絡をとり事実を伝えるも、やっぱりの反応。
まあ、one night standのあとのあの、アリソンのstuck up気味の態度だとしょうがないかなあ。

でも、ベンはただの駄目な男じゃなかった。

アリソンが決めた決断に「I am in」とJOINする。
ここが素敵なのよ。
逃げない男。

ふたりは子供を持つまでにget know each otherしていく。
順番逆だけど、やっぱりこれもありだね。
いろいろ形とか、順序とかないんだろうね、きっと。

ベンの友人たちも、かなりgeekな感じで笑える。

アリソンの姉、デビーを Leslie Mann。
この手の映画の常連です。
すごくきれいなんだけど、もう若くないことを気にしてるんだよね。

クラブで、HOTなGirlsたちは、Lineに並ばなくても入れてくれるんだけど、アリソンが妊婦になるまでは、入れてくれてたのに、もうドアマンは「列に並べ」っていうんだよね。
なんか空しいなあ。
私も、いつも、Lineに並んでると「girls」と呼ばれて、中に入れてもらってた口なんだけど、今だったら入れてもらえないかも(涙)

結構この映画、笑えるんだけど、リアルな部分もあり、家族愛もあり、もりだくさんなのよ。

本当の愛なんかどこにあるかわからない。

ベンはとっても素敵だし、 Katherine Heiglも可愛いし、とにかく笑いっぱなしでした。

お下品な映画がだめでなければ是非どうぞ。




このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ベンはいい奴だった ネタバレ

投稿日:2009/10/14 レビュアー:hitomi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

借りる前はもっともっとくだらないおバカ満載のコメディーかと思ってた。
で、実際観てみると、コメディー色もまぁまぁあるけど、普通にヒューマンドラマって言っても通る作品だったわ。

内容的には自堕落なダメダメ男が1度寝ただけの女を孕ませてしまい、なんだかんだありつつもその彼女の心の支えになって無事赤ちゃんが産まれてくる。という感じ。

よくあるこの手の話では、妊娠を知った途端に逃げる男ってパターンが多いと思うけど、このベンって男はいい加減な生き方をしてきた割には心が暖かいので、妊娠から逃げない大した男でした。

世の中のダメダメ男に見せたい1本でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

共感できるかできないかが大きいかも。 ネタバレ

投稿日:2009/09/25 レビュアー:さすらいのウィン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

うーん×3
私にはイマイチでした。

ゆるいお馬鹿仲間と人生を楽しむベンが昇進祝いで羽目を外してしまったキャリアウーマンのアリソンとクラブで出会い、酔った勢いで一夜を共にし翌朝我に返って一夜限りの関係と別れるも…ビンゴ!だったというお話です。

アリソンはいいんです。羽目を外してどうみてもタイプではない男性と出会って数時間後にはベッドインというのは考えなしすぎるとは思うけど仕事はちゃんとこなす、わりとしっかりした女性だから。
まぁ…ところどころで(時には重大な)“抜け”があってそれが今回のようなことに繋がるわけですが…。

問題はベンです。

ダメ男って簡単にいうけど、“単に気ままに生きる甲斐性なし”ってレベルじゃない。常習的にマリファナは吸うし小汚いし定職に付いてないどころかバイトすらしてない。これは不良債権もいいとこ、ないなぁ。

劇中、二人は生まれてくる赤ちゃんのためになんとか何とか愛情を芽生えさせようとします。アリソンは未婚でお腹が膨れていく状況に折り合いをつけようと努力をし、ベンも義務感から思いやりをもってアリソンに接します。そこにアリソンの姉夫婦の浮気疑惑などの問題が絡み…

このへんは子供を持つということに対して実感のわきにくい男性と、身を持って実感することになる女性との温度差が上手く現れた作品かな、と思いました。でもこちらが促さなくてもちゃんと父親の自覚の芽生える人だっているのだから私だったらそういう人がいいな。

最後にはベンもアリソンも、そして姉夫婦にもアリソンの妊娠はいい影響を与えたと思います。現実はもっと×2だいぶ大変だと思うけど…(汗)

しかし、“おしるし”も知らない臨月の妊婦って居るの?
アリソンのこういう詰めの甘いところが今回の出来事に繋がったんだなとつくづく感じた私でした。

赤ちゃんが出てくる場所を作り物とはいえ映したシーンがあるのにはちょっと引いたり(汗)
エンドロール中も本編の続きのようなものが流れます(ちょっとうろ覚えで間違ってたらスミマセン)

いい話なんだろうけど私には主人公にどうしても好意がもてなくてアウトでした。
赤ちゃんだけでも大変なのに子供みたいな人の成長まで助けてあげれないわ…。
監督は『40歳の童貞男』の人らしいのですがそっちの作品の方はよかったと思うのでうーん…やっぱり登場人物に対して共感できるかって大きいのかな。

興味がある方にだけオススメです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ちゃんと見ると

投稿日:2009/09/24 レビュアー:martina

セス・ローゲンはかっこいい!オタクとかきもい役やっても素敵だー 私服のときのメガネが最高。(劇中には登場しないですが)

それはさておきWOWOWでR15だったけど、そう?キャサリン・ハイグルが脱いでるわけでもないしー

一晩の過ち(キャサリンの方ね)から真実の愛を見つけていく、そんな内容ですが、ベン(セス)が根が真面目なオタクだから成り立つわけで、キャリアウーマンが本当の超キモいオタクと結ばれるなんてないと思ったり。

キャサリン・ハイグルは今のりのりだけど、グレイズアナトミーの主役エレン・ポンピオさんはなかなか乗れませんねー完全に抜かされた感じですねー

これはコメディーではないと思うんですがね。ラブストーリーです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全24件

無ケーカクの命中男/ノックトアップ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:24件

流石

投稿日

2010/07/04

レビュアー

Don Vito(引退)

ジャド・アパトー&セス・ローゲンのゴールデンコンビ
駄目男シリーズの1つ。駄目男が、成長していく過程を面白くも感動的(?)に描いた作品。
駄目男は勇気付けられること間違いなし(!?)。

ど真ん中の映画でした。

投稿日

2009/11/02

レビュアー

KEE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

Seth Rogen 大好きなんだけど、良かったです。

なんかこう酔った勢いでっていうのは大変わかるんだけど、避妊は大事だよね。


Katherine Heigl演じるアリソンは、E!TVのレポーターに抜擢されて、姉のデビーとクラブへ。
そこで、ちょっとcoolな出会いをした、ベンと一夜を共に。
朝になったら、ものすご〜く後悔するんだけど、まあ、one night standということで、彼女もすっかり忘れていたら、思わぬ妊娠。

姉と妊娠検査薬を何度も試すところが笑える。

しかし、ベンに連絡をとり事実を伝えるも、やっぱりの反応。
まあ、one night standのあとのあの、アリソンのstuck up気味の態度だとしょうがないかなあ。

でも、ベンはただの駄目な男じゃなかった。

アリソンが決めた決断に「I am in」とJOINする。
ここが素敵なのよ。
逃げない男。

ふたりは子供を持つまでにget know each otherしていく。
順番逆だけど、やっぱりこれもありだね。
いろいろ形とか、順序とかないんだろうね、きっと。

ベンの友人たちも、かなりgeekな感じで笑える。

アリソンの姉、デビーを Leslie Mann。
この手の映画の常連です。
すごくきれいなんだけど、もう若くないことを気にしてるんだよね。

クラブで、HOTなGirlsたちは、Lineに並ばなくても入れてくれるんだけど、アリソンが妊婦になるまでは、入れてくれてたのに、もうドアマンは「列に並べ」っていうんだよね。
なんか空しいなあ。
私も、いつも、Lineに並んでると「girls」と呼ばれて、中に入れてもらってた口なんだけど、今だったら入れてもらえないかも(涙)

結構この映画、笑えるんだけど、リアルな部分もあり、家族愛もあり、もりだくさんなのよ。

本当の愛なんかどこにあるかわからない。

ベンはとっても素敵だし、 Katherine Heiglも可愛いし、とにかく笑いっぱなしでした。

お下品な映画がだめでなければ是非どうぞ。




ベンはいい奴だった

投稿日

2009/10/14

レビュアー

hitomi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

借りる前はもっともっとくだらないおバカ満載のコメディーかと思ってた。
で、実際観てみると、コメディー色もまぁまぁあるけど、普通にヒューマンドラマって言っても通る作品だったわ。

内容的には自堕落なダメダメ男が1度寝ただけの女を孕ませてしまい、なんだかんだありつつもその彼女の心の支えになって無事赤ちゃんが産まれてくる。という感じ。

よくあるこの手の話では、妊娠を知った途端に逃げる男ってパターンが多いと思うけど、このベンって男はいい加減な生き方をしてきた割には心が暖かいので、妊娠から逃げない大した男でした。

世の中のダメダメ男に見せたい1本でした。

共感できるかできないかが大きいかも。

投稿日

2009/09/25

レビュアー

さすらいのウィン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

うーん×3
私にはイマイチでした。

ゆるいお馬鹿仲間と人生を楽しむベンが昇進祝いで羽目を外してしまったキャリアウーマンのアリソンとクラブで出会い、酔った勢いで一夜を共にし翌朝我に返って一夜限りの関係と別れるも…ビンゴ!だったというお話です。

アリソンはいいんです。羽目を外してどうみてもタイプではない男性と出会って数時間後にはベッドインというのは考えなしすぎるとは思うけど仕事はちゃんとこなす、わりとしっかりした女性だから。
まぁ…ところどころで(時には重大な)“抜け”があってそれが今回のようなことに繋がるわけですが…。

問題はベンです。

ダメ男って簡単にいうけど、“単に気ままに生きる甲斐性なし”ってレベルじゃない。常習的にマリファナは吸うし小汚いし定職に付いてないどころかバイトすらしてない。これは不良債権もいいとこ、ないなぁ。

劇中、二人は生まれてくる赤ちゃんのためになんとか何とか愛情を芽生えさせようとします。アリソンは未婚でお腹が膨れていく状況に折り合いをつけようと努力をし、ベンも義務感から思いやりをもってアリソンに接します。そこにアリソンの姉夫婦の浮気疑惑などの問題が絡み…

このへんは子供を持つということに対して実感のわきにくい男性と、身を持って実感することになる女性との温度差が上手く現れた作品かな、と思いました。でもこちらが促さなくてもちゃんと父親の自覚の芽生える人だっているのだから私だったらそういう人がいいな。

最後にはベンもアリソンも、そして姉夫婦にもアリソンの妊娠はいい影響を与えたと思います。現実はもっと×2だいぶ大変だと思うけど…(汗)

しかし、“おしるし”も知らない臨月の妊婦って居るの?
アリソンのこういう詰めの甘いところが今回の出来事に繋がったんだなとつくづく感じた私でした。

赤ちゃんが出てくる場所を作り物とはいえ映したシーンがあるのにはちょっと引いたり(汗)
エンドロール中も本編の続きのようなものが流れます(ちょっとうろ覚えで間違ってたらスミマセン)

いい話なんだろうけど私には主人公にどうしても好意がもてなくてアウトでした。
赤ちゃんだけでも大変なのに子供みたいな人の成長まで助けてあげれないわ…。
監督は『40歳の童貞男』の人らしいのですがそっちの作品の方はよかったと思うのでうーん…やっぱり登場人物に対して共感できるかって大きいのかな。

興味がある方にだけオススメです。

ちゃんと見ると

投稿日

2009/09/24

レビュアー

martina

セス・ローゲンはかっこいい!オタクとかきもい役やっても素敵だー 私服のときのメガネが最高。(劇中には登場しないですが)

それはさておきWOWOWでR15だったけど、そう?キャサリン・ハイグルが脱いでるわけでもないしー

一晩の過ち(キャサリンの方ね)から真実の愛を見つけていく、そんな内容ですが、ベン(セス)が根が真面目なオタクだから成り立つわけで、キャリアウーマンが本当の超キモいオタクと結ばれるなんてないと思ったり。

キャサリン・ハイグルは今のりのりだけど、グレイズアナトミーの主役エレン・ポンピオさんはなかなか乗れませんねー完全に抜かされた感じですねー

これはコメディーではないと思うんですがね。ラブストーリーです。

16〜 20件 / 全24件