ハート・ロッカー

ハート・ロッカーの画像・ジャケット写真
ハート・ロッカー / ジェレミー・レナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

237

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ハート・ロッカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハートブルー」「K−19」のキャスリン・ビグロー監督が、テロの脅威が続く混沌のイラクを舞台に、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班は、班長の殉職を受けてジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。そして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とする3人ひと組の爆弾処理チームは、任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。そんな彼らには、狂気と緊張に満ちあふれた数々の試練や悲しみが待ち受けていた…。

「ハート・ロッカー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE HURT LOCKER
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 作品賞
2009年 NY批評家協会賞 作品賞
2009年 LA批評家協会賞 作品賞

「ハート・ロッカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハート・ロッカーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE73669 2010年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 16人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:237件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全237件

戦争は麻薬のようなものネタバレ

投稿日:2010/08/06 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

試写会でみました。
座席に傾斜もない小さなスクリーンだったので、とても観にくかったのですが、それでも集中してみてしまうほど、リアルで迫力のある映画でした。

2004年夏のイラク・バクダッド郊外。
死と隣り合わせの前線で、爆弾処理に従事するブラボー中隊は、任期明けまであと38日。そんな時隊のひとりが殉職。補充としてやってきたウィリアム(ジェレミー・レナー)の死を恐れぬ振る舞いに、補佐のサンボーンとエルドリッジは不満と焦燥をつのらせる。

任期が明けるまでの38日の様子を、ただ淡々と描いていて、特にこれといったストーリーはないといってもいいくらいなのですが、細かいカットを重ねたリアルな映像で、一触即発の緊張感は途切れることがありません。
映画の中心となる3人にはあまり知られていない俳優を使い、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアーズという有名俳優があっという間に死んでしまうせいもあり、この3人の運命にますます緊張感が高まってゆきます。

「戦争はまるで麻薬のようなもの」。
ジェレミー・レナー演じるウィリアムが、充分なサポートもつけず、時には防護服までも脱いで、まるで何かのゲームに興じるかのように、爆弾を処理してゆく様子には、この言葉がぴったり。
38日が過ぎて除隊した彼も、現実の生活には適応できず、スーパーマーケットでシリアルを選ぶことすらできない。
せっかく任期を無事に過ごしても、また戦地に戻るしか生きる道がない、そんな精神状態に人を追い込んでしまう戦争の狂気をひしひしと感じました。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白い映画ですネタバレ

投稿日:2010/08/06 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 公開とアカデミー賞受賞がほとんど同時だったので話題になり、結構ヒットしたのではないかと思います。僕はアカデミー賞をはじめ賞というものはあまり信用していませんが、これはサスペンスフルで面白い映画だと思います。もちろん「この世から消えていい」映画だとは思いません。少なくとも、題材が似ているポール・グリーングラスの自堕落な『グリーン・ゾーン』なんかよりはるかに面白い作品だと思います。
 この映画の面白さは、物語ではなく(物語はほとんどないに等しいから)空間の捉え方から発するサスペンスではないかと思います。
 人気のなくなったバグダッドの街を、防護服に身を固めたジェームズが歩いていく。周囲の窓からのぞくイラク人住民。遠巻きにする米兵たち。極めつけは、見つけた爆弾を引っ張り上げると、触手のようなその全貌が地中から顔を出す瞬間でしょうか。俯瞰で捉えられたこの瞬間に「ぞぞっ」とする。本作の楽しみどころはそういうところではないかと思います。
 また国連の前だったか、不審車が見つかるところも面白いと思います。多数の一般人が退避する中で、他の部隊の兵が散開し警戒にあたる。周辺の建物の屋上にうごめく影という複雑で立体的な動きが見事に捉えられていると思います。
 突然遠方から狙撃を受けるシーンでも、遙かな距離をおいての戦闘の醍醐味がありました。動くことができずに次第に乾いていく唇などのディティールもいいと思います。狙撃戦としては、これまでのいろいろな映画の中でも見応えがあるほうです。十分時間をおいてからやっと体を起こすのも、ドラマティックではありませんがリアリティが感じられます。
 爆弾処理といいながら、爆弾を処理できるかどうかというタイムリミット型サスペンスを志向していないのは、終盤の「爆弾男」のシーンでもはっきりしますね。『ジャガーノート』みたいな「赤か青か」なんてことにはしないわけですね。
 この終盤の「爆弾男」のシーンも、住宅街の真ん中の広場が舞台となって、すべては群衆の眼の前で起こります。いわば、主人公たちが出動する場所は、常に劇場的な空間。誰かに見られている中での作業ですからね。だから、最初の方で主人公が長々と街路の真ん中を歩いて行くのは、花道を歩いて行くようなもので、まことに適格な演出であったのではないかと思います。
 監督のキャスリーン・ビグローは、『アバター』のジェームズ・キャメロンのもと妻ということも知られていますが、『ブルー・スチール』『ハートブルー』のような、面白いアクション映画を撮ってきた人。いずれも女性らしからぬ(逆に女性だから?)ハードな「男同士の世界」に対する関心というか憧憬が感じられて、その分やや感傷的なきらいがあります。本作でも、酔っぱらった三人がふざけ合って組み合ううちに、馬乗りなったり殴り合ったり……みたいな薄暗いシーンが印象的です。これは男の友情(+愛情)というものはこういう風であってほしいという、願望がでているのではないかと思いますが、男目線ではちょっと恥ずかしい感じもします。65点。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

B+  緊迫感!ネタバレ

投稿日:2010/09/11 レビュアー:かづしげ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(ネタバレあり)
 クライマーズ・ハイとかナチュラル・ハイの部類か。導入部から前半、イラクで爆弾処理に当たる班長ジェームズ(ジェレミー)は「スリルを楽しむ男」そんな感じだった。
 中盤、砂漠の銃撃戦は爆弾処理シーン以上にしびれるような緊迫感が続いた。このシーンで彼の行動は驚くほど辛抱強い。彼が死と隣り合わせの危険を楽しんでる訳じゃないことが良く分る。生き残ること。サンボーン軍曹と心の交流が生まれたのもここだ。
 全編を見渡せば彼が決して中毒症状に陥ってる訳じゃなく、爆弾処理を通じて味方の命、いや人命の損失を食い止めようという使命感で動いてることが良く分る。一見命知らずの行動は、自身の心を防御しながら使命を果たす為のプラス的神経麻痺だと思える。


※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

永久に死ぬまで

投稿日:2010/12/09 レビュアー:ビンス

凄いです。
緊張感がずっと持続します。
爆弾処理のシーン。
爆発のシーン。
銃撃のシーン。
緊張して汗ばみながら、同時に渇いていく。
カラカラに渇いていく。

こういう作品よりも、もっと夢ある作品がアカデミー賞を獲ってほしいと思う今日このごろ。

何気に出演者が豪華。


幸せ広げに行きます。
不幸せ摘みに行きます。
私の幸せを賭けて望みます。
私の希望を賭けて望みます。
私の未来を賭けて望みます。
帰るために赴きます。
生きるために赴きます。
少しでも平和に天秤が傾けばと。
少しでも幸せに天秤が傾けばと。
望まれて。
望まれなくとも。
幸せから生まれてくる幸せ。
不幸せから生まれてくる幸せ。
幸せが生まれれば、結果的に白。
幸せが生まれなくても、たぶん白。
私たちの通った道は、白くなければならない。
幸せから幸せが生まれて。
その幸せから、また幸せが生まれて。
繋がって。
そんな世界を望み。
しかし、その世界では生きてはいけないだろう、私。
知ってしまった私。
戻れない私。
戻りたくない私。
不幸よ咲き乱れろ。
少なくとも私が生きているうちは。
私が「輝き」を望んでいるうちは。
幸せを広げるんだから。
私の中の私が、咲き乱れる黒を望んでたっていいだろう。
私の前に黒をください。
白にしてみせます。
私は私を燃やし尽くしながら、幸せを掴んでいたいのです。
私は平和のなかですり減りながら、死んでいきたくないのです。。
永久に死ぬまで、私を殺さないでほしい。
黒に囲まれながら、白に塗り替えたいのです。
黒に囲まれながら。
黒に囲まれながら。

さっき言葉を交わした人間が、この世から一瞬で消え去っていく世界の中で。
消えていった人間を心に刻む暇すら失われていく世界の中で。
それでも私は、その世界の大地に立ちたい。
愛する人が拒んでも。
愛するわが子と離れても。
その大地に立ちたい。
その大地で奮えたい。
その大地で燃え尽きたい。
灰になるまで。
灰に還るまで。

個人的ハイライトは、スーパーマーケット?大型ショッピングモール?のシーン。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最大のBGMは自分の心拍音

投稿日:2010/12/01 レビュアー:パンケーキレンズ

ホントに監督が女性なのかと疑いたくなるほどの
男臭さ、汗臭さの充満した緊張の連続

張り詰めた糸がいつ切れるのか・・・

気が付けば自分の心拍数も自然と上がってしまっていました

イラクの戦場で爆弾処理にあたるジェームズ
イラク市民に紛れ込み、姿をくらませながらも
次々に爆弾を仕掛けるテロとの戦い

ストーリーが進むにつれてその爆弾がエスカレートしていくサマに
最後は手の震えが止まらなかった

これが実際のイラク戦争に忠実であるかどうかは別として
灼熱の炎天下、砂けむり、錆びた鉄の匂い、路地裏の猫にまで漂う
臨場感に見入ってしまい、
建物から見物する民間人が本物なのではと幻覚するほどです

”戦争は麻薬である”の抜粋の下に
ザラついたフィルムにメッセージを収めた本作

常に果敢にタフに任務をこなすジェームズ
爆弾に取り憑かれた彼には妻と子供がいるにもかかわらず
「自分の居場所は戦場しかない」と豪語する

それとは対照的に
エルドリッチの戦争に対する悲観的な台詞が印象的で
サンボーンが最後に流した涙に虚しさすら感じるのでした

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全237件

ハート・ロッカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる