(500)日のサマー

(500)日のサマーの画像・ジャケット写真
(500)日のサマー / ズーイー・デシャネル
全体の平均評価点:
(5点満点)

128

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「(500)日のサマー」 の解説・あらすじ・ストーリー

運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を、青年の心情に寄り添ってリアルに綴る異色のロマンティック・コメディ。主演はジョセフ・ゴードン=レヴィットとゾーイ・デシャネル。監督は新鋭マーク・ウェブ。グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまう。やがて、ぎこちないながらもサマーとの距離を縮め、ついに晴れて交際へと漕ぎ着ける。このバラ色の時間がいつまでも続くと信じて疑わないトムだったが…。

「(500)日のサマー」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: (500) DAYS OF SUMMER

「(500)日のサマー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

(500)日のサマーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
164枚 6人 10人

【Blu-ray】(500)日のサマー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:128件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全128件

★★★★ 失恋男のヨタ話

投稿日:2012/12/14 レビュアー:ガラリーナ

(DVDにて鑑賞)
(ちょっとネタバレ)

サマーという名の女の子に恋をして、傷ついて、忘れられなくて、ぐずぐずしている男のヨタ話。
ジョセフ・ゴードン・レビットがかわいいのでそれなりに最後まで楽しく見られました。
でも、どうなんでしょう。恋には男の視点と女の視点があって、
片方が盛り上がっている時にも実はもう片方は冷めてたりして…なんてのはよくあること。
えー、そんな風に思ってたんかい!と後で気づかされるのは、確かに失恋した方からすると傷に塩を塗り込まれるような痛みを感じる。
うんうん、そうだろう、そうだろうよ。
悲しかったね、つらかったね…とぽんぽんと頭を撫でてあげ…たりせんわい!甘えんな。給料もらってんだからちゃんと仕事しろ!
などと、心の中でノリツッコミしながら見られるというのは、それはそれなりにこの映画にノセられているということなのでしょう。

500日という恋愛期間を行ったり来たりする見せ方で、ある時はラブラブだったのに、ある時はケンカ中。
その間に一体何が起きたのだろうとこちらのイメージをかき立てる構成はうまいです。
これだけ小刻みに行ったり来たりすると、話が複雑になりそうですけど、そうはならない。
むしろ、恋愛の「いい時」と「悪い時」がテンポよく織り交ぜられていて、非常にリズミカル。
これでサマーがもうちょっと可愛い女の子だったら良かったんだけど、そこまで入れ込む理由が皆目わからん。
まあそれが恋ってもんですわな。

そして案外男性レビュアーさんの入れ込んだレビューが多いということも本作の一面を表しているように思うのですが。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お互いの その目線は どこを見ている・・・?

投稿日:2011/05/02 レビュアー:パンケーキレンズ

手を繋いでデートして、キスをして、時々相手の考えていることが分からなくなって・・・
サマーとの500日間の、あんな事こんな事

終始、トム(ジョセフ・ゴードン=レビット)の男性目線だったのが新鮮でした

サマー(ズーイー・デシャネル)は、ほんと可愛い
着てる服、全部欲しいくらい可愛かった♪
彼女の言葉や視線から感じる、“傷付きたくないオーラ”が切なかったな〜

500日って初めから言ってしまっている時点で、2人の結末は想像できる・・・
真髄はたぶん、400日以降くらいのような気がする
そう、ボーイ・ミーツ・ガールなんですよ〜

トム目線で進行する2人の恋に見え隠れする、サマーの恋愛観

積極的に後ろ向きなサマー

違う方向を向いてる二人だけど、涙とかでしんみりしない
サマーという名に相応しい、爽やかな関係に好感がもてます☆

ジョセフ・ゴードン=レビットの細長いネクタイが好き

IKEAデートも好き
並んだ家具に、近い未来の自分を投影するのは、私もよくする事です♪

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

B  表面的な言葉を信じるな!ネタバレ

投稿日:2011/04/09 レビュアー:かづしげ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(ネタバレ)
 縛られたくないから友達でいいかしら、恋仲にはなりたくないし、恋なんて幻想みたいなもの……運命の恋を信じるならトムは始めからそんなことを主張するサマーを選ぶべきじゃなかったし、サマーを本気で選んだのなら自己の信念を譲るべきじゃなかったのだろう。表面的な言葉を信じるな、内なる心を探り出せ! 弄ばれるな、振り向かせろ。草食でも良いが、たまには肉食系になってみるのも悪くない。好きな仕事にトライするトムはそんな感じかな。
 ラスト……夏が過ぎトムに秋が訪れた。飽きが来ないように祈ろう 笑


※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

シアワセになってね。ネタバレ

投稿日:2010/08/29 レビュアー:忙中有閑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「キル・ショット」という佳作ハードボイルド・アクションでバカ丸出しのチンピラを好演していたジョセフ・ゴードン=レビットと「イエスマン」でジム・キャリーの相手役、超フツーの女の子を演じたゾーイ・デシャネルの共演というので大変楽しみにしていました。
何てこと無いフツーのラブストーリーですが、とにかく最近は「設定」に凝り過ぎてドタバタ喜劇にしかなって無い「ラブコメ」や、ただの「婚活」ハウツーものでしかない「ロマコメ」が氾濫していて観る度に不快な思いをしているもので(観なきゃいいのに)、逆にフツーの男の子と女の子のフツーの恋愛をフツーに描いたこんな作品が何かとっても爽やかで愛おしく感じてしまいます。見込んだ通りジョセフ君は上手いし、ゾーイちゃんはますますフツーな可愛いさを発揮していて、オジサン大満足でした。
しかしこれだけじゃレビューにならんのでトシの割には少ない経験から一つだけ申し上げると、この二人の「500日」は確かに「恋」なんだとは思いますが「愛」には至って無いんですね。「恋」とは利己的なものなも(奪うもの)ですが「愛」というのは本質的に利他的なもの(与えるもの)なんです。
「シアワセになりたい」んじゃなくて「相手にシアワセになってほしい」と願うのが「愛」です。「500日」も恋をして、二人ともそこが分からず別れに至るのは、私のような年寄りには全く勿体無いハナシだと思えるのですが、まぁ若いうちはしょうが無いんでしょうね。何度も恋をして初めて分かるものなのかも知れません。
ですからトム(ジョゼフ)はすぐ次の「恋」が待ってる(らしい)から希望がありますが、心配なのはサマー(ゾーイ)のほうです。何せせっかく「恋」をしてたのに、「ドリアン・グレイの肖像」読んでたら声を掛けて来た、ってくらいのことで「運命の人」(つまり「ゴール」でしょ?)に遭ったと決めちゃって、トムを振っちゃって、もう一生「恋」をしないつもりなんでしょうか?
「ドリアン・グレイ」の彼をサマーは「シアワセにしてあげたい」と思えたんだといいんですけど。トムの別れの言葉、もしかしたら彼は「分かった」のかも知れませんね。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

【惚れたら負け】組ネタバレ

投稿日:2010/08/15 レビュアー:メ・モスケ君

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

このトムってのは、私?っていうほどすごくわかる。
私は女性だけれど、悲しいかな恋愛弱者(恋心の大きい側)である
トムの恋のスタンスには共感できる点多し。

特に、サマーのパーティに招待されたときにの、妄想と現実の対比は秀逸だ。
超わかる!100%あるあるなガッカリネタ。
そうそう。現実は妄想ほど期待できる展開にはいかないんだよなぁ。
どうして、人はそんなに期待をふくらませてしまうんだろう。
ちょっとしたことで舞い上がって過度な期待をふくらませる一方、
ちょっとしたことで嫌われているんじゃないかと不安になる。
相手はまったく何も思っていないのに。
それで、自分の心を守るため、相手のイヤな面を探したりする。
心がざわざわしてるのは自分ひとり。

こーゆう奴(私も含む)にかぎって、フラレタ後も未練たらたら。
何がいけなかったのか悩み続ける。直せば、きっと、元に戻れると信じて。
でも、たぶん、答えはわかってる。わかりたくないだけ。元には戻れない。
どんなに短所ばかりの人物でも、惚れた相手なら許せるはず。
それは自分が一番よくわかってる。フラレタってことは、
そもそも相手は自分にそれほど惚れていないのだ。
自分にとって、運命の相手だったとしても、相手にとってもそうとはかぎらない。
とても残念なことだけどそれが真実なのだ。
そして、こーゆう奴(私も含む)にかぎって、次の恋がはじまれば、
今までの暗い気持ちはなんだったんだろうというほど、スッと次の恋に熱中できるのだ。

この惚れたら負けってお話はとってもよくわかるのだけれども、
わかりすぎてちょっぴり心が痛む。苦い薬のようなお話だ。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全128件

(500)日のサマー