遊星からの物体X

遊星からの物体Xの画像・ジャケット写真
遊星からの物体X / カート・ラッセル
全体の平均評価点:
(5点満点)

122

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
ジャンル:

「遊星からの物体X」 の解説・あらすじ・ストーリー

氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。

「遊星からの物体X」 の作品情報

製作年: 1982年
製作国: アメリカ
原題: THE THING/JOHN CARPENTER’S THE THING

「遊星からの物体X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

遊星からの物体Xの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 英語 中国語 韓国語 スペイン語 ポルトガル タイ 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30363 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 0人

【Blu-ray】遊星からの物体X(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日 英 解 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/イタリア語
4:ドルビーデジタル/ステレオ/ドイツ語
5:ドルビーデジタル/ステレオ/スペイン語
6:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1030 2010年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 3人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:122件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全122件

レビュー広場の醍醐味

投稿日:2011/11/25 レビュアー:まりこ

多くの楽しく味わい深いレビューを拝見し、多くの映画ファンの皆様と交流が広がり、未知の傑作をご紹介頂き、思いがけない世界に目を見張る。
幾度も幾度も幸せな出会いを頂き、映画への興味は尽きる事がありません。
これこそが正にレビュー広場の醍醐味でしょう。
加えて言えば、レビュアー諸氏の後ろには幾多のファン(これはレビュアーに限った事ではありません)が存在し、DISCAS会員の重要なナビゲイターたり得ているのも厳然たる事実です。
このようなシステムを提供されているDISCASさんの努力に感謝すると共に、この後も目先の利益に捕らわれず、映画産業発展の一翼を担う気概をもって、末永くレビュー広場の健全な運営をお願いしたいものです。

ところで、本作もその「未知の傑作」のひとつ。
思いがけないレビュアーさんのご紹介が無ければ、おそらく出会わなかっただろう一本です。

いきなりの冒頭シーンから素晴らしい。
雪原を疾走するハスキー犬、追うヘリと狙撃する男。
疑問符だらけの導入部から物語はテンポ良く進行し、混乱する男達と共に観客自身も謎解きに没入していきます。
SFであり、ホラーであり、密室の推理劇であり、サスペンスであり、アクション映画でもある。
あらゆる要素を詰め込んだ一見派手な造りですが、静寂から一転、爆発的な動へと展開する実にメリハリの効いた演出で、全編ダレるところがありません。
特に秀逸なのは「血液検査」の場面。
焼いた針金のジュッという音と極限の男達の安堵、或いはいきなり暴発するエイリアンのグロテスクと恐怖。
疑心暗鬼に陥り乍らも、逃げ出せない静かな絶望感。
異形の物に襲われる場面でさえ、粛々と描かれた感があります。
視覚的恐怖を煽れるだけ煽り、絶叫ばかりが響く近年のホラー映画とは一線を画し(と、エラそうに言える程ホラーに詳しくはありませんが)、浮つかず落ち着いた「恐怖」を堪能しました。
「え?終わり?」
前のめり状態で、このエンディングにはちょっとびっくり。
謎をはらんだままの終結ですが、全てを決着させる、或いは思わせぶりの「不粋」はしない方が「粋」というものかも知れません。

思えばジョン・カーペンター監督は全くの未見。
また楽しみが増えて、うれしいことです。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エイリアンよりドピューッ!

投稿日:2005/12/01 レビュアー:Bikke兄

当時の彼女との初デート。ポルターガイストと同時上映だったので、予備知識なしに鑑賞。それがなんと!ドピューッ、ドヒャーッ!?
とっても良い青春の甘酸っぱい思い出です(苦笑)。
映像がスゴい。エイリアンの様な姿が見える恐さでないのですが、時折見せる容姿は文字通り、妖怪変化!?結構グロいです。
ストーリー展開もスリリング。奴はまるで、意志を持った感染ウィルス。人間同士の疑心暗鬼となる心理描写はもちろん、出演者も全編緊張感に包まれた緊迫した演技を見せてくれます。
カーペンターお気に入り(私もお気に入り)のカート・ラッセルがワイルドでカッコいい!
ラストの「どうなるんだ?」もやっと感もお気に入りです。
初デート帰りの夜、夢にドピューッ!が出てきました。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エイリアンより恐い

投稿日:2005/09/19 レビュアー:ベイトン

同様の意見が幾つかあったが、全くその通りだと思った。「エイリアン」は見ればそれと解る。「X」なるものは、ヒトに姿を変えているから、外見から判断できない。だからなおさら恐い。隊員たちも疑心暗鬼になる。そして、血液検査。血液が熱から逃れようと動き出したのにはびっくりした。Xが細胞レベルまで意思を持っている事や、いきなり変形して人を襲うシーンなど、以前読んだ「寄生獣」という漫画を思い出した。とにかく恐い作品だ。ラストは結局どうなったの・・・?という感じが残った(モヤモヤした感じ。意味深な印象もあり、決して悪い意味ばかりではない)。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

すごい

投稿日:2006/12/03 レビュアー:だっさん

 やっぱりカーペンターはすごいです。この映画は何回観たでしょうか。ストーリーはすでに分かっていても、怖さを盛り上げていく手腕には脱帽させられます。20年以上前に撮られた映画ですが、いつまで経っても色あせること無く、語り継がれるSFホラーの最高峰に位置する映画だと思います。私の中ではエイリアンと並んで双璧です。

 今の最新のSFXを駆使した映画を見慣れている若い方でも、この映画を観ていない方は是非一度見てください。きっと、衝撃を受けると思いますよ。そして、他のカーペンター作品も観て欲しいと思います。最近パッとしませんが、彼のファンとしては、彼のすごさを一人でも多くの人に分かってもらえたら、と思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

不滅の名作SFホラー、グロテスクなエイリアンがGoodだよd(゜-^*)

投稿日:2012/01/28 レビュアー:mikitty.

観始めてすぐ、ヘリコプターに追いかけられる犬の映像に観たことがあると思いました。
そして、手に取るようにストーリーを思い出し、ついつい最後まで惹き付けられてしまいました。
とても印象的な内容のショッキングなSFホラー映画です。
舞台は南極のアメリカ観測基地です。犬を追いかけ銃を乱射するのはノルウェー隊のヘリコプターです。
追いかけられている犬の正体は、実は10万年前に飛来したエイリアンが蘇生して、犬に同化し姿を変えているのです。
その犬がアメリカ観測基地に逃げ込み、隊員達に襲い掛かり同化するのです。だから外見は人間ですが正体は恐ろしいエイリアンなのです。
お互いをエイリアンではないかと疑う隊員たちは、隔離したり手足を縛り血液を採取し検査したりします。
エイリアンが姿を現す時がとてもグロテスクで凄いです。一瞬目を疑うほどで超キモイです。
ヌメヌメした体で腹部から人間の顔が出てきたり、首がスポンと取れ顔の横からクモのような足が何本も出て飛び跳ねたり、とにかくグロテスクです。
古い映画ですが、映像は綺麗です。この映画は「遊星よりの物体X」をジョン・カーペンター監督がリメイクしたものだそうです。
まだ未見の方、これは必見です。おススメいたします。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全122件

遊星からの物体X