ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの画像・ジャケット写真

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド / ダニエル・デイ=ルイス

全体の平均評価点:(5点満点)

117

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

ジャンル :

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

「マグノリア」のポール・トーマス・アンダーソン監督が名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、石油を掘り当てアメリカンドリームを実現した男の欲望と裏切りの人生模様を骨太に描く一大叙事詩。原作は、社会派作家アプトン・シンクレアが27年に発表した『石油!』。20世紀初頭。一攫千金を夢見る山師の男ダニエル・プレインヴュー。孤児を自分の息子H.W.として連れ歩く彼は、ある日ポールという青年から自分の故郷の土地に油田があるはずだとの情報を得て、西部の町リトル・ボストンへと向かう。そして、すぐさま土地の買い占めに乗り出す。そんな中、ポールの双子の兄弟でカリスマ牧師のイーライが、ダニエルへの警戒を強めていく。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: THERE WILL BE BLOOD
受賞記録: 2007年 アカデミー賞 主演男優賞
2008年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞)
2007年 ゴールデン・グローブ 男優賞(ドラマ)
2007年 NY批評家協会賞 男優賞
2007年 LA批評家協会賞 作品賞

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

チルファクター

ナイト&デイ

エリザベス∞エクスペリメント

キング 罪の王

ユーザーレビュー:117件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全117件

面白いとかつまんないとかじゃない感じ・・・・。

投稿日:2009/12/13 レビュアー:MM3

とにかく、石油王ダニエルの欲望まみれの人生を淡々と描いている。

ダニエルデイルイスの演技と、荒削りな音楽、殺風景な景色
など、印象に残るポイントはたくさんありますが・・・

面白いとかつまんないとか何も感じなかったです。

また、社会派ドラマなのですが、
なにかメッセージ的なものや、製作者がいいたいことは
とくに伝わってこなかった・・・・

正直言って眠かったし、お勧めするものでもないが、
まあ、見てよかった。
でも2度は見ないかな。

イーライが不気味気色悪いです・・・
どっかで見たなと思ったら、リトルミスサンシャインの引きこもり?兄さんでした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

星:4点 「悩める人でなしは巨人か狂人か」 ネタバレ

投稿日:2009/08/03 レビュアー:Miching Mallecho

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2回観ての感想です。
初めて観たときは採点不能でした。難しくて。
話としては難しくありません。極めてシンプルです。
登場人物も多くなく、人物関係も非常にわかりやすい。
でも難しいんです。主人公の感情の動きが複雑だからだと思います。
2回観てやっといろいろ感じることができました。
役者の台詞を追うだけじゃなく、
表情の変化やちょっとした演技の端々まで
しっかり観ることが要求される、とても質の高い映画だと思います。
簡単に言うと、たぶん一人の男の悲劇です。
非常に複雑な感情の持ち主ですが、核になってるのは欲望と嫌悪。
後者の嫌悪は人間嫌いと自己嫌悪。
その感情がこのキャラをとても興味深くしてます。
怒れる男、妬み深い男であるこの主人公は、
人が成功するのが気に食わないし、人なんか信用できない。
そのくせ、そんな自分も好きになれなくて、
心の底では人との繋がりを求めている。でもそれを否定する自分もいる。
支配欲が強いのに自分を支配できない。コントロールできない。
自分との戦いに敗れた彼は最終的に孤独な狂人と化してしまいます。
何度も観るに値するとてもいい映画だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

かの国の黒き血。

投稿日:2008/10/02 レビュアー:spider

私もゆみゆみさんと同じくアカデミー受賞作ということで、C級作品探訪の合間に気軽に手を伸ばしたら、面白かったけど結構重かったですね。個人的にはよく対比される「ノーカントリー」の方が楽しめました。

物語の構造上、なんとなくダニエルに寄り添って見始めたら、後半はかなりつらくなりました。勝王さんが触れられているように、彼に感情移入してしまうのは正しい見方ではないのでしょう。もしかしたら後味の悪さも含めて監督の計算の範囲なのかもしれませんが。

ダニエルやイーライはかなりアクの強い強烈なキャラクターとして描かれているのですが、多少のデフォルメはあるにせよ、この時代にあって彼らが特別に異常な人物だったというわけではなくて、ある意味彼らのような人間が、今に至るアメリカという国の礎をつくってきたということなのでしょう。

アメリカ人が自国のこの時代をどのようにとらえているのかはよく知りませんが、P.T.A監督が敢えてこのよう人物像を提示し、その作品が今アカデミーをとるということは、この時代のダークサイドについて、これまであまり積極的には語られてこなかったということかもしれません。

さておき私はこの手の作品を語れるほど映画の知識もなくアメリカの歴史にも詳しくないので、ぜひぜひ勝王さんや、ミルクチョコさん、パープルローズさん、花ちゃん、ひろぼうさんなど、他の皆さんのすばらしいレビューを参考にしてください。

さてそろそろ本業に戻るか。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

重く、暗く、長く、続く

投稿日:2008/09/14 レビュアー:ゆみゆみ

『パンチドランク・ラブ』のポール・トーマス・アンダーソン監督作品ってことで、
絶対肌が合わないってことはわかっていたのですが、アカデミー主演男優賞を獲得した作品なので、
試しに観てみることに・・・そう気軽に観てはいけなかったですね。

石油を掘り当て、石油王として君臨していく男の人生が描かれているのですが、
簡単なサクセスストーリーではなく、ドロドロとした人間模様が色濃く描写されていて本当に暗い・・・
不協和音が流れる映像は、気分を悪くしかねないですね。

石油王ダニエル・プレインヴューの人生にアメリカって国を投影させているようですが、
国の成り立ちと宗教絡みは、あたしには難しくってよくわからなかったです。

でも、ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノの演技には圧倒されました。
ラストの二人が対峙するシーンもすごい緊張感と迫力で、全てが集約された場面だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱり苦手です

投稿日:2008/09/07 レビュアー:さむこ

この監督の前作、「パンチドランク・ラブ」の良さも理解できなかったのですが、この作品はさらに苦手なものになっていました。
見終わってぐったり。

ダニエル・デイ=ルイスの凄まじい演技には圧倒されましたが、私には向いていないようです。
好きな要素が1つもありませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全117件

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:117件

面白いとかつまんないとかじゃない感じ・・・・。

投稿日

2009/12/13

レビュアー

MM3

とにかく、石油王ダニエルの欲望まみれの人生を淡々と描いている。

ダニエルデイルイスの演技と、荒削りな音楽、殺風景な景色
など、印象に残るポイントはたくさんありますが・・・

面白いとかつまんないとか何も感じなかったです。

また、社会派ドラマなのですが、
なにかメッセージ的なものや、製作者がいいたいことは
とくに伝わってこなかった・・・・

正直言って眠かったし、お勧めするものでもないが、
まあ、見てよかった。
でも2度は見ないかな。

イーライが不気味気色悪いです・・・
どっかで見たなと思ったら、リトルミスサンシャインの引きこもり?兄さんでした。

星:4点 「悩める人でなしは巨人か狂人か」

投稿日

2009/08/03

レビュアー

Miching Mallecho

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2回観ての感想です。
初めて観たときは採点不能でした。難しくて。
話としては難しくありません。極めてシンプルです。
登場人物も多くなく、人物関係も非常にわかりやすい。
でも難しいんです。主人公の感情の動きが複雑だからだと思います。
2回観てやっといろいろ感じることができました。
役者の台詞を追うだけじゃなく、
表情の変化やちょっとした演技の端々まで
しっかり観ることが要求される、とても質の高い映画だと思います。
簡単に言うと、たぶん一人の男の悲劇です。
非常に複雑な感情の持ち主ですが、核になってるのは欲望と嫌悪。
後者の嫌悪は人間嫌いと自己嫌悪。
その感情がこのキャラをとても興味深くしてます。
怒れる男、妬み深い男であるこの主人公は、
人が成功するのが気に食わないし、人なんか信用できない。
そのくせ、そんな自分も好きになれなくて、
心の底では人との繋がりを求めている。でもそれを否定する自分もいる。
支配欲が強いのに自分を支配できない。コントロールできない。
自分との戦いに敗れた彼は最終的に孤独な狂人と化してしまいます。
何度も観るに値するとてもいい映画だと思います。

かの国の黒き血。

投稿日

2008/10/02

レビュアー

spider

私もゆみゆみさんと同じくアカデミー受賞作ということで、C級作品探訪の合間に気軽に手を伸ばしたら、面白かったけど結構重かったですね。個人的にはよく対比される「ノーカントリー」の方が楽しめました。

物語の構造上、なんとなくダニエルに寄り添って見始めたら、後半はかなりつらくなりました。勝王さんが触れられているように、彼に感情移入してしまうのは正しい見方ではないのでしょう。もしかしたら後味の悪さも含めて監督の計算の範囲なのかもしれませんが。

ダニエルやイーライはかなりアクの強い強烈なキャラクターとして描かれているのですが、多少のデフォルメはあるにせよ、この時代にあって彼らが特別に異常な人物だったというわけではなくて、ある意味彼らのような人間が、今に至るアメリカという国の礎をつくってきたということなのでしょう。

アメリカ人が自国のこの時代をどのようにとらえているのかはよく知りませんが、P.T.A監督が敢えてこのよう人物像を提示し、その作品が今アカデミーをとるということは、この時代のダークサイドについて、これまであまり積極的には語られてこなかったということかもしれません。

さておき私はこの手の作品を語れるほど映画の知識もなくアメリカの歴史にも詳しくないので、ぜひぜひ勝王さんや、ミルクチョコさん、パープルローズさん、花ちゃん、ひろぼうさんなど、他の皆さんのすばらしいレビューを参考にしてください。

さてそろそろ本業に戻るか。

重く、暗く、長く、続く

投稿日

2008/09/14

レビュアー

ゆみゆみ

『パンチドランク・ラブ』のポール・トーマス・アンダーソン監督作品ってことで、
絶対肌が合わないってことはわかっていたのですが、アカデミー主演男優賞を獲得した作品なので、
試しに観てみることに・・・そう気軽に観てはいけなかったですね。

石油を掘り当て、石油王として君臨していく男の人生が描かれているのですが、
簡単なサクセスストーリーではなく、ドロドロとした人間模様が色濃く描写されていて本当に暗い・・・
不協和音が流れる映像は、気分を悪くしかねないですね。

石油王ダニエル・プレインヴューの人生にアメリカって国を投影させているようですが、
国の成り立ちと宗教絡みは、あたしには難しくってよくわからなかったです。

でも、ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノの演技には圧倒されました。
ラストの二人が対峙するシーンもすごい緊張感と迫力で、全てが集約された場面だと思います。

やっぱり苦手です

投稿日

2008/09/07

レビュアー

さむこ

この監督の前作、「パンチドランク・ラブ」の良さも理解できなかったのですが、この作品はさらに苦手なものになっていました。
見終わってぐったり。

ダニエル・デイ=ルイスの凄まじい演技には圧倒されましたが、私には向いていないようです。
好きな要素が1つもありませんでした。

16〜 20件 / 全117件