1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. コメディのDVDレンタル
  5. サンシャイン・クリーニング

サンシャイン・クリーニング

サンシャイン・クリーニングの画像・ジャケット写真

サンシャイン・クリーニング / エイミー・アダムス
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点: (5点満点)

53

サンシャイン・クリーニング /クリスティン・ジェフズ

全体の平均評価点: 

予告編を観る

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「サンシャイン・クリーニング」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

『リトル・ミス・サンシャイン』製作チームが贈るヒューマンコメディ。負け組人生を送るローズとノラの姉妹は、一発逆転を狙うべく割のいい“事件現場”のハウスクリーニング事業を始めるが…。主演は『魔法にかけられて』のエイミー・アダムス。

「サンシャイン・クリーニング」 の作品情報

作品情報

製作年:

2008年

製作国:

アメリカ

原題:

SUNSHINE CLEANING

「サンシャイン・クリーニング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ユー・ガット・メール

ウルフマン

her/世界でひとつの彼女

ロードキラー in L.A.

チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全53件

不安なときに人は喋りたくなるのよ。ただ聞いてあげればいいの ネタバレ

投稿日:2010/09/30 レビュアー:bokensdorf

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

エイミー・アダムスのコメディと聞いて借りた。けど、まったく笑えるシーンは一カ所しかなくて全然コメディではなくてがっかり。

白人の低所得層が主人公一家。アルバカーキを映画で初めて見たけど郊外の自然の景色はきれいだけど殺風景な町だ。むかし、米空軍の友人が世界中駐屯して「ハワイは退屈だった。沖縄も島だから行く所がすぐ無くなって同じだ。一番良かったのはアルバカーキ」と言っていたが、観てみて住みたいと思うような町では無かったです。日本の田舎の方がずっとキレイです。

で、どうしようもない出口の見えない白人一家。いわゆるホワイト・トラッシュ。アメリカの田舎が舞台の映画って、(アメリカは実はほとんどが田舎ですが)「もうこの町にいてもどうにもならない!」という焦燥感や諦め感がかならず、必ず、描かれるが、アメリカの田舎に生まれたら自分だったらきっと同じで這い上がる事ができずにもがき苦しむ人生だったろうなぁ、といつも思う。そんなに才覚ないし。日本人で良かったです…。

アジア人経営者に小突き回される白人を妹が代表してます。学歴も技能も無い。貧乏だから大学とか専門学校とかも行けず、人生にヤルキが無くていつも不機嫌な顔をしているのは美人なのに可哀想な事です。美人に見えないです。おまけに2008年になってまだマリファナパーティーなんかやってる。現実逃避です。アメリカ人は辛いです。

一貫して上昇志向のエイミー・アダムス姉ですが、この映画で根本的に受け入れられないのは「成功=金を稼ぐこと」というアメリカ的図式です。それは日本人の私の価値観とは相容れないです。日本人もそういう価値観の人が増えているとは知ってますけど、おじいちゃんもカネカネ、8歳の孫に資本主義とは何かを伝授している。子供の頃からアメリカ人はカネカネと教えられるのです。おじいちゃんの愛の表現は物やカネです。誰もこのことに疑問を持ちません。そういう価値観は好きではないです。


リトルなんとかという映画の関連という位置づけらしいですが、監督も脚本も関係無いです。どちらもほとんど実績の無い人です。素人なのかな。リトル何とかも白人低所得者一家を描いていましたが、どちらも最後は私には甘過ぎるエンディングで、受け入れられませんでした。これは「ビンボーでも(アメリカでは貧乏は負け組の定義なんです。受け入れれません。私は貧乏ですが負け組とは思ってません)家族があればいいじゃないか(アメリカは家族愛がやたらに大事)」という価値観なんです。とてもそうだそうだとは私には思えません。車でどこかにでかける妹は希望を象徴しているのか?場所を変えればどうにかなる、この町を出て行く事が出発になる、そういう安直な考え方で幸せになるとは思えないというか、有り得ないです。甘いです。人生を真剣に考えている脚本とは思えないです。

エイミー・アダムスはとても良かった。この人は人間自体がまじめで正直な人だと思う。妹が汚れたマットレスに顔を突っ込んでしまったときの「笑っちゃいけないけど可笑しくて笑ってしまってご免なさい」という笑い方、演技を超えてます。ここが唯一笑えるシーンでした。微笑ましいお姉さんです。まじめで、どうしても妹の世話を考えてしまうという長女のキャラクタにぴったり。エイミー・アダムスには「まじめさん」というニックネームをつけたいです。

あと、夫が自殺してしまったおばあさんが家の前でどこそこのパンがおいしいのよとかなんとか訳の分からない事を喋り続けますが、あれは何なんだと思いましたら「不安なときに人は喋りたくなるのよ。ただ聞いてあげればいいの。それで落ち着くから。」と解説が入り、実際そのとおりにエイミー・アダムスは黙って話を聞き、おばあちゃんは落ち着きました。うーん、そうなのか。勉強になりました。

エイミー・アダムスが好きなら観ても良いと思います。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

愛はカネでは買えない ネタバレ

投稿日:2011/05/15 レビュアー:忙中有閑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「リトル・ミス・サンシャイン」と「関係あり」」というのは本当なんですか?監督も脚本も違うし役者もアラン・アーキンがお祖父ちゃん役で出てるのが同じ、というだけですけど。私は「リトル…」のほうはウケ狙いが上手いだけの「あざとい」映画だと感じて嫌いでしたから、この作品もハナから観るつもり無かったんですが、私のお気に入りレビュアーの方々が面白いレビュー寄せておられるんで観てみることにしたんです。
確かに「リトル…」に比べれば格段に好感の持てる映画だとは思いました、エイミー・アダムスですし。しかしやっぱりオハナシとして面白くない映画ですねぇ。ちょっとネタが古過ぎると思うんですね。アメリカではまだ「勝ち組、負け組」とか「キミにも出来る起業(ベンチャー・ビジネス)」なんてことやってるんでしょうか?その辺りのところは「リトル…」の時点でも既に「お笑いネタ」になってたと思いますが。まぁこの映画でも「ベイビー・シャワー」とか「事件現場清掃業」とか「爺さん一人でやるエビの取引」とか「お笑いネタ」のつもりなんでしょうが、オハナシ自体どうにもシリアスなんで「おいおい、マジかよ!」ってビックリしちゃいました。確かに「カネさえあればシアワセになれる」という信憑はまだまだ強いのかもしれませんが、「結局カネは金持ちのところにしか集まらない」ことも既に常識として行きわたってきていて、「貧乏人はカネが無くてもシアワセになる方法を考えるしかない」という方向に社会は動き始めている(少しづつではあるけれど)と私は思ってるんですけどね、。楽観的過ぎる見方かもしれませんけど。
で、「リトル…」は「貧乏人がカネが無くてもシアワセになるには家族愛しか無い」って実に安直なメッセージを何の具体性も無くポンと置きっ放しにして終わったワケですが、この映画も結局そこから何も進歩してませんね。「リトル…」の家族もあのミスコンが終わって2日もすればまた元の黙阿弥で「カネが無いからシアワセになれない」家族に当然の如く戻っちゃうのは明らかですし、こちらの姉妹も父親も同様でしょう。子供がまた同じように育つでしょうし。何故それを断言出来るかと言うと彼らはまだ「家族愛にもカネが必要だ」って考えてるからなんですね。ここを考え直さない限り貧乏人はいつまで経ってもシアワセになれない(笑)。
実は「金持ち」も「愛はカネでは買えない」ハズ(金持ちになったこと無いんで分かりませんが)なんですけどね。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

B  展開の妙はないが、良いかも

投稿日:2010/08/12 レビュアー:かづしげ

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

あっさりとしたドラマ

投稿日:2010/07/29 レビュアー:ぴぐぽぐ

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

頑張れっ!

投稿日:2010/07/10 レビュアー:Don Vito(引退)

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全53件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:53件

不安なときに人は喋りたくなるのよ。ただ聞いてあげればいいの

投稿日

2010/09/30

レビュアー

bokensdorf

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

エイミー・アダムスのコメディと聞いて借りた。けど、まったく笑えるシーンは一カ所しかなくて全然コメディではなくてがっかり。

白人の低所得層が主人公一家。アルバカーキを映画で初めて見たけど郊外の自然の景色はきれいだけど殺風景な町だ。むかし、米空軍の友人が世界中駐屯して「ハワイは退屈だった。沖縄も島だから行く所がすぐ無くなって同じだ。一番良かったのはアルバカーキ」と言っていたが、観てみて住みたいと思うような町では無かったです。日本の田舎の方がずっとキレイです。

で、どうしようもない出口の見えない白人一家。いわゆるホワイト・トラッシュ。アメリカの田舎が舞台の映画って、(アメリカは実はほとんどが田舎ですが)「もうこの町にいてもどうにもならない!」という焦燥感や諦め感がかならず、必ず、描かれるが、アメリカの田舎に生まれたら自分だったらきっと同じで這い上がる事ができずにもがき苦しむ人生だったろうなぁ、といつも思う。そんなに才覚ないし。日本人で良かったです…。

アジア人経営者に小突き回される白人を妹が代表してます。学歴も技能も無い。貧乏だから大学とか専門学校とかも行けず、人生にヤルキが無くていつも不機嫌な顔をしているのは美人なのに可哀想な事です。美人に見えないです。おまけに2008年になってまだマリファナパーティーなんかやってる。現実逃避です。アメリカ人は辛いです。

一貫して上昇志向のエイミー・アダムス姉ですが、この映画で根本的に受け入れられないのは「成功=金を稼ぐこと」というアメリカ的図式です。それは日本人の私の価値観とは相容れないです。日本人もそういう価値観の人が増えているとは知ってますけど、おじいちゃんもカネカネ、8歳の孫に資本主義とは何かを伝授している。子供の頃からアメリカ人はカネカネと教えられるのです。おじいちゃんの愛の表現は物やカネです。誰もこのことに疑問を持ちません。そういう価値観は好きではないです。


リトルなんとかという映画の関連という位置づけらしいですが、監督も脚本も関係無いです。どちらもほとんど実績の無い人です。素人なのかな。リトル何とかも白人低所得者一家を描いていましたが、どちらも最後は私には甘過ぎるエンディングで、受け入れられませんでした。これは「ビンボーでも(アメリカでは貧乏は負け組の定義なんです。受け入れれません。私は貧乏ですが負け組とは思ってません)家族があればいいじゃないか(アメリカは家族愛がやたらに大事)」という価値観なんです。とてもそうだそうだとは私には思えません。車でどこかにでかける妹は希望を象徴しているのか?場所を変えればどうにかなる、この町を出て行く事が出発になる、そういう安直な考え方で幸せになるとは思えないというか、有り得ないです。甘いです。人生を真剣に考えている脚本とは思えないです。

エイミー・アダムスはとても良かった。この人は人間自体がまじめで正直な人だと思う。妹が汚れたマットレスに顔を突っ込んでしまったときの「笑っちゃいけないけど可笑しくて笑ってしまってご免なさい」という笑い方、演技を超えてます。ここが唯一笑えるシーンでした。微笑ましいお姉さんです。まじめで、どうしても妹の世話を考えてしまうという長女のキャラクタにぴったり。エイミー・アダムスには「まじめさん」というニックネームをつけたいです。

あと、夫が自殺してしまったおばあさんが家の前でどこそこのパンがおいしいのよとかなんとか訳の分からない事を喋り続けますが、あれは何なんだと思いましたら「不安なときに人は喋りたくなるのよ。ただ聞いてあげればいいの。それで落ち着くから。」と解説が入り、実際そのとおりにエイミー・アダムスは黙って話を聞き、おばあちゃんは落ち着きました。うーん、そうなのか。勉強になりました。

エイミー・アダムスが好きなら観ても良いと思います。

愛はカネでは買えない

投稿日

2011/05/15

レビュアー

忙中有閑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「リトル・ミス・サンシャイン」と「関係あり」」というのは本当なんですか?監督も脚本も違うし役者もアラン・アーキンがお祖父ちゃん役で出てるのが同じ、というだけですけど。私は「リトル…」のほうはウケ狙いが上手いだけの「あざとい」映画だと感じて嫌いでしたから、この作品もハナから観るつもり無かったんですが、私のお気に入りレビュアーの方々が面白いレビュー寄せておられるんで観てみることにしたんです。
確かに「リトル…」に比べれば格段に好感の持てる映画だとは思いました、エイミー・アダムスですし。しかしやっぱりオハナシとして面白くない映画ですねぇ。ちょっとネタが古過ぎると思うんですね。アメリカではまだ「勝ち組、負け組」とか「キミにも出来る起業(ベンチャー・ビジネス)」なんてことやってるんでしょうか?その辺りのところは「リトル…」の時点でも既に「お笑いネタ」になってたと思いますが。まぁこの映画でも「ベイビー・シャワー」とか「事件現場清掃業」とか「爺さん一人でやるエビの取引」とか「お笑いネタ」のつもりなんでしょうが、オハナシ自体どうにもシリアスなんで「おいおい、マジかよ!」ってビックリしちゃいました。確かに「カネさえあればシアワセになれる」という信憑はまだまだ強いのかもしれませんが、「結局カネは金持ちのところにしか集まらない」ことも既に常識として行きわたってきていて、「貧乏人はカネが無くてもシアワセになる方法を考えるしかない」という方向に社会は動き始めている(少しづつではあるけれど)と私は思ってるんですけどね、。楽観的過ぎる見方かもしれませんけど。
で、「リトル…」は「貧乏人がカネが無くてもシアワセになるには家族愛しか無い」って実に安直なメッセージを何の具体性も無くポンと置きっ放しにして終わったワケですが、この映画も結局そこから何も進歩してませんね。「リトル…」の家族もあのミスコンが終わって2日もすればまた元の黙阿弥で「カネが無いからシアワセになれない」家族に当然の如く戻っちゃうのは明らかですし、こちらの姉妹も父親も同様でしょう。子供がまた同じように育つでしょうし。何故それを断言出来るかと言うと彼らはまだ「家族愛にもカネが必要だ」って考えてるからなんですね。ここを考え直さない限り貧乏人はいつまで経ってもシアワセになれない(笑)。
実は「金持ち」も「愛はカネでは買えない」ハズ(金持ちになったこと無いんで分かりませんが)なんですけどね。

B  展開の妙はないが、良いかも

投稿日

2010/08/12

レビュアー

かづしげ

あっさりとしたドラマ

投稿日

2010/07/29

レビュアー

ぴぐぽぐ

頑張れっ!

投稿日

2010/07/10

レビュアー

Don Vito(引退)

16〜 20件 / 全53件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

サンシャイン・クリーニング