ファイト・クラブの画像・ジャケット写真

ファイト・クラブ / エドワード・ノートン

全体の平均評価点:(5点満点)

163

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ファイト・クラブ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

不眠症に悩む若きエリートのジャック。彼の空虚な生活は、謎の男タイラーと出会ってから一変する。自宅が火事になり、焼け出されたジャックはタイラーの家へ居候することに。「お互いに殴り合う」というファイトにはまっていく二人のもとに、ファイト目当ての男たちが集いあうようになる。そして秘密組織“ファイト・クラブ”がつくられた!<BR>

「ファイト・クラブ」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

原題:

FIGHT CLUB

「ファイト・クラブ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アレキサンダー

ブラッドレイン

ドラゴン・タトゥーの女

ローン・レンジャー

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全163件

ずば抜けたアイデア ネタバレ

投稿日:2004/09/05 レビュアー:span

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭、自分より悲惨な人が集まる会を探して、
自分の悩みを解消する、というのには参りました。
彼女とがちあわないように、この会を譲るからこの会には来るな、などといい争ってるシーンもかなり笑えます。
ただ、私は女性で、ボクシングを見るのも苦手な方なので、
殴り合って悩みを解消する、という感覚が理解できなかったです。
だから、そのクラブにカリスマのごとく集まってくる人々という設定も。
そして、それが発展して警察沙汰の事件を起こしていくという流れはちょっとそこまでいくと違うモノになってるような・・・と思いながら・・・。
しかし、”セブン”に並ぶ、ラストは驚愕な結末で、
ずば抜けたアイデアに感心しました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

何度も見てしまいました。

投稿日:2010/05/31 レビュアー:パンケーキレンズ

見れば見るほどドツボにはまり、
「あの時のあれは何だったの?」
「あの時ああ言ってたのは・・・?」
何度も何度も見てしまいました。
びっくり仰天の結末を知った後でもかなり楽しめます。

いつも眩しそうな顔のノートン、いいですね〜。

公衆電話からタイラーに電話するシーン。
コインを入れてダイヤルを押す、
あの撮り方、大好きです。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

決して 楽しい映画ではありません。 ネタバレ

投稿日:2007/05/23 レビュアー:徒然蜜柑白書

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

巧妙に仕組まれた“罠”のような映画です。

この映画の凄いところは ほんとうの主人公はジャックでもタイラーでもないところなのです。

本作を表面だけ見てしまうと たぶん暴力的な破壊映画、2重人格者の妄想映画といった感想になると思います。

ヒントを提示します。
エンドロールをよく見てください。
Edward Nortonの役名はどうなっていましたか?
ジャックでしたか?

違いますね。そこにはNarrator(語り部)と書かれています。

Edward Nortonは 語り部なのです。そういえば直接台詞を耳で聞いている方はお気づきでしょうけれど 字幕にしてもすべて一人称形式で語られるように進行していきます。

主人公の視点から見た世界が描かれている「自叙伝的私小説映画」なんです。

ジャックとかタイラーといった名前はあくまで 自助グループにおいて“彼”自身が名乗っていた仮称なのです。
そこにこの映画のトリックが隠されています。
もうひとつ Narratorが語る“彼”(=主人公)とはすなわち「観客自身」であるのです。

作品の感想は あなたそして私自身の自己内面かもしれません。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

暴力にカッコよさを見出せない私には不向き

投稿日:2009/10/05 レビュアー:ムーミンママ

チープなバイオレンス映画でないことはわかりました。
大量消費の物質社会への批判?
確かにそんなメッセージも盛り込まれているのもわかります。

でもやっぱり苦手なものは苦手。
バイオレンスシーンは痛いです。
あの汚らしいアジトも苦痛です。

破壊に美学を見出すことは私には出来ません。
ラストシーンには空虚な恐ろしさを感じました。

レビューの評価が高かったので、苦手分野にもチャレンジしましたが
やはり無理があったようです。

映画は楽しいのが一番!という方にはお勧めしません。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

なるほど。

投稿日:2009/10/01 レビュアー:MM3

暴力映画かと思ってましたが、違いました。

確かに殴り合いのシーンは多いのですが。

ストーリーも終盤の急展開は見事でした。

また、派手なアクションなどは無いのですが、
ところどころサブリミナル画像が織り込まれたり、
とある映像にタイラーがまぎれて写っていたり、
と、ちょっとした遊び(何かのメッセージ?)があります。

ただ、多くの暴力描写、反社会的行動、テロ攻撃を扇動するあたり、
公開当時は相当批判されたようです。



そうそう!ラストにほんの数秒×××が写ってると、何かで読みましたが、あったんでしょうか??
わたしは気がつきませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全163件

ファイト・クラブ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:163件

ずば抜けたアイデア

投稿日

2004/09/05

レビュアー

span

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭、自分より悲惨な人が集まる会を探して、
自分の悩みを解消する、というのには参りました。
彼女とがちあわないように、この会を譲るからこの会には来るな、などといい争ってるシーンもかなり笑えます。
ただ、私は女性で、ボクシングを見るのも苦手な方なので、
殴り合って悩みを解消する、という感覚が理解できなかったです。
だから、そのクラブにカリスマのごとく集まってくる人々という設定も。
そして、それが発展して警察沙汰の事件を起こしていくという流れはちょっとそこまでいくと違うモノになってるような・・・と思いながら・・・。
しかし、”セブン”に並ぶ、ラストは驚愕な結末で、
ずば抜けたアイデアに感心しました。

何度も見てしまいました。

投稿日

2010/05/31

レビュアー

パンケーキレンズ

見れば見るほどドツボにはまり、
「あの時のあれは何だったの?」
「あの時ああ言ってたのは・・・?」
何度も何度も見てしまいました。
びっくり仰天の結末を知った後でもかなり楽しめます。

いつも眩しそうな顔のノートン、いいですね〜。

公衆電話からタイラーに電話するシーン。
コインを入れてダイヤルを押す、
あの撮り方、大好きです。

決して 楽しい映画ではありません。

投稿日

2007/05/23

レビュアー

徒然蜜柑白書

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

巧妙に仕組まれた“罠”のような映画です。

この映画の凄いところは ほんとうの主人公はジャックでもタイラーでもないところなのです。

本作を表面だけ見てしまうと たぶん暴力的な破壊映画、2重人格者の妄想映画といった感想になると思います。

ヒントを提示します。
エンドロールをよく見てください。
Edward Nortonの役名はどうなっていましたか?
ジャックでしたか?

違いますね。そこにはNarrator(語り部)と書かれています。

Edward Nortonは 語り部なのです。そういえば直接台詞を耳で聞いている方はお気づきでしょうけれど 字幕にしてもすべて一人称形式で語られるように進行していきます。

主人公の視点から見た世界が描かれている「自叙伝的私小説映画」なんです。

ジャックとかタイラーといった名前はあくまで 自助グループにおいて“彼”自身が名乗っていた仮称なのです。
そこにこの映画のトリックが隠されています。
もうひとつ Narratorが語る“彼”(=主人公)とはすなわち「観客自身」であるのです。

作品の感想は あなたそして私自身の自己内面かもしれません。

暴力にカッコよさを見出せない私には不向き

投稿日

2009/10/05

レビュアー

ムーミンママ

チープなバイオレンス映画でないことはわかりました。
大量消費の物質社会への批判?
確かにそんなメッセージも盛り込まれているのもわかります。

でもやっぱり苦手なものは苦手。
バイオレンスシーンは痛いです。
あの汚らしいアジトも苦痛です。

破壊に美学を見出すことは私には出来ません。
ラストシーンには空虚な恐ろしさを感じました。

レビューの評価が高かったので、苦手分野にもチャレンジしましたが
やはり無理があったようです。

映画は楽しいのが一番!という方にはお勧めしません。

なるほど。

投稿日

2009/10/01

レビュアー

MM3

暴力映画かと思ってましたが、違いました。

確かに殴り合いのシーンは多いのですが。

ストーリーも終盤の急展開は見事でした。

また、派手なアクションなどは無いのですが、
ところどころサブリミナル画像が織り込まれたり、
とある映像にタイラーがまぎれて写っていたり、
と、ちょっとした遊び(何かのメッセージ?)があります。

ただ、多くの暴力描写、反社会的行動、テロ攻撃を扇動するあたり、
公開当時は相当批判されたようです。



そうそう!ラストにほんの数秒×××が写ってると、何かで読みましたが、あったんでしょうか??
わたしは気がつきませんでした。

16〜 20件 / 全163件