フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットの画像・ジャケット写真
フルメタル・ジャケット / マシュー・モディン
全体の平均評価点:
(5点満点)

133

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フルメタル・ジャケット」 の解説・あらすじ・ストーリー

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

「フルメタル・ジャケット」 の作品情報

製作年: 1987年
製作国: アメリカ
原題: FULL METAL JACKET

「フルメタル・ジャケット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フルメタル・ジャケットのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

フルメタル・ジャケット

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で’・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21154 2002年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 1人

フルメタル・ジャケット デジタルリマスター版

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//ポルトガル
3:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRY18470 2008年07月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 4人 0人

1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】フルメタル・ジャケット(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語・北京語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
WBRY18627*B 2009年11月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 6人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:133件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全133件

人間とは何かネタバレ

投稿日:2008/06/13 レビュアー:さっちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この作品は二部構成になっています。最初のパートは主人公たちが海兵隊に入隊し、罵詈雑言を浴びせられ、人格を否定され次第に兵士に変わっていく様子を主人公とその周囲の青年(少年?)たちを中心に描きます。特にヴィンセント・ドノフリオ演じる太った志願者が教育係の軍曹に罵られ、仲間たちからも苛めを受けて、最後に軍曹を射殺して自分も自殺するシーンは随分、怖かった覚えがあります。
 第二部になるともうベトナムの戦場で、カメラが淡々とした撮り方をしているので、逆に怖いシーンも多いです。私が鮮明に覚えているのはヘリから機関銃で眼下の田を銃撃する兵士です。この兵士にとっては回り全てが敵に見えているのでしょう。
 そして、クライマックス、半壊した建物に立てこもった狙撃兵に1人また1人と狙撃されていく海兵隊員たち、銃火を犯して建物に入り込んだ主人公たちが見た敵とは・・・。「兵士とは見も知らぬ他人を殺して立ち尽くす者である。」という台詞を昔、何かで読んだ覚えがあります。その言葉を思い出すようなラストです。正面きって反戦を叫ぶような映画より数段深く戦場で兵士が落ちていく地獄を描き出した傑作です。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

7.62ミリ…完全(フル)…被甲(メタル)…弾(ジャケット)…

投稿日:2007/06/19 レビュアー:ケテ吉

 『テキサス・チェーンソー・ビギニング』を見たら、あまりにもリー・アーメイの演技が凄まじかったので、ふと懐かしくなりこの映画を再び見てみた次第です。いや〜凄い。冒頭から約45分間、ずっと汚い言葉連発です。家族ではとても鑑賞する事は出来ないでしょう(実際ウチの母親は昔これで気分を害しておりました…)。自分は最初は笑っちゃってたんですが、だんだん笑ってもいられなくなりました…。殺人兵器人間を作り上げるため…とはいえ、それはそれは汚い言葉オンパレードです。

 リー・アーメイ、ホントはこの作品のために呼ばれた軍事アドバイザー(?)だったらしいですね。当初の指導教官役の俳優さんに指導するアーメイがあまりにも迫力があったため監督の目にとまり、実際に出演しちゃったって話。前の俳優さん立場無いっすね。ま、本物の迫力には及ばなかったってことですな(アーメイは実際に海兵隊だったようです)。

 英語の分かる方は、いいですよね。あの汚い言葉も日本語にすると少々弱くなるよ〜な気がします。この作品の日本語字幕、当初は違う人(あの戸田奈○子って噂も)がやってたそうですが、日本語字幕の英語翻訳を見たキューブリックに却下されたそうです。そういうところまで監督業ってのは気にするのですね。ま、自分の作品なんだから、そこまで拘るのも分かりますけど。劇中に出てくるあのランニング中の歌、とてもテンポよくって印象に残るんですが、某ファ○コンソフトのCMにも使われました。もちろん歌詞は違いますけど。これにはキューブリックは関わってないのかな?(笑)

 この作品、同じベトナム戦争映画の『プラトーン』と比較されるのが多いのですが、簡単に言うと向こうは「物語風」でストーリーがしっかりしてます。対してこちらはストーリーほとんど無し、前半は殺戮マシーンになるべく訓練、後半は戦場へ…と、リアルな現実を見せつけられてる感じがしました。…といっても、ベトナム特有な超湿気なジャングルとか出てくるわけじゃないんだけど(飛行機嫌いな監督のおかげで全部ロケは英国内らしい)

 …とまぁ、トリビアっぽい事ばかり書きましたが、全部ネットで調べたことですので、あしからず。便利な世の中ですね。

最後に一言…


 「M・I・C・K・E・Y M・O・U・S・E〜♪」


…劇中に出てくる歌です。お楽しみに!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これを見て

投稿日:2006/03/09 レビュアー:icchy1

これを見て気分が悪くなるようだったら正常だと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人間性の崩壊ネタバレ

投稿日:2005/06/14 レビュアー:雲黒斎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 まだ観終わってから5分経ってません。正直、気分悪いわ・・
 戦争映画は基本的に苦手どす。ただ本作はたんなる戦争映画でかたずけてはいけない様な気がする。
 一番の印象に残ったのは、全く趣が違う前半と後半。話の流れとして一本の作品と思えないほど、違うモノだ。キューブリックが言おうとしてること100%感じ取れたわけではないと思うが、そこに共通するものも感じ取れる。それはなにか?彼がお得意の狂気だろう。
 私は思う。狂気、人間性の破壊につながるアイテム、それは銃。
 前半部分ではレナードがその被害者である。落ちこぼれのデブ。何をやっても冴えない彼の唯一のとりえは銃の上手さ。しかし銃は人殺しのアイテム。そんなところにアイデンティティを見出してしまう。平和主義の彼には自分を人間と認める事が出来ていたのだろうか。
 後半では狙撃手。スナイパーを見て少女だと分かり、拍子抜けした方もいただろうが、物理的な力を持たない少女も銃を持つことによって、アメリカ兵の命を奪い、彼らの恐怖の対象となる人間性を持たない“怪物”へと変身する事ができる。
 ここまで人間を人間として描いてない作品も珍しい。これは好みの分かれるところ。おいらは無理だぁ。単なる人殺しの戦争映画よりはいいだろうけど。最後のミッキーマウスの歌、凄いセンスしてるねーキューちゃん。
 星★★☆☆☆ これは鑑賞中、いかに自分が楽しめたかという目安です。キューブリックファンは観て損は無し。ただ軽い気持ちで観ると・・・ある意味こんなにヘビーな戦争モノも無いかもね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

君は兵士になれるか

投稿日:2012/09/27 レビュアー:哲郎

“フルメタル・ジャケット”って、弾丸のことだったんですねえ。
私は戦場で使う防弾チョッキのようなウェアのことかと思ってました。

ベトナム戦争を扱った映画は数多い。本作は『地獄の黙示録』や『プラトーン』など同じく有名な作品と比べると、一見したところでは地味な感じを受ける。しかし、その中身はそうした映画の中でも横綱級と言っていいレベルだろう。娯楽としての戦場物語を作り上げたものではなく、戦争の素顔をそのまま伝えようとしたもので、その焦点は兵士の“現実”に当てられており、その意味で前半の大部分は訓練生が受けるシゴキ(教練)の様子に費やされている。普通の青年を兵士に改造する、その激しく厳しい訓練も戦争の一部ということなのだ。

この映画の真髄、その良さについてはもう十分に語られているだろうから、改めてくどくど書く必要はないだろう。
それに、キューブリック監督の業を文章で伝えるのは難しいのだ。映像がすべてを語っている。
それと、これから鑑賞なさる人にはぜひ特典映像もじっくりとご覧いただきたい。出演した俳優らによる音声解説版や撮影当時のエピソードなどによって、この映画がいかに緻密に作られているか、そして映画作家としてのキューブリック監督の鬼才ぶりがどれほどすごいものなのかがよくわかる。

私が一番印象に残ったのは、レナード(微笑みデブ)がトランクに隠しておいたドーナツを鬼教官に見つかり、叱責されるシーンだ。
「ドーナツ一つのことでこんなに怒られるか?」と妙なユーモアを感じるのだが、それが元で以降は小隊の連帯責任となり、レナードがどじを踏むたびに仲間全員が罰を食らう破目になる。これは双方にとってつらい。その後行われるイジメなどによってレナードは精神に変調をきたし、卒業前夜の惨事を引き起こすことになるのだが、このシーンは前半の結末を迎えるための伏線となっている。

「戦争」というものを完全に無くすことはできない。それは今後の日本においても例外とされることはない、と私はそう思っている。
現行憲法の下では、徴兵制は違憲であるというのが通説のようだが、実際に防衛戦争となった場合に志願兵を募るということはありうるだろう。そのとき若者は、非道な屈辱に耐え地獄の戦場へと赴く勇気をもてるだろうか...
私は兵として使える年齢をとうに過ぎているが、「君は兵士になれるか?」とそう問われているような気分になった。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

16〜 20件 / 全133件

フルメタル・ジャケット