1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. アイズ ワイド シャット

アイズ ワイド シャット

アイズ ワイド シャットの画像・ジャケット写真

アイズ ワイド シャット / トム・クルーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

137

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「アイズ ワイド シャット」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

巨匠スタンリー・キューブリックが、トム・クルーズとニコール・キッドマンというスター夫妻を迎えて描きあげた愛と性のダークファンタジー。ニューヨークに住む内科医のウィリアム・ハーフォードとその妻アリスは、互いに愛し合い幸せに暮らしていた。しかし、ある日妻から、「過去に心を奪われた男性がいて、求められたらすべてを捨ててもいいと思った」と聞き、ウィリアムは衝撃を受ける。それをきっかけに性の妄想にとり憑かれていく彼は、夜の街を徘徊する。やがて、昔の友人に誘われるまま、秘密の乱交パーティに潜入するのだが……。

「アイズ ワイド シャット」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

アメリカ

原題:

EYES WIDE SHUT

「アイズ ワイド シャット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

マスク 2

ミッション:インポッシブル

フルメタル・ジャケット

プランケット&マクレーン

ユーザーレビュー:137件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

16〜 20件 / 全137件

いまとなっては・・・・

投稿日:2009/09/08 レビュアー:エロエロ大魔神

撮影時は夫婦!今は他人!以前と違った見方ができた!

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

この夫婦・・・

投稿日:2006/11/27 レビュアー:キョン

はりきって映画館に見に行って 何何何何????
見たいな感じでした。
ビデオ出てから見直したんですけどねぇ・・・。
きれいな映画だし、ニコールはきれいだし、秘密のパーティはエロいけど素敵で、女性たちは皆さん裸でもめちゃめちゃかっこいいんです。
でも何の話だったのかはよくわからなかったです、正直。
でも、でも、まあいいかって思わせてくれます。
きれいだから。キューブリックだから。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

時計仕掛けのオレンヂと共通するもの?

投稿日:2005/09/08 レビュアー:かづしげ

 「時計仕掛けのオレンヂ」では、現代社会の無差別な暴力に対する一つの解釈たる破壊の美学と、ひとたびその暴力が自身に向けられるともろくもその美学が崩壊すると云う過程を描いていた。
 本作品は、個人の持つ悪趣味を隠しながら表面上は体裁良く暮らす上流階級(実は上流社会の仲間とは認められていないのだが)の夫婦が、上流の裏社会が持つ悪徳の美学に対し冷やかし的興味だけで近づいた時、その特権階級の人々から手酷く拒否されることによって、どうにか正常な夫婦の愛情を思い出し、無事に帰還する過程を描いた。
 二つの作品に共通するものは、悪の美学は中途半端な覚悟で近づくと痛い目に遭うと云う警告である。更に言えば、悪の美学は自分自身の人格破壊か死によって完結するものである。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

★どこがおもしろいのか...わからん。

投稿日:2004/02/01 レビュアー:Sarah

夫婦競演の話題性だけで、たいしてストーリーもなくやらしくもない。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

愛と性は別世界のもの

投稿日:2003/10/13 レビュアー:komaboo

夫が信じて愛していると言っている自分は本当の自分ではない。本当の自分を理解して愛して欲しいと妻は思うがなかなかうまく伝わらない。本当の自分は貞淑な妻ではないと自分のふしだらな部分もすべてさらけだすが、夫はそれよりも妻の言葉にショックを受けてうろたえるだけ。今まで現実だった当たり前のシアワセで安定した家庭の土台がぐらつきだす。そして自分の中にもある性衝動に気づきただただうろたえながらも衝動のままに行動してしまう夫とあくまで妄想の世界にいる妻。そして妻の真意も分からず、勘違いしてすべてを告白する夫。
愛しているからファックするという公式のウソが露呈する。夫の愚かさに半ば呆れて果てた妻の最後のセリフが効いている。
そう、愛はなくてもファックはできるのだ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

16〜 20件 / 全137件

アイズ ワイド シャット

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:137件

いまとなっては・・・・

投稿日

2009/09/08

レビュアー

エロエロ大魔神

撮影時は夫婦!今は他人!以前と違った見方ができた!

この夫婦・・・

投稿日

2006/11/27

レビュアー

キョン

はりきって映画館に見に行って 何何何何????
見たいな感じでした。
ビデオ出てから見直したんですけどねぇ・・・。
きれいな映画だし、ニコールはきれいだし、秘密のパーティはエロいけど素敵で、女性たちは皆さん裸でもめちゃめちゃかっこいいんです。
でも何の話だったのかはよくわからなかったです、正直。
でも、でも、まあいいかって思わせてくれます。
きれいだから。キューブリックだから。

時計仕掛けのオレンヂと共通するもの?

投稿日

2005/09/08

レビュアー

かづしげ

 「時計仕掛けのオレンヂ」では、現代社会の無差別な暴力に対する一つの解釈たる破壊の美学と、ひとたびその暴力が自身に向けられるともろくもその美学が崩壊すると云う過程を描いていた。
 本作品は、個人の持つ悪趣味を隠しながら表面上は体裁良く暮らす上流階級(実は上流社会の仲間とは認められていないのだが)の夫婦が、上流の裏社会が持つ悪徳の美学に対し冷やかし的興味だけで近づいた時、その特権階級の人々から手酷く拒否されることによって、どうにか正常な夫婦の愛情を思い出し、無事に帰還する過程を描いた。
 二つの作品に共通するものは、悪の美学は中途半端な覚悟で近づくと痛い目に遭うと云う警告である。更に言えば、悪の美学は自分自身の人格破壊か死によって完結するものである。

★どこがおもしろいのか...わからん。

投稿日

2004/02/01

レビュアー

Sarah

夫婦競演の話題性だけで、たいしてストーリーもなくやらしくもない。

愛と性は別世界のもの

投稿日

2003/10/13

レビュアー

komaboo

夫が信じて愛していると言っている自分は本当の自分ではない。本当の自分を理解して愛して欲しいと妻は思うがなかなかうまく伝わらない。本当の自分は貞淑な妻ではないと自分のふしだらな部分もすべてさらけだすが、夫はそれよりも妻の言葉にショックを受けてうろたえるだけ。今まで現実だった当たり前のシアワセで安定した家庭の土台がぐらつきだす。そして自分の中にもある性衝動に気づきただただうろたえながらも衝動のままに行動してしまう夫とあくまで妄想の世界にいる妻。そして妻の真意も分からず、勘違いしてすべてを告白する夫。
愛しているからファックするという公式のウソが露呈する。夫の愚かさに半ば呆れて果てた妻の最後のセリフが効いている。
そう、愛はなくてもファックはできるのだ。

16〜 20件 / 全137件